1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. パンダ太郎さんの旅行ブログ

  海外エリア: アジア > 香港 の他のブログはこちら|

【PandaBus】トラベルコンシェルジュのブログ

~人気・定番のツアーからあなただけの個人手配まで【PandaBus】ならどんなご要望にもお答えします。ツアーに関して知りたいことがあればまずは【PandaBus】までお問い合わせを!~

【パンダバス】はおかげさまで40周年!
プロフィール

ニックネーム:
パンダ太郎
居住地:
アジア>香港>香港(ホンコン)
性別:
女性
会社名:
Panda Travel Agency Ltd
会社英字名:
Panda Travel Agency Ltd
会社所在地:
アジア>香港>香港(ホンコン)
会社電話番号:
852-2724-4440
業種:
旅行業
自己紹介:
『Panda Travel』は香港、タイ、シンガポール、インドネシアに直営拠点を置く旅行会社です。現地日帰り日本語オプショナルツアー「PandaBus」の運行を中心に、各種旅行素材(ホテル・航空券など)のお手配、現地在住日本人向けの遠足。体験型ツアーなどを提供しています。現地の『たのしい!!』を追求したパンダバスオリジナルのご当地体験ツアーが国内外から大人気です。
私たちは海外各地に拠点をもち、直接ホテルやツアーや物品の仕入れをおこなっておりますので、確かなモノをリーズナブルな価格でご提供させていただくことができます。 また、このように海外旅行も手軽で安全な時代とはなりましたが、万が一の場合、旅行先に私たち「現地」スタッフがいる、という安心感も商品と一緒にお届けできればと思っております。
便利なインターネットという環境を十分に活用し、日本の皆様に現地からのホットな情報をタイムリーに配信させていただくとともに、各拠点での長年の経験とノウハウを生かして「迅速」「確実」「丁寧」をモットーに、皆様の大切なご旅行のお世話や、特産品の配送のお手伝いな ど、現地ならではのサービスをますます充実させてまいりたいと思います。

カレンダー
11月<2014年12月>1月
123456
78910 111213
14151617181920
21222324252627
28293031

記事一覧

1 - 1件目まで(1件中)

CWB
【12月10日追記】緊急レポート!香港で今何が起こっているのか。
エリア:
  • アジア>香港>香港(ホンコン)
テーマ:観光地 旅行準備 
投稿日:2014/12/10 12:55
コメント(6)
【2014年12月10日:追記】

気がつくと12月になってました・
さて、前回の旺角(モンコック)エリアでの撤去作業からはや2週間。
いつになったら香港島に着手するのか、またしても「やるやる詐欺」か
と思われましたが、いよいよ決行日が決まりました。

裁判所からの許可も出ているということで
明日11日、いよいよ金鐘(アドミラリティー)&銅鑼湾(コーズウェイベイ)での強制撤去が行われます。

警察・機動隊あわせて7000人を投入すると言うことでかなり大規模なものになりそうです。
本日10日の夜には周辺がざわついてくるはずですので、
周辺にご滞在の方などは、現場に立ち寄らないよう
くれぐれもご注意いただき、また興味本位の野次馬などは控えましょう。
君子危うきに近寄らず、でお願いします。





【2014年11月26日:追記】

やるやる詐欺とか言ってごめんなさい。
ついに動きました!!

昨日から今朝の6時にかけて旺角(モンコック)エリアでの撤去作業が行われ、警察隊とデモ隊が衝突。現時点で116名が逮捕され、警察側に20名の怪我人が出た模様です。

警察は引き続き亜皆老街(アーガイル ストリート)から登打士街(ダンダス ストリート)までにわたる彌敦道(ネーザンロード)での撤去作業を行うと公言しています。

↓地図。
デモ地図
※ 11月26日現在、旺角の占拠エリア。警察は現在占拠されているすべてのエリアの強制撤去を公言。

昨日の旺角。
旺角強制1
※ 昨日10時、旺角占拠エリアの様子

旺角強制2
※ 昨日10時、旺角、撤去作業開始前の様子

旺角が完了すれば、いよいよ香港島に着手しそうです。
年内の解消を図ってるのかもしれません。
今年もあと1カ月ですからね…



【2014年11月24日:追記】

やるやる詐欺のようになっておりますが、まだやっていません強制撤去。
今日もまた
「今後デモ隊側による執行延期の申し立てなどがなければ、順次強制撤去が行われる見通し。
〜(中略)〜
デモ隊は旺角の幹線道と、交差する一部の通りの2カ所を占拠。当局は、一部の通りにはデモ隊が少ないため先に撤去し、順調に進めば幹線道でも強制執行し全面的な撤去につなげる考え。」(2014年11月24日/NNA)
との報道。

