1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. ライオンツアーさん

  海外エリア: アジア > スリランカ の他のブログはこちら|

スリランカ&エジプト専門旅行会社 スタッフブログ

~〜スリランカやエジプトの魅力やおすすめの穴場スポットなどを現地に精通したスタッフがご紹介しています〜~

プロフィール

ニックネーム:
ライオンツアー
居住地:
アジア>スリランカ>コロンボ
会社名:
株式会社 リオンロイヤル
会社英字名:
Lion Royal Co Ltd
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3838-8945
業種:
旅行業
自己紹介:
スリランカ航空、エジプト航空 日本支店GSA関連会社で現地に詳しい専門旅行会社(株)リオンロイヤル/ライオンツアーです。
日本本社では、現地スタッフと現地に精通している日本人スタッフが現地支店と連携しながら日々、迅速かつ丁寧にお客様おひとりおひとりのご要望にお応えしております。
専門店だからこそ、ツアーアレンジやオーダーメイドの旅も自由自在!
スリランカ、エジプト、モルディブ、ベトナム旅行のご相談は、是非、お気軽にお問い合わせ下さい。
info@lionroyal.com

カレンダー
8月<2020年09月    
12345
678 9101112
1314 1516171819
20212223242526
27282930

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

くだもの
スリランカの今
エリア:
  • アジア>スリランカ>コロンボ
  • アジア>スリランカ>スリランカその他の都市
テーマ:ホテル・宿泊 その他 
投稿日:2020/09/14 20:56
コメント(0)
スリランカが一般渡航客の入国を停止してから、早くも6か月が過ぎようとしています。

当初は、8月1日に観光客の入国受け入れが再開される予定でしたが、延期となっており、9/14現在、空港の再開日は明言されていません。

9/12付けのDaily FTでは「Airport reopening pushed back indefinitely(空港再開 無期限延期)」(←クリックすると該当記事にリンクします)というという、スリランカへの渡航を心待ちにしている方にとっては、何とも残念な見出しとなっています。

なぜこんなに空港の再開(入国受け入れ)が延びているのか。

それは上記の記事の本文にもありますが、COVID-19の拡散封じ込めと、世界の様々な地域で足止めされているスリランカ人を本国に送還することが、現在のスリランカ政府の最優先事項となっているためです。

現在、観光など一般渡航の入国の受け入れは停止されていますが、海外在住のスリランカ人や特別許可を得た方などの入国受け入れが続いています

日本からもこれまで、特別便により、スリランカ人やスリランカ永住者などが帰国しています。

現在海外からの帰国者は、空港でのPCR検査の結果が陰性でも、全員が2週間の指定隔離検疫施設の滞在が義務付けられています。
さらには検疫後も自宅で2週間の自己隔離検疫が課せられています。

これまでに3万人近い人がスリランカに帰国していますが、スリランカへの帰国を希望していながら帰国できていない人が、まだ5万人以上いると報道されています。

観光客を含む一般渡航の受け入れは、この本国送還の目途がつき次第ということになりそうです。

なかなか本国送還がスムーズにいかない要因は、海外からの帰国者の陽性率の高さにあるといわれています。

9/14(午前10時)の保健局の発表によると、スリランカにおける新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の累計感染者数は3,234名。うち3,005名はすでに全快しており、9/14(10時)時点の現感染者数は217名となっています(累計死亡者数は12名)。

連日感染者が出ていますが、ほとんどが海外からの帰国者で、市中感染はここずっと報告されていません。

スリランカの感染者数推移は、保健局(健康増進局)のWebサイトで確認できます。COVID-19 Situation Report(←クリックするとサイトにリンクします)

例えば、9/12,13の週末2日間での新規感染者数は65名でしたが、その全員が海外からの帰国者でした。

隔離検疫施設も、感染者が治療を受ける指定病院も受け入れ数に限りがあるため、今後も人数を調整しながらの帰国受け入れになっていくのだと思われます。

上記の通り、海外からの帰国者は、全員が空港から直接に指定隔離検疫施設に送られるため、スリランカの国内での感染は抑えられている状況です。

そのため、国内はほぼ日常通りに戻っています。
コロンボなどの都市部では、マスクの着用や、飲食店やショップへの入店時の消毒もしくは手洗い、検温がまだ徹底されていますが、地方ではマスクの未着用の人の方が多い印象を受けます。

すでに6か月もの間、海外からの観光客が途絶えた状況で、スリランカ国内も約2か月間にわたり、外出禁止令が発令されたり移動の制限があったため、ホテルや観光地などは人がいない状況が続いていましたが、国内の感染が抑えられているのと、多くのホテルでスリランカ在住者向けに格安価格を出していたりするため、現在は国内旅行が復活しており、週末はホテルも満室に近かったり、観光地も混雑が見られます。

ただ、国内旅行は土日ならびに祝日に集中するため、平日は人の動きは少ないようです。ホテルも平日価格と週末価格の2段階で出すところが増えました。

利用客のほとんどが、外国人観光客で占めていたお店などは大きな影響を受けているようです。
日本にもショップを出しているSpa Ceylon(スパセイロン)や、人気のファブリックショップBarefoot(ベアフット)は、今まで特定の商品を除いてはセールを行ってきませんでしたが、日数や店舗限定ながらセールを行ったところからも伺い知れます。

日常生活においては、輸入品の食料品の値上がりが顕著です。

スリランカでは、海外からの仕送りならびに観光での収入が、外貨獲得の割合の上位を占めていました。
現在は、海外在住者も帰国が相次ぎ海外からの渡航客がいないため、外貨の収入が大きく落ち込んだ状況です。

