1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. みゅうフランスさんの旅行ブログ

  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

みゅう・フランス発信現地情報

プロフィール

ニックネーム:
みゅうフランス
居住地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
会社名:
みゅうフランス
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
業種:
旅行業
自己紹介:
パリを中心にフランス国内、ヨーロッパの旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。お気軽にご相談下さい!

カレンダー

2月<2015年03月>4月
1 2 3 4 5 67
89 10 11 12 1314
1516 17 18 19 2021
2223 24 25 26 2728
2930 31

記事一覧

1 - 5件目まで(22件中)

三代続くサルモン
ミシュラン・レストランのソムリエと行く シャンパンセラーを巡る旅 参加レポートその?
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:観光地 グルメ 
投稿日:2015/03/30 00:00
コメント(0)

ソムリエと行く シャンパンセラーを巡る旅 参加してきました!

合計で10杯以上もシャンパンを試飲して、大満足!

あらゆる場所で、シャンパンボトルの「ポン」というあける音が鳴り響き、大興奮。

解説者、ソムリエの北山さんの解説もさすがでした。

本日はレポートその?です。

 

その?はこちら

http://www.myushop.net/paris/blog/detail/1882/

その?はこちら

http://www.myushop.net/paris/blog/detail/1906

 

3軒目にいったのは、おなじく家族経営のシャンパン農家サルモンさん。

ショムジーは、アルドルの谷間の中心に位置する丘陵地帯で、ピノムニエが多く栽培されている地域です。サルモンさんは、シャンパンで軽視されているこのピノムニエを使うことですばらしいシャンパンを造っている作り手です。

 

サルモンさんがこだわっているのは、伝統的なシャンパンつくりです。

例えば、ぶどうを圧搾するのも、多くの作り手が最新の機器を使っている中、この伝統的な圧搾機を使っています。

ぶどうジュースがワインに変わったタイミングでビンにつめ、さらに酵母と砂糖をいれることでビン内二次発酵をさせ、シャンパンが誕生します。

そのシャンパンは、このように平積みにされ、熟成期間に入ります。シャンパンを名乗るためには、15ヶ月以上の熟成が規定で決まっています。この熟成期間中に、働きをやめた酵母から「うまみ」が出るのですね。

熟成中のビンには、まだ王冠が付いて、コルクではありません。赤と青の王冠が付いていますが、これは、収穫年度を自分たちで把握するために色分けしているのだそうです。

2年ほど熟成したボトルには、まだ酵母の死骸が入っています。製品にするためには、その酵母を取り除かなければいけません。ビンの中にある酵母の死骸、さあ、どうやって取り除くのか。。。

 

そのためにするのが、ルムアージュといわれる作業です。2週間かけて、酵母をビンの口の部分までもって行きます。やり方は、ビンを数日かけて、ゆっくり傾けていくのです。

ロゼシャンパンの首の部分に、酵母がたまっています。光にあてると、それが見えます。

 

酵母がたまったら、先の部分をマイナス20度の液体に入れて、先の部分だけこうらせます。そして、王冠を取ると、中には気圧が入っていますので氷になった酵母がぽんと飛ぶのですね。

 

シャンパン製造行程の見学が終わったら、試飲に入ります。

 

創設者自らグラスについでくれました。

 

創設者ミッシェルさんは11歳のときに、両親を第二次世界大戦で亡くし、両親から継いだ畑をもとに、シャンパンつくりを始めたんだそうです。初年度に出荷したビンは500本。それは、樽2つ分でしかありません。三代目も働き始めた今は年間約12000本を出荷しています。

サルモンのシャンパンは、そんな家族の歴史が詰まっているのですね。

 

まず試飲したのは、100%ピノムニエのシャンパン。シャンパンのなかでは、非常に珍しい一品です。ソムリエの北山さんもその美味しさにびっくり。一般的に評価の低いピノムニエでも丁寧に作ればここまで優雅で上質なものが出来るのですね、とコメントしていました。

 

 

その後も、ロゼ、ヴィンテージ、など試飲がつづきました。

「一生でこんなにシャンパンをあける音を聞いたのは初めだ」とある参加者のコメント。

確かに!このようなツアーに参加してこそですね。


PR
夜のルーブルあります。
夜のルーブルあります。
ユニクロ
歌舞伎×ユニクロ×パリ!!
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:買物・土産 
投稿日:2015/03/28 00:00
コメント(0)

