1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. ベトナム
  5. ニャチャン
  6. ビーチ・島
  7. シックスセンス ニャチャン

インドチャイナのリゾート・クルーズ
プロフィール
ニックネーム:
Seven I
居住地:
アジア>ベトナム>ホーチミン
性別:
男性
会社名:
Seven I Co.,Ltd
会社英字名:
Seven I Co.,Ltd
会社所在地:
アジア>ベトナム>ホーチミン
業種:
旅行業
自己紹介:
当社SEVEN I CO.,LTD ではインドチャイナ、特にベトナムのホテル及び観光施設の日本市場向け販売・マーケティング代理を行っております。マイナー化しているインドチャイナにて新たな観光素材を捜しだし、日本市場向けの宣伝・販売を行っております。現在、契約している企業は以下の3社となりますが、現在、ベトナム中部及びラオスにてリゾートホテルとの交渉を行っております。
御社サイトを通して、日本市場ではまだ、認知度が低い新しい観光素材を紹介できればと考えております。

- SIX SENSES VIETNAM
ベトナムでもトップクラスのビーチリゾート(現在ニャチャンにて2つのホテルを運営及び2011年にはホーチミン、フーコック島、コンダオ島にオープン)

- Heritage Line
インドチャイナでは全く新しい観光素材となる、メコン川をクルーズする豪華客船(2009年10月下旬に就航、ホーチミンとシムリアップの間を結ぶ豪華客船。2泊、3泊、4泊、7泊のコースがあります。昼間はメコンデルタの村々を訪れ、夕方から夜にかけてのクルーズとなりますので、決して時間を持て余す事がありません)

- BLUE DIAMOND HOTEL
営業コンサルタント事業。

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

シックスセンス ニャチャン

2010/07/13 22:30
ロゴ
エリア:
  • アジア > ベトナム > ニャチャン
テーマ:
  • ビーチ・島
  • / ホテル・宿泊
ベトナム中部、ニャチャンにあるシックスセンスに行って来ましたのでご連絡します。
ニャチャンには現在、エバソン・アナマンダラ・ニャチャンとシックスセンス・ハイダウェイ・ニンバンベイの2つがあります。
アクセスはホーチミンから飛行機で数年前に新しく出来たカムラン空港(CAM RANH INTERNATIONAL AIRPORT)まで約60分、市内中心まで車で約40分となります。

空港

エバソン・アナマンダラ・ニャチャン
到着すると、日本人ゲストサービスによるブリーフィングと共にウェルカムドリンク及びシャーベットのサービスがあります。今回はデラックスシービュービラ(45平米)に宿泊しましたが、細かなアメニティー及び日本語案内がが充実しており、英語・ベトナム語が出来なくても、安心して泊まれます。

入り口
正面入口

部屋から
部屋バルコニーより

バスルームもオープンスタイルで凄く開放的で、部屋も蚊帳とかがあり、ロマンチックです。


シックスセンス・ハイダウェイ・ニンバンベイ
時間があったので、こちらも見学して来ました。アナマンダラから船着場まで車で約40分。専用ボートにて約20分で完全なプライベート空間へと到着です。
各ビラが離れており、リゾート内での移動は自転車かカートとなります。
日本人のバトラーも24時間、待機していますので、こちらも安心です。
カップルであくせくせず、時間をゆっくり過ごされたい方にお勧めです。

船
船着場

ふぁ
プライベートビーチ

だ
リゾート内レストラン

少し値段ははりますが、宿泊する価値は十分あります。最近、シェラトン・ニャチャンもオープンしましたが、ホテルとは全く異なるリゾート感覚を体験できます。
余談になりますが、有名なビンバールにも行ってきましたが、こちらは完全に家族向けと言えるでしょう。ホテル施設の他、遊園地、ウォーターパークなどがありますが、ベトナム人の家族連れが多すぎて、煩いだけです。
  • この記事が参考になった人(11)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。