1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. みゅうフランスさんの旅行ブログ

特派員ブログ


  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

みゅう・フランス発信現地情報

プロフィール

ニックネーム:
みゅうフランス
居住地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
会社名:
みゅうフランス
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
会社電話番号:
+33-(0)1 4450 1034
業種:
旅行業
自己紹介:
パリを中心にフランス国内、ヨーロッパの旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、ホテル、レストラン、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。何なりとご相談下さい。

カレンダー

10月<2015年11月    
1 2 3 45 67
8 9 10 1112 1314
15161718 192021
22232425 26 27 28
29 30

記事一覧

1 - 5件目まで(16件中)

ムール貝
自宅で簡単 ムール貝とコック貝のワイン蒸し
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:グルメ その他 
投稿日:2015/11/29 00:00
コメント(0)

こんにちは。今日は自宅で簡単にできる、貝好きにはたまらないオシャレでお手頃な、ムール貝とコック貝のワイン蒸し、をご紹介します。

まずは、ムール貝です。マルシェでモンサンミッシェルのムール貝が売っていました。モンサンのムール貝は小粒でおいしいです。買い方ですがグラムではなく、このバケツのような3つの入れ物にいれてもらいます。真ん中の一番小さいもので1/2リットルサイズ、かなりの量です。

コック貝も同じくバケツ売りです。ムール貝もコック貝も一番小さなバケツで買いました。 大量ですが、合計で約7ユーロ、安っ!

 その次はエシャロット、ニンニク、パセリ。

 実際に使うのはほんの少しにしました。

 フライパンに適量のオリーブオイルとニンニク、エシャロットを入れ、適当に炒めます。そこに合計1リットルのムール貝とコック貝、パセリ、白ワインを少し入れ、ふたをして5分ほど蒸したら出来上がりです。買ったときは多すぎ?!と思いましたが、この量を一人で完食でした。コック貝、ムール貝どちらも味は濃厚、身はプルプル、貝好きにはたまらないです!

また、この煮汁にパンをつけて食べるのが最高です。調味料は一切使いませんので、アパートホテルに滞在されている方など、フライパンなどの調理器具があれば、簡単に作れます。ムール貝を見つけたらぜひ一度試してみてください。ムール貝だけでもおいしいです。

(茶)

 

タグ:
シーフード ムール貝 ワイン蒸し 魚介類 

PR
フランスの現地発オプショナルツアーはみゅうへ♪
NoPhoto
ショッピングモールがdisneyデコレーションに?
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:買物・土産 
投稿日:2015/11/28 00:00
コメント(0)

クリスマスまでもう1ヶ月もないですね。
パリの街はイルミネーションや飾りつけでキラキラしてます
シャンゼリゼ大通りや小さい小道でもデコレーションしているので夜歩くのがとても楽しいです。
そんな中、私の家の近くのショッピングモールもイルミネーションで飾られていました。
しかもディズニーとコラボしていて、とっても可愛いんです

ショッピングモールの中に入るとイルミネーションがお出迎え。
デコレーションの中にはベルや、アナなどのプリンセスに加え、レミーの姿も。

周りにはミッキーのオブジェやキッズスペースを設けています。
クルエラ・デビルをモチーフにした衣装の展示も。

可愛くて見とれちゃいますねクリスマスが待ちきれません

 

Beaugrenelle Paris
住所:12 Rue Linois, 75015 Paris
最寄駅:?番線Saint-Michels
オープン時間:月曜日ー土曜日10時から21時、日曜日10時から20時
http://www.beaugrenelle-paris.com/

 

yuimar


Hommage
フランスの国旗を掲げよう!犠牲者へのオマージュ
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:観光地 
投稿日:2015/11/27 00:00
コメント(0)

11月13日に起こった痛ましい事件より今日で2週間。犠牲者になった130人に対し国民的なオマージュとして、フランスの大統領オランド氏はパリの廃兵院(アンヴァリッド)で午前10時30分から演説を行いました。

 

すべての人が平日の午前に式典に参加できないだろうということで、自宅の窓にフランスの国旗を掲げるよう大統領は呼びかけました。

困ったのは、国民達。三色旗?そんなのもっていないよ、と言う人が旗の購入に走ったために、店では国旗の売り切れ続出。フランス北部、Wavrinワブランにある製造工場は急な需要にこたえるためにフル回転して、工場前で即売所も臨時で作ったとも報じられました。

