1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. クルーズ
  5. ベトナム・カンボジアの豪華クルーズ No.2

インドチャイナのリゾート・クルーズ
プロフィール
ニックネーム:
Seven I
居住地:
アジア>ベトナム>ホーチミン
性別:
男性
会社名:
Seven I Co.,Ltd
会社英字名:
Seven I Co.,Ltd
会社所在地:
アジア>ベトナム>ホーチミン
業種:
旅行業
自己紹介:
当社SEVEN I CO.,LTD ではインドチャイナ、特にベトナムのホテル及び観光施設の日本市場向け販売・マーケティング代理を行っております。マイナー化しているインドチャイナにて新たな観光素材を捜しだし、日本市場向けの宣伝・販売を行っております。現在、契約している企業は以下の3社となりますが、現在、ベトナム中部及びラオスにてリゾートホテルとの交渉を行っております。
御社サイトを通して、日本市場ではまだ、認知度が低い新しい観光素材を紹介できればと考えております。

- SIX SENSES VIETNAM
ベトナムでもトップクラスのビーチリゾート(現在ニャチャンにて2つのホテルを運営及び2011年にはホーチミン、フーコック島、コンダオ島にオープン)

- Heritage Line
インドチャイナでは全く新しい観光素材となる、メコン川をクルーズする豪華客船(2009年10月下旬に就航、ホーチミンとシムリアップの間を結ぶ豪華客船。2泊、3泊、4泊、7泊のコースがあります。昼間はメコンデルタの村々を訪れ、夕方から夜にかけてのクルーズとなりますので、決して時間を持て余す事がありません)

- BLUE DIAMOND HOTEL
営業コンサルタント事業。

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

ベトナム・カンボジアの豪華クルーズ No.2

2009/09/12 11:54
ジャヤバルマン号
エリア:
  • アジア > ベトナム > ホーチミン
  • アジア > カンボジア > プノンペン
  • アジア > カンボジア > シェムリアップ
テーマ:
  • クルーズ
  • / ホテル・宿泊
  • / 世界遺産
11月に就航するジャヤバルマン号のクルーズ内容をご案内いたします。
下記クルーズ内容は7泊8日(サイゴン⇒シムリアップ)のものですが、2泊3日、3泊4日、4泊5日のクルーズもあります。

7泊8日(サイゴン⇒シムリアップ)

1日目 サイゴン / カイべー(Saigon / Cai Be)
乗船した瞬間に、経済成長が急速に進むサイゴンの喧騒から逃れられます。様々な貨物船、漁船が行き交う運河を進むと、戦争中に有毒科学物質によって破壊され、現在はユネスコの生物圏保護地区に指定されている、Can Gio地区のマングローブがご覧になれます。現在は保護活動、植林などにより、75ヘクタールのマングローブ林が広がっております。
Funnel バー及びラウンジにてカクテルをお楽しみ頂いた後はサンデッキにてウェルカムディナーをお楽しみください。 夜はCai Be地区にて停泊いたします。

2日目 カイべー / チャウドック (Cai Be / Chau Doc)
今日のツアーはカイべー地区の華やかな水上マーケットから始まります。小型平底船にてメコンデルタ及び各地から集まった、様々なフルーツ、野菜を売る水上マーケットの中を約40分航行し、ビンロン地区(Vinh Long)とカイべー地区(Cai Be)の間に位置する、Dong Hoa Hiep島に上陸します。この島に訪れる旅行者は非常に稀で、美しいメコンデルタ河の景色と昔ながらの農村風景がご覧になられます。
次は平底船に戻り、カイべー地区で最大のお米市場、レンガ工場、タイル工場、椰子の木を使った住居などを見学後、カイべー大聖堂を通り過ぎ、約20分でフーアン村(Phu An)に到着します。村ではお米を使ったクッキーやココナッツキャンディーの製造風景、ロンガンを乾燥させる工程などがご覧になられます。
昼食は川沿いのフルーツの木に囲まれたトロピカルガーデンにあるインドシナビラ、Le Longanierにてお召し上がり頂きます。昼食後は運河沿いを散策或いは自転車にて散策。その後、旧帝国の子孫にあたる家族のAn Kiet旧家にてお茶。
夜はクルーズ内にてごゆっくりとお寛ぎください。The Jayavarmanは国境の街、チャウドック(Chau Doc)に向けて進みます。

3日目 チャウドック / 国境地域 (Chau Doc / Border)
魚の都へようこそ。早起きされた方はサンデッキにてタイチレッスンが受けられます。
今日は浮き村や、世界各国へ輸出しているバサと呼ばれる鯰系の養殖場での餌付け風景見学の他、現地のイスラム教徒コミュニティを訪れます。
その後、クルーズはフランス植民地時代の美しいコロニアル建築が残る村を通り過ぎ、トロピカルフルーツを売る船上市場では、様々なフルーツだけでなく、伝統的な衣装を着た女性が起用に船を器用に扱っています。
午後遅くには、国境を通り過ぎ、プノンペンへ向けて運行していきます。

