1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. コンチツアーさん
  4. ハイキング・登山の記事一覧

  海外エリア: アジア > スリランカ の他のブログはこちら|

スリランカ現地旅行会社 スタッフブログ

~スリランカを独り占めできるツアー会社が送るスリランカの最新情報~

【あなただけのスリランカの旅】
こだわりのオーダーメイドから簡単申込みのパッケージツアー(お客様ごとの専用車/ガイド)まで。お客様の希望に合わせた旅行プランをご提案いたします。
プロフィール

ニックネーム:
コンチツアー
居住地:
アジア>スリランカ>コロンボ
会社名:
コンチツアー
会社英字名:
CONCH TOUR
会社所在地:
アジア>スリランカ>スリランカその他の都市
業種:
旅行業
自己紹介:
コンチツアーの “コンチ” とは “ホラ貝” のことで、スリランカではとても縁起のよいものとして知られています。
弊社は、“お客さまだけの特別な旅” をたくさん方に提供するための会社です。
スリランカの現地旅行会社だからこそできる、スリランカの最新の現地情報を発信していきます。

Instagramも公開中です
@conchtour

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

タイトル
【スリランカ】ホテルアクティビティのススメ
エリア:
  • アジア>スリランカ>ヌワラエリア
  • アジア>スリランカ>シギリア
  • アジア>スリランカ>シンハラジャ
テーマ:ハイキング・登山 ホテル・宿泊 自然・植物 
投稿日:2019/06/24 14:40
コメント(0)
スリランカのホテルの公式ホームページをみると『Experience(体験)/Excursion(遠足)』といった項目があるホテルが多いです。

これらはホテルが手配するアクティビティ。近隣の観光地などの手配などに混じってホテル独自のプログラムを用意しているホテルもあります。
自転車の貸し出しであったり、ホテル周辺のウォーキングツアーであったり様々です。
今回はその中で動物観察系のアクティビティについて紹介します。

コロンボなどの都市部を除いて、ホテルの多くは自然豊かな場所に建てられているところが多く、ホテルの敷地内だけでも多くの鳥類や動物が見られます。
ホテルによってはNaturalist(動物ならびに生物についての学問知識を有する人)が常駐しているところもあります。

他のホテルと一味違った動物観察ができるホテル3つを紹介します。
全て5つ星ホテルのため滞在自体が楽しいホテルでもあります。

1. Jetwing Vil Uyana(ジェットウィングウィルウヤナ)
JWVU
シギリヤ(Sigiriya)にあるラグジュアリークラスのホテルです。
36棟からなるヴィラは、Garden(ガーデン)/Marsh(湿地)/Paddy(水田)/Water(水)/Forest(森林)といったテーマごとの景観が広がっています。
元の自然を生かした広大な敷地では140種の鳥類ならびに20種の哺乳類が確認されています。特記すべきはスローロリスの保護区エリア(1.4ヘクタール)にもなっていることです。
JWVU map
ここでのネイチャーアクティビティのお勧めはLoris Night Trail(USD40)。
スローロリスを中心に夜行性の動物を探しにホテル敷地内を探索します。参加者には動物に知覚され難く動物の目に優しい赤色灯のヘッドライトが貸し出されます。


2. Heritance Kandalama(ヘリタンスカンダラマ)
HK
ダンブッラ(Dambulla)にある「自然に回帰するホテル」との別名をもつヘリタンスカンダラマはスリランカ人建築家ジェフリーバワが手掛けたホテルで、バワホテルとして一番人気のホテルです。
このホテルでも多くのホテルプログラムがあります。

ここでのネイチャーアクティビティのお勧めはBird Watching(USD15)。
早朝ホテルの敷地内やホテルの前のカンダラマ湖を回り、ホテルエリア内で観察されている233種の鳥類を観察します。波(風)の穏やかな時期(11~5月)はボートに乗ってカンダラマ湖からの鳥類観察となります。それ以外の時はウォーキングとなります。
HK bird
参加者には上記のオリジナルフィールドガイド(見開きリーフレットタイプ)がもらえます。このリーフレットには181種の鳥類が掲載されています。撥水加工もされており他の地域でも見られる鳥も多く掲載されているので、他のエリアを回る際もとても役立ちます。

3. Heritance Tea Factory(ヘリタンスティーファクトリー)
HTF
ヌワラエリヤ(Nuwara Eliya)の標高600メートルの山上にある紅茶工場を改装したホテルです。
「紅茶のテーマホテル」というだけあって、ホテル敷地内の紅茶工場でのティーテイスティングや茶摘み体験(紅茶のお土産付き)、ハイティーなど紅茶に関連したプログラムが多くありますが、ネイチャーアクティビティのお勧めはNature Trail(LKR200)。
200ルピーという破格の値段もさることながら、紅茶畑を散策しながら他の地域では見つけにくい高地にすむ動植物を観察することができます。
HTF animal

紹介したプログラムは早朝や夜に実施されるため、近隣の観光に出かける前やホテルに戻った後に一つの体験として是非参加してみてください
※記載のプラグラムの内容や参加費は筆者が参加した時(2017/2018)のものとなりますので、変更になっている場合があります。