ホントいつやるんでしょう…

さて、今回も各地の生写真です。

<九龍半島>
2
※ 今朝の旺角。彌敦道(ネーザンロード)


4
※ 今朝の旺角。亜皆老街(アーガイル ストリート)。


6
※ 今朝の旺角。彌敦道(ネーザンロード)と亜皆老街(アーガイル ストリート)の交差点。(尖沙咀方向に向かって撮影)


<香港島>
8
10
12
※昨日11月23日の金鐘(アドミラリティー)。

14
※ 昨日の銅鑼湾(コーズウェイベイ)軒尼詩道 (ヘネシーロード)。


16
※ 昨日の銅鑼湾(コーズウェイベイ)



【2014年11月20日:追記】

ほんの少し、事態が動いております。

11月18日、金鐘(アドミラリティー)の一部で道路を封鎖している
バリケードの撤去作業が行われました。
それに伴い、夕刻から夜にかけて警察とデモ参加者の小規模な衝突が起こったり、11月19日未明にデモ参加者による立法會日本で言う国会議事堂)入口のガラスを破壊する動きなどが報じられましたが、その後大規模な混乱には発展していません。

また11月19日には金鐘に引き続き、旺角(モンコック)でのバリケード撤去作業が行われるのではないかとローカル各紙が報じていましたが、結局始まりませんでした。本日の新聞では改めて「来週25日から九龍の繁華街、旺角で、裁判所の執行官によるバリケードなどの強制撤去作業が始まる見通し」(NNA)とありますが、これも正式発表ではないためどうなるかはわかりません。

旺角(モンコック)では現在少しずつ警察官の数や大小の警察の車が増えてきていますが、今後、万一の混乱に備え、千人を超える規模の警察隊が編成されるのでは、と、ローカル各紙が報じています。


一方、長引くデモ活動に市民も食傷気味といった感じで、香港大学が行った調査では香港市民の83%が、各所の占拠を中止すべきだと回答。
また68%が政府は強制撤去を進めるべきだと回答しています。

長引けば長引くほど支持者を失いつつあるデモ活動、いよいよ終息が近づいているような気配がします。
今後の政府や警察の行動と、デモ参加者の対応が注目されています。




【2014年11月17日:追記】

不穏な空気の中、週末が終わり新しい1週間が始まりました。

一昨日11月15日、民主派学生団体の代表が中国政府への直訴目的で
北京に向かうところ、中国政府が通行証を失効させ、香港国際空港にて
搭乗を拒否されるという事件があり、昨日の香港のローカル各紙の
一面に掲載されていました。


「高等裁判所からの命を受け、香港警察はデモ隊による幹線道路の占拠に対し
『今週中に』行動を取る」と今朝のサウスチャイナ·モーニング·ポスト紙が
報じております。今現在のところ、警察はまだ具体的な行動を起こしておりませんが、今後の動きに注目です。強制排除は間もなくといったところです。

以下、昨日の旺角の様子になります。

■ 旺角(モンコック) …彌敦道(ネーザンロード)と亜皆老街(アーガイル ストリート)の交差点を 中心に、尖沙咀(チムシャツイ)方面向けてに4ブロック(450m)ほど、 登打士街(ダンダス ストリート)までのエリアが封鎖されています。

141117旺角-1
※ 昨日15時くらいの旺角の様子

141117旺角-2
※ 昨日15時くらいの彌敦道(ネーザンロード)と亜皆老街(アーガイル ストリート)の交差点

141117旺角-3
※ 昨日15時くらいの彌敦道(ネーザンロード)の様子




【2014年11月13日:追記】

連日の更新になっております。

どうもきな臭い話が入ってきています。
デモ参加者による道路占拠開始から46日目となった本日
強制排除への動きが一部報道機関から伝えられています。

「地元メディアは12日警察当局が早ければ14日にも最大7千人規模の
警官隊を投入し、学生らが幹線道を占拠している九龍地区の繁華街、
モンコック(旺角)などで強制排除に着手すると報じた。」
(NNA/本日11月13日付け記事より)