4日目 プノンペン (Phnom Penh)
早朝、船はプノンペンの河口に到着します。朝食後はカンボジアの首都、フランスコロニアル時代の面影を残す、プノンペン市内観光となります。午前中は眩しい白と金で装飾された王宮、クメール時代の優れた工芸品が展示されている国立博物館、丘に建つお寺、ワット・プノン (Wat Phnom) を訪れます。
ワット・プノンの由来はプノンペンはクメール語でペン夫人の丘と言う意味であるが、信心深いペン夫人が河を流れてきた仏像を見つけ、近くの丘に祠を作り仏像を祀った事からプノ町の名前となり、その丘がワットプノンと名づけられ、ペン婦人の像や仏塔が立っている。

ローカル・レストランにて昼食後、地元の歴史研究による案内でポルポト政権の時に多くの知識人・伝統文化継承者・教師・一般人が殺害されたキリング・フィールドを見学します。キリング・フィールドはポル・ポト支配下のカンボジアで、大量虐殺が行われた刑場跡の俗称です。クメール・ルージュの秘密警察である、サンテバルは知識人・伝統部jj化継承者・教師などを反革命的な者とみなし、そしてクメール・ルージュの地方機関や事務所の幹部までも、反乱の恐れがあるとして、殺害されました。 これら多数のカンボジア人が殺害された刑場が、キリング・フィールドと呼ばれ、最も有名な場所はチェンエクのキリング・フィールドである。
気分転換にカクテルを楽しんで頂いた後は、カンボジアの古典舞踊アスパラダンスを見ながらカンボジア料理ビュッフェをお楽しみください。

5日目 プノンペン / コンポンチャム (Phnom Penh / Kampong Cham)
プノンペンを発つ前に、絹織物の村、チャン・コ (Chong Koh)を散歩します。
クルーズはメコンの静かな村と猟師の生活風景を眺めながら進み、古代寺院のクメール遺跡ワットノコール寺院(Wat Nokor)を訪れます。ワットノコール寺院は12世紀アンコールトムを建造した王によって建立され、鳥神ガルーダと蛇神ナーガの彫像が出迎えてくれます。

その後、国際支援機関(AMICA)の協力によって開発されたChung Kokエコツーリズム村を訪れ、村の生活体験をして頂きます。観光客が支払うお金は、長期的な再開発資金として利用されます。

6日目 コンポンチャム / ワットハンチェイ (Kampong Cham / Wat Hanchey)
早起きして、河川上流にある7世紀に建立されたヒンズー教のシバ神を祀ったハンチェイ寺(Wat hanchey)へ向かいます。300段もの階段を上がった丘から見下ろす、田園風景、メコン河の眺めは、カンボジアでも最も壮大な景色と言えます。

7日目 コンポンチャム / コンポンチャナン / トンレサップ
夜明け前に、The Jayavarmanは出発し、新緑のジャングルに囲われ、蛇行したトンレサップ河をPrek K’damを経由しコンポンチャナンへと向かいます。村全体が様々な銀細工を行っているコンポンロアン (Kampong Louang)を散歩した後は昼食をしながら、コンポンチャナンへと戻ります。

昼食後はコンポンチャナンからモーターボートで湿地帯、水上住居、養殖場を見学し、水上学校に訪問します。
水上学校では子供達に英語を教えたりして、クメールの生活に触れる事ができます。
夜はフェアウェルディナーをサンデッキにてご堪能ください。

8日目 トンレサップ / シムリアップ (Tonle Sap / Siem Reap)
150キロ以上の幅がある湖は、見渡す限り対岸が見渡せない大きさです。湖周辺には多くの野鳥を始めとした生態系があり、静寂に包まれた中をシムリアップへと進みます。

季節、雨量により、水位が大きく変化する為、季節によって異なるプログラムとなります。
7月から10月の水位が高い時期
明け方、トンレサップ湖を渡り11時頃、シムリアップ港に接岸し、ご指定のホテルまでバスでお送りします。

12月から6月の水位が低い時期
早朝、Prek K’damに向けて進み、朝食後、9時頃接岸します。バスに乗り換え、pre-angorian寺を見学し、シムリアップに向かいます。バスの中では簡単な昼食をサービスし、シムリアップへの到着は午後早い時間となります。
  • この記事が参考になった人(8)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
コメント
  • ベトナムメコンデルタの3泊4日のクルーズ、サイゴンからサイゴンまで来年11月を探しています。プライベートでも又小人数の豪華船。カントーはビクトリアに泊りたい。二人 Posted by きら 【2010/11/26 23:29:51】
  • ジャヤバルマン号についての、ご質問がありましたら、お気軽にメールしてください。 Posted by Seven I 【2010/11/27 12:33:34】
  • 古希を迎えた夫婦です。年金生活者でリッチではありませんが旅行は大好きでアンコールワットにはこの船旅で是非再訪したいと思っていました。昨日のBSで前半をみましたので後半も愉しみにしています。高いだろうなとは予測出来ますが普通の部屋で結構ですのでいかほどでしょうか?来年の乾期に行きたいのですが予約はこのメールで宜しいのでしょうか? Posted by rokuchan 【2011/05/26 11:29:15】
  • 現在Veal Rehnで働いているものですが、Phnom Penh〜Siem Reapのクルーズ価格を教えていただきたいです。 Posted by クロップー 【2015/12/11 19:32:04】
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。