1. ι? ???
  2. 海外の旅行ブログ
  3. らてぃーのさんの旅行ブログ
  4. らてぃーのさん ペルーの記事一覧

  海外エリア: 中南米 > ペルー の他のブログはこちら|

中南米専門旅行会社 ラティーノ

(株)ラティーノ
中南米専門旅行会社として現地を熟知しているが故のご提案や現地受入れ体制、そしてその圧倒的な情報量が最大のウリです!
プロフィール

ニックネーム:
らてぃーの
居住地:
東京都
会社名:
(株)ラティーノ
会社英字名:
TURISMO LATINO,INC.
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3792-9000
業種:
旅行業
自己紹介:
弊社は中南米専門とする旅行会社として今年で27年目!
365日南米各国と連絡を取りながら日本のお客様を現地でサポートさせて頂いている事が我々のセールスポイントであり、その圧倒的情報量が最大の強みでもあります。
現地を熟知しているが故のご提案や内容また現地での受け入れ体制など絶対の自信を持っています!
まずはホームページをご覧下さい!

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

記事一覧

21 - 24件目まで(24件中)

NoPhoto
ペルー マチュピチュ観光情報!!
エリア:
  • 中南米>ペルー>マチュピチュ
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 世界遺産 
投稿日:2010/03/17 10:39
コメント(0)
お待たせしました!
現地3月15日、Pisacacucho駅-Machu Picchu村駅間の運行スケジュールが
発表されました。下記ご確認ください。

◆ ペルーレイル社 スケジュール

【運行再開日:3月29日】

・STAGE 1 :3月29日から4月30日まで
*予告なしに変更する可能性がございます。

Pisacacucho駅-Machu Picchu村駅間 
一日往復5便を運行予定!

1.運行車両に関する詳細は只今確認中です。
 
2.陸路移動:Ollantaytambo-Piscacucho駅間 / ペルーレイルがシャトルバスを運行。

・STAGE 2:5月1日以降〜
一日往復11便を運行予定!


◆ インカレール社 スケジュール

【運行再開日:4月01日】

上記運行再開日より、一日往復3便を運行予定!

Ollantaytambo駅からPiscacucho駅まで、
シャトルバスを乗客の皆様に無料でご提供いたします。
(列車の出発に合わせて運行)

1.バスは、15人乗り(混載)を8台運行予定。

2.OllantaytamboとPiscacucho間はバスで約20分ほどだが、
  列車への乗り換え時間や万が一のことを考慮して、
  列車出発時間の75分前にバスが出発します。

※服装
Piscacuchoのバスターミナルから列車への乗り換えは、
約180メートルの砂利道を歩きます。
荷物を少なくし、歩きやすい靴・ジャケット(防水加工であればなお良い)などの
羽織るものをご用意することをお勧めいたします。


引き続き詳しい情報確認でき次第ご連絡させて頂きます。

ピスカクチョ駅
ペルー クスコ&マチュピチュ水害による非常事態宣言
エリア:
  • 中南米>ペルー>マチュピチュ
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 
投稿日:2010/03/08 15:08
コメント(0)
現地3月4日、ペルーレイルからPisacacucho駅-Machu Picchu村駅間の
運行再開が発表されました。
下記ご確認ください。

◆運行再開日:3月29日(月)

現在修復作業を行うFerrocarril Transandino S.A (FTSA)の作業が順調に進んでおり、
上記区間での作業は残り約3Km(破損箇所:3箇所)に基づいて発表されました。
但し、再開日は今後も天候次第で遅れる可能性もあるとのことです。
引き続き列車スケジュールは未発表です。

同駅はインカトレッキングのスタート地点としても知られています。

また、文化庁(INC)によるとインカトレッキング再開は4月1日と発表されました。
引き続き新情報確認でき次第ご連絡させて頂きます。

以上よろしくお願い致します


※写真はPiscacucho駅
ピスカクチョ駅

ピスカクチョへの道のり2
マチュピチュへの鉄道の復旧作業と見通しについて【続報】
エリア:
  • 中南米>ペルー>マチュピチュ
テーマ:鉄道・乗り物 世界遺産 その他 
投稿日:2010/03/04 14:13
コメント(0)
1月22日頃から、クスコを含むペルー南部で15年ぶりの記録的な雨が続き、各地で浸水・土砂崩れが相次ぎました。
これにより、現地24日ペルー政府は被災エリアに60日間の非常事態を発令しました。
(マチュピチュ遺跡や遺跡が多数立ち並ぶウルバンバ地区を含む。)
被災地区の道路・空路・鉄道も影響を受けました。
現在マチュピチュへの唯一のアクセスルートである鉄道が運休となっており、その状況と今後の見通しについておしらせします。

現地3月2日、一時的に利用予定のクスコ〜マチュピチュの中間にあるPiscacucho駅までのルート状況を現地スタッフが調査いたしました。

下記ご確認ください。

◆移動区間:オリャンタイタンボ(68Km地点) - ピスカクチョ(82Km地点)

・道路状況:オリャンタイタンボを発って約6Kmが舗装済み道路(〜77Km地点までの道は良好)
その後、約9Kmが未舗装道路(田舎道。小さな車両だけが通行可能) 
道幅は全体的に狭く30人以上の大型車両は厳しい。
       
・所要時間:約1時間

・道路状況画像:http://www.t-latino.com/...

また、利用予定のピスカクチョ周辺は車両スペースが少ない為、Peru Rail及びInca Railが同地区近郊で駐車場を整備し、駅までのシャトル形式の混載バスを手配予定。
(※駐車場~駅までは徒歩で10分)
尚、Peru Railよりピスカクチョ-マチュピチュ間の列車スケジュールは未だ発表されておりません。

引き続き新情報確認でき次第ご連絡させて頂きます。

以上よろしくお願い致します。ピスカクチョへの道のり1

ラファエルラルコエレラ
ペルー ラファエル・ラルコ・エレラ博物館
エリア:
  • 中南米>ペルー>リマ
テーマ:鑑賞・観戦 
投稿日:2010/01/11 17:15
コメント(0)
リマ市内にあるラファエル・ラルコ・エレラ博物館(以下:ラルコ博物館)
を紹介させて頂きます。

リマ市内には黄金博物館、国立博物館、天野博物館など多数の博物館が
ありますが、その中でもラルコ博物館はラファエル・ラルコ氏個人が
集めた土器やミイラが多数紹介されており見所のある博物館となっております。

ここがすごい!ラルコ博物館♪♪

1.古代ペルーの金・銀・宝石などの宝飾コレクション数はペルーで1番!

2.プレ・インカ時代シカン文化のコレクション数はペルーで1番多い!

3.館内の説明は日本語標記で分りやすい!!
  歴史を勉強していない方でも理解しやすい♪

4.年中無休で夜6時まで営業! 
  
5.通常館内の写真撮影は禁止! でもラルコ博物館はOK!
  多数のコレクションを写真にして旅の思い出に♪

ラルコ博物館ホームページはこちら→
写真集はこちら→
日本語でのご案内はこちら→
スタッフ撮影動画はこちら⇒http://www.youtube.com/watch?v=KKoykbeGLqs


ベスト・ハルディン(庭)オブ・ザ・イヤーにも選ばれた
とっても素敵なお庭でお食事やお茶も出来ますよ♪
美術館で歩き疲れたあとに是非!!




ラファエルラルコエレラ

21 - 24件目まで(24件中)