1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ネパールのわたしさん

  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

~昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。~

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー
6月<2020年07月>8月
1234
5 6789 1011
1213141516 1718
1920212223 2425
262728293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(5件中)

「ナーガ・パンチャミ(蛇神祭り)」2
「ナーガ・パンチャミ(蛇神祭り)」
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2020/07/25 18:16
コメント(0)
「ナーガ・パンチャミ(蛇神祭り)」

蛇が描かれたお札を入り口のドアや、門に貼ります。
接着剤は、雌牛の糞。
ネパールでは神聖な糞ですが、接着力がとても強いです。
この他に使われるものは、ルピー硬貨、草、線香、プジャに使う赤と黄色の粉、
パック入りではない乳牛の乳です。
ヒンドゥ教徒の行事です。
「ナーガ・パンチャミ(蛇神祭り)」1
「ナーガ・パンチャミ(蛇神祭り)」2
「ナーガ・パンチャミ(蛇神祭り)」3

私のナーガも新しくなり、気持も新たになりました。
ネパール人の仲間入り、です。

NoPhoto
ロックダウン
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2020/07/23 15:50
コメント(0)
コロナに関するネパールのロックダウンに動きがありましたので、
なんとなく落ち着かない気持ちになっています。
村の中心部へでかけてまず、目についたのは、
バスの発着場所がにぎやかになっていたこと。
エンジンをふかす音が大きく響き、
ロックダウン以前のバス乗り場に戻っていました。
ただし、走っているバスの乗客は少なく、車内はガラガラでした。
どのような制限があるのか、今は私にはわかりません。
国際国内線のフライトも8月17日からすべて解除されます。
ホテルやトレッキングの営業も再開されます。
一部の活動は禁止状態が続きますが、
4ヶ月続いたロックダウンがこうして徐々に解除されていきます。
これによる大きな影響が起きないでほしいと思います。​

2077年4月サウン月2
2077年4月サウン月
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2020/07/16 15:04
コメント(0)
ネパールは、ネパールの暦で今年4つ目、新会計年度が始まるサウン月になりました。
日本の7月16日から8月16日までの32日間です。
サウン月は雨季真っ最中。今年はよく雨が降ります。
雨季の今は、午後2時頃までには家に帰ったほうがいいよ、といいます。
雨が降り出す確率が高い、ということのようです。
私も経験上そう思いますし、知り合いのネパール人もそう言います。
その一方で、今年も国内で雨による土砂崩れが相次いで起き、
亡くなる人や家が壊されたりの被害が出ています。
毎年繰り返される被害です。

サウン月は、ヒンドゥ教徒の女性たちにとっては聖なる1ヵ月です。
ついたちの今日は、赤いサリーを着て、お寺に向かうグループを見ました。
この1ヵ月は、赤、青、黄色の腕輪をし、同色のビーズの首飾りをかけ、
手にはメンディで模様を描き、食を断ったり、寺参りをしたりの日々です。
楽しいのだ、と女性たちは言います。
あちこちの寺参りをするのも今月だそうですが、
今年は事情が許さないようです。
今朝見た女性たちは、いつもの年と同じことをやっている、という
変わらない様子に見えました。
2077年4月サウン月2
緑のチュラ(腕輪)とメンディ
2077年4月サウン月3
メンディ

ロックダウンの今ですが、国際国内線の全フライトの運行停止が続いています。
外国人観光客が集まるタメルでは、
家賃の支払いができずに閉店する店が出始めたというニュースもあります。
ツーリズム関係者からは、
秋のシーズンに間に合うようになんとかしてほしいという声が出ています。

2077年4月サウン月1

2つ並んだカレンダーの写真、左側はゴルカ王宮です。
ゴルカは、カトマンズとポカラを結ぶ道路のほぼ中間点にあります。
この地は、ネパールのシャハ王朝発祥の地です。
王宮は、丘陵の尾根に建つので、上りは少々大変ですが、
小さいながらも風格ある王宮は、十分その苦労に報いてくれます。
私もここを訪れており、このカレンダーと同じ構成で写真を撮りました。
2015年の地震で被害を受けた、と聞いていますが、
被害はどの程度だったのか、復興は進んでいるのか、
私が見る新聞では伝えられていません。
チャンスがあれば、もう一度行ってみたいゴルカです。

「カックロ」1
「カックロ」
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2020/07/09 14:44
コメント(0)
ネパールでは、胡瓜を「カックロ」といいます。
ネパールでも、インド産のものも含めてカックロは一年中食べられます。
でも、なんといってもおいしいのは今です。

私の庭でもカックロが育っています。
すでに2つ食べました。
縦半分に切ると、切った途端、カックロの香りが広がり、
水分がにじみ出てきます。
見るだけでそのうまさが伝わります。
食べると・・・
店で売っているカックロよりも果肉の密度が濃くて、歯ごたえがあります。
口の中に広がる香りもよく、水分も申し分ありません。

太さですが、細めのものから太いものまで様々です。
先日収穫したカックロは、片手では掴みきれない太さでした。
穫りたてのカックロは、皮についた針が手にあたってチクチクします。

場所は私の庭ですが、
種をまき苗を育てて植え、
その上手まで作ってくれるのは、隣のおとうさんとおかあさん。
私は収穫して食べるだけの人。
今朝数えたらまだまだ数個以上のカックロがあり、
しばらくの間はおいしいカックロが食べられそうです。

ネパールではカックロは輪切りにして食べます。
パーティーでもトマトや大根、玉ねぎなどと盛られてサラダとして供されます。
一方、縦に切って売られるカックロもあり、街角などでも見かけます。
以前、バスに乗って出かけたとき、
停留所の一つでこの縦半分に切ったカックロを売っていました。
この時、バスの乗客ほとんどがカックロを買いました。
私も、です。
ネパールの人は、塩と青唐辛子を混ぜたものをカックロにつけて食べるのですが、
私は青唐辛子が苦手なので塩だけにしました。
この時のカックロのおいしかったこと!
喉が渇いていたこともあり、カックロの水分が喉にしみました。
ネパールの人たちにとって、カックロは欠かせない食べ物のひとつのようです。
私も大好きです。
「カックロ」1
「カックロ」2

NoPhoto
「グル・プルニマ」
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2020/07/05 13:32
コメント(0)
「グル・プルニマ」
今日は、先生の日。
毎年、各学校では生徒たちが先生の額に赤い粉をつけるティカをして、
日頃の感謝を表す日です。
今年はロックダウンが続き、学校は今も閉じているため、
こうした行事は行われていないでしょう。
先生、生徒のどちらにとっても、なにか忘れ物をしたような・・・
そんな特別なグル・プルニマではないかと思います。

プルニマは満月をいいます。
ネパールでは、〇〇プルニマという日が年に何日かあります。
グル・プルニマはそのうちの一つです。
雲が多い午前中ですが、
今夜は満月が見られるでしょうか・・・

1 - 5件目まで(5件中)


国一覧
アジア
ネパール(1,154)