1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. みゅうフランスさんの旅行ブログ

特派員ブログ


  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

みゅう・フランス発信現地情報

プロフィール

ニックネーム:
みゅうフランス
居住地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
会社名:
みゅうフランス
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>フランス>パリ
会社電話番号:
+33-(0)1 4450 1034
業種:
旅行業
自己紹介:
パリを中心にフランス国内、ヨーロッパの旅行関連手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、ホテル、レストラン、通訳、ガイド、アシスタント、送迎サービスなどを手配しています。何なりとご相談下さい。

カレンダー

3月<2017年04月    
1
2345 67 8
910 11 1213 14 15
161718 19 2021 22
232425 26 2728 29
30

記事一覧

1 - 5件目まで(18件中)

BICのオブジェ@サンラザール駅
BICのオブジェ@サンラザール駅
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/04/30 00:00
コメント(0)

パリ、サンラザール駅構内に突如現れたガラスのシャンデリア。。。

 

 

 

いえいえこれは、ガラスではなく、よーーーくみると、、すべてボールペン(*○*)!!

 

BICのボールペンのオブジェ!ビック (BIC) 社とは、全世界160カ国以上で1800億円以上売り上げを誇るフランスの筆記具メーカーです。一風変わったアートに、みんな足を止め、上を見上げ、写真をパシャリ。

 

 

展示は17年5月半ばまで。サンラザール駅コンコースに展示されています。

 

 

(影跳)

 

 

タグ:
フランス パリ BIC サンラザール ボールペン 

PR
フランスの現地発オプショナルツアーはみゅうへ♪
[みゅう]ジベルニーツアー今年もスタート
[みゅう]ジベルニーツアー今年もスタート! お花満開です♪
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
  • ヨーロッパ>フランス>ジヴェルニー
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/04/29 00:00
コメント(0)

4月27日、[みゅう]ジベルニーツアーが今年もスタートしました!

 

4月末現在、色とりどりのキレイなお花が満開です♪♪チューリップ、今が見ごろですね!

 

 

季節に合わせて花々を入れ替えているという手入れの行き届いた庭では、6月近くになると今度は睡蓮が水面に大輪の花を咲かせ始めます。池の花はこれからのお楽しみ!

 

 

タグ:
フランス パリ ジベルニー モネ 庭園 

PR
フランスの現地発オプショナルツアーはみゅうへ♪
carmen
パリ・オペラ座にて「カルメン」♪
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:鑑賞・観戦 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/04/28 00:00
コメント(0)

パリ・オペラ座でオペラ「カルメン」を観てきました

カルメンといえば、ジョルジュ・ビゼーの有名なメロディーが盛りだくさんで全く飽きずに楽しめるフランス語のオペラですね オペラ座オーケストラの見事な演奏で、鳥肌モノでした

1820年頃、スペインのセヴィリャを舞台にした、ジプシー娘カルメンと軍隊の兵士ドン・ホセ、セヴィリャの闘牛士エスカミーリョ、ホセの故郷の許嫁ミカエラの4人がメインとなる間違いない色恋ストーリです。

 

見てくださいこの舞台と衣装。とっても現代風にアレンジされていました。クラッシックな舞台だと、カルメンや他の女性たちの衣装がフラメンコっぽい華麗なドレスですが、とってもカジュアルでした そればかりか、舞台上にたくさんの車!が出てきたり、新しい演出でした。

 

30分の休憩。バーには長蛇の列ができるので、休憩に入ったと同時にさっと並ぶのがおすすめです。もたもたしていると、飲み物を手にした瞬間に開演ブザーが鳴ったりします・・・。

 

 

上の方にあがると、ちょっとしたバルコニーがあるので、ちょっと外の空気も吸えます

 

夏が近づいて来ているパリ。19時でもまだまだ日が高いのです。

 

Carmen (カルメン)

2017年3月7日〜7月16日

Opera Bastille (オペラ・バスティーユ)

Place de la Bastille, 75012 Paris, France

 

(桃) 

タグ:
オペラ座 オペラ バレエ  カルメン バスティーユ 

PR
フランスのオプショナルツアーはみゅう!
フランスのオプショナルツアーはみゅう!
ピカソの『ゲルニカ』はここでうまれた!
ピカソの『ゲルニカ』はここでうまれた!
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/04/26 00:00
コメント(0)

パリ、サン・ジェルマン・デ・プレ地区といえば、どのようなイメージがありますか?高級ブティックやブランド店がずらりと並ぶので、ショッピングエリアとして人気がありますよね!

