1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. ライオンツアーさん

  海外エリア: アジア > スリランカ の他のブログはこちら|

スリランカ&エジプト専門旅行会社 スタッフブログ

~〜スリランカやエジプトの魅力やおすすめの穴場スポットなどを現地に精通したスタッフがご紹介しています〜~

プロフィール

ニックネーム:
ライオンツアー
居住地:
アジア>スリランカ>コロンボ
会社名:
株式会社 リオンロイヤル
会社英字名:
Lion Royal Co Ltd
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3838-8945
業種:
旅行業
自己紹介:
スリランカ航空、エジプト航空 日本支店GSA関連会社で現地に詳しい専門旅行会社(株)リオンロイヤル/ライオンツアーです。
日本本社では、現地スタッフと現地に精通している日本人スタッフが現地支店と連携しながら日々、迅速かつ丁寧にお客様おひとりおひとりのご要望にお応えしております。
専門店だからこそ、ツアーアレンジやオーダーメイドの旅も自由自在!
スリランカ、エジプト、モルディブ、ベトナム旅行のご相談は、是非、お気軽にお問い合わせ下さい。
info@lionroyal.com

カレンダー
1月<2017年02月>3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627 28

記事一覧

1 - 1件目まで(1件中)

NUMBER11 看板
ジェフリーバワの世界を満喫                  〜バワの息吹を肌で感じるNUMBER11〜
エリア:
  • アジア>スリランカ>コロンボ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/02/27 13:15
コメント(0)
ジェフリーバワ 建築ファンのみならずインテリアデザインの興味のある方必見なのが、
コロンボの喧騒を忘れられる閑静な高級住宅街に佇むかつてバワの住宅兼事務所として使われていた「Number11」です。
元々4軒の長屋を長い年月をかけて少しずつ買い増ししてリフォームしながら現在の形になったそうです。

事前予約が必要で見学時間に到着したら、個人宅にお邪魔する様な感覚で呼び鈴を鳴らします。
入口
バワ世界に入り込めそうな入口の扉を開けると、
入口ドア
車庫となっていてバワの愛車ロールスロイスが置いてあり、早速、壁にバワのセンスが感じられます。
壁
また、内側から入口のドアの方を見ると、ドアから自然光が建物の中に入っていて車庫や廊下でも居心地のいい空間になっていることを感じます。
内側からのドア

まずは、バワや建築についてのDVDを観てから、お部屋の中を案内してもらいます。
写真撮影NGな場所もありますので、ガイドさんから写真OKなところの説明もよく聞きながら中に入って行きます。
入口付近

早速、アーティスト達の調度品に囲まれた廊下を進んで行きます。
廊下1
廊下を歩いていると、外と繋がる空間が現れます。建物の外と内、吹き抜けを巧みに調和したバワならではの空間だと改めてバワマジックを感じます。
廊下2
廊下1
外からの光と影もインティリアの一部となっています。
部屋

白い壁や床には、カラフルなドアも良く映えます。
ドア
階段も白です。
階段
階段の手すりの細部までバワのデザインに対するこだわりを感じます。
手すり

階段を上って2階に来るとゲストルームとリビングがあります。
リビング
部屋3
アンティークの調度品や家具はどれもお部屋のインテリアと調和していて、バワのセンスにうっとりします。
アンティークやインテリアデザインに興味がない方でも一見の価値があるのではないでしょうか。そんな、リビングルームです。
アンティーク2
アンティーク1
この書斎でホテル設計の構想を思い描いていたのでしょうか。
書斎

2階の奥は宿泊できる施設となっています。白と黒を基調としてシンプルで居心地の良さそうなお部屋です。
宿泊施設
シンプルなシャワールームが隣にあります。(バスタブなどはありません。)
シャワー

バワのセンスの一部でも何か日本の家のインテリアに取り入れられないかと思える体験でした。また、バワ建築における「外と内」、「光と影」の調和の原点を肌で感じられました。
タグ:
NUMBER11 ジェフリーバワ スリランカ コロンボ 

PR
スリランカ専門旅行会社

1 - 1件目まで(1件中)