1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. (株)ユーラシア旅行社さん
  4. ペルーの記事一覧

  海外エリア: 中南米 > ペルー の他のブログはこちら|

ユーラシア旅行社海外ツアーブログ

~世界130ケ国以上の海外旅行、海外ツアーを取り扱うユーラシア旅行社が世界最新情報をお届けします。~

海外ツアー、海外旅行のユーラシア旅行社
ユーラシア旅行社は世界130ケ国以上への海外旅行、海外ツアーを企画・販売している会社です
プロフィール

ニックネーム:
(株)ユーラシア旅行社
居住地:
東京都
会社名:
株式会社ユーラシア旅行社
会社英字名:
EURASIA TRAVEL CO.,Ltd.
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3265-1691
業種:
旅行業
自己紹介:
秘境・辺境を含む世界130カ国以上(ヨーロッパ、アフリカ、中南米、北米、アジア、中国、オセアニア等)の海外旅行、海外ツアーを取り扱う「ユーラシア旅行社」。海外旅行の最新情報をお届けします。

カレンダー
7月<2021年8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

ピサク村のインディヘナ市(ペルー)
ペルー、ピサク村のインディヘナ市へ行ってみよう!
エリア:
  • 中南米>ペルー
テーマ:観光地 街中・建物・景色 
投稿日:2014/05/23 12:55
ピサク村のインディヘナ市(ペルー)

本日は、ペルーのピサク村で開かれるインディヘナ市をご紹介します。
ピサク村はペルーのクスコから北に約30kmほど行った所にある小さな村です。
ここで週に3回、インディヘナの市が立ち、日用品から果物、民芸品など様々な物が売られます。
元々は地元の人々の物々交換の場所だったそうです。
様々な物が売られていますが、やはり目に入るのは、色鮮やかな民族衣装や小物類です。
中でも、観光客のお土産として人気なのは、カラフルなバッグやマフラー、三つ編みのついた帽子などのようです。
ここでは値段交渉が基本です。
是非、コミュニケーションの一つとして楽しんでみてください。
気さくな村の人たちが、きっと喜んで交渉に応じてくれると思います。
それぞれのお店はタタミ半畳くらいの広さで、道の両側に所狭しと並んでいます。
道も狭く、石のでこぼこした道なので、きょろきょろしながら歩いているとつまずいてしまいますので、お気をつけ下さい。
100mくらい進んでいくとちょっとした広場に出ます。
ここではバナナやとうもろこし、キヌア(日本で言えば粟や稗のようなもの)など食べ物が多く売られています。
売り子の女性は、色鮮やかな民族衣装を着ている人が多くいます。
ついつい、写真を撮りたくなるのですが、人によっては嫌がる人やチップを要求してくる人もいるので、注意して下さいね。
ペルーはマチュピチュ遺跡だけでありません。ピサク村の様な現地の人と触れ合える村もあります。
ペルーのクスコに行かれた際には、ちょっと足を延ばしてみるのも楽しいと思いますよ。
タグ:
ユーラシア旅行社 ペルー 市場 

PR
ユーラシア旅行社で行く!世界の市場を巡る旅
ユーラシア旅行社で行く!世界の市場を巡る旅
マチュピチュ村
ペルーのマチュピチュを満喫するには?
エリア:
  • 中南米>ペルー>マチュピチュ
テーマ:観光地 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2013/11/13 17:52
マチュピチュ村

訪れてみたい世界遺産ナンバー1と称されることも多い
ペルーのマチュピチュ遺跡。

このマチュピチュを満喫するには、
遺跡の麓にあるマチュピチュ村に2泊するのがお勧め。

朝、クスコからの日帰り観光客が来る前、
夕方、彼らが帰った後、
比較的人が少ない時間帯にも遺跡を
じっくりと見学することが出来ます。

マチュピチュの入り口近くにもホテルがあるのですが、
非常に高額であり、
また、遺跡が閉まった後は、
周囲には何もないので、
夕方以降はホテルでじっとしているしかありません。

麓の村に泊まれば、
露天風呂でのんびりしたり、
お土産物屋さんを覗いたり、
思い思いに過ごすことができるのです。
タグ:
ユーラシア旅行社 ペルー マチュピチュ 

PR
ペルーツアー、ペルー旅行ならユーラシア旅行社
ペルーツアー、ペルー旅行ならユーラシア旅行社

1 - 2件目まで(2件中)