1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. (株)ユーラシア旅行社さん
  4. カンボジアの記事一覧

  海外エリア: アジア > カンボジア の他のブログはこちら|

ユーラシア旅行社海外ツアーブログ

~世界130ケ国以上の海外旅行、海外ツアーを取り扱うユーラシア旅行社が世界最新情報をお届けします。~

海外ツアー、海外旅行のユーラシア旅行社
ユーラシア旅行社は世界130ケ国以上への海外旅行、海外ツアーを企画・販売している会社です
プロフィール

ニックネーム:
(株)ユーラシア旅行社
居住地:
東京都
会社名:
株式会社ユーラシア旅行社
会社英字名:
EURASIA TRAVEL CO.,Ltd.
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3265-1691
業種:
旅行業
自己紹介:
秘境・辺境を含む世界130カ国以上(ヨーロッパ、アフリカ、中南米、北米、アジア、中国、オセアニア等)の海外旅行、海外ツアーを取り扱う「ユーラシア旅行社」。海外旅行の最新情報をお届けします。

カレンダー
7月<2021年8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

記事一覧

1 - 1件目まで(1件中)

アンコールワット
アンコールワットに見られる宇宙観(カンボジア)
エリア:
  • アジア>カンボジア>シェムリアップ
テーマ:観光地 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2013/11/22 11:15
アンコールワット

アンコール・ワットを訪ねた日本人の皆様は、初めて見るにもかかわらず、何故かそんなに違和感を感じない方が多いのではないでしょうか?

実は、アンコールワットは古代インドの山岳信仰の宇宙観、即ち神々が住むとされるメール山を中心とした世界の巨大な模型なのです。
メール山(サンスクリット語の「スメール」)の音写の漢訳が「須弥山」、意味を漢訳したのが「妙高」で、実は日本文化にもしっかりと根ざしているのです。
日本では仏教の宇宙観として入ってきており、例えば、日本の最古の庭園様式は須弥山式と言われており、何とアンコール・ワットが表している世界をお庭で再現していたのです。
(もちろん須弥山式の庭は、今でもいくつか見ることができますから、アンコール・ワットに行く前に見ておくのも面白いでしょう。)

また、アンコール地方ではちょっとした高さの丘や山をメール山とみなしていましたが、日本でも新潟県の妙高山はメール山の漢訳から来ているのです。
表現形態は違えど、同じ宇宙観を共有しているのですから、あまり違和感を感じないのも納得です。

アンコール・ワットでは江戸寛永期にここを訪れた森本右近大夫の落書きを見ることができますが、当時の人はここを「祇園精舎」と思い込んで、三代将軍家光は島野兼了を視察に行かせ、見取り図まで作成しています。
(この図を長崎奉行が模写したものは水戸の彰考館にあります。)

アンコール・ワットを見て、フランス人の様に得体の知れぬ巨大遺跡と考えず、これぞ「祇園精舎」と思った訳ですから、日本人が元々持っていたイメージに近かったのでしょう。

カンボジアは、現代史があまりに激しかった為、今の私達には遠い国のように思えてしまいますが、文化的にも共通点があり、、醤油や漬物があること等、食文化も比較的似た所があるので(因みにカンボジア人は日本の梅干が大好きです。)、意外と親近感を持てる国です。

アジアを代表する大遺跡に、短い日程で手軽に行けることも魅力ですので、是非訪れてみてください。
タグ:
アンコールワット カンボジア ユーラシア旅行社 

PR
アンコールワットツアー│カンボジア旅行はユーラシア旅行社で!
アンコールワットツアー│カンボジア旅行はユーラシア旅行社で!

1 - 1件目まで(1件中)