1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. みゅうフランスさんの旅行ブログ

  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

みゅう・フランス発信現地情報

プロフィール

ニックネーム:
みゅうフランス
居住地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
会社名:
みゅうフランス
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
業種:
旅行業
自己紹介:
パリを中心にフランス国内、ヨーロッパの旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。お気軽にご相談下さい!

カレンダー

1月<2014年02月>3月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

記事一覧

1 - 5件目まで(28件中)

ディアブル・オ・ティム
9区の人気レストラン Les Diables au Thym ディアブル・オ・ティム
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:街中・建物・景色 グルメ 歴史・文化・芸術 
投稿日:2014/02/28 03:35
コメント(0)

こんにちは♪ pelicanfranceです。
今日は、パリから。

庶民的で賑やかな9区にありながら、店内に入ると白いテーブルクロスが高級感を感じさせるレストラン。料理はパリで最近流行の、アジアのスパイスも加えたオリジナリティに富んだフランス料理。

ミシュラン2つ星の名店サンドランスにもいたことがあるシェフは、三島由紀夫を始め日本文学を愛好する知日派。ホールのボーイ長は日仏双方の「トウール・ダルジャン」、青山のブノワで働いていたというから、サービスには抜かりない。日本滞在五年と日本人妻から学んだ日本語は料理用語が不得意なパリの日本人にも有難い。

昼、夜ともに前菜・メイン・デザートで37ユーロのメニューがあり、お昼のみ前菜とメイン、あるいはメインとデザートで30ユーロのお得なメニューも。

食後のコーヒーも何かとエスプリが効いています。
お料理以外にも、シェフのコレクションという照明がとても印象的でした。(またの機会に!)

Les Diables au Thym ディアブル・オ・ティム
35 Rue Bergere, 75009 Paris
電話:+33 1 47 70 77 09

タグ:
ディアブル・オ・ティム サンドランス トウール・ダルジャン 9区の人気レストラン Les Diables au Thym 

PR
1889年から続く歴史あるキャバレー、ムーラン・ルージュ。館内のノスタルジックな雰囲気を味わいながら、舞台で繰り広げられる明るく楽しい芝居と、躍動感溢れるフレンチ・カンカンをお楽しみください。
1889年から続く歴史あるキャバレー、ムーラン・ルージュ。館内のノスタルジックな雰囲気を味わいながら、舞台で繰り広げられる明るく楽しい芝居と、躍動感溢れるフレンチ・カンカンをお楽しみください。
サンフランチェスコ
ルーブル美術館 隠れた名品77 ジオット作 聖痕を受ける聖フランチェスコ
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:鑑賞・観戦 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2014/02/27 00:02
コメント(0)

こんにちは♪ pelicanfranceです。
今日は、パリのルーブル美術館から隠れた名品のご紹介です。

イタリアの守護聖人になっている聖フランチェスコは裕福な家に生まれつつも清貧を重んじ信仰の道を究めた、イタリア人に最も愛されている聖人の一人。聖フランチェスコは初めてイエス・キリストと同じ聖痕を受けたとされる。聖痕とは、イエス・キリストが十字架に張り付けられた時の両手、両足、脇腹に受けた聖なる傷痕。この祭壇画を描いたジオットは、14世紀イタリア宗教画の巨匠で、アッシジのサンフランチェスコ教会にある聖フランチェスコの生涯を連作で描いた。この祭壇画では、サンフランチェスコの生涯の中で一番のハイライトともいえる、聖痕を受ける場面を描いている。

その下のプレデッラ部分に描かれているのは、やはり聖フランチェスコの生涯の有名なシーンで、左から『イノセント3世の夢』『教皇による会則の許可』『小鳥への説教』。この部分は弟子の手によると考えられている。

『イノセント3世の夢』

『イノセント3世の夢』

『教皇による会則の許可』

『教皇による会則の許可』

『小鳥への説教』

『小鳥への説教』

ジオット作「聖痕を受ける聖フランチェスコ」はドウノン翼2階、13〜15世紀のイタリア絵画コーナーにある。

タグ:
ルーブル美術館 隠れた名品 ジオット サンフランチェスコ 聖蹟 

PR
世界三大美術館のひとつ、世界最大級の「美の殿堂」ルーブル美術館、日本語ガイドによる解説を聞きながら鑑賞ポイントを押さえ効率的に巡ります。
世界三大美術館のひとつ、世界最大級の「美の殿堂」ルーブル美術館、日本語ガイドによる解説を聞きながら鑑賞ポイントを押さえ効率的に巡ります。
Dominique Denaive
インパクトのあるコスチュームジュエリー  Dominique Denaive
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:買物・土産 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2014/02/26 01:04
コメント(0)