「香港の最高裁は数か所のバリケードの撤去を指示し、デモ参加者が
これに従わない場合の逮捕を認めた。」
(South China Morning Post/昨日11月12日付け記事より)

デモを主導する団体の幹部は降伏しない姿勢を貫いており
今後の警察の具体的な動き、デモ隊側の反応など目が離せなくなっています。

昨日の旺角レポに続き本日は香港島をレポ。
そごう前1-1113
※昨日11月12日 21:30前後。そごう前は封鎖のスタートポイントとなるものの、平常時同様の買い物客でにぎわっています。

そごう前2-1113
※昨日11月12日 21:30前後。西に向かう道路には公共バスも走っています。

そごう前3-1113
※ 11月12日 昨日 21:30前後。そごうの横1ブロック分の東に向かう道路のみ封鎖されています。


【2014年11月12日:追記】

ご無沙汰しております。
デモ参加者による道路占拠は開始から既に6週間以上が経過しました。
すっかり話題としては過ぎ去った感があるかもしれませんが実は今もまだ夕方や週末に参加者が増え街頭演説などの抗議活動が断続的に行われているんです。

お昼間は相変わらず各占拠エリアに人のいないテントが並び、観光客が訪れ、
写真を撮って…と歩行者天国のように穏やかな様子。

しかしながら、そろそろ長引いてきてますので警察が終止符を打つための対策を立てているとの報道も一部であります。ただ時期的なことや具体的な内容については、明確にされていません。
今月中に何か大きな動きはあるかもしれません。

【九龍半島側】
■ 旺角(モンコック) …
彌敦道(ネーザンロード)と亜皆老街(アーガイル ストリート)の交差点を中心に、尖沙咀(チムシャツイ)方面向けてに4ブロック(450m)ほど、登打士街(ダンダス ストリート)までのエリアが封鎖されています。
1111旺角
※ 昨日11月11日22:00前後の彌敦道(ネーザンロード)と亜皆老街。
(アーガイルストリート)の交差点で占拠エリアを注視する警察。


1111ネイザン
※ 昨日11月11日22:00くらいの彌敦道(ネーザンロード)。現在占拠されているエリア。


観光方面では特に危険や強い影響はありませんが
早く片が付くことを願ってます。




【2014年10月31日:追記】

デモから約1カ月。
今では夕刻や週末に参加者が増え街頭演説などの抗議活動が
断続的に行われる程度で、昼は各占拠エリアに人のいないテントが並んでいます。
観光客が物見遊山で訪れることも多いようで封鎖区域はさながら
歩行者天国のよう。
警察もここ数日は強制退去の動きを控えています。

【九龍半島側】
■ 旺角(モンコック)
彌敦道(ネーザンロード)と亜皆老街(アーガイルストリート)を中心に南北へ数ブロック封鎖中。封鎖エリア内は歩行者天国状態で、お祭りのようなにぎやかさと散らかりっぷりです。
デモ1旺角
デモ2ネイザン ※10月30日 14:30頃の彌敦道(ネーザンロード)北、MTR旺角駅周辺の様子



【香港島側】
■ 中環(セントラル)〜金鐘(アドミラリティー)
政府関連の建物が並ぶ幹線道路、干諾道中(コノートロード)の一部が封鎖中。
width='500'>
デモセントラル
※10月30日17時45分頃のMTR中環(セントラル)駅付近、
畢打街(ペダーストリート)と遮打道(チャターロード)の交差点の様子


デモアドミ
※10月30日18時くらいの金鐘(アドミラリティー)、干諾道中(コノートロード)の様子

■ 銅鑼湾(コーズウェイベイ) … そごうなどが並ぶ軒尼詩道 (ヘネシーロード)から怡和街(イーウォーストリート)の一部で 東に向かう車線のみ封鎖。
デモコーズ
※10月30日17時くらいの銅鑼湾(コーズウェイベイ)の怡和街(イーウォーストリート)の様子