それに対して、食料品などの生活必需品の輸入をするため、外貨の収支のバランスが大きく崩れた状況になっています。

大統領は、この機会に自国での生産力の強化を図ろうとしています。
食料でも工業製品などにおいても、自国で生産できるものは国内生産に切り替えていく方針を打ち出しています。

そのために、輸入制限をかけた品目(食料ではウコンや豆類、衣類ではインド製サリー布など)も多くなってきました。それが市場価格に反映された状況です。

新型コロナウイルスは世界的に大きな影響をもたらしていますが、スリランカも例外ではなく苦境に立たされている部分も多くあります。

内戦や津波、昨年の多発テロなど多くの困難を乗り越えてきたスリランカは、新型コロナウイルスも大きな打撃を受けています。
しかし、これをきっかけに輸入品目を見直したり、自給生産を強化したり、Eコマース(インターネット上で商品やサービスを売り買いすること)の普及や取り扱い企業が増えたり、前進する動きも多くあります。

この力こそがが、スリランカの強みや魅力につながっていくことでしょう。

空港の再開はまだ先になりそうですが、スリランカは早くに安全ならび衛生の手順書を発行し、周知してきました。
世界旅行・観光評議会(WTTC:World Travel and Tourism Council's)から「安全に旅行ができる国」としての認定を受けています。

いつでも安全に安心して旅行ができる準備はすでに整っていますので、一般渡航の受け入れが再開になりましたら、最初の旅行先として是非おいでください。
タグ:
スリランカ コロナウイルス Covid-19 スリランカ観光 スリランカ旅行 

PR
お客様の「旅のスタイル」に合わせたオリジナルのオーダーメイドプランを、一瞬の感動を心ゆくまで自由にご堪能いただける専用車でご提案いたします。
1
【スリランカ】珍しい双子
エリア:
  • アジア>スリランカ>ハバラナ
  • アジア>スリランカ>シギリア
  • アジア>スリランカ>スリランカその他の都市
テーマ:ホテル・宿泊 自然・植物 動物 
投稿日:2020/09/08 16:30
コメント(0)
世界遺産シギリヤロックやポロンナルワ遺跡群の間にある「ミンネリヤ国立公園(Minneriya Netional Park)」で、双子とおもわれるゾウが目撃されたとニュースになりました。
3
このニュースは日本でも報道されました↓(下記タイトルをクリックすると該当記事が開きます)

珍しいゾウの双子か、同じ雌から乳飲む2頭を確認 スリランカ(2020年7月8日AFP BBニュース)

動画:珍しいゾウの双子か、同じ雌から乳飲む2頭を確認 スリランカ(2020年7月10日AFP BBニュース)

これは、赤ちゃんゾウ2頭が同じ雌から乳を飲む様子から双子の可能性があり、DNA鑑定の結果、双子と証明された場合、スリランカでは初めての目撃事例になります。

このニュースはスリランカでも明るい話題として多くのニュースで取り上げられ、フェイスブックやインスタグラムなどのSNSでは、来園者によって撮影された写真が多く投稿されています。

実はゾウ以外にも、珍しい双子の事例が報告されています。
いずれもホテルの敷地内で目撃されています。

【シナモンロッジ・ハバラナ(Cinnamon Lodge Habarana)】
1
ミンネリヤ国立公園にも近い、ハバラナにあるデラックスホテル[シナモンロッジ・ハバラナ(Cinnamon Lodge Hanarana)]。10ヘクタールの敷地を持つこのホテルは自然豊かで、ホテル敷地内でも多くの野生動物や鳥類を見かけることができます。

このホテルの敷地内を生息域にしているトックモンキー(Toque Macaque/Toque Monkey)の1頭が7月に双子を出産しました。
トックモンキーは固有種で、スリランカでしか見ることのできないサルです。

通常は1回のお産につき一子で、双子は頻繁にみられるものではありません。
2
双子のトックモンキー(動画)

【ジェットウィング・ヴィルウヤナ(Jetwing Vil Uyana)】
4
こちらは、世界遺産シギリヤロックのあるシギリヤにあるラグジュアリーヴィラ。
シナモンロッジより僅かに小さい9.8ヘクタールの敷地に、33棟のヴィラが建っています。

ラグジュアリーと称されるだけあって、洗練された客室や、食事に定評があるヴィラですが、敷地内がグレイスレンダーロリス(Gray Slender Loris)やスナドリネコ(Fishing Cat)、ユーラシアカワウソ(Eurasian Otter)など、貴重な野生動物が見られることでも有名です。

ここでは、2019年6月にグレイスレンダーロリスの双子の赤ちゃんが誕生しています(ジェットウィルウヤナでは17,18番目の赤ちゃん)。
5
グレイスレンダーロリス(双子1年の成長写真記録)

グレイスレンダーロリスの産子数は通常1〜2頭のため、双子は珍しくありませんが、常駐するナチュラリスト※が定期的に観察を行い、写真や行動についてのまとめあげた資料はとても貴重なものです。

※ナチュラリストChaminda Jayasekara氏は、敷地内の動物を中心に生態観察を行い、多くの研究発表や書籍の執筆をしている方です。
ホテルで実施されている「Loris Trail」などのアクテビティ(宿泊客だけでなく、立ち寄りの参加も可能です)のガイドもされています。

このようにスリランカでは、ホテルでも多くの動物を見ることができます。

是非次にスリランカに行く機会があったら、ホテルでの動物観察も楽しまれてはいかがでしょうか。
タグ:
スリランカ 国立公園 ホテル 自然 野生動物 

PR
お客様の「旅のスタイル」に合わせたオリジナルのオーダーメイドプランを、一瞬の感動を心ゆくまで自由にご堪能いただける専用車でご提案いたします。

1 - 2件目まで(2件中)