 

シンボルは何といっても、パリ最古の教会、サン・ジェルマン・デ・プレ教会。とんがった鐘楼が印象的なロマネスク様式で、中にはいると、外の華やかさとは対照的に一気に静寂へ、、、歴史を感じる内装が心を静め、厳かな雰囲気が漂います。

 

 

そして サン・ジェルマン・デ・プレといえば、1930年代後半、モンパルナスに代わってパリの芸術の中心地となったこ芸術の地でもあります!かつての、文豪たち、哲学者、芸術家たちが集まり芸術談義に華をさかせていたカフェ「レ・ドゥ・マゴ Les Deux Magots」や「カフェ・ド・フロールCafé de Flore」も当時のまま残っています。

 

とりわけ、オデオン駅近くにあるGrands Augustins通りは、たくさんの芸術家たちゆかりの場所。ピカソがあの『ゲルニカ』を描いたアトリエがあります!!『ゲルニカ』とは、現マドリッドソフィア王妃芸術センター貯蔵で、スペイン共和国政府から依頼されパリ万博のスペイン館用の壁画として描いた、ピカソの代表作のひとつ。 

 

Grands Augustins通り7番地には、それを示すパネルが。
「パブロ・ピカソは1936年から1955年この建物に住み、1937年ゲルニカを描いたのはこのアトリエです。またバルザックの小説“知られざる傑作”の舞台にもなった場所です」 なんと!ピカソだけでなくバルザックゆかりの地でもありました。

パリには、こういったかつての芸術家たちの軌跡がたくさんあります。テーマに絞った待ち歩き、楽しいですね!

 

 


PR
フランスの現地発オプショナルツアーはみゅうへ♪
石橋財団コレクション展 at オランジュ
石橋財団コレクション展 at オランジュリー美術館
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>パリ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/04/25 00:00
コメント(0)

現在パリのオランジュリー美術館では『ブリヂストン美術館の名品−石橋財団コレクション展』が開催されています。ブリヂストン美術館は現在新美術館建設のため長期休館中で、この機会に石橋財団のコレクション76点がオランジュリー美術館で一挙紹介されています。

 

 

この展覧会では、ブリヂストンの創業者である、石橋正二郎氏の紹介から、彼がどのように美術収集に至ったか、そして日本と西洋の美術がどのように影響を与え合い、交流してきたかを、年次順に展示しています。

 

ピエール=オーギュスト・ルノワール『すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢』1876年

 

今回ブリヂストン美術館からきているコレクション、そうそうたる巨匠たちの絵画が終結しています。はじめて海外に貸出しされる作品もあるそうです。

Jean François Millet
Gustave Courbet
Pierre-Auguste Renoir
Edgar Degas
Eugène Boudin
Calude Monet
Camille Pissarro
Alfred Sisley
Amedeo Modigliani
Pablo Picasso

などなど。 

 

ただわたしたち海外に住む日本人にとっては、日本人画家の絵を見る機会がとても少ないので、今回青木繁、藤島武二、そして藤田嗣治など、普段接する機会がない日本近代美術をみることができたことがとってもうれしかったです。 

藤田嗣治『猫のいる静物』1939-40年

 

パブロ・ピカソ『腕を組んですわるサルタンバンク』1923年

 

 

 

企画展のあとは、上の階に戻って、モネの睡蓮の連作を、ぼーーーと座って眺める。。この部屋は何度来ても、絵の中に吸い込まれてしまいそうな、不思議な空間です。

 

オランジュリー美術館内、『ブリヂストン美術館の名品−石橋財団コレクション展』 : 2017年4月5日から8月21日まで

 

タグ:
フランス パリ 石橋財団コレクション展 オランジュリー美術館 美術館 

PR
フランスの現地発オプショナルツアーはみゅうへ♪

1 - 5件目まで(18件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

ヨーロッパ
フランス(1941)
イタリア(4)
ベルギー(2)
フィンランド(1)