1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. スリランカ
  5. 買物・土産
  6. スリランカのお土産(陶磁器編)

スリランカ現地旅行会社 スタッフブログ

~スリランカを独り占めできるツアー会社が送るスリランカの最新情報~

【あなただけのスリランカの旅】
こだわりのオーダーメイドから簡単申込みのパッケージツアー(お客様ごとの専用車/ガイド)まで。お客様の希望に合わせた旅行プランをご提案いたします。
プロフィール

ニックネーム:
コンチツアー
居住地:
アジア>スリランカ>コロンボ
会社名:
コンチツアー
会社英字名:
CONCH TOUR
会社所在地:
アジア>スリランカ>スリランカその他の都市
業種:
旅行業
自己紹介:
コンチツアーの “コンチ” とは “ホラ貝” のことで、スリランカではとても縁起のよいものとして知られています。
弊社は、“お客さまだけの特別な旅” をたくさん方に提供するための会社です。
スリランカの現地旅行会社だからこそできる、スリランカの最新の現地情報を発信していきます。

Instagramも公開中です
@conchtour

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

スリランカのお土産(陶磁器編)

2019/02/07 16:05
タイトル
エリア:
  • アジア > スリランカ > コロンボ
  • アジア > スリランカ > スリランカその他の都市
テーマ:
  • 買物・土産
  • / その他
  • / 歴史・文化・芸術
日本の陶磁器メーカー「Noritake(ノリタケ)」は愛知県に本社ならびに工場を置く会社です。現在は日本のみならず世界最大級の高級陶磁器メーカーとなっています。
このノリタケカンパニー、スリランカにも工場があるのをご存知ですか?

ノリタケランカポーセレン(Noritake Lanka Porcelain)は、ノリタケカンパニーの海外子会社として、1972年にスリランカに設立されました(操業は1973年より)。洋食器の生産拠点として設立されたこの会社、現在はノリタケカンパニーの食器事業の5割ほどを供給するほど大規模かつ主要な工場となっています。

もともとスリランカは、古来より陶器に適した土が出るとして、紀元前500年前から陶器作りが盛んにおこなわれてきました。さらにはイギリスの植民地以降にティーカップやプレートなどの欧風の食器類の生産も行われるようになりました。

ノリタケカンパニーは、そのスリランカの土質と陶芸技術に目を付けスリランカに進出したといわれています。
入口
世界遺産の石窟寺院があるダンブッラ(Dambulla)と世界遺産の都市キャンディ(Kandy)の中央にあるマータレー(Matale)という町にノリタケの工場はあります。1,000人以上の従業員がこの工場で働いているということです。

工場の見学はできませんが、工場の入り口には一般の方も立ち寄りができるショールームが併設されています。こちらでは新作や売れ筋商品、スリランカオリジナルの商品などが売られています。
特記すべきはショップの奥にあるアウトレットコーナー。ここでは大量のアウトレット品が破格の値段で売られています。

アウトレットファクトリー

こちらは観光スポットの移動上にある点、日本で有名なメーカーのアウトレットショップという点で、多くの観光客の立ち寄りスポットになっています。

しかし、ノリタケ以外もスリランカには陶磁器メーカーならびに工場が多くあり、海外の有名なメーカーの食器も生産しています。
青がモチーフのアラベスクシリーズなどが有名な北欧のキッチンメーカー「DANSK」や、羊をモチーフにした商品を展開するイギリスのキッチン&ホームメーカー「The Herdy」、鳥や動物をモチーフとした作品を展開するイギリスのアーチスト「Hannah Turner」の陶磁器部門など、名の知られたブランドの陶磁器がスリランカで生産されています。食器類
それらのアウトレット品は、ノリタケも扱う陶磁器ショップThe Legend(コロンボに2店)や、ラージャギリヤ(Rajagiriya)やマウントラビニア(Mt.Lavinia)などのコロンボ郊外に常設されている陶磁器アウトレット市で多く取り扱われています。
陶器市
ホコリをかぶり、乱雑におかれた食器類。しかし食器の裏を返してロゴを見ると、ノリタケ含め有名なメーカーならびにブランドロゴを見つけることができます。

陶磁器は重量があり荷物になりますが、ティーカップやティーポット、プレートなど日本より多くの種類の洋食器を見つけることができるため、お土産に最適です。

アウトレット品の場合は、色ムラやキズなど状態が様々なため、購入の際は同じ商品を何枚も見比べて、少しでも状態の良いものを選ぶようにしましょう。
またアウトレット製品はロゴにわざとキズが入れられていたり、ロゴがプリントされていなかったりしますので、あくまで自宅用として購入されるとよいかともいます。

<余談>
ノリタケの正商品はスリランカでも高いのが実情です。そんな中お勧めなのは、Goldmark by Noritakeの製品です。
この「Goldmark」はスリランカ、インド、モルディブなどローカル地域向けに販売されるブランドで品質はノリタケブランドそのものながら、価格が低く設定されています

ノリタケ例えば左の写真、同じ製品ながら左は「Noritake」、右は「Goldmark」のブランドロゴが印刷されています。
このように同じ製品でもブランドロゴが変わることにより、価格も異なるのです(アウトレットだと同一価格で販売されていることが多いです)。
タグ:
陶器
ノリタケ
ダンスク
  • この記事が参考になった人(4)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
【あなただけのスリランカの旅】 こだわりのオーダーメイドから1日から7日までの簡単申込のパッケージツアー(専用車/専用ガイド)まで。 お見積りは何度でもOK。納得、満足いく旅のお手伝いいたします。
【あなただけのスリランカの旅】 こだわりのオーダーメイドから1日から7日までの簡単申込のパッケージツアー(専用車/専用ガイド)まで。 お見積りは何度でもOK。納得、満足いく旅のお手伝いいたします。
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。