1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. マルタペリカンさんの旅行ブログ

  海外エリア: ヨーロッパ > マルタ の他のブログはこちら|

日通ペリカントラベル・ネット・マルタが発信する現地情報

MALTA
日通トラベル・ネット マルタが発信する現地旅行情報
プロフィール

ニックネーム:
マルタペリカン
居住地:
ヨーロッパ>マルタ>バレッタ
会社名:
日通ペリカン・トラベル・ネット・マルタ
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>マルタ>バレッタ
会社電話番号:
+356 2552 2528
業種:
旅行業
自己紹介:
シンガポール日本通運株式会社を本部とする現地旅行会社ネットワークです。

「旅行者の訪れる土地の事を一番よく知っているのは、その土地で働き、生活する私たちだ」と考え、アジアの各地で活躍する現地旅行会社や現地情報発信会社の参加を得て、2004年にアジア旅行情報発信ネットワーク「日通ペリカントラベルネット」を設立いたしました。

今日、この理念はアジアにとどまることなく、もっと大きな世界へ広がっています。
日本の旅行会社には出来ないサービスを世界各地から直接お届けしたいと思っています。

より多くの皆様に日通ペリカントラベルネットをご利用いただき、快適で安心な旅行をお楽しみいただけるよう日々精進してまいりますので、格別のお引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

カレンダー
1月<2010年02月    
1 23 456
789 101112 13
14151617181920
21222324252627
28

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

NoPhoto
ハーバークルーズ
エリア:
  • ヨーロッパ>マルタ
テーマ:クルーズ 
投稿日:2010/02/12 19:39
コメント(0)

ハーバークルーズを目当てにマルタに行きたい!
って方も結構いるのではないでしょうか?
やっぱハーバークルーズは夏に限りますよね!

青い空眩しい太陽紺碧の地中海
まさにそんな世界を思い描いたのなら正に大正解です!
地中海の潮風がとっても気持がよくて、最高の気分ですが…

ハーバークルーズって冬はやってないの?

冬の地中海は海が荒いって言うし、
天気もあんまり良くなさそうだしな…

確かに海が荒い日もあるし、天気が悪いもありますが、
マルタの冬にだって、穏やかな日もちゃんとあります!
マルタは他のヨーロッパ諸国に比べて冬は温暖で穏やかな方だと思います!

そんなお天気がいい日にはちゃんとハーバークルーズが催行されます!
朝起きたらお部屋から海を見てみて下さい!
もし波が荒くなくて天気がいいのなら急いでスリーマに行ってみましょう!
スリーマの港にはクルーズ船がたくさん揺られています。

海に出ると風が冷たいので、コートは必須です!
更にブランケットか足かけがあるといいかもしれません。

まずスリーマを出発します。
スリーマも海から見ると意外にきれいなんですよ!
と、スリーマの町が小さくなり始めると背後には…

世界遺産ヴァレッタ


の町並みが迫力良く登場します!
ひしめき合った町中を歩いているだけでは分からなかった
世界遺産の街がこんなに美しく見られます。
これを見るとヴァレッタが世界遺産の町になったワケがわかる気がします。

クルーズはヴァレッタの町を沿って行きます。
スリーシティーズを眺め下ろしたあのアッパーバラッカガーデンを今は見上げています。
お洒落なウォーターフロントのカラフルな窓も顔を見せます!

工業地帯のようなところを通り過ぎたらすぐに、
スリーシティーズを見ることができます。
地中海とヴァレッタの町並みを一望できるあのセングレアの展望台
誰かが付けたかのように佇んでいます。

ヴィットリオーザの町も歩くのとは違って、
町全体を見渡すことができ、中世の町並みをより一層感じられます。

そして、あっという間にクルーズはスリーマへと戻って行きます。
世界遺産の町、中世の町並み、近代的な建物…
いろいろな角度から見るマルタ。新たな発見がありそうです。

地中海最大の天然の港が造った美しい国マルタ。
違った目線からも見たくありませんか?


