1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. takashiさんの旅行ブログ

  海外エリア: アジア > スリランカ の他のブログはこちら|

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

~中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
2017年、2年間のスリランカでのボランティア活動を終え、日本に戻って来ました。
これからも、東南アジアの個人旅行を続けて行きたいと思います。
また、私の個人旅行サイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。合わせてご覧頂ければと思います。

カレンダー
9月<2014年10月>11月
12 34
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 1件目まで(1件中)

派遣先の職業訓練校
スリランカでボランティア活動を始める
エリア:
  • アジア>スリランカ>コロンボ
テーマ:留学・長期滞在 
投稿日:2014/10/02 00:29
コメント(0)
海外ボランティアでここスリランカのコロンボにやって来た。今日でまだ6日目であるが、昨年コロンボに旅行に来ているので、違和感もなくすんなりと馴染めそうである。
ボランティア活動先は国立の職業訓練校で、コロンボから20kmほど南行ったところにある。ここで電気関係の教育カリキュラムについて時代にマッチした技術レベルに引き上げるためのアドバイスを行うもので、当面は授業を参観し現状を把握することになりそうである。
このボランティア活動は、日本のシニア層を対象に海外ボランティアを支援している団体に登録応募することで実現した。私にとっては、これまでの旅行やロングステイから更に有意義な海外での活動が出来るメリットがあった。ボランティア活動の期間は、1〜2年の予定である。


校長、副校長に挨拶校長、副校長に挨拶
初めて派遣先の学校へ出向いた日、最初に校長(左)と副校長(中央)に挨拶をした。
スリランカではほとんどの人が英語を理解し、スピーキングが出来る。イギリス統治下および教育システムの恩恵であろう。
打合せ中、お菓子とか紅茶でおもてなしを受けるが、その紅茶は砂糖が入っていてとても甘かった。


専用の執務室執務室にて
明くる日行ってみると、用意されていた専用の執務室に案内された。これには、少しびっくりしたが、日本から来たボランティアへの一定の敬意の表れと感じられた。
他のスタッフの方も話好きでとてもフレンドリーな人ばかりだったので居心地がいい。
現状はエアコンは校長室と一部の部屋にしかないが、私の執務室にもエアコン工事をしてくれるそうである。また専用のインターネット回線や、電話工事なども近々予定されている。
タグ:
ロングステイ ボランティア 

PR
東南アジアの楽しく個人旅行を紹介しています。

1 - 1件目まで(1件中)