1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ネパールのわたしさん

  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
7月<2019年08月    
123
45 678910
1112131415 1617
18 192021 222324
25262728293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

NoPhoto
日本への直行便
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2019/08/21 14:17
コメント(0)
飛ぶ飛ぶといっていたネパール〜日本間の直行便、今度は本当に飛びそうです。
今朝の新聞に載っていました。

日付はありませんでしたが、来週からと書いてあります。
ただブッキングが非常に少ないとのこと。
274席あるエアバスA330のブッキングですが、
カトマンズ〜大阪が15席、帰りの便が18席のみのブッキングの状況だとか。
片道の運賃を36000ルピーとし、25〜30%の値引きをしているにも関わらずです。
ネパール航空が本当に飛ぶのかどうか、お客さんが疑っているからだ、
と話すネパール航空の関係者。

ノンストップでネパール〜日本を7時間で結ぶネパール航空、
飛行日は火曜日、木曜日、そして土曜日の週3日で、
ネパール発大阪の関西空港行きは、午前2時半にカトマンズを飛び立ち、
日本時間午前11時55分に大阪に着陸。
帰りの便は大阪を午後1時55分に離陸して、午後6時にカトマンズに到着する。

9月のブッキングは更に少ないが、
ネパールの大きな祭りがある10月には、
ネパールに帰りたくなるネパール人が増えるだろうし、
11月はネパールを訪れる観光客のピークを迎える、と航空会社は期待しています。
さらには、成田空港へのフライトも1月1日から行いたいと考えているようです。

2007年にカトマンズから上海経由で関西空港までの週1便のフライトがなくなってから12年。
昨年の9月から、日本へ飛ぶよ、と言い続けてきましたが、
今回は本当に実現しそうです。
最初のフライトには、30名をこす公務員と観光大臣が乗るとのことです。
日本へ飛んだよ、というニュース、早く聞きたいものです。

バドウ月
今日からバドウ月です
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2019/08/18 14:31
コメント(0)
ネパールの暦は、2076年5月バドウ月になりました。
日本の8月18日から9月17日までの31日間です。
今月のカレンダーには挿絵がいくつも描かれています。
つまり、祭りや行事がたくさんある、ということです。
バドウ月
女の祭りといわれるティーズ
(女性たちが1日食事制限をして夫や家族のために祈りますが、
当日になるまでに互いに食事に呼んだり呼ばれたりして、
すでに楽しい日が始まります。
当日は赤いサリーを身につける女性が多く、ネパール中が赤く染まる日になります。
ヒンドゥ教徒の祭りで、暦には「女性は休日」と書かれる日です)。
「父の日」もあります。

雨季が最後の3ヶ月目に入ります。
ところが今年の雨季、雨の降り方も量もいつもの年とは全く違います。
叩きつけるような恐怖心を起こす降り方は何回もなかったし、
目の前が霞むような大量の雨もほとんどなし。
かといって、細々と長時間降り続く雨もないのと同じ。
向こうから雨の音が近づいてきて、あっという間に外にいる私に襲いかかる降り方もない。
ザァー、と音がして、降り出したと思うと10分以内に止んでしまうことが多い。
そもそも、1ヵ月目の降り初めが大幅に遅れた上に、
2ヶ月目も満足な雨ではなかった。
最後の月の今月に期待するしかないのだが・・・。
これまでの様子からすると、どうもあまり期待できそうもない。
で、私の心配は乾季の水事情。一体どうなるのだろう。
ネパールの電力はすべて水力発電だから、当然電気の供給に問題が起こるだろうし、
みんなが忘れかけている計画停電の復活があるかもしれない。
そして、生活水、飲料水の不足が起きるだろう。
そうなったら…と水のない生活を経験したことがないだけに、今から怖さがあります。
私が聞いた何人かのネパール人は、
これまで乾季の水問題の経験はないと言っていました。
私の取り越し苦労を笑える乾季であってほしい・・・
雨よ、心を入れ替えて真面目に降って!と祈るのみです。

NoPhoto
今日はいそがしい・・・
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2019/08/15 13:41
コメント(0)
「ジャナイ・プルニマ」
ヒンドゥ教徒の男子が肩に掛けている聖なる紐を
1年に1回取り替える日です。
この行事をするのは、ヒンドゥ教徒の中でも
バウンとチェトリの男子だけです。

「ラクシャ・バンダン」
自分自身の安全を守るために、
色のついた糸を右手首に巻く日です。
お寺でお坊さんに巻いてもらったり、
家族で巻いたり、兄弟姉妹同士で巻いたりします。
この紐は、ティハールまで巻いているのだそうです。
明日バスに乗れば、人たちの手首の真新しい紐が目立つでしょう。

「豆を食べる日」
様々な種類の豆がセットにして売られています。
人々はこれを買い、食べます。

午前中の今は雲が広がっていますが、
夜、満月が見えることを願いましょう。
「プルニマ」は、満月のことです。
今日は、3つの行事が重なった日です。

ナーガ・パンチャミ1
ナーガ・パンチャミ(蛇祭り)
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2019/08/05 18:29
コメント(0)
新月から5日目の今日は、
「ナーガ・パンチャミ」と言い、蛇の神様を祀る日です。
頬骨が張った蛇の一種が描かれたお札が売られます。
お札には、蛇だけが描かれたのもありますし、
蛇とは関係が深いヒンドゥ教の神様クリシュナと蛇が描かれたものもあります。
大きさも大小揃っています。
印刷されたものの他に、手書きのものもありますが、こちらは料金が高めです。

私は、ゲートをはじめ、家の入口とオフィスの入口にお札を貼りました。
とはいっても、私がするわけではなく、近所のお父さんに貼ってもらいました。
雌牛の糞(ゴバル)を使って壁に貼ります。
硬貨や、花、草、線香などを飾り、
水で溶いた赤と黄色の粉を付けて、お参りの鐘を鳴らして祈ります。

貼り終わったばかりのお札を写真に撮り、
真新しいお札に嬉しくなります。
これで、ネパールの家になりました。

ナーガ・パンチャミ3
(ゲートのお札。ついでに、左側の灰色の筒は新聞受け)
ナーガ・パンチャミ1
(オフィスのドアの上のお札)
ナーガ・パンチャミ2
(家の入り口のお札)

今日はまた、今年の祭りのシーズンが始まる日です。
この後次々とネパールの祭りが行われ、
いそがしく、楽しみな日々が続くわけです。

1 - 4件目まで(4件中)


国一覧
アジア
ネパール(1,154)