1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. フィリピン
  5. セブ
  6. ビーチ・島
  7. ルビリゾート周辺のダイビングポイント スミロン島

ルビ便り

~椰子の木の下でちょっと一息。~

プロフィール

ニックネーム:
ルビ
居住地:
アジア>フィリピン>セブ
性別:
男性
年代:
70代
会社名:
タリサイビーチリゾート インコーポレーション
会社英字名:
会社所在地:
アジア>フィリピン>セブ
会社電話番号:
032-480-9038
業種:
ホテル・旅館・その他宿泊施設
自己紹介:
ルビリゾートサンタンダーは2006年1月にオープンしました。
場所はセブ島のサンタンダーというところです。
リゾートは全室6部屋のこぢんまりとした作りになっています。お部屋は全室バスタブ付き、広さは48平方メートルのジュニアスイートです。
レストランロビーは海に面しており、ネグロス島、シキホール島などが望めます。
周囲は大自然の真只中ですので、都会の喧騒を離れのんびりとしたリゾートライフをご希望の方にお勧めです。

 アクティビティ
 ダイビング ここサンタンダーはダイバーにとっては申し分ない場所に位置しています。周囲には、アポ島、シキホール島、スミロン島、バリカサグ島などフィリピンでも屈指のダイビングサイトがあります。
       マクロ派、ワイド派どちらがお好きな方にもご満足いただけるポイントが数多くあります。

 シュノーケリング スミロン島、アポ島にお弁当を持ってシュノーケルツアーに出かけます、シュノーケルでも、たくさんの魚や、サンゴをご覧いただけます。

 カワサン滝ツアー カワサンには4層の滝があり、滝くぐり、水遊びなどが楽しめます。ご家族や、カップル、グループに好評です。

 バレンシアツアー 海を渡ってネグロス島のバレンシアに出かけます、フォレストキャンプという公園を中心に、バレンシアの教会、植木屋さんの町などを見学に行きます。

 ドルフィンウオッチング ネグロス島のバイスというところにドルフィンウオッチングサイトがあります。たくさんのイルカを観察することができます。
その他にもアロマ テラピーマッサージヤ、ショッピングツアーなどもあります。
ルビリゾートのURLはこちらです。↓
http://www.lubi-resort.com/

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ルビリゾート周辺のダイビングポイント スミロン島

2009/12/05 10:53
メラネシアンアンティアスのいる風景3
エリア:
  • アジア > フィリピン > セブ
テーマ:
  • ビーチ・島
  • / マリンスポーツ
ルビリゾート周辺のダイビングサイト スミロン島

 スミロン島はセブ本島のオスロブの沖合にあります。
 エメラルドグリーンサンタンダーからはバンカボートで15分

 スミロン島もアポ島と同じくかなり早くからシリマン大学の海洋学科がガバメントに要請をしてサンクチュアリを作ったところです。
 
派手さはありませんが、見渡す限りのサンゴにメラネシアンアンティアスやパープルビューティ、様々なスズメダイが群れ遊ぶ姿は本当に宝石箱をひっくりかえしたような美しさです。

スミロンエダサンゴ
 
また、スミロンはクマノミの多さでも定評があります、ハマクマノミがたくさんのコロニーを形成するエリアには(クマノミ団地)と名付けました。

 ポイントは大まかに分けて、サンクチュアリ、ガードハウス、コテージ、ビーチフロントの4つがあります。

 サンクチュアリは以前から保護区に指定されていて、浅瀬はダイバーも入ることができません。クマノミ団地があるのがこのサンクチュアリです、サンゴの見事さを堪能してください。

 ガードハウスはサンクチュアリの隣にあるポイントです、シュノーケルはサンクチュアリとガードハウスの境目あたりがお勧めです、ただし、シュノーケラーが不用意に着底するとサンゴを壊す可能性がありますので注意が必要です。それほど浅瀬までにサンゴがびっしりと生えています。

メラネシアンアンティアスのいる風景4

 コテージは潮当たりの強いポイント、ホワイトサンドとドロップオフと変化に富んだ地形が楽しめます。ここは、カスミアジ、イソマグロなどの回遊魚、カメなども見られます。

 ビーチフロント緩やかなホワイトサンドのスロープです。何か所にもチンアナゴやゴールドスペックジョーフィッシュがいて私たちを楽しませてくれます。

 白い砂とエメラルドグリーンの海、青い空そんな南の島の雰囲気を思いっきり楽しませてくれるポイントです。
 スミロンは地味なポイントと書きましたが、実は前はスミロン島はジンベイザメのウオッチングサイトだったのです。ですから、今もまれになりましたがジンベイザメが見られます、それはあなたの運次第。
 ジンベイザメの画像はしろくま2号さんが写したものです。
 近すぎちゃって全身が入りませんでした。

スミロンジンベイ2
タグ:
フィリピン
セブ島
オスロブ
ダイビング
ルビリゾートサンタンダー
  • この記事が参考になった人(4)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
  • セブに行ったの何年前だろう?その時撮影した写真をパソにいれてまた行きたいなぁ、と毎日見ています。 Posted by 特に無 【2010/06/05 14:00:00】
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。