1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. takashiさん
  4. ベトナムの記事一覧

  海外エリア: アジア > 中国 の他のブログはこちら|

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

~中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。~

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
70代
自己紹介:
個人旅行ブログサイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 1件目まで(1件中)

海外SIMカード
海外での携帯電話の利用料金を安くする
エリア:
  • アジア>中国
  • アジア>ベトナム
  • アジア>タイ
テーマ:観光地 留学・長期滞在 旅行準備 
投稿日:2011/03/10 00:37
コメント(2)
海外で日本のスマホ・携帯を使うには?
海外でも日本のスマホ・携帯電話を使って、日本にいる家族・友人等と連絡を取ったり、現地での連絡用として利用することが出来る。

ただし、そのままで利用する場合、国際ローミングサービス経由となり料金が非常に高額となるので、注意したいところ。

例えば、NTTドコモのスマホ・携帯電話で中国から日本にかける場合175円/分かかる。逆に日本からかかってきた場合、架ける方は国内料金だが、受ける方は145円/分もかかる。

東南アジアの他の国(タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピンなど)でも同じような料金になっている。その他の国の例では、ベトナムは、280円/分、インドネシア、カンボジア、ラオスなどでは日本への電話は380円/分にもなる。

また、SMS(Short Message Service)でテキストメッセージを送る場合でも1回当たりの送信で100円かかる。

一方、現地での通話はどうかと言うと、滞在国内への電話(例えば、ホテルとか現地の旅行代理店とか)は75円/分かかる。逆に現地の人から電話をかける場合は国際電話となるため高い料金を負担させることになる。その上、こちらの着信料金もかかることになる。(日本経由となるため)

この高額な請求を避けるため、海外SIMカードを利用する方法をおすすめする。

海外SIMカードがあれば
もちろん、海外SIMカードがない場合でも、ホテル、レストランなどWiFi接続環境があれば、スマホ・携帯電話から無料通話アプリを使って電話をかけることは可能である。

しかしながら、海外SIMカードを購入すると、その国の電話番号がもらえるので、更に使い道が広がる。例えば、

・滞在国の電話番号に国内通話料金で電話がかけられる(発信)
・現地の電話から国内通話料金で自分のスマホに電話がかかる(着信)
・SMS(Short Message Service) が安く利用出来る
・データ通信を使って、WiFiのない環境でもアプリが使える

現地の連絡用としては、予約したホテルとの連絡(チェックインが遅れる場合など)、現地旅行代理店との連絡(現地ツアーでの連絡など)、航空会社への連絡用等、使い道は多い。

また、海外では連絡用としては、ほとんどSMSと言うショートメッセージでのメール連絡であり、直に電話で話しをすることはまれ。

中国旅行での例で、現地の1日ツアーに参加し迷子になった時、この携帯があったため非常に助かったことがある。つまり、集合場所が分からなく探していると添乗員(中国人)から電話が架かって来た。その時、通行人の現地の人に電話を代わってもらい、集合場所を聞いてもらい無事バスまで戻れた。(困った時には、現地の人に助けてもらうにも携帯電話が非常に役に立つと言う例)

SIMフリーでない時、SIMロック解除が必要
日本から持参したスマホ・携帯電話は、海外SIMカードを差替えるだけで、ほぼ世界中の国で使えるようになるが、日本の大手携帯電話会社が販売している携帯電話は、SIMロックと言って、自社のSIMカードしか使えないようにしているので注意が必要。この場合、事前にSIMロックを解除してもらう必要がある。

格安SIMを扱う格安スマホ会社(いわゆる、MVNO:Mobile Virtual Network Operator、仮想移動体通信事業者) で販売している格安スマホは、SIMフリーとなっているので、海外SIMカードは問題なく使える。

海外SIMカードをどこで買うか?
海外SIMカードは、それぞれの国の通信サービス会社から販売されており、通信サービス会社直営店、携帯電話ショップ、ショッピングセンター、電気店で購入出来る。

よく見かけるのが空港到着ロビーを出たところにあるSIMカードのショップ。無料でSIMカードを配布している場合もある。

しかしながら、ここで購入したり、配布しているSIMカードを利用するのは避けたい。なぜなら、ツーリスト用として販売されている商品なので、有効期間が短い上、割高の価格設定となっている。

SIMカードの購入は、直営店か、ショッピングモール等にあるショップがベスト。

プリペイド式SIMカードと最適なプランが選べるうえ、スマホへの挿入から設定まで、全てショップでしてくれる。ただし、購入には身分証明書が必要なので、パスポートを持参すること。

