1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ANAISさん

  海外エリア: 北米 > アメリカ西部 の他のブログはこちら|

サンフランシスコ!

~サンフランシスコやその他エリアの魅力をお届けします♪~

プロフィール
ニックネーム:
ANAIS
居住地:
北米>アメリカ西部>サンフランシスコ
自己紹介:
通訳、翻訳サービスを提供。お気軽にお問い合わせください。

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(21件中)

しか2
ロードトリップ サンフランシスコからグレーシャー国立公園までの旅その5
エリア:
  • 北米>アメリカ西部>グレイシャー国立公園
テーマ:ハイキング・登山 自然・植物 動物 
投稿日:2015/01/22 02:12
早朝、寝袋にくるまって寝ていると、「ガッ、ガッ」とテントのすぐ外で大きな動物らしき足音が・・・相方の「熊じゃないから大丈夫」という一言で、そーっとジッパーを下し外を見てみると朝もやの中鹿がウロウロしていた。

シカ

鹿はテントから出た私に気づくと、様子を窺いながら少しづつ近寄ってきた。野生動物なので触りたいという気持ちは抑え、動きを最小限に写真を撮る。鹿と私の間に一瞬だけ訪れた親密な時間は宝物になっています。

しか2

日は昇り、朝食を済ませグレーシャー探検出発。連なる山々が美しい。

やま

Bowman Lakeへ向かうため、Outside North Fork Road を通ってPolebridgeへ。100年以上も前からあるPolebridge Mercantileでは手作りのパンが食べられる。

ぽ

グレーシャー国立公園の中へ。

ぽ1

クマ注意のサインが怖い。

くま

途中に見えてきた川でテンカラ。

て

最初の目的地、Bowman Lakeに到着。絶景に圧倒される。

ぐ

湖の周りを少しハイキング。クマが頻繁に出没するため、トレッキングポールで音を立てながら歩く。

湖

来たからにはこの透き通る水を飲まねば、ということで水フィルターを使って飲んでみることに。

みず

絶景を前にいただくおにぎりも非常に美味。

おに

次はカナダの国境近くまでということで、Big Prairieのガタガタ道を走ることに。次第に風景は野性一色に。動物たちも生き生きしています。

や

ところどころ廃墟となったキャビンらしき建物が見えてくる。

いえ

川では鳥、タヌキ、シカらしき足跡が。

か

道を更に進むにつれ、クマがいそうな風景に。車を止めてドアを開けてみると道には彼らの落とし物と思われるような黒い物体が・・・

き

とはいえ、童話の世界のような美しい景色にすっかり魅入られ、心配事はどこかへ。

もりr

しばらく絶景を楽しみながら進んでいると、タイヤがおかしなことに。なんと尖った石がささり見事にパンクしている。

た

結局、スペアではこの先は無理ということで、泣く泣く6時間かけて下山することに。グレーシャー国立公園の旅はここで終了となりましたが、いつかちゃんとタイヤを持参し、より頑丈な車でカナダ国境付近までの道を再チャレンジしたいと思います。

みち

mural
ロードトリップ サンフランシスコからグレーシャー国立公園までの旅その4
エリア:
  • 北米>アメリカ西部>グレイシャー国立公園
テーマ:歴史・文化・芸術 自然・植物 
投稿日:2015/01/15 03:37
朝、行動食にと持参した炊飯器で米を炊きおにぎりを作り出発。夕方までグレーシャー国立公園に到着したいので、ひたすら90番を走る。

road

途中、Deer Lodgeでガソリンを入れようとすると、Old Prison Museumが見えてきた。ここは心霊スポットとしても有名らしく、定期的にパラノーマル現象の調査が行われているとか。怖いもの見たさで入ってみたいと思いつつ、先を急ぐため今回はお見送り。

old prision

Deer Lodgeを出発する前にClark Fork Riverに少し立ち寄り休憩。

clarkfork

93番に乗り北上し、Flathead Indian Reservationとして指定されている町St Ignatiusに立ち寄る。ここには以前から一目見たいと思っていた1854年に創設されたSt Ignatius Mission が。現在の建物は1891-1893年の間に建設され、1973年にアメリカ合衆国国家歴史登録財に指定されている。

church

中に入り驚かされるのはコックさんとしてミッションで働いていたBrother Joseph Carignanoによって描かれた壁画。専門的に絵を勉強した経験が無いとは信じられないくらいの腕前。

mural

礼拝堂の美しさに目を奪われる。

ステンドガラス

中庭に出ると1854年に建てられた最初の建物が。

みっしおn

当時シスター達が寝起きしていた家屋。モンタナの過酷な冬を連想する。

sister

中に入ると当時のシスターやネイティブインディアンに関する資料や写真が展示されている。両者それぞれの立場について考えると複雑な気持ちに。

資料

教会を後にし、砂利道を走っていると傍で遊んでいた小学生から中学生くらいの子供たちが笑顔で手を振ってくれた。彼らの屈託のない笑顔とフレンドリーさに嬉しくなる。美しい山に囲まれた自然の中で伸び伸びと遊ぶ彼らの姿は自分の中で特別な風景の一つになっています。

予定の時間より遅くなってしまったので一気にKalispellの町まで走り、買い物をし、目的地のグレーシャー国立公園まで。到着した時刻は夕方6時半。

ぐ

公園の中のキャンプ場を利用しようと行ってみるが、入り口の近くはどこも満員で非常に混雑。一か所、離れたところに混雑していないキャンプグラウンドがあるとパークレンジャーに教えてもらい向かってみることに。初めて見る景色に圧倒される。

