1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. エスプリさんの旅行ブログ
  4. エスプリさん 散歩・自転車の記事一覧

  国内エリア: 関東 > 栃木 の他のブログはこちら|

★いちごロード★編集スタッフブログ

~栃木県へ行ってみたいと思っている方や、近場で体験できる楽しいことを探している栃木県民の方に最適のブログです♪~

いちごロード by Esprit
栃木のイイトコ取りサイト「いちごロード」。とちぎをもっと応援したい!そんな気持ちで始めた情報サイトです。栃木県のコアな情報もありますよ。
プロフィール

ニックネーム:
エスプリ
居住地:
栃木県
会社名:
エスプリ
会社英字名:
Esprit
会社所在地:
栃木県
業種:
その他
自己紹介:
楽しいこと大好きなEspritのスタッフたちが集めてきた栃木県内の情報を提供させていただきます。栃木県を旅してみたい方には、ちょっとした旅のアクセントになるような出来事を、栃木県民の方には、地元で楽しく参加できるイベントを、そんな痒いところに手が届くような情報をこつこつと取材しています。

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

枯山水
日本庭園と恋空ロケ地散歩
エリア:
  • 関東>栃木
テーマ:歴史・文化・芸術 散歩・自転車 
投稿日:2011/11/04 16:51
コメント(0)
11月3日の文化の日、栃木県鹿沼市にある「屋台のまち中央公園」と
「千手山(せんじゅさん)公園」へ行ってきました。

まず最初は「屋台のまち中央公園」から。
こちらの敷地内にある「掬翠園(きくすいえん)」という日本庭園を拝見させていただきました。
掬翠園は明治末期から大正初期ごろに造られたそうで、
とても趣きある日本庭園に、茶道や華道のできる茶室やお寺らしき建物があります。
日本庭園というと敷居が高い気がしますが、
誰でも無料で見学できるので機会がありましたらぜひ。

看板

茶室01

茶室02

茶室03

枯山水がとても素敵。

枯山水

庭園01

庭園02

途中芭蕉の句碑や仏像などもありました。

芭蕉句碑

庭園03

こちらでは定期的にイベントなども行っているようです。
この日は絵手紙展とスタンプラリーが行われていました。

絵手紙01

絵手紙02

公園の敷地内には「彫刻屋台展示館」「観光物産館」もありますので
気軽に訪ねてみてはいかがでしょうか。


次に紹介するのは「千手山公園」。
この観覧車、見たことありませんか?
そう、ここは映画「恋空」のロケ地になった山の上にある小さな遊園地です。

観覧車02

ロケ地看板

雪だるま

「千手山公園」はお千手さんと呼ばれ親しまれてます。
この日も小さなお子さん連れのご家族がたくさん遊びに来ていました。
入園は無料で乗り物代だけかかります。
しかも1人1回50円と格安!人気の理由が分かります。

観覧車01
観覧車。カラフルでカワイイ。

おとぎ電車
おとぎ電車。親子で一緒に楽しめそうです。

ジェットスター
ジェットスター(飛行機型の乗り物)。
なかなか回転が早いですよ!

またこちらには立派なお堂があります。
その中には木造の千手観音像が祀られているそうです。

仏閣と観覧車

入り口の大きな門もすごいですよ!
仁王像や不動明王(だと思います)の仏像が飾ってあります!
門には綺麗な彫り物も見られます。

門

不動明王らしき仏像

最後にこの立て札。
なんか心が引かれたので思わずシャッターを切ってしまいました。

立て札

ピクニックにオススメです。
ご家族、友達や恋人同士で行ってみませんか?

(担当:みるきー)

正月市街1
お正月の宇都宮市街地レポート
エリア:
  • 関東>栃木>宇都宮
  • 関東>栃木
テーマ:街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 散歩・自転車 
投稿日:2011/02/23 08:39
コメント(0)
2011年のお正月の宇都宮市街地の様子をレポートします。

正月市街1
↑鳥居付近では参拝を待つ人の長い列が…。
混乱を避けるためにブロック毎に移動します。

市街地の中心にある二荒山神社では、初詣に訪れた方達の
長い行列が続いていました。
例年に比べると、今年は参拝者の数が増えているみたいです。
これも不景気の影響なのでしょうか?