デモタイムズ
※10月30日17時くらいの銅鑼湾(コーズウェイベイ)のタイムズスクエアの様子





【2014年10月17日:追記】

本日も、いまだすっきりした解決を見ない香港から現状をレポート。
今日は九龍半島側の旺角の様子を見てきました。
九龍半島側
■ 旺角(モンコック) …
砵蘭街(ポートランドストリート)の封鎖解除に続き、彌敦道(ネーザンロード)と亜皆老街(アーガイルストリート)交差点のバリケードは今朝一度警察により撤去されましたが、民主派が再び集まり交差点エリアの道路は尖沙咀方面に向かう車線(北→南 車線)のみ使用不能となっています。
もんこっく
※ 10月17日今朝09:20前後の彌敦道(ネーザンロード)と亜皆老街(アーガイルストリート)の交差点付近の様子。(交差点付近に立ち、ネーザンロードを南に向かって撮影。北→南に向かう車線は封鎖。南→北の車線は開通。)


ねいざんろーど

※ 同じく、10月17日09:20の彌敦道(ネーザンロード)様子です。交差点の南側から北側に向かって撮影。バスの行く先が交差点。南→北への車線は完全に開通し公共バスも運行しています。



香港島側
■ 中環(セントラル)〜金鐘(アドミラリティー)
… 政府関連の建物が並ぶ幹線道路、千諾道中(コノートロード)の一部が封鎖状態。また警察による撤去オペレーションにより夏悫道(ハーコートロード)と遮打道(チャターロード)周辺、皇后大道中(クイーンズロード)の南側部分が、一部ですが、それぞれ解放されています。



■ 銅鑼湾(コーズウェイベイ) … そごうなどが並ぶ軒尼詩道(ヘネシーロード)から怡和街(イーウォーストリート)周辺で封鎖が継続中ですが、一部、封鎖が解除されています。多少の混雑はありますが、通行可能です。






【2014年10月15日:追記】
ご無沙汰いたしました。

香港で行われているデモですが
大幅な縮小傾向にあるものの、以前活動は続いています。


昨日10月14日は各エリアにて
警察によるバリケード撤去作業が行われ、
道路封鎖が部分的に解除されています。


日本の報道では夜間の警察とデモ隊との攻防が流れており
心配の方も多いように聞きますが、
実際の所経済活動が行われる昼間の時間帯では、
公共バスやタクシーなどの便も改善され日常を取り戻しつつあります。


【道路の封鎖状況】
九龍半島側
■ 旺角(モンコック) …
彌敦道(ネーザンロード)と亜皆老街(アーガイルストリート)
交差点を中心に引き続き道路は封鎖状態です。

※ 警察による撤去オペレーションにより彌敦道(ネーザンロード)の
西側、砵蘭街(ポートランドストリート)の封鎖が解かれました。

香港島側
■ 中環(セントラル)〜金鐘(アドミラリティー)
… 政府関連の建物が並ぶ幹線道路、千諾道中(コノートロード)の
一部が封鎖状態となります。

※ 警察による撤去オペレーションにより夏悫道(ハーコートロード)と
遮打道(チャターロード)周辺、皇后大道中(クイーンズロード)の
南側部分が、一部ではありますが、それぞれ解放されております。

現場の様子↓
がむじょん
※ 10月15日、今朝10:30前後の中環(セントラル)中国銀行ビル、
リッポービルの連なる皇后大道中(クイーンズロード)の様子です。
銅鑼湾(コーズウェイベイ)行きの公共バスも通常運行。

ちょんわん
※ 10月15日、今朝10:30前後の金鐘(アドミラリティー)エリアの様子です。
幹線道路の封鎖が一部解除。



■ 銅鑼湾(コーズウェイベイ) … ソゴウなどが並ぶ軒尼詩道
(ヘネシーロード)から怡和街(イーウォーストリート)周辺で
まだまだ封鎖が続いていますが、一部、封鎖が解除されました。