こんにちは♪ pelicanfranceです。
今日は、パリから。

マルシェ・サントノレとテュイルリー公園を結ぶ「7月29日通り」は、ブランド店が並ぶサントノレ通りとも交差し、その角には若者に人気の高感度セレクトショップのコレットがある。7月29日通りのチュイルリー公園寄りにある大ぶりな作品が多いコスチュームジュエリーのドミニク・ドウネーヴのブティックは、そんな中でもかなり目を引く。

真骨頂は、レジン(樹脂)を使った、主にワントーンのインパクトあるネックレスなどのアクセサリー。透明感のある素材のせいか、夏のむき出しの肌にも、冬のセーターの上にも合いそう。

お店で接客してくれるのは、デザイナーの娘さん。

ブレスレットやイヤリングは100ユーロ以下でも見つかる。

大ぶりネックレスだと200ユーロくらいから。(釦)

Dominique Denaive
7 Rue du 29 Juillet, 75001 Paris
01.42.61.78.22

タグ:
Dominique Denaive 7月29日通り サントノレ通り コスチュームジュエリー レジン(樹脂) 

PR
パリから日帰りでブルゴーニュのムルソーで開催されるグルメ&ハイキングイベントに参加します。
パリから日帰りでブルゴーニュのムルソーで開催されるグルメ&ハイキングイベントに参加します。
マレ地区でブランチ
マレ地区でブランチを
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:買物・土産 街中・建物・景色 グルメ 
投稿日:2014/02/25 02:02
コメント(0)

こんにちは♪ pelicanfranceです。
今日は、パリから。

パリジャン、パリジェンヌに人気のマレ地区は週末も開いている店舗が多く、日曜日などは朝から賑わう。ショッピングの前に、遅めの朝食、早めの昼食と、言う人たちも多いらしく、最近のトレンドはマレ地区でブランチして散策。行列の出来るカフェも多いので、ブランチとは言え、11時前に入店が望ましいようだ。(蜀)

週末の人混みと行列は、マレ地区のお約束!

タグ:
マレ地区 ブランチ 日曜も営業 行列 ショッピング 

PR
パリから日帰りでブルゴーニュのムルソーで開催されるグルメ&ハイキングイベントに参加します。
パリから日帰りでブルゴーニュのムルソーで開催されるグルメ&ハイキングイベントに参加します。
フォンテーヌブロー
ナポレオンゆかりの城館フォンテーヌブロー宮
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>フォンテーヌブロー
テーマ:街中・建物・景色 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2014/02/24 01:22
コメント(2)

こんにちは♪ pelicanfranceです。
今日は、パリ郊外から。

パリの南約70キロメートルの地にあるフォンテーヌブロー宮は16世紀にフランソワ1世の狩猟の館として築かれたが、現在の城館はフランス革命の後、ナポレオン・ボナパルトによって改築された建物だ。

ナポレオンは、この館で二番目の后マリー=ルイーズと新婚生活、二人の間の実子ナポレオン2世とつかの間の幸せな日々を過ごしている。

そして皮肉にもロシア遠征後失脚したナポレオンは、1814年4月20日、自ら4頭立ての馬車が上り下り可能に設計させた馬蹄形の入り口階段で近衛兵たちに別れを告げエルバ島に旅立ったのであった。(芯)

タグ:
フォンテーヌブロー フランソワ1世 ナポレオン・ボナパルト マリー=ルイーズ ナポレオン2世 

PR
パリから日帰りでブルゴーニュのムルソーで開催されるグルメ&ハイキングイベントに参加します。
パリから日帰りでブルゴーニュのムルソーで開催されるグルメ&ハイキングイベントに参加します。

1 - 5件目まで(28件中)


国一覧

ヨーロッパ
フランス(1941)
イタリア(4)
ベルギー(2)
フィンランド(1)