1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. takashiさんの旅行ブログ

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

~中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
2017年、2年間のスリランカでのボランティア活動を終え、日本に戻って来ました。
これからも、東南アジアの個人旅行を続けて行きたいと思います。
また、私の個人旅行サイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。合わせてご覧頂ければと思います。

カレンダー
11月<2012年12月>1月
1
2345678
910 11 12131415
16 1718192021 22
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 5件目まで(5件中)

カオサン通りのエクスチェンジ
現地通貨を高レートで!(海外キャッシングの利用)
エリア:
  • アジア>タイ
  • アジア>マレーシア
  • アジア>ラオス
テーマ:留学・長期滞在 その他 
投稿日:2012/12/22 16:01
コメント(0)
海外旅行で必要な現地通貨は日本から日本円を持出し現地にてエクスチェンジするのが一般的だが、日本円を多く持ちたくない場合とか、現地のレートがよくないなどの場合、海外キャッシングを利用する方法がある。

海外キャッシングはクレジットカードのキャッシング機能を利用するのもで、ATMから現地通貨を引出すことが出来る。

この場合、交換レートにはいわゆる手数料がかかっておらず、かかるのは利子とATM使用料である。ただ利子は年率20%近く、これをリボ払いとして毎月支払うことになるが、一括払いが出来る。

私の場合、P-Oneカードと楽天カードを利用しているが、共に一括払いが可能である。(他のクレジットカードの場合も同様と思われるが、電話にて確認が必要)手順は、下記。
1.ATMから現地通貨をキャッシングにて引出す。
2.2〜3日後、クレジット会社に一括払いに変更の旨を電話連絡する。
3.電話にて聞いた振込金額を銀行振込にて支払う。

1.については、クレジット会社のWEBで説明されているので省略。
2.クレジット会社にデータが届くのに時間がかかるので、少なくとも2日は置く。電話はSKYPEを利用する。日本の固定電話への通話料は1分3.22円で掛けられる。(別途、接続料9.9円必要)
3.銀行振込はインターネットでの処理または誰かに依頼する。(私の場合、振込手数料無料の新生銀行を利用)

実際にタイで現地通貨を引出した例を示す。
10/24 プーケットのATMにて現地通貨20,000THBを引出し。
10/26 電話にて一括払いの金額を聞き52,505円を指定銀行に振込む。

この時の明細は、20,000THBに対し
1.利用金額:52,270円(タイバーツに対して2.61円)
2.利子:52,270×0.0595×3/365=25.5円(通常17.95%のところキャンペーンで5.95%だった)
3.ATM使用料:210円
4.電話代:9分51秒通話で42.1円(スカイプによる通話)
合計:52,547.6円

レートの計算
基準レート:52270÷20000=2.6135円/THB
電話料を含めたレート:52547.6÷20,000=2.627円/THB
手数料の計算:52547.6/52270-1=0.0053

したがって、手数料は0.53%となった。利子が17.95%としても0.63%である。
通常、銀行でのエクスチェンジで3〜4%、自分の銀行口座からの引出しで4%(新生銀行)の手数料がかかることを考えるとメリットはある。

PR
中国、東南アジアの個人旅行。
パクセー行き国際バス
タイからラオスの国境越え(ウボン発パクセー行き国際バス)
エリア:
  • アジア>タイ>ウボンラチャタニ
  • アジア>ラオス>パクセ
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2012/12/21 23:06
コメント(0)
タイからラオスへ向かうため、ウボンラーチャターニー(ウボン)からパクセーへバスで国境を越える。

ウボンのバスターミナルからパクセー行き国際バスが10:00と15:30と2本あり、料金は200THB(約540円)である。予約は必要なく、当日早い目(1〜2時間前)に来て、チケットを購入する。所要時間は3時間程度。


国境でバスを降り、タイで出国したあと歩いてラオスに入り入国。日本人は15日以内の滞在はビザが不要である。

ラオスのイミグレーション。入国カードに必要事項を記入しパスポートと一緒に提出する。
ラオスイミグレーション

その後、バスがラオス側に待っているので再度乗込む。荷物等の検査はなく、貴重品のみを持ってバスを降りればOKである。
国際バス

国境ではバーツも使えるのであわててエクスチェンジは必要ない。(パクセーにて両替が出来る)
ラオス側に屋台があり、バーツが使える。
付近の屋台

バスはパクセーのタラートラックソーンVIPバスターミナルに到着する。到着するとトゥクトゥクのドライバーが客引きに寄って来る。乗り合いになるが、ホテルまで1人40THB(約110円)だった。
タラートラックソーンバスターミナル

一方、パクセーからウボンへ国境越えをするバスもこのバスターミナルから出る。10:00、15:30の2本で、60,000Kip(約600円)
バスターミナルの待合室。
タラートラックソーンバスターミナル