正月市街2
↑境内が大変混雑しています”と書かれた段幕。

私もはじめは人の流れにまかせて並んでいましたが、
お腹がすいてしまったのとあまりにも時間が
かかりそうだったので途中でリタイア。諦めてしまいました。
今年はご利益にあずかれなさそうです。

正月市街3
↑「待ち時間…約…?? 45分!」何となくお客様をおちょくったプラカード。

そして向かった先は、二荒山神社のほど近くにある
“宇都宮餃子のテーマパーク”「来らっせ」。
なんとここでも45分待ちの行列が!

正月市街4
↑宇都宮餃子のテーマパーク“来らっせ”は今年も順風満帆!

う〜ん、結局時間のない人にとっては食事さえもできそうにない
大混雑のお正月の宇都宮市街地レポートでした。
正月だけじゃなく、普段からこれだけの人たちが
市の中心街に集まってくれればいいのにな。(心の声)

【文/写真・AT(Esprit)】
タグ:
二荒山神社 来らっせ 餃子 初詣 行列 

PR
「いちごロード」は、栃木県の楽しい情報やイベントなどを順次紹介しているサイトです。ぜひいちどアクセスしてみてくださいね♪
「いちごロード」は、栃木県の楽しい情報やイベントなどを順次紹介しているサイトです。ぜひいちどアクセスしてみてくださいね♪
二宮堰2
まさに神!二宮尊徳の偉業(二宮堰)
エリア:
  • 関東>栃木>宇都宮
  • 関東>栃木>日光
  • 関東>栃木>真岡・益子・茂木
テーマ:観光地 歴史・文化・芸術 散歩・自転車 
投稿日:2010/11/24 10:42
コメント(0)
江戸時代後期、水不足で苦しんでいた徳次郎や高台の宝木地区のために、田川の水を堰き止めて、新しく川を作ってしまったのが、かの二宮尊徳です。
宇都宮市内を流れる“新川”は、宝木用水が名前を変えた正にこの新しい川なのです。
現在の宝木用水の取水堰は、通称“二宮堰”と呼ばれ、その近くにはきれいに整備された親水公園も完備され、人々の憩いの場としても利用されています。
駐車場も完備されていますので、ここでお散歩を楽しむには絶好の場所になっています。

二宮堰1

まずは、水神祠にお参りをしました。
当時の人々にとって、尊徳はまさに神様だったのでしょうね。

二宮堰2

祠のその先を歩いて行くと現れる二宮堰。
よく見ると、水量をうまく調整している様子がうかがえて、思わずうなってしまいます。

二宮堰3

田川沿いの親水公園には案内板があります。
地図も描かれていますがちょっと???
まあ、正確さよりもイメージ優先ということで…。^^;

二宮堰4

さらに歩を進めると、彼方に大きめの二宮堰が見えてきます。

二宮堰5

二宮堰クローズアップ。
ここから、先ほどの分岐点へと川の水が流れていくのです。

二宮堰6

この一帯は、遊歩道も完備されて快適にお散歩できますよ。
そろそろ紅葉の季節。樹木も色づき始めてきたところです。

二宮堰7

これが駐車場です。かなり広いです。
免許とりたての方でも安心ですね。
日光街道の杉並木を見学する際は、ついでにこの隠れた名所“二宮堰”にも足を運んでみて下さいね。