とんろー
※ 今朝11:00くらいの軒尼詩道 (ヘネシーロード)様子です。
道路の片側が解放され、車両が通行可能です。



【交通機関への影響】
公共交通機関への影響は下記のとおりです。



・地下鉄MTR … 通常どおり運行中。

・公共バス・トラムなど…香港島・九龍半島ともに上記のエリアに関わるコースで運休またはルートの変更中。

・タクシー … 上記エリアを迂回する形で営業中。

・スターフェリー … 通常どおり運行しています。



【観光への影響】
香港島と九龍半島での主要な観光地へ影響は限定的です。

・ヴィクトリアピーク … ピークトラムは通常通り動いています。
ヴィクトリアピークへの道中にも影響はありません。

・女人街 … 営業はしていますが運動が活発なエリアの近くですので注意が必要です。旅行客も普段に比べると非常に少ないです。

・オープントップバス …旺角エリアでの運動の影響から
各社オープントップバスは女人街を外したり、旺角での走行部分を西九龍地区へコース変更をしたりしながら営業中。

・アベニューオブスターズ … 影響はありません。

以上、本日の状況です。




【2014年10月1日:追記】

座り込み拠点に
尖沙咀(=チムサーチョイ)

が新たに追加。

集会は行われていませんが、あちこちにメッセージを掲げ
座り込みをしています。
観光客も立ち寄ることはできますが、ちょっと異様な空気です。


本日の占拠エリア情報は以下の通り。
拡大している場所もありますのでご注意ください。
※クリックで大きくなります。


香港島西部

セントラル_141001


香港島中央部

ワンチャイ_141001


香港島東部

コーズウェイ_141001



九龍半島旺角
旺角_141001


九龍半島尖沙咀
尖沙咀_141001



主要な観光地の状況は以下の通りです。

ビクトリアピーク
⇒ピーク自体には問題ありませんが、ピークへ上る際の定番「ピークトラム」が運休しています。向かわれる際は公共バスやタクシーをご利用ください。

女人街
⇒デモ拠点のすぐ近くということもあり、営業を行っていません。
付近のレストラン、ショップも営業していませんので近づかないようにしましょう。

ディズニーランド、オーシャンパーク
⇒いずれも問題ありません。

ビクトリアハーバー沿い・アベニューオブスターズ(尖沙咀)
⇒一部の場所で一般市民の座り込み運動の拠点となっています。
一般の立ち入りは可能ですが、刺激しないようにしてください。

シンフォニーオブライツ
⇒今のところ中止の連絡は来ていません。


九龍公園・ビクトリアパーク
⇒特に問題はありませんがいずれもデモ拠点の近くになり混雑しています。






【2014年9月30日:追記】

本日も
中環(=セントラル)
金鐘(=アドミラリティ)
銅鑼湾(=コーズウェイベイ)
旺角(=モンコック)

以上の4エリアでの集会、デモ運動が続いています。

そのほか、各学校では授業のボイコットが起こるなど事態は深刻です。

本日の交通制限エリアが判明しましたのでご参照ください。
※それぞれクリックで拡大します。

香港島西部
西

香港島中央部
中央

香港島東部
東

九龍半島旺角周辺
九龍





加えて、昨日中止が発表された今年の花火のメインイメージが公表されましたが…これはやっちゃいけないでしょ、という代物。
楽しみにされていた方には申し訳ないですが、やらなくて良かったと心から思います。
それがこちら↓
花火2014国慶節
実際にこれをやっていたら大変なことになっていたでしょう。
(漢字が香港で使われている繁体字ではなく、中国本土の簡体字なところもポイント!)

本日も午後になり、
また人が増えてきているとの報道です。

香港は明日(国慶節)明後日(重陽節)と2連休です。
仕事が休みの人たちでデモ参加人数はますます増えることが予想されます。

香港にお越しの皆さん、滞在中の皆さん、
デモ参加者が旅行客に危害を加えることはまずありませんが、デモの騒動の中、何があるかわかりませんので、出来るだけ現場には近寄らないように、また交通事情や観光地などに影響が出ていますので、十分にお気を付けください。

=================================
【2014年9月29日】
日本でもちらほら報道されていることかと思いますが
今現在、香港では97年の中国返還後
最大規模のデモ
が起こっています。

しかもその中心となっているのは香港の学生たち。

日本にお住まいの皆さんにとっては
晴天の霹靂?
寝耳に水?

それもそのはず、だって香港に住んでいる人だって
こんな大事になるとは思っていなかったんです。

どれくらい大事かというと…
10月1日の国慶節の花火イベントが
中止になりました!!!
※詳しい話は後ほど。

デモ? 学生? 花火?
なんだソレ????
なんだかわかんないけど危なそう…と香港旅行を諦める前に
こちらを読んでお勉強!
今回は騒動の解説を香港から生でお伝えいたします!