やま

が、奥深く入ろうとしたところで目指すキャンプ場への道は「グリズリーベアーの調査の為閉鎖」という看板でブロックされていた。日は暮れ始め、キャンプスペースを確保せねばとのことで、公園の中を諦め、グレーシャー国立公園のすぐ外側にあるFlathead National ForestにあるBig Creek Campground siteへ。運よく殆ど人はおらず、何とかギリギリ日没までに寝る場所を確保。

かんぷ

ホッと一段落し、夕日で赤く染まった山を眺めながらいただいたワインは格別でした。

や

れ
ロードトリップ サンフランシスコからグレーシャー国立公園までの旅 その3
エリア:
  • 北米>アメリカ西部
テーマ:街中・建物・景色 自然・植物 
投稿日:2014/12/29 06:42
クマに襲われることなく無事に迎えた三日目の朝。
薪を集め、火を焚き、軽く朝食を済ませ、宿泊先の街ボーズマンヘ。
ビッグスカイと言われるだけあってモンタナの朝の空はどこまでも広い。

sky

ボーズマンに到着。

ぼぜ

メインストリートにあるタックルショップBOZEMAN ANGLERでフィッシングライセンスを購入。店員さん達は大変親切で、現在の川のコンディションからおすすめのステーキハウスまで教えてくれました。

fly

チェックインの時間まで釣りをしようという事でHyalite Creekへ向かう。

s

言われた通り、時期的に少し早すぎたらしく、なかなかかかってくれませんでした。

かわ

結局数時間粘ったもののだめでしたので、宿泊先へ向かいチェックイン。

ホテル

緑の草がどこまでも続く窓の外の眺めに癒されました。

外

夕方、フライショップの店員さんおすすめのステーキハウス、オアシスへ。

oasis

店内は地元の人達でいっぱい。勧められた通り予約をしておいて正解でした。

れ

せっかくなので、20オンス(約566g)のニューヨークステーキを注文。豪快なサイズにびっくり。自分の胃袋と同じくらいのサイズは無理かと思いきや、美味しさのあまりに完食。気を遣ってドギーバックを持って来ようとしてくれたウェイトレスさんに笑われてしまいました。

すてーき

モンタナの広大な土地、美しい自然、気さくな人達がすっかり気に入りました♪

と

バッファロー
ロードトリップ サンフランシスコからグレーシャー国立公園までの旅 その2
エリア:
  • 北米>アメリカ西部
テーマ:自然・植物 
投稿日:2014/12/29 04:46
二日目、ガソリンをいれてからひたすら目的地のモンタナを目指して走ります。

truckin

15番を北上し、アイダホへ。

ida

のどかな風景に頭が少しぼんやり。

牛

アイダホフォールズを抜け、20番に乗り換えると雪化粧をした山々が見えてきます。目指すモンタナまであと少し。

ゆき

見えてきましたモンタナ州のサイン。怖そうなベアが迎えてくれます。

ベア

ウェストイエローストーンで191番に乗り、本日の宿泊先ギャラティン国立森林公園へ向かう前に車を降り景色を堪能。

もり

辺り一面が緑の絨毯で敷き詰められているように美しい。

緑

バッファロー達も幸せそうです。

バッファロー

日が暮れる前にキャンプグラウンドに到着。テントを立てているとサイトマネージャーのご夫婦がクマの出没に注意するようにと知らせに来てくれました。基本的にクマの出るエリアでは香料はすべてNGの為、夜のスキンケアは諦め、少し緊張をしながら眠りにつきました。

て

map
ロードトリップ サンフランシスコからグレーシャー国立公園までの旅 その1
エリア:
  • 北米>アメリカ西部
テーマ:自然・植物 
投稿日:2014/07/25 07:01
夏という事で休暇をとり、ロードトリップに出かけてきました。

今回はサンフランシスコから絶景と言われているグレーシア国立公園まで行き、戻ってくるというルート。

たったの9日で「モンタナとアイダホをエンジョイしよう!」なんて、一見無謀とも思える計画を思いついたものですから、一日目はただひたすら走り続けました。

朝9時に出発後、ベイブリッジを渡り、

1

シエラ山脈を越え、トラッキー川沿いを走る。

truckee

ディスコミュージックでテンションを上げながら乾いたネバダを7時間ほど走り続け、

nevada

念の為ユタに入る前に地図を確認すると、ガソリンスタンドのガの字もなさそうな砂漠が続いている。
砂漠でガス欠になったらジ・エンドなので、手前のウェストウェンドーバーで休憩。

gas

トイレが少し離れたところにあったため、恐る恐る扉を開けるとカジノの延長のようなギラギラした内装と大音量で流れるシナトラのBGM。
異様な雰囲気に少し怖くなり、だれもいないと分かっていながらもつい後ろを確認。

to

ガソリンを補給し、少し走るとようやく見えてきた「ユタへようこそ」の看板。

utah

グレートソルトレイク砂漠を抜け、ソルトレイクシティを目指す。

sabaku

ソルトレイクシティに到着する頃には22時を過ぎていましたが、もうちょっと頑張れるかもという事で15番に乗り換え、オグデンまで行き、手頃な宿泊施設を見つけ一泊。
長い一日を振り返りながら食したぺヤングとビールは格別でしたね〜

night

1 - 5件目まで(21件中)