NoPhoto
地中海の楽園マルタ島で癒しのウェディング♪
エリア:
  • ヨーロッパ>マルタ
テーマ:ウェディング 
投稿日:2010/02/09 23:04
コメント(0)

ハネムーンのついでに海外ウェディング! 人生の一大イベント、思い出に残る特別なものにしたいですね。当店ではそんな皆様の願いをかなえるお手伝いをしています。美しい海と歴史と伝統の息づくマルタ島でのウェディングは如何ですか?

 

新郎:忙しい毎日から開放されて海をのんびり眺めながらビールやワインを飲みたいな 前杞饐霆錣鯔・覆任?襪箸海蹐・いい諭?lt;/span>

新婦:ハワイやグアムもありきたりだし・・なかなか日本から行けないとこでロマンティックに式ができるところがいいわ〜。

 

という感じで皆と違った場所で挙式したいというカップルがマルタ島を選んでいます。また、他のヨーロッパよりも安いというのも決め手になっているようです。

 

マルタ島って?とまだまだ日本では知らない方もいらっしゃるかと思われますが、地図で見つかりましたでしょうか?地中海に浮かぶこの小さな島は特にヨーロッパで人気のリゾート地。老若男女たくさんの観光客が訪れます。

英語が公用語として通じ、治安がとてもいい事も理由に挙げられます。

 

そんなマルタでのウェデイング会場はどこもヨーロッパらしい由緒正しき歴史的建造物。

そのまさに同じ場所にかつて騎士や貴族たちが生活していたかと思うと歴史をひしひしと感じずにはいられません。

タイムスリップしてしまったかのよう、若しくは映画のワンシーンに入り込んでしまったようです。

 

式が進んでいくにつれいよいよ二人はここで結婚するんだなぁと段々緊張するかもしれません。しかし心配ご無用!日本人コーディネーターもアシストしていますし、とっても気さくなマルタの人々に祝福され、アットホームな雰囲気の中挙式の緊張も和らいでゆきます。

 

式の後はシャンパンレセプションでほっと一息、そしていざフォトツアーへ!

 

このフォトツアー、すべての新婚ホヤホヤの皆様に体験していただきたいツアーで滞在期間が短くて色々観光に行く時

間も無くて・・というカップルには更にオススメなんです。

マルタで一番高い位置にあり独特な佇まいの古都イムディーナ、および対岸にバレッタも見渡せる港町ヴィットリオーザの絶好のフォトスポットを効率よく回ってゆきます。

  

マルタのきらめく太陽のもと、異国情緒たっぷりのロマンティックな町並みを背景にたくさんの写真を撮ってもらえます♪

プロのカメラマンについついのせられて普段しないポーズで写真を撮ってもらったり、ちょっとシャイなお二人もここはマルタ!ブライダル誌のモデルになった気分でリラックスしていきましょう。

 

出来上がりももちろんお楽しみ!二人の思い出がたっぷりつまったロマンティックな写真集はとっても記念になるし、CD-ROMもついてますので帰国後新居で家族や友人を呼んでみやげ話を交えての試写会なんていかがでしょうか?

 


NoPhoto
ヴァレッタの青空マーケット
エリア:
  • ヨーロッパ>マルタ>バレッタ
テーマ:買物・土産 観光地 世界遺産 
投稿日:2010/02/03 04:23
コメント(0)

ヨーロッパの日曜日はお店がほとんど閉まってしまいますよね。
マルタのお店もほとんど閉まっていて、バスの本数も減ります。
さてこんな日は何をすればいいのでしょうか…

そうだ!ヴァレッタの朝市に行こう!

ヴァレッタならどこからもアクセスがし易いから便利ですね。
日曜日の朝の9時くらいから13時くらいまでヴァレッタのバスターミナルで
いろいろなマーケットが開かれています!