ラオスを出獄する時、10,000Kip(約100円)が必要となるので、ラオス通貨を少し残しておくのが良い。

PR
中国、東南アジアの個人旅行。
エレファントフェスティバル
スリンの象祭り
エリア:
  • アジア>タイ>スリン
テーマ:観光地 お祭り・イベント 動物 
投稿日:2012/12/16 01:15
コメント(0)
タイ、スリンのエレファントフェスティバルは毎年11月に開催される。
今年は11月15〜18日の4日間で、前夜祭は路上にズラリと並んだデコレーション一杯の山車(フロート)とダンスに盛り上がる。
前夜祭のフロート

タイ伝統の踊りがあちらこちらで披露される。
前夜祭はダンスで盛り上がる

パクディー像前の路上で繰り広げられるエレファントフェスティバルは、タイ全土から集まった300頭以上の象で溢れる。
エレファントショーの始まり

スリンの町が出来たきっかけとなった白い象も出場。
スリンの町にいわれある白い象

象との触合いも。(フィーディングの餌代は20THB)
象のフィーディングで触合いも

象祭りの最大のイベントはエレファントショー。入場料は1000THB(約2,700円)
スタジアムに次々と象が入場

サッカーなどショーも盛り沢山。相手チーム象に負傷をさせた象がレッドカードで退場。
相手選手を負傷させレッドカード

2時間続のショーの最後は迫力の戦闘シーン。
エレファントショー

象使いの凛々しい姿。
象使いの凛々しい顔つき

スリン駅の前では象タクシーが客待ち。100THB/回(約270円)
スリン鉄道駅前で象タクシーが営業

町全体が象で溢れ、象にエキサイトする4日間であった。

PR
中国、東南アジアの個人旅行を紹介しています。
NOKエアーの機体2
格安航空NOKエアーでタイ国内移動
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:鉄道・乗り物 旅行準備 
投稿日:2012/12/11 10:44
コメント(0)
プーケットからバンコクへは、タイ国内の格安航空会社であるNOKエアーを利用した。
NOKエアーでは定期的にプロモを実施しているので、その期間にチケットを購入すれば格安で入手出来る。ちなみに、私が今回利用した空路と航空運賃(空港税・諸費用など全て含む)は下記であった。
1.プーケット-バンコク:1900THB(約5000円)
2.バンコク-ピサヌローク:1060THB(約2800円)
3.ウボンラーチャターニ-バンコク:1200THB(約3200円)

予約および搭乗手続きは簡単で、WEBで予約、空港で予約番号を見せればOKである。

NOKエアーの機体。
NOKエアーの機体3

ただし、突然フライトがキャンセルされることがあるので注意が必要である。私の場合、9:40のフライト予約が6:20に変更されていた。これは前日の夕刻メールで通知があった。たまたまメールを見て気が付いたが一方的な変更で、しかも早朝の早い便に変更されていた。これを知らずに空港に行っておれば乗れなかった可能性がある。

すぐに、NOKエアーに連絡をして15:15の遅い便に変更してもらった。
LCC利用では乗客が少ない時にはこのように間引き運航が予想されるので前日にチェックしておく必要がある。

機体色は数色あるが、くちばしは黄色で変わらない。
NOKエアーの機体

NOKエアーのURL:http://www.nokair.com

PR
中国、東南アジアの個人旅行を紹介しています。
パトンビーチ
リゾートアイランド プーケットの8日間
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:観光地 ビーチ・島 ホテル・宿泊 
投稿日:2012/12/10 02:29
コメント(0)
タイのビーチリゾートと称されるプーケットに7泊したときの印象(個人的な意見)。
1.物価が高い。
2.旅行者はほとんどが欧米人(西洋人)。
3.ビーチが主で観光するところは少ない。
4.ホテルは過剰気味で価格は選べる。
5.パトンビーチは人が多く賑やか、静かに過ごすにはカロン、カタビーチがいい。

エアーアジアを乗り継いでクアラルンプールからプーケットへ。
驚いたことに空港でのエクスチェンジで日本円からタイバーツのレートは以外とよかった。(その後、町で見たレートと比較して)

宿泊はガーデンプーケットホテルをBooking.comで予約。1泊799THB(約2,300円)朝食付き。
ホテル全景

ホテル自体は小さいが、ガーデンテラス、およびプールがある。
ホテルの庭で朝食が出来る

部屋は結構広く小さなベランダ付だった。
ホテル室内

プーケット島の観光としては、各ビーチやオーシャンビュー、ビッグブッダやお寺巡り、そしてプーケットタウンの散策などで一日で廻れる。町で声をかけて来たTAXIドライバーに1日チャーター(朝8時〜夜8時)の値段を聞いたところ800THB(約2,100)だったのでお願いした。

カロンビーチビューポイントからの展望。
カロンビーチビューポイント

プロムテープ岬からサンセットビューを楽しむ。
プロムテープ岬のサンセット

PR
中国、東南アジアの個人旅行を紹介しています。

1 - 5件目まで(5件中)