確かに、サッカーの国際試合など見に行かない限り、なかなか国旗を買う機会はないですよね。

 

 

実際のパリでも町並みは?というと、ちらほらと国旗が見えます。

 

それでも、モネの絵のようなものを想像していましたが。。。

 

大統領の呼びかけに対し、三色旗を掲げることは国粋主義を高揚するため、避けるべきだと言う声もあるようです。。。

 

(渦)


PR
旅のコンシエルジュ[みゅう]
旅のコンシエルジュ[みゅう]
NoPhoto
パリで一番美味しいバゲット Le Grenier a Pain
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:買物・土産 観光地 グルメ 
投稿日:2015/11/26 00:00
コメント(0)

毎年パリで開催されているバゲットコンクール。

日本のメディアに取り上げられることもありますね。

もう2015年も終盤ですが、今年のコンクール優勝店に行ってきました。

 

お店の名前は「Le Grenier à Pain」。

パリで1位に輝いたバゲットを食べようと、多くの観光客の姿がありました。

 

2010年にも優勝経験があり、バゲットコンクールの常連として知られています。

 

店内はいたって普通のパン屋さんといった雰囲気。

写真は撮れなかったのですが、支払いは店員さんに渡すのではなく、レジ前にある機械で行います。

店員さんに注文してから、機械にお金を入れましょう。

 

こちらが今年1位のバゲット!

外はカリカリ、中はモッチリ。

塩気もあるので、パンだけでもどんどん食べられました。

 

Le Grenier à Painはモンマルトル界隈にあり、サクレクール寺院も徒歩圏内です。

パリ・モンマルトル観光の際は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

Le Grenier à Pain

38 Rue des Abbesses, 75018 Paris

 

JY

タグ:
パリ フランスパン バゲット モンマルトル Le Grenier a Pain 

PR
【1月31日限定】 ワインの聖人 ブルゴーニュのサン・ヴァンサン祭り
【1月31日限定】 ワインの聖人 ブルゴーニュのサン・ヴァンサン祭り
cafe
パリで美味しいコーヒーが飲めるカフェ 5選
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:観光地 留学・長期滞在 グルメ 
投稿日:2015/11/25 15:47
コメント(0)

皆さんご存知のとおり、パリには歴史のあるカフェや、オシャレで素敵なカフェがたくさんあります。

パリでのコーヒーシーンを楽しみに、旅行に来る方も多いのではないでしょうか。

そこで、バリスタ経験のある現地スタッフの私が、パリで美味しいコーヒーが飲めるカフェを5つ選びました!

(日本でも有名なCOTUMEVERLETCafé Lomiは除いています。 

 

今回の記事をまとめるにあたって、こちらのSpecialty Coffee Mapを参考に、70軒以上のカフェを巡りました。

エスプレッソの特徴や、その他のおすすめドリンクをご紹介します。

 

? Ob-La-Di

Ob-La-Diは、20156月にオープンしたニューフェイス。

蚤の市が開催されることでも有名な、マレ地区のブルターニュ通り(Rue de Bretagne)の近くにあります。

 

個性的な青い床の店内には、いつもノリの良い音楽が流れています。

一見派手な店内からは、想像できない居心地の良さ。

休日には、朝から多くのパリジャン達で賑わっています。

 

【産地】ブラジル

【ロースター】Cafe Lomi(パリ)

 【フレーバー】 蜂蜜、チョコレート、トロピカルフルーツ

 

程よいビター感の中に、フルーティーな酸が光るエスプレッソ。

サードウェーブコーヒーの中では、どちらかというと深煎りなので、酸味が苦手な方でも楽しめると思います。

アロンジェ(エスプレッソ+お湯)が飲みやすくておすすめです。

 

Ob-La-Di

54 Rue de Saintonge, 75003 Paris

メトロ8番線 Filles du Calvaire

 

 

? Holybelly

若者が集うレピュブリック(République)から徒歩数分。

オシャレなお店が集まるサンマルタン界隈に、Holybellyはあります

 

ご覧通り、店内はいつも大盛況。

皆、美味しい食事とコーヒーを目当てにやってきます。

店員さんは流暢な英語を話すので、フランス語がわからない方でも、安心して利用することができます。

 