どんなものが売っているのでしょうか??
地元の人たちのために日用雑貨はもちろんあります!
野菜や果物だって売ってますよ!服は激安です!

マルタのお菓子もあるし、観葉植物も売ってるし…

犬??

ペットまで売ってます…恐るべしですね!
もちろんマルタのお土産も売っていますよ!
町中のお土産屋さんよりも安いものが見つかるかもしれません!
値段交渉してみてはいかがですか??

このマーケットはお昼までなので、その後は静かなヴァレッタで、
のんびりとお昼をとって、お洒落なカフェに入ってみたり、
誰もいない路地裏をゆっくりと歩いたり…

特に何もしなこのゆったりとした過ごし方ができるのは
マルタだけかもしれません!

マルサシュロックでもマーケットが開かれていますが、
次回報告致します!お楽しみに!


NoPhoto
スリーシティーズ
エリア:
  • ヨーロッパ>マルタ>マルタその他の都市
テーマ:観光地 歴史・文化・芸術 
投稿日:2010/02/01 03:16
コメント(0)

マルタのスリーシティーズがどこだか知っていますか?
セングレアヴィットリオーザコスピークワの3つの町から成り立っています。

観光は、セングレアとヴィットリオーザが中心になります。
個人でバスでも行くこともでますが、セングレア、ヴィットリオーザ間にはバスがないので、
いちいちヴァレッタに戻って行かなくてはなりません!
ちょっと大変ですよね…

なので、お勧めは、プライベートツアーで行くか、専用車だけで行くか、
混乗のツアーで行くかがとっても便利です!
プライベートツアーであれば自分の好きなところに行けますが、
混乗ツアーは英語ガイドだし、どこに行けるのかわかないですよね?
そこで、今日は、スリーシティーズの混乗ツアーについてご案内します!

最初にスリーシティーズの入口、コスピークワを通り、セングレアへと向かいます。
セングレアではあの有名な展望台を間近で見ることができます!
この展望台は、日本のテレビでも紹介されました!
そして、「ここだけは行って見たい」と言うシリーズ本にも紹介されていたりで、
結構、有名な観光地になっています!

地中海一大きな天然のグランドハーバーとヴァレッタの町並みを
この展望台から眺めることができますが、それはまさに、

絶景です!

セングレアの展望台を後にし、ヴィットリオーザへ向かいます。
ヴィットリオーザは中世の面影を残す町並みが今も見ることができ、
とても歴史深い町なんです!
ヴィットリオーザの町を歩いていると、雰囲気のある路地がたくさん現れます。
そんな古い町並みをしばらく歩いていると自分がどの時代にいるのかが
分からなくなってきます…
そして、古い建物の路地には洗濯物が干されていたりと、
同時に庶民の生活にも触れることができます。

ヴィットリオーザの町を散策したり、教会を見学していると、
ヴィットリオーザの港に到着します。
最近はお洒落なレストランやカフェが続々と登場して、カジノまであり、
年々人気のスポットになっています!

セングレアやヴァレッタの町並みを眺めながら海沿いをゆっくり歩くのが
ヴィットリオーザならではの過ごし方かもしれません!

他にもヴィットリオーザには、宗教裁判所海事博物館もあります。
海事博物館は、この海沿いに位置しており、
ローマ時代からマルタ騎士団の時代までのガレー船や騎士団時代の船の模型や、
大砲、羅針盤などの展示物を見ることができます。
男の子のお子様がいる方にはいいかもしれませんね!

半日もあれば十分に満喫できてしまうスリーシティーズですが、
混乗のツアーに参加した後にフラっとバスでヴィットリオーザに来て、
自分のお気に入りの路地を探しに行くのもいいかもしれませんね!

中世の時代へタイムスリップしてみませんか?


1 - 4件目まで(4件中)


国一覧
ヨーロッパ
マルタ(300)
イタリア(13)
フランス(3)
イギリス(2)
スペイン(1)
ポルトガル(1)