1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外の旅行ブログ
  3. takashiさんの旅行ブログ
  4. takashiさん インドネシアの記事一覧

  海外エリア: アジア > インドネシア の他のブログはこちら|

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

~中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
2017年、2年間のスリランカでのボランティア活動を終え、日本に戻って来ました。
これからも、東南アジアの個人旅行を続けて行きたいと思います。
また、私の個人旅行サイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。合わせてご覧頂ければと思います。

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(5件中)

ボロブドゥール遺跡
ジョグジャからボロブドゥールとプランバナンの観光について
エリア:
  • アジア>インドネシア>ジョグジャカルタ
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 世界遺産 
投稿日:2012/01/19 22:38
コメント(0)
ジョグジャカルタは世界遺産のボロブドゥールとブランバナンへの観光の拠点である。

ツアー参加もあるが、ゆっくり見るには車をチャーターする方がベター。ホテルなどで斡旋しているチャーター料金は、ボロブドゥールへの往復は4時間で350,000IDR(約3000円)、プランバナン往復が3時間200,000IDR(約1,700円)が一般的だ。
ところが、空港や街で客を探しているドライバーはもっと安い場合がある。ちなみにボロブドゥールへの往復で8時間で300,000IDR(約2,600)円)で行ってくれる。ただ、みやげ物屋へ行くのが原則で、そのコミッションを目当てに安い料金を設定している。
もちろん買わなくてもOKだ。みやげ物とはバティークのペインティング、銀製品、マリオネットや影絵の人形などが多い。気に入れば買えばいいし、値段を聞いて高いと思えば、後日、他の店で購入する時の参考にすればいい。事前調査にもなるのである意味、利用価値はあると思う。

仏教寺院の遺跡、ボロブドゥール。
ボロブドゥール

ボロブドゥールへ階段を上がっていくとストゥーバがたくさん並び、その中に仏像が入っている。
ボロブドゥール遺跡

一方、プランバナンはチャーターではなく、トランスジョグジャと言うバスに乗れば、3,000IDR(約26円)で行ける。ゆっくりと見学出来るのでお奨め。

トランスジョグジャのバス停。(プランバナン)
トランスジョグジャのプランバナンのバス停

プランバンナ遺跡はヒンドゥー教寺院の遺跡。
プランバナン遺跡


【関連サイト】
エンジョイアジア 〜中国・東南アジア個人旅行サイト〜

PR
中国、東南アジアの個人旅行サイトです。
ライオンエアー
バリ島からジョグジャカルタへ
エリア:
  • アジア>インドネシア>ジョグジャカルタ
  • アジア>インドネシア>バリ島
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2012/01/17 22:58
コメント(0)
バリ島からジョグジャカルタへはLCCのライオンエアーが飛んでいる。利用日により料金が違う。一番安い334,000IDR(約2,900円)を予約した。これはデンパサール朝6:00の便。ウブドを朝3:30に出発した。

早朝6:00のフライト。
ライオンエアー
この便はバリから日帰りでボルブドゥールツアーに利用されているので、乗客は結構たくさんいた。

フライトはほぼ満席。
機内はほぼ満員

ジョグジャカルタまで約1時間のフライト。途中、天気が良いとジャワ島の山並みが見える。

ジャワ島のブロモ山の上空を通過。
眼下にブロモ山が見える

やがて、ジョグジャカルタのアディスジプト空港に到着。
アディスジプト空港に到着

空港は町から近く、トランスジョグジャ(公共バス)のバス停や、鉄道駅が近くにあり利用出来る。一方タクシーは、空港チケットカウンターで55,000IDRでチケットを販売している。ただし、空港出口でタクシー?と声をかけて来るドライバーも多く、この場合、チケットカウンターの少し先に別のカウンターがありここで販売している。ただし、値段はFIXでなく交渉性となっているようで、ネゴすればこちらの方が安くしてくれ、50,000IDR(約435円)だった。
しかしながら、このドライバーには目的があった。ここで客待ちをしているドライバーはタクシーでなく、ツアー会社の車である。つまり空港で旅行者をつかまえ、車のチャーター客を取込もうとしているのだ。

1日で250,000IDR(約2,200円)ぐらいまでは下がるが、実はそれにも目的がある。ボルブドゥールとプランバナンなどの観光地に行くが、途中でみやげ物(バティークや銀製品、あやつり人形などの製造販売所)へ連れて行き、コミッションを得ようと言うのだ。

しかし何も買わなくともOKなので、値段交渉して安ければ利用するのも手である。


【関連サイト】
エンジョイアジア 〜中国・東南アジア個人旅行サイト〜

PR
中国、東南アジアの個人旅行サイトです。
ウブド王宮のセレモニー
バリ島観光について
エリア:
  • アジア>インドネシア>バリ島
テーマ:観光地 ビーチ・島 
投稿日:2012/01/09 23:20
コメント(2)
バリ島には、キンタマーニ、タナロット寺院やその他の寺院巡りが一般的な観光目的地。その他には、バロンダンス、ケチャダンスなどのバリの民族舞踊が観光客向けアトラクションとしてある。

キンタマーニでパトゥール山と火山湖パトゥール湖を望む。
キンタマーニ

海に浮かぶタナロット寺院。
タナロット寺院

ウダヤナ王家の墓、グヌンカウィの遺跡。
グヌンカウィ

民族舞踊のひとつバロンダンスの1シーン。
民族舞踊バロンダンス

これらを巡るには、現地で車をチャーターするのが一般的である。車を1台チャーターした場合、ガソリン代込みで1日30USD(約2,400円)程度であった。人数割りすれば安上がり。