プリペイド式SIMカードは、当然のことながら、紛失しても購入金額以上の損失はないので安心である。

海外SIMカードを選ぶ時のポイント
海外SIMカードを選ぶ時のポイントは、下記である。

・インターネット接続専用のデータSIMより、電話番号の付いた通話SIMを選ぼう。
・自分が旅行するエリアをカバーしていること。都市部では問題ないが、もし地方へ行く場合、カバーエリアの確認をしよう。
・有効期限は問題ないか。期限が過ぎた場合追加チャージが出来ればOK。
・高速通信でのデータ通信量を超え、制限がかかった時の通信速度で使えるか。
・SIMカードサイズはスマホに対応しているか。(micro, nano)

SIMカードには、通話SIMとデータSIMがあり、通話SIMはデータ通信に加え電話番号が付いているので、電話として発信・着信が出来、またSMSも使える。

一方、データSIMは、データ通信のみでインターネット接続が目的なので、電話着信やSMSの利用が出来ない。

有効期限は、1日から1年等を選べるが、一般にツーリスト用は1週間程度が多い。短期間の場合、割高となっていることが多いので、1か月のプランなどと金額を比較した方が良い。

例えば滞在が1週間を超えて追加する場合、1か月のプランを購入した方が安いことがある。

通信容量が、例えば”3GB”と表示されている場合、高速での通信が3GBまで利用出来、その容量を超えると、低速になることを意味する。

高速通信とは、4G、3Gの通信で数十Mbps〜数Gbpsの速度で通信を行うが、低速とは、100〜400kbps程度の通信となる。(この速度は、通信会社により異なるが、タイを例にすると、truemoveなら128kbps、AIS, dtacなら384kbps)になる)

観光先でスマホを使うのは、観光情報を調べたり、自動翻訳アプリを使ったりするのがメインで、またLINEやSNSなどを使うにも通信速度も384kbps程度あればそこそこ使える。

ただし、Googleマップなどの地図を使うには、1Mbpsは欲しいところなので、この時はマップを事前ダウンロードして使用すると良い。

また、このように低速でのデータ通信を前提とする場合、アプリのアップデート、写真をアップロードなどは、ホテルなどのWiFi接続時に行うと良い。

データ通信量を決める基準としては、一日当り100〜200MB程度で計算すれば大丈夫である。

例えば、15日滞在なら総容量1.5〜3GBのものを選べば、観光地をブラブラするには使用には十分な容量と考えられる。

一方、通話チャージは基本的に0で構わない。通話をする時は、通話アプリ(Viber-OUTなど)を使えば良い。また、他からかかってくる電話の着信は、チャージに関係なく出来る。もし、チャージが必要になれば、いつでもコンビニなどですることが可能である。(トップアップと言う)

海外SIMカードの差換えは簡単
海外SIMカードの差換えるには、付属のピンを使って簡単に出来る。

まず、スマホの電源を切って、スマホの側面にあるカードトレイの横にある小さな穴にピンを差込む。

すると、SIMカードトレイがスマホから出て来るので、カードトレイのSIMカードを取出し、購入したSIMカードから同じサイズのSIMカード(micro, nanoなど)を切離し、トレイにセットした後、スマホ本体に戻す。

次に電源を入れ、【設定】をタップし、【無線とネットワーク】【モバイルネットワーク】【アクセスポイント名】を順にタップする。

すると、APN画面が表示されるので、購入したSIMカードのパッケージに記載されたAPNを選択して、必要により接続情報を入力する。
(SIMカードによっては、APNを選択するだけで繋がる場合もある)

APN接続情報の入力が必要な場合は、名前、ユーザー名、パスワード、認識タイプなどの項目があるが、いずれにしても、説明書に記載されているので、その通り入力すれば設定が完了する。

最後に【モバイルネットワーク】に戻り、【モバイルデータ通信】をONにすると、インターネットに接続される。
タグ:
スマホ 携帯電話 SIMカード 

PR
参考記事「海外でスマホ・携帯の賢い使い方、海外SIMカードの選び方は?」を「エンジョイアジアの旅」で読む

1 - 1件目まで(1件中)


国一覧
アジア
台湾(19)
タイ(14)
フィリピン(13)
中国(10)
マレーシア(5)
スリランカ(5)
インドネシア(5)
ラオス(3)
ミャンマー(3)
ベトナム(1)