番外編. The Rain forest Eco Lodge(レインフォレストエコロッジ)
rainforest
世界遺産シンハラジャ(Sinharaja)にあるエコロッジです。宿泊棟には列車のコンテナが使われています。エコロッジといっても室内の設備やルームアメニティ、ホテルの食事等デラックスホテル相当のサービスです。

通常シンハラジャ(世界遺産)の森林保護区に行く場合はKudawa(クダワ)という場所からアクセスすることが多く、宿泊施設もクダワ側に多くあります(※クダワ側のRainforest Edgeと名前が似ているので注意)。
このロッジは南東のDeniyaya(デニヤヤ)側の紅茶プランテーション内にあり、さらには山頂(海抜900~1000メートル)にあるためホテルへのアクセスに時間がかかります(山頂付近は道が細く道路状態が悪いため日没前の到着が必須)。そのためシンハラジャの観光のための宿泊ではなく、このホテルに泊まることを目的とする方向けのロッジとなります。

このホテルに泊まる目的…ずばりネイチャーアクティビティです。
宿泊者グループごとに一人のナチュラリストがつきます
熱帯雨林内のトレッキングや紅茶プランテーションハイキング、バードウォッチングがスローロリスなどの夜行性動物観察のナイトトレッキングなど、様々なプランから希望や天候、体力に合わせてプログラムを選択できます。長靴やレインコート、ヒル除け靴下やヘッドライトなど、必要に応じて装備も借りることができます。
これらのプログラムも宿泊費に含まれている(注1)ので、アクティビティを含めたホテル滞在を満喫することができます。

注1)宿泊パッケージにより除外の場合があります。また料金に含まれていてもナチュラリストへのチップを推奨します。
タグ:
スリランカ 世界遺産 カンダラマ バワホテル アクティビティ 

PR
お客様ごとの希望に沿った旅をご提案いたします。滞在日数で選べるパッケージ(お客様毎の専用車ならびに専用ガイド)は2019年7月28日出発まで値引きキャンペーンも実施中です。
お客様ごとの希望に沿った旅をご提案いたします。滞在日数で選べるパッケージ(お客様毎の専用車ならびに専用ガイド)は2019年7月28日出発まで値引きキャンペーンも実施中です。
タイトル
常夏の国の高原地帯
エリア:
  • アジア>スリランカ>キャンディ
  • アジア>スリランカ>スリランカその他の都市
テーマ:ハイキング・登山 世界遺産 自然・植物 
投稿日:2017/12/13 13:27
コメント(0)
現在スリランカには6つの文化遺産2つの自然遺産計8つの世界遺産があります。

その中でで最も新しく登録されたものが、2010年に自然遺産登録されたスリランカの中央高地(Central Highlands of Sri Lanka)です。自然遺産としてはシンハラジャ森林保護区に次ぐ22年ぶりの登録でした。

この中央高地には、ホートンプレインズ国立公園(Horton Plains National Park),ナックルズ森林保護区(Knuckles Conservation Forest),ピークウィルダーネス保護区(Peak Wilderness Protected Area)が含まれています。

この中で一番日本で名前が知られ、日本からも訪れる人が、多いのはホートンプレインズ国立公園だと思われます。

でも、今回紹介するのは、ナックルズ森林保護区です。風ふくナックルズ山脈はスリランカの中心部、マータレーとキャンディーにまたがってあります。名前の「ナックル」とは、山脈の形が握りこぶし(ナックル)に似ているところからイギリス人測量者によって名づけられました(スリランカではDumbara Kanduvetiya、Mist-laden Mountain Rangeと呼ばれています)。

1000メートル以上の山からなるこの地帯は、中央高地のなかでもとりわけ固有の動植物相を有しています。スリランカの固有植物の約3割がこの地帯のみに生育しているといわれています。景色の数々多くの人が抱くスリランカのイメージである”ヤシの木の生えた熱帯の風景”はここにはなく、低木の生えた高原地帯に心地よい風が吹き抜け、ハイキングにおすすめの場所となっています。見晴しおすすめのルートはマータレーからキャンディに抜けるコース

ダンブッラ方面からマータレーを抜け、車で約1時間ほど丘陵地帯に入りそこから往復1時間の軽いハイキング。そしてまた車に乗り込み約1時間かけてキャンディに抜けていきます。道のりとその先ハイキングの難易度も高くないのでハイキングを楽しみたい方に最適なコースであるほか、世界遺産のダンブッラ石窟寺院があるダンブッラや世界遺産キャンディから日帰りで高原散策が楽しむことができます。

常夏のスリランカ、その中の1日を高原のそよ風に吹かれてみるのはいかがでしょうか。
タグ:
ハイキング ナックルス森林保護区 日帰り可能 

PR
【あなただけのスリランカの旅】
こだわりのオーダーメイドから1日から7日までの簡単申込のパッケージツアーまで。
お見積りは何度でもOK。納得、満足いく旅のお手伝いいたします。
【あなただけのスリランカの旅】 こだわりのオーダーメイドから1日から7日までの簡単申込のパッケージツアーまで。 お見積りは何度でもOK。納得、満足いく旅のお手伝いいたします。

1 - 2件目まで(2件中)