1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. みゅうフランスさんの旅行ブログ

特派員ブログ


  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

みゅう・フランス発信現地情報

プロフィール

ニックネーム:
みゅうフランス
居住地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
会社名:
みゅうフランス
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
会社電話番号:
+33-(0)1 4450 1034
業種:
旅行業
自己紹介:
パリを中心にフランス国内、ヨーロッパの旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、ホテル、レストラン、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。何なりとご相談下さい。

カレンダー

4月<2012年05月    
1 2 345
67 89 10 1112
13 14 1516 17 18 19
20 21 22 2324 2526
2728 293031

記事一覧

1 - 5件目まで(17件中)

サン・コム修道院
ロンサールの薔薇とサン・コム修道院跡
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>トゥール
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2012/05/28 14:02
コメント(0)

こんにちは♪ pelicanfranceです。
今日は、ロワール地方から。

トゥールの中心街の西端に修道院の廃墟と薔薇で知られるサン・コム修道院跡がある。16世紀の詩人ロンサールがこの修道院に住んだことがあることから、ロンサールの薔薇とも呼ばれている。18世紀半ばに修道院は廃止され、廃墟となっていたが、1951年、県が廃墟を購入し、ロンサールの記念館とした。廃墟の中庭に作られた庭園と共に、ロンサールが使用した書斎なども残っており、薔薇の園の散策のみならず、宮廷詩人ロンサールの世界の一端に浸ることもできる。

タグ:
フランス ロワール地方 ピエール・ド・ロンサール サン・コム修道院 トゥール 

PR
永遠の詩人ピエール・ド・ロンサールを訪ねてサン・コム修道院ロンサールのバラ園とロワールワイン祭り・ヴィティロワールをお楽しみ下さい
永遠の詩人ピエール・ド・ロンサールを訪ねてサン・コム修道院ロンサールのバラ園とロワールワイン祭り・ヴィティロワールをお楽しみ下さい
バルダッサーレ・カスティリオーネの肖像
ルーブル美術館隠れた名品15 バルダッサーレ・カスティリオーネの肖像
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:観光地 鑑賞・観戦 歴史・文化・芸術 
投稿日:2012/05/28 02:10
コメント(0)

こんにちは♪ pelicanfranceです。
今日は、パリから。

カスティリオーネは、今風に言うならば外交官。ラファエロは、カスティリオーネを本人が理想とした高度の洗練された智慧を備えた宮廷人として描いている。 身体を幾分斜めにしたポーズ、組んだ手の位置、落ち着いた色調。ラファエロが大きな影響を受けたレオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザを彷彿とさせる ルネサンス期の肖像画の傑作の一枚。 バルダッサーレ・カスティリオーネの肖像画は、大ギャラリーの中程に展示されている

タグ:
フランス パリ ルーブル美術館 ラファエロ バルダッサーレ・カスティリオーネの肖像 

PR
世界三大美術館のひとつ、世界最大級の「美の殿堂」ルーブル美術館、日本語ガイドによる解説を聞きながら鑑賞ポイントを押さえ効率的に巡ります
世界三大美術館のひとつ、世界最大級の「美の殿堂」ルーブル美術館、日本語ガイドによる解説を聞きながら鑑賞ポイントを押さえ効率的に巡ります
ジャンポール・ゴルチエコカ・コーラ
J.P.ゴルティエのコカ・コーラLight
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:買物・土産 観光地 グルメ 
投稿日:2012/05/24 22:15
コメント(0)

こんにちは♪ pelicanfranceです。
今日は、パリから。

カール・ラガーフェルド、ソニア・リキエル、ロベルト・カヴァリなどに続き、フランスの人気ファション・デザイナー、ジャン・ポール・ゴティエがデザインしたボトルに入ったCoca Cola Light が、ヨーロッパ9ヵ国で限定販売されている。下着を描いた(夜)とマリン・ルックの(昼)の二種類。年内に三本目のボトルがデザイン、販売される予定。パリでは、ラファイエット百貨店グルメ館、Coletto、Monoprixの一部で入手可能。

タグ:
フランス パリ ジャンポール・ゴルチエ コカ・コーラ 

PR
オープン・トップの2階建てバスで日本語オーディオガイドの解説を聞きながら気ままなパリ観光市内50ヵ所以上の観光スポットで何度も自由に乗り降りができるバスツアーです
オープン・トップの2階建てバスで日本語オーディオガイドの解説を聞きながら気ままなパリ観光市内50ヵ所以上の観光スポットで何度も自由に乗り降りができるバスツアーです
ブロンジーノ
ルーブル美術館隠れた名品14 聖家族、聖アンナと幼き洗礼者聖ヨハネ
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:観光地 鑑賞・観戦 歴史・文化・芸術 
投稿日:2012/05/22 23:21
コメント(0)

こんにちは♪ pelicanfranceです。
今日は、パリから。

マニエリスム期を代表する画家ブロンジーノ。この作品では、聖家族とさらにイエスの祖母にあたる聖アンナ、従兄弟である洗礼者ヨハネが描かれている。幼児のイエスは、魂を象徴する鳥を手に持ち、洗礼者聖ヨハネは罪と償いを意味するりんごを持っている。鮮やかな現代的な色彩感覚で描かれた聖家族と聖アンナ、洗礼者聖ヨハネは、大ギャラリーの中ほどに展示されている

タグ:
フランス パリ ルーブル美術館 イタリア絵画 ブロンジーノ 

PR
世界三大美術館のひとつ、世界最大級の「美の殿堂」ルーブル美術館、日本語ガイドによる解説を聞きながら鑑賞ポイントを押さえ効率的に巡ります
世界三大美術館のひとつ、世界最大級の「美の殿堂」ルーブル美術館、日本語ガイドによる解説を聞きながら鑑賞ポイントを押さえ効率的に巡ります
聖女ベルナデット
聖ベルナデット、終焉の地ヌヴェール
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>フランスその他の都市
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2012/05/21 11:27
コメント(0)

こんにちは♪ pelicanfranceです。
今日は、ブルゴーニュ地方から。

ルルドのベルナデットで知られる聖女ベルナデットは、1858年にルルドで聖母マリアの出現を何度か体験した後、1866年に世間から隠棲するようにヌヴェールの愛徳修道院に入った。幼い頃から病弱であり、1879年4月16日、肺結核が原因で35歳の生涯を閉じた。現在、彼女がいたヌヴェールの愛徳修道院は、エスパース・ベルナデットと呼ばれ、聖女ベルナデットの遺体を安着する礼拝堂もある。

Espace Bernadette
34, rue Saint Gildard 58000 Nevers
Tel. 03 86 71 99 50 Fax 03 86 71 99 51

タグ:
フランス ブルゴーニュ地方 ヌヴェール 聖女ベルナデット エスパース・ベルナデット 

PR
中世の面影をそのまま残すヴェズレー村を散策。白ワインの銘酒シャブリでワインのテイスティングなど、ブルゴーニュ地方で過ごす1日を存分にお楽しみください
中世の面影をそのまま残すヴェズレー村を散策。白ワインの銘酒シャブリでワインのテイスティングなど、ブルゴーニュ地方で過ごす1日を存分にお楽しみください

1 - 5件目まで(17件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

ヨーロッパ
フランス(1941)
イタリア(4)
ベルギー(2)
フィンランド(1)