1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. takashiさんの旅行ブログ

  海外エリア: アジア > ミャンマー の他のブログはこちら|

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

~中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
2017年、2年間のスリランカでのボランティア活動を終え、日本に戻って来ました。
これからも、東南アジアの個人旅行を続けて行きたいと思います。
また、私の個人旅行サイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。合わせてご覧頂ければと思います。

カレンダー
6月<2017年07月>8月
1
2345678
9101112131415
161718192021 22
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 1件目まで(1件中)

マンダレーのクドードォーパヤー
LCCで行くミャンマー個人旅行
エリア:
  • アジア>ミャンマー>マンダレー
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 ホテル・宿泊 
投稿日:2017/07/21 16:26
コメント(0)
今回、バンコク経由でミャンマーの個人旅行に行ってきました、ミャンマーはマンダレー、バガン、インレー湖を巡る17日の旅でした。

まず、ミャンマーまでのエアーチケットはLCCのスクートを使いました。エアーアジアの選択肢もありますが、より近いバンコク経由を選びました。料金は関空-バンコク(ドンムアン)往復が、ひとり38,000円(税金・サーチャージ等の諸費用、委託荷物20kg、座席指定、食事込みの総運賃)でした。フライト時間は約6時間です。

次に、ミャンマーへはエアーアジアを使いました。バンコクからマンダレーまでのフライト時間は、約1時間50分です。料金はバンコク-マンダレー往復が、ひとり12,000円(税金・サーチャージ等の諸費用、委託荷物20kg、座席指定、食事込みの運賃)でした。トータル50,000円で、中国系航空会社でありそうな30,000円台と比べて少し高いのですが、中国系は乗継ぎが2回(上海、昆明など)必要で、宿泊を伴うので使いませんでした。

シンガポールエアーラインのLCC会社スクート スクートで関空からバンコクへ
スクートは最近就航したシンガポールエアーラインのLCC会社。機体は新型を使用しており、他のLCCに比べ大きくてきれいだ。

LCCの場合、プロモーション価格は座席数限定となっているので、早い目の予約が必須となる。


エアーアジアでマンダレーへエアーアジアでマンダレーへ
ヤンゴンへの選択肢もあったが、雨季であるためマンダレーから入ることにした。

エアーアジアでも同じく、割引価格で座席を予約するには出来るだけ早い方が良い。

マンダレー空港に到着 マンダレーに到着
バンコクからマンダレーは近い。約1時間半ほどのフライトで、広大な平原に林立するパゴダ(仏塔)が見えて来た。

時差は-30分なので時計を30分戻す。
マンダレー空港から市内までの交通
マンダレー空港ではタクシーおよびシャトルバスが利用出来る。
タクシーには、シェアが可能なものがあり、他の乗客と乗り合いが出来る。

料金は、ひとり3USDまたは4,000チャット。宿泊ホテル名をドライバーに告げるとホテルまで送ってくれる。

このとき、空港で旅行者をタクシーに案内する係員風の人がいる。親切に荷物も持ってくれるが、タクシーに乗るとチップを要求してくる。私は少額紙幣の200チャット(約17円)をあげたが、他の旅行者(中国人)は無視していた。


PR
EnjoyAsia 東南アジア個人旅行を楽しむ

1 - 1件目まで(1件中)