日本を代表するパリで大人気ブランド、ユニクロ

 

着心地のよさや普段使いしやすい面から
子供から大人まで幅広い年齢層にうけています。

フランス国内に8店舗、うちパリ市内には4店舗もあり、

いつ訪れても混雑しているほど人気です。

 

世界に先駆け、パリで03月20日から

「松竹歌舞伎×ユニクロ プロジェクト」が始まりました

 

ファーストリテイリング柳井社長は
「フランスは、古い伝統と新しい動きを受け入れる都市だ」と仰っていて
それでフランスからこのプロジェクトを始めることにしたそうです。

 

オープニング前夜19日には新商品発表会パリのマレ店に
猿之助さんがいらっしゃった様で、
一夜限りとしてお店の中に舞台をつくり、そこで一幕を披露したそうです。

 

店内では早速興味を持ったお客さんが商品を手にしていました。
これを機に日本に関心を持つフランス人が増えるといいですね

 

パリ・オペラ駅の?番線ホームには巨大な広告が並んでいますので
パリにいる方は是非3番線のホームで迫力のある広告見てみて下さい

 


UNIQLO PARIS OPÉRA
住所:17, rue Scribe 75009 Paris
最寄り駅:?番線、?番線Chaussée d'Antin - La Fayette
オープン時間:月曜日から土曜日10H00ー20H00

 

UNIQLO LE MARAIS
住所:39, RUE DES FRANCS BOURGEOIS
最寄り駅:?番線Saint-Paul
オープン時間:月曜日から金曜日11H00ー20H00
土曜日、日曜日10H00ー20H00

 

UNIQLO BEAUGRENELLE
住所:12 rue linois, 75015 Paris
最寄り駅:?番線Charles Michels
オープン時間:月曜日から土曜日10H00ー20H00

 

UNIQLO LA DEFENSE
住所:Centre Commercial Les 4 Temps
Niveau 1/ Niveau 2 / Accès par le parvis
最寄り駅:?番線、RER・A線La Défense
オープン時間:毎日10H00ー20H00

 

 


yuimar


PR
パリ発 【5月10日限定】3年に1度!街中ネコだらけ!ベルギー・イーペルのネコ祭り☆
パリ発 【5月10日限定】3年に1度!街中ネコだらけ!ベルギー・イーペルのネコ祭り☆
Cognacq-Jay
コニャック=ジェイ美術館 × クリスチャンラクロワ
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2015/03/26 00:00
コメント(0)

パリには沢山の美術館があります。

その中でも、今回はマレ地区にあるコニャック=ジェイ美術館(Musée Cognacq-Jay)へ行ってきました!

建物は個人宅をそのまま利用しているので、広大な敷地に迫力あるモニュメントが建つルーブルといった超有名美術館とは、また違った雰囲気のある美術館です。

 

こちらの美術館、かつてパリにあった「サマリテーヌ百貨店」、「サマリテーヌ・ドゥ・リュックス」百貨店の創始者エルネスト・コニャックとその妻マリー=ルイーズ・ジェイのコレクションを展示しています。

18世紀当時の衣装や宝飾品、彫刻や絵画、陶器などがあります。

当時の衣装の再現を、クリスチャンラクロワが手がけています。

素敵なドレスですね。

レースの繊細さと色の組み合わせ、デザインに驚きまくりです。

 

当時のオペラグラス。デザインが凝っていてかわいい!

 

ワインオープナーもおしゃれです。

 

こんなユニークなチェスも!!

 

カーペットもラクロワの作品。空間デザインもしているようです。

 

上階には、当時の衣装からラクロワがイメージして作った現代風宮廷ドレスが並びます。

美術館でおこなわれる「○○展」というのは、常設の展示スペースとは分かれて、企画展スペースのようなところでやっているイメージなのですが、こちらはすべてのエリアで、常設の展示品とラクロワの作品がミックスされていました。

ラクロワ好きな方には鼻血ものですよ♪

クリスチャンラクロワ展は4月19日まで開催しています。

 

(SI)

 