また、バリ島では日本人旅行者が多いこともあり、日本語を話せるドライバーも多い。日本語の話せるドライバーを希望すれば言葉の問題もない。

私がお世話になった日本語の話せるドライバーのネンガーさん。
日本語が話せるドライバー

観光で特に気を付けたいのは、ブサキ寺院を訪問する時。通常寺院ではサロン(腰巻)を身に着けるよう要求しているところが多く、普通の寺院はサロンを無料で貸してくれる。しかし、このブサキ寺院では貸出しはなく、みやげ物屋で買う羽目になる。事前に他で買えば180円ぐらいで手に入る。

また、普通の寺院では有料ガイドが希望により付けられるが、ブサキ寺院では「今日は儀式があるからガイドと一緒でないと入れない」とか「地元の人と一緒でないと入れない」とか言ってガイドを付けるよう強引に勧誘し、法外な料金を取ることがある。実際にはガイドは付いていなくても入れる。
私の場合、最終的には50円程度の「おさい銭」(Donation)だけで中に入ることが出来た。

旅行者に評判の悪いブサキ寺院
ブサキ寺院


【関連サイト】
エンジョイアジア 〜中国・東南アジア個人旅行サイト〜

PR
中国、東南アジアの個人旅行サイトです。
インド洋に沈む夕日
バリ島のゲストハウスでのんびり過ごす
エリア:
  • アジア>インドネシア>バリ島
テーマ:ビーチ・島 ホテル・宿泊 
投稿日:2011/12/23 01:52
コメント(3)
バリ島は日本からの旅行者も多い人気の観光スポット。ビーチや棚田などが美しく、のんびり過ごすにはもってこいである。
今回ビーチ近くのゲストハウスを見つけ6泊した。場所はチャングーと言う町で、クタ、レギャンの北約10km、スミニャックの隣りの静かな町である。
スミニャックまでビーチ沿いに歩いて20分程度。タクシーやバイクに乗れば5分程度で行ける。
ゲストハウスは地元バリ人の住居と同じ敷地内に建てられた建物で、バスルーム、ACもあり、快適である。バリ人の生活様式に触れながら、バリ風にゆっくり過ごすのもいいものである。
ここは、1泊300,000IDR(約2,600円)で、朝食は自分で準備出来るよう共用のキッチンがあり、コーヒーやフルーツは無料で用意されている。
ゲストハウスにはレンタルモーターバイクがあり、近くの町まで行くのに便利で、買物したり、食事したり、観光に使える。(一日50,000IDR(約430円)

ゲストハウスの部屋(AC、プライベートバスルーム付き)
ゲストハウスの部屋

オープンエアーのバスルームは、気持ち良い。
オープンエアーのバスルーム

共有のキッチンでいつでもバリコーヒーを。
共有のキッチンルーム

朝食はキッチンで準備して小鳥のさえずりを聞きながら庭に面したベランダで。
ベランダで食事

住居の敷地内にはヒンドゥー教の寺、儀式用の建物などがある。
ヒンドゥー教住居内建物

モーターバイクを借りて近くの町で買物、食事に行く。
モーターバイクで近くの町へ

ビーチまで歩いて5分。インド洋に打ち寄せる波の音を聞きながらビーチを散歩。
ビーチまで5分。

インド洋のサンセットは美しい。
インド洋に沈む夕日

ゲストハウスの詳細は、下記参照下さい。
バリ島でのんびり過ごす


【関連サイト】
エンジョイアジア 〜中国・東南アジア個人旅行サイト〜

PR
中国、東南アジアの個人旅行サイトです。格安旅行を紹介しています。
エアーアジアの赤い機体
格安航空(LCC)でインドネシア、バリ島、ジャワ島へ
エリア:
  • アジア>インドネシア>ジョグジャカルタ
  • アジア>インドネシア>バリ島
  • アジア>マレーシア>クアラルンプール
テーマ:ビーチ・島 鉄道・乗り物 
投稿日:2011/12/20 02:17
コメント(5)
LCC(格安航空会社)エアーアジアが関空-クアラルンプール(KL)間の空路を就航したことから東南アジアの各国へ格安で行けるようになった。
今回、エアーアジアとライオンエアーを乗り継いでインドネシアのバリ島、ジャワ島を訪れた。
まず、関空からKL経由でバリ島へ。そしてジャワ島ジョグジャカルタへ渡り、帰りはKL経由で関空へ戻る。
料金は、クアラルンプール(KL)まで3,931円(プロモ)、KLからバリ島デンパサールまで6,740円、デンパサールからジョグジャカルタまで3,000円、ジョグジャカルタ-KL間8,800円、KL-関空11,500円の合計33,700円。(燃油サーチャージ込み)

関空からクアラルンプールへ飛ぶエアーアジアの機体。
エアーアジア関空就航

KLは、エアーアジアの専用ターミナルに到着する。
エアーアジア専用ターミナル

搭乗ゲートおよび待合室はバスターミナルのような感じ。
エアーアジアの専用ターミナル

搭乗は搭乗機の近くまで徒歩で移動する。
搭乗は機体近くまで歩いていく

KLからバリ島へ飛ぶエアーアジアの機体。
KLからバリ島デンパサールへ飛ぶ機体

バリ島デンパサールからジャワ島ジョグジャカルタへ飛ぶインドネシアの格安航空会社ライオンエアー。
ライオンエアーの機体

【関連サイト】
エンジョイアジア 〜中国・東南アジア個人旅行サイト〜

PR
中国、東南アジアの個人旅行サイトです。格安旅行を紹介しています。

1 - 5件目まで(5件中)


国一覧
アジア
台湾(19)
フィリピン(14)
タイ(13)
中国(10)
マレーシア(5)
スリランカ(5)
インドネシア(5)
ラオス(3)
ミャンマー(3)
ベトナム(1)