【産地】ホンジュラス

【ロースター】Belleville(パリ)

【フレーバー】グレープフルーツ、アーモンド、アプリコット

 

黄色いカップのイメージどおり、明るい酸が特徴のエスプレッソです。

おすすめはピッコロラテ(エスプレッソ+少量のミルク)。

スチームミルクと合わせても、美味しい酸を十分に味わうことができます。

天気が良い日はコーヒーを持ち帰り、サンマルタン運河沿いを散歩するのも、気持ちいいかもしれません。

 

Holybelly

19 Rue Lucien Sampaix, 75010 Paris

メトロ5番線 Jacques Bonsergent

 

 

? Matamata Coffee Bar

アルグー通り(Rue d'Argout)周辺はカフェやレストランが集まる激戦区。

周りの店とは一線を画する、洗練された佇まいのMatamata Coffee Barには、年齢性別を問わず、多くのコーヒー好きが集まります。

 

 外装と同じく、黒を基調として作られたカウンター。

Coffee Barというだけあって、少しだけムーディーな雰囲気。

美味しいコーヒーを、様々な抽出方法で楽しむことができます。

 

【豆の産地】ブラジル

【ロースター】THE BARN COFFEE ROASTERS(ベルリン)

 【フレーバー】カラメル、ナッツ、グレープフルーツ

 

コク、酸味、甘味のバランスが良いので、非常に飲みやすいエスプレッソ。

ドイツの有名ロースターTHE BARNの豆を使用しています。

ナッツのような香ばしいエスプレッソは、ミルクとの相性も抜群なので、カフェラテで飲むのがオススメです。

 

Matamata Coffee Bar

58 Rue d'Argout, 75002 Paris

メトロ3番線 Sentier

 

 

? HONOR

 高級ブランドショップが立ち並ぶ、フォーブール・サントノレ通り(Rue du Faubourg Saint-Honoré)。

54番地のアーケードを抜けると、広い中庭とHONORがあります。

パリでは中々見かけることのない、キオスクタイプのコーヒーショップです。

 

 カウンター後ろにはEat in用のスペースもあります。

簡易的な造りなのに、どこかオシャレに感じてしまうのが不思議です。

 

【産地】グァテマラ(ブレンド)

【ロースター】COUTUME(パリ)

【フレーバー】カラメル、プラム、ハーブ

 

 口当たりはまろやかで、華やかな酸を持つエスプレッソ。

オススメは何といってもフラットホワイトです。

 バリスタの2人はオーストラリア出身なので、パリにいながら本場のフラットホワイトを楽しむことができます。

 

HONOR

54 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris

メトロ1、8、12番線 Concorde

 

 

? TÉLESCOPE

TÉLESCOPEは、パリの日本人街と呼ばれるサン・タンヌ通り(Rue Sainte-Anne)のすぐ側にあります。

定休日は無く、基本的には毎日営業。

地元の常連客から観光客まで、様々な人に利用されています。

 

 外装と同じく、シンプルな店内。

TÉLESCOPEでは、世界中の有名ロースターよりコーヒー豆を取り寄せて、ベストな状態でコーヒーを提供しています。

 

 【産地】エチオピア

【ロースター】FINE COFFEE ROASTERS(ヘルシンボリ)

 【フレーバー】紅茶、トロピカルフルーツ、クランベリー

 

この日はエチオピアのエスプレッソでしたが、紅茶のように飲みやすく、後味はすっきり。

オススメはエアロプレスです。

エスプレッソドリンクではないですが、じっくり丁寧に抽出されたコーヒーは、パリでも1.2を争う美味しさだと思います。

 

TÉLESCOPE

5 Rue Villedo, 75001 Paris

メトロ7、14番線 Pyramides

 

 

以上となりますが、いかがだったでしょうか。

 今回紹介した5店舗以外にも、パリには良いカフェがたくさんあります。

皆さんもパリにお越しの際は、ぜひカフェ巡りをして、お気に入りのカフェを見つけてみてください。

その際は、こちらの記事を参考にして頂ければ幸いです。

 

JY

タグ:
パリ カフェ スペシャリティコーヒー コーヒー エスプレッソ 

1 - 5件目まで(16件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

ヨーロッパ
フランス(1941)
イタリア(4)
ベルギー(2)
フィンランド(1)