Musée Cognacq-Jay

8, rue Elzévir, 75003 Paris

01 40 27 07 21

営業時間 : 10h-18h

営業日 : 火-日 // 休館日 : 月・祝日

Métro : Saint-Paul (ligne 1), Chemin-Vert (ligne 8), Rambuteau (ligne11)

タグ:
クリスチャン ラクロワ 企画展 美術館 サマリテーヌ マレ地区 

PR
パリ発【5月24日限定】
おいしいシャンパーニュを歩こう!シャンパンとグルメのウォーキングツアー
パリ発【5月24日限定】 おいしいシャンパーニュを歩こう!シャンパンとグルメのウォーキングツアー
カフェ
カフェでのひと時。
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:グルメ 
投稿日:2015/03/25 00:00
コメント(0)

パリのおしゃれカフェでゆっくりくつろぎたい方必見!!

若者が友達とお茶しに、ご家族がお買い物中に一休みしに等、ココKB Cafe shopはいつもお客さんでいっぱい。
中に入ると早速笑顔で店員さんが対応してくれます。(お店の名前が外に書いてないのでご注意を

カウンターには手作りのクッキーマフィンケーキなどどれも美味しそうでした。

今回私はスパイスが入ったフレーバーティキャロットケーキを注文しました。(計8,50ユーロ)
手作りのキャロットケーキは甘さ控えめでとても食べやすく、おやつにぴったりでした
フレーバーティーはスパイスがとてもきいていてジンジャーがが入っているみたいで身体がポカポカになりました。

テイクアウトも出来ますし、お店で出されているコーヒーもここで購入することが出来ます。
日曜日には時間限定で8品+オレンジジュース+温かい飲み物のブランチセットもあります。(25ユーロ)
たまには観光だけではなくのんびりオシャレなカフェで過ごすのは如何でしょうか。

 

 

KB Cafe shop
 
住所:  62 Rue des Martyrs 75009 Paris 
最寄駅:  ??番線pigalle 、?番線anvers、?番線saint-george
オープン時間: 月曜日ー金曜日 7時30分〜18時30分
  土曜日、日曜日 9時00分〜18時30分

 

 

yuimar


PR
パリ発 【5月24日限定】 おいしいシャンパーニュを歩こう!シャンパンとグルメのウォーキングツアー★
マカロングルモン
2月にオープンした話題のマカロン専門店 Macarons Gourmands
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
  • ヨーロッパ>フランス
テーマ:買物・土産 観光地 グルメ 
投稿日:2015/03/24 00:00
コメント(0)

先月パリにオープンしたばかり、できたてほやほや話題のマカロン専門店をご紹介します!

 

『マカロン・グルモン(Macarons Gourmands)』

 

サンジェルマンデプレ界隈のスイーツ激戦区に、2015年2月にオープン。シェフパティシエはヤニック・ルフォー氏(Yannick Lefort)です。

 
『マカロン・グルモン』はもともと1999年に南仏イエールで誕生したマカロン専門店。創造性と優美さを兼ね備えた高級マカロンとして評判を得て、満を持してパリ進出を果たしました。創設者でありシェフパティシエのヤニック・ルフォー氏は、完璧で希少価値の高い、オリジナリティ溢れるマカロンを追求するパティシエで、彼の洗練された作品は一流の芸術品。


完璧を求めながらも遊び心満載の、心が躍るマカロンが揃っています。カラフルなショーウィンドーを除くだけでもウキウキしますネ♪

 


チョコレート、カフェ、フランボワーズ、バニラ、ピスタチオ、塩バターキャラメル、ココナッツ、ライム、、、 色とりどりのマカロンが並びます。他にも36個のマカロンを使ったクリスマスツリー風ピエス・モンテマカロン、フォアグラマカロン、トリュフマカロン、お野菜マカロン、などなど、独特なマカロンもあります!

 

 

見た目がとっても可愛いマカロン。ギフト、お土産、パーティーにもピッタリです。今後、パリのマカロン名店に名を上げること間違いなしですね!

 

 

マカロン・グルモン

Macarons Gourmands

62 Rue de Seine 75006 Paris

 

タグ:
パリ マカロン グルモン フランス イエール 

PR
フランスの現地発オプショナルツアーはみゅうへ♪

1 - 5件目まで(22件中)


国一覧

ヨーロッパ
フランス(1941)
イタリア(4)
ベルギー(2)
フィンランド(1)