さて、まずは今回の件の背景から見てみましょう。
そもそも香港は1997年に中国に返還されたとはいえ
長い間イギリスの植民地でした。
そのため中国が
「しばらくは今まで通りのやり方でやっていいよ」
と許可を出します。
これを「一国二制度」と言います。
しかし、いつまでも自由にやれるだけではありません。
期限は50年。
ですから2047年には香港は完全に中国と一体化するという約束のものです。

まぁ期限はあるものの、50年は自治をおこなって良いという話で納得した香港の人たちでしたが、実際はそうはいきません。
曽蔭権(ドナルド・ツァン)前香港特別行政長官も梁振英(Leung Chun-ying)現香港特別行政長官もいわゆる「親中派」が占める選挙委員会によって選出され、政治や教育などにおいて中国共産党に干渉される場面が多くなっていました。

そんな中、香港市民の一大関心は
2017年の「完全な形での普通選挙」でした。
これで少しは自分たちの政治が取り戻せるかもと思っていた…

ところが中国政府は一旦は認めたこの制度を
事実上拒否する声明を出したから大変です。

民主派と呼ばれる人たちが一斉に蜂起。
今回の暴動へとつながっていきました。
こちらのメンバーは立法会(香港議会)の議員、学者や学生、
それに一般市民。
特に若い世代の人々が親世代よりも積極的に民主化に向けた運動に参加しているようです。確かに自分たちの未来がかかっているわけですから熱くなるのもわかります。
中でも中心となって活動をしているのが
「オキュパイ・セントラル(Occupy Central、)」というグループ。
非公式の住民投票を行ったり、ストライキを行ったりしています。

さて、その流れの中で最も大きなデモが行われたのが
昨日の9月28日です。
香港島のセントラル・ワンチャイ・コースウェイベイといった政治と経済の中心地へとなだれ込み、警官隊と衝突しました。
死者は出ていませんが負傷者41名、逮捕者が78名に上っています。
特に夕方から夜にかけて地下鉄(MTR)がデモの影響が強いアドミラリティ駅をスキップ運行したり、公共バス・タクシーがセントラル・アドミラリティ地区を迂回するなどの混乱がありました。

本日はその流れを受けて、昨日の活動エリア+九龍半島一の繁華街、モンコックを拠点に加え、活動を続けています。

只今【29日20:00】の状況としては
香港島・九龍半島で以下のバスが運休になっています。
1、3B、6A、11、12、12A、12M、103、13、15C、18P、18X、23、25A、26、66、101、104、109、111、113、115、182、590A、601P、621、629A、641、680X、681P、701、720、722、780、788、789、969A、969B、967X、H1、H2。

モンコックでは放課後の時間から制服を来た学生たちが次々と集まり始め、今現在は1000人を超える大集会となっています。
多くの店が早々に店じまいをしている状況です。

また、香港島のコーズウェイベイでは終業時刻以降、集会に集まる人が増えてきています。地下鉄の出口が閉鎖されていたり、コーズウェイベイのランドマークである日系百貨店のSOGOが18時で営業を終了したりと多くの店が営業終了しています。

現在、香港にいらっしゃる皆様は上記エリアにはご注意ください。


さて、長々とお付き合いいただきましてありがとうございます。
あと、ちょっとです。

これからの事を少しだけ。
現時点での彼らの要求は、現香港特別行政長官、梁振英(Leung Chun-ying)の退任や完全普通選挙の実施としていますが、中国政府には拒否されており、すぐすぐ何らかの進展があるとは思えません。
そのため、しばらくは不穏な動きが続くかもしれません。

そんな中、反中感情の高ぶっている今、中華人民共和国成立記念日=国慶節を祝うのは非常に危険ということ、また観光客や無関係な外国人を巻き込む可能性などもあり、冒頭に述べました通り、人が非常に多く集まる「花火イベント」が中止となった次第です。

これから香港へお越しになる皆さん、十分にお気をつけください。

現地infoでは引き続き、香港より随時状況をお伝えしていきたいと思います。

もしご質問などございましたら、お気軽にお寄せください。
出来る限りお答えさせていただきます。

1 - 1件目まで(1件中)


国一覧
アジア
香港(19)
タイ(8)
シンガポール(7)
マカオ(4)
インドネシア(3)
中国(1)
ベトナム(1)
マレーシア(1)
オセアニア
オーストラリア(2)