【文/写真・AT(Esprit)】
タグ:
徳次郎 宝木 二宮尊徳 日光観光 用水事業 新川 

PR
徳次郎二宮堰のムービーやパノラマ写真は、いちごロードのサイトでご覧いただけます。他にも栃木県内のレポートが満載です!
徳次郎二宮堰のムービーやパノラマ写真は、いちごロードのサイトでご覧いただけます。他にも栃木県内のレポートが満載です!
のらっせ号11
のらっせ号の一日乗車券で栃木市を堪能!の巻
エリア:
  • 関東>栃木>小山・栃木
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 散歩・自転車 
投稿日:2010/11/05 17:02
コメント(0)
のらっせ号01

久し振りに栃木市に行ってみると、駅舎が新しくなっていてびっくり。
JRと東武鉄道の乗り換えもこれなら、らくちんです。

のらっせ号02

↑「のらっせ号」の駅前バス停。のらっせとは栃木弁で乗っていって下さいの意味

栃木駅前のバス停から「のらっせ号」に乗っていざ出発!
バスの運転手さんから直々に「一日乗車券」を購入しました。
首からカメラをぶら下げていた私は、いかにも観光客といった風貌だったせいか、
運転手のおじさんがマンツーマンで栃木市内の説明をしてくれました。
何だか申し訳なくて、結局「地元の人間です」とは言い出せませんでした。

のらっせ号03

↑乗船口。平日でも混んでました。土日は順番待ちは覚悟かもです

幸来橋の袂でバスを降りると、うわさの遊覧船のりばがありました。
ここから乗船して、巴波川を往復して戻ってきてくれるのです。
受付をしていたおばさま(お姉さん?)に「乗ってって下さいよ」と誘われましたが、
時間がないので泣く泣く先を急ぎました。次回は乗るからね。

のらっせ号04

↑三桝屋本店。
ここでは女の子っぽいキュートなお土産も売られていました。

のらっせ号05

↑巴波川。
栃木市といえば巴波川。現在は改修されて綺麗な流れに戻りました。

のらっせ号06

↑鯉が泳いでいました。
なんだか気持ち良さそうです。

のらっせ号07

↑鴨も泳いで(?)いました。
見ているだけでも和みますね。
ゆっくりした時の流れを堪能できる良いロケーションです。

のらっせ号08

↑とちぎ山車会館。入口の時計が目印です。
関東3大「小京都」の栃木市ではお祭りも有名です。
山車会館ではお祭りの山車が展示されています。

のらっせ号17

↑ここの中庭には「こいの泉」があります。
ひらがなで「こい」になっているところがミソ。

のらっせ号09

↑ビッグな鯉がたくさん泳いでます。人間位の大きさかも?

のらっせ号10

↑なんと、恋が成就する泉だそうですよ。まぁなんてベタな・・・
って言っちゃいけませんよ。ありがたや。

試しに願をかけてみては?

のらっせ号11

↑おたすけ蔵(蔵の街美術館)。
3つの蔵が並んでいます。
茨城の天狗党の焼き打ちに遭った際、唯一無事だったのが、このおたすけ蔵です。
栃木市内に現存する建物では、もっとも古い建造物です。
今は、美術館としても使われています。

のらっせ号12

↑栃木市役所。当時の面影そのままで、しかも現役です。
お仕事の邪魔をしないように観光しましょう。

のらっせ号14

↑平柳河岸の説明板。
これは巴波川沿いの細い道を渡らないとお目にかかれない貴重な(?)説明板です。
巴波川沿いを歩いてみると色んな発見が…。

のらっせ号15

↑午後になり、鴨もいい感じで疲れた様子です。

そんなこんなで私もそろそろ帰ることにしました。
最寄りのバス停から「のらっせ号」で駅へ。
乗り降り自由の乗車券だから気軽に利用できますね。

のらっせ号16

さて、次はどこをお散歩しようかな。

【文/写真・AT(Esprit)】
タグ:
蔵の街 バス 乗車券 巴波川 小京都 

PR
栃木のお散歩コース、これからもっともっと見つけていきますよ♪
栃木のお散歩コース、これからもっともっと見つけていきますよ♪

1 - 4件目まで(4件中)