1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. ハンガリーペリカンさんの旅行ブログ

  海外エリア: ヨーロッパ > ハンガリー の他のブログはこちら|

日通ペリカン・トラベル・ネット・ハンガリー情報の由

~ハンガリー在住歴10年以上の担当者が、現地視点で書いていきます。~

ブダペスト王宮のワイン祭
第21回国際ワイン祭は2012年9月第2週に開催予定です@ブダ王宮
プロフィール

ニックネーム:
ハンガリーペリカン
居住地:
ヨーロッパ>ハンガリー>ブダペスト
会社名:
日通ペリカントラベル・ネット・ハンガリー
会社英字名:
Pelican Travel . Net
会社所在地:
ヨーロッパ>ハンガリー>ブダペスト
業種:
旅行業
自己紹介:
シンガポール日本通運株式会社を本部とする現地旅行会社ネットワークです。

「旅行者の訪れる土地の事を一番よく知っているのは、その土地で働き、生活する私たちだ」と考え、アジアの各地で活躍する現地旅行会社や現地情報発信会社の参加を得て、2004年にアジア旅行情報発信ネットワーク「日通ペリカントラベルネット」を設立いたしました。

今日、この理念はアジアにとどまることなく、もっと大きな世界へ広がっています。
日本の旅行会社には出来ないサービスを世界各地から直接お届けしたいと思っています。

より多くの皆様に日通ペリカントラベルネットをご利用いただき、快適で安心な旅行をお楽しみいただけるよう日々精進してまいりますので、格別のお引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

カレンダー
1月<2011年02月    
123 45
6789101112
13141516171819
2021222324 2526
2728

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

マチョーの民族衣装 3少女
マチョーのイースター祭り
エリア:
  • ヨーロッパ>ハンガリー>ハンガリーその他の都市
テーマ:観光地 お祭り・イベント 歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/02/24 19:57
コメント(0)

ブダペストから東、ミシュコルツ方面へ高速道路で1時間半から2時間弱のメズークヴェシュド市とその周辺には、マチョーと呼ばれる人々が住んでいます。


マチョーの人々は華やかな刺繍の民族衣装で知られており、それは有名なカロチャよりもはるかに艶やかです。また既婚女性であることを示す被り物も、独特の形をしており、たいへん目立ちます。


そして男性の衣装も特徴があります。刺繍入りの黒い帽子、刺繍の入った袖は末広がりで、その上に黒いベストを羽織ります。


男女ともに前掛けを着けますが、ここにも鮮やかな刺繍が入ります。



毎年イースターとなると多くの人が訪れます。マチョーイースターのお祭り会場となるメズークヴェシュド市は、国道3号線沿いに発展した町なので、山間のホッロークー(ユネスコ世界遺産の村)と違って渋滞で動けなくなるほど、ということはありません。


是非一度、マチョーのイースターで賑わうメズークヴェシュドの町を訪れてみませんか?


2011(平成23)年のイースターは4月24日です。



「ハダシ街並み保存区画Hadas varosresz」でのプログラムは以下の通り・・・


4月24日(日曜/イースター)

10時:ガラゴーニャ・人形劇場公演

11時ー16時:卵色付け(イースターエッグ作成)パフォーマンス

11時ー17時:伝統保持者、民謡保存会、音楽家、俳優、各パフォーマンス、子供向けパフォーマンスなど

4月25日(月曜/イースターマンデー)

8時30分:イースターの水掛け

10時:イースター食へ祝福と試食

10時45分ー17時:マチョー民族舞踊団と仲間達、伝統保持者グループ、少年少女民族舞踊団、楽団、歌手らによるパフォーマンス/水掛けLocsolas

10時ー16時:マチョー・ハムのイベント(今年のイースター用ハムのコンペ)

10時ー16時:パプリカ・ヤンチの射的(スリングショット)

4月24-25日共通

イースターエッグ展示ー絵付けパフォーマンス/体験

手動木製回転木馬(カルーセル)や伝承的な遊び

イースター料理、ビュック・ワイン、民芸品などの屋台

PIPICSパン(鳥の形をした菓子パン)試食と販売

手工芸製作体験コーナー

馬車乗車の可能性あり


(プログラム情報提供:メズークヴェシュド観光案内所 MEZOKOVESD TOURINFORM/電話:+36-49-500285/WEB: http://www.mezokovesd.hu/)


(TK)


モハーチのブショー
最近 ツアーで人気のケーキ DOBOS TORTA
エリア:
  • ヨーロッパ>ハンガリー
テーマ:グルメ 歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/02/03 23:47
コメント(0)

ハンガリーは19世紀にフランスやオーストリアの影響を受けて、ケーキ等、製菓の文化が発達しました。


19世紀から名前が続いている老舗としては、有名なジェルボーがありますが、社会主義時代の荒波をも乗り越えて続く「アウグスト」という家族経営のお店も有名で、筆者のおすすめです。アウグストについてはまた今度、書くことにして今回は、最近のあるツアーのデザートでリクエストされるケーキをご紹介します。


 DOBOS TORTA(トルタがケーキを意味します)


これはハンガリー語で「ドボシュ・トルタ」と言います。クリームたっぷりのスポンジケーキの上に、カラメルでコーティングしたクッキーの屋根が載っています。見た目もそうですが、味はしっとりケーキとパリパリカラメル+クッキーの歯ごたえの組み合わせ、という独特の個性をもったケーキです。


ハンガリーで一般に知られたケーキとしては、このほかにエステルハージ・トルタなども人気があります。


1989年の体制変換以降、製菓の分野でも新しい時代の流れを取り入れるのが競争で生き残るためにも必要になっています。体制変換以降にできたケーキ屋さんはもちろんのこと、老舗もレシピの研究を怠らず、新しいハンガリーのケーキが生まれていますが、このドボシュトルタのような昔からのオーソドックスなケーキも、外国から訪れた観光客にとっては、新しい出会いなので、伝統として守っていってほしいですね。


(TK)


1 - 2件目まで(2件中)