1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. マルタペリカンさんの旅行ブログ
  4. マルタペリカンさん 鉄道・乗り物の記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > マルタ の他のブログはこちら|

日通ペリカントラベル・ネット・マルタが発信する現地情報

MALTA
日通トラベル・ネット マルタが発信する現地旅行情報
プロフィール

ニックネーム:
マルタペリカン
居住地:
ヨーロッパ>マルタ>バレッタ
会社名:
日通ペリカン・トラベル・ネット・マルタ
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>マルタ>バレッタ
会社電話番号:
+356 2552 2528
業種:
旅行業
自己紹介:
シンガポール日本通運株式会社を本部とする現地旅行会社ネットワークです。

「旅行者の訪れる土地の事を一番よく知っているのは、その土地で働き、生活する私たちだ」と考え、アジアの各地で活躍する現地旅行会社や現地情報発信会社の参加を得て、2004年にアジア旅行情報発信ネットワーク「日通ペリカントラベルネット」を設立いたしました。

今日、この理念はアジアにとどまることなく、もっと大きな世界へ広がっています。
日本の旅行会社には出来ないサービスを世界各地から直接お届けしたいと思っています。

より多くの皆様に日通ペリカントラベルネットをご利用いただき、快適で安心な旅行をお楽しみいただけるよう日々精進してまいりますので、格別のお引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

6 - 10件目まで(10件中)

NoPhoto
マルタバスをお土産にいかがですか?
エリア:
  • ヨーロッパ>マルタ>マルタその他の都市
テーマ:買物・土産 鉄道・乗り物 
投稿日:2011/07/12 22:33
コメント(0)

72日で引退してしまった黄色いマルタバス。
当たり前ですが、今では全く見かけなくなりました!
それでもマルタバスの人気はとどまることをしりません!
お土産屋さんに行けば、たくさんの種類のバスの小物がおいてあります!

どれも手ごろな大きさと価格で、迷ってしまいそうですが、
ちょっとレトロなバスを見つけました!

「マルタバスの鉛筆削り」



子供の手の平くらいの大きさなので、持ち運びも便利ですね。
しかも軽いので、荷物にならない!お土産に最適

(刃物扱いになるかもしれないので、念のためチェックインするお荷物へ入れて下さいね)

鉛筆削りですが、置物としても良いですね!
結構いろいろなお店で扱っているようなので、見つけたら、是非買ってみて下さいね!

鉛筆なんて使わねーよ!なんてこと言わずにお一つお土産にいかがですか??

 

 


PR
マルタの現地情報満載!ペリカントラベルネット マルタ店へなんでもお任せ下さい♪
マルタの現地情報満載!ペリカントラベルネット マルタ店へなんでもお任せ下さい♪
NoPhoto
マルタのバスマップと時刻表
エリア:
  • ヨーロッパ>マルタ>マルタその他の都市
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2011/07/06 22:55
コメント(3)
バスのシステムが変わってから数日が経ちました。
今までの混乱は解消されていますが、まだまだ油断ができない状況です。
バスをご利用の際は、必ずドライバーに行き先をご確認下さい!

現地の人もバスのルートに慣れていない状況ですが、
観光客の方はもっとわからないですよね…
しかも地名がマルタ語で、英語とはちょっと違う場所もあったり…

なので、バスの時刻表の日本語バージョン作ってみました!
マルタ語でわかりにく地名も日本語にしてみました!
バスの番号も時間帯も日本語でわかりやすい!

納得の自信作でマルタの最新バスも乗りこなせますね!


PR
マルタバスのルートマップ、時刻表日本語バージョン差し上げてます!
マルタバスのルートマップ、時刻表日本語バージョン差し上げてます!
NoPhoto
マルタのバスが変わりました!
エリア:
  • ヨーロッパ>マルタ>マルタその他の都市
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2011/07/03 00:21
コメント(0)
イギリスのバス会社の参入で7月3日(日)より
マルタのバスが変わりました。運賃、ルート、バスの番号、車体が全て変わりました。
最新のノンステップバスが導入され、エアコンも完備されています。
料金もお得な1日券、1週間券なども登場です!
ドライバーの教育も行われ、昔のバスとは違い、サービスの向上が期待できます★

ただ、このバス会社の参入を良く思っていない方もたくさんおり、
今まで許されていたことができなくなったなどの理由で、無断欠勤などが相次ぎ、
現在バスが大変混雑しております。

新しいルートに慣れていないドライバーや、バスの番号を把握していない係員、
チケットマシーンも使えないなどなど…
ヴァレッタで足止めになっている方で混乱しています。

しばらくは混雑すると予想されていますので、
バスをご利用の際は、ご注意下さい。


 

 


PR
時間を有効に使いたい方には専用車やガイドのお手配が断然便利!
マルタの滞在をもっと楽しもう★
時間を有効に使いたい方には専用車やガイドのお手配が断然便利! マルタの滞在をもっと楽しもう★
NoPhoto
マルタのバスでの出来事
エリア:
  • ヨーロッパ>マルタ>マルタその他の都市
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2010/12/12 06:30
コメント(0)
今日は用事があってマルタ北部までバスで行ってきました。
閑散期なので、バスも全然混んでいません。ガラガラです。
それをいいことにバスドライバーは途中のバス停でバスを停め、
自分のランチを買いに行ってしまいました。
まぁよくあることなので、別に気にしませんが、
恐らくこのバスが満席であったとしても彼はランチを買いに行ったでしょうね…

しばらくして、ピッツァを持ってバスに戻ってきました。
「車内飲食禁止」なのですが、これもご愛敬ですね…
ピッツァ片手に再び運転を開始しました。

先日はたばこを吸いながら運転しているドライバーがいました。
もちろん「車内禁煙」です。
ドライバーの隣に座った若い男の子はそれを見て、「たばこ吸っていい?」
と、聞いていましたが、ドライバーは「NO!」矛盾してますね…

バス同士が道ですれ違えばクラクションであいさつ。
時にはお互い停まってお喋り。。メイン通りでも平気でします。
そのお陰でちょっとした渋滞になることもあるんです。

自分がする分には良いのですが、他人にやられると、
とっても怒ります!

音楽をガンガン聞きながら運転するドライバーもいれば、
家族や恋人を乗せて運転している人もいます。

日本では考えられないですが、マルタらしい光景だったりします。

そんなバスのシステムも来年の夏に変わるそうです。
詳しくはまだ決まっていませんが、料金やルートや車体やサービスまでも…
いろいろと変って行くようです。

サービスが向上するのはとってもいいことですが、
なんだかちょっと寂しかったりもします…
 

 


NoPhoto
マルタバスの乗り方
エリア:
  • ヨーロッパ>マルタ
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2010/03/02 07:00
コメント(0)

猫バスの愛称で日本でも親しまれているマルタのバス。
観光にはかかせませんよね?
日本やヨーロッパの先進国では地下鉄や電車が町中を網羅していて
観光でバスを使うことってあまりないですよね。
乗るのは簡単。でも降りるのが難しいそんなマルタのバスの乗り方、伝授します!
(セントジュリアンズ地区に泊まってると仮定して説明します)

まずバスに乗る前に日本のバスのことは一切忘れて下さい!
マルタのバス停には名前がありません。
車内アナウンス?そんな気のきいたものは皆無です!
(たまに”ブルーグロット”と大声で叫んでくれる親切なドライバーもいますが…)
扉すらありませんから…

とりあえず、バス停を見つけてみましょう。
青くて丸い看板に”BUS STOP”と書いてある所がバス停です。そこでバスを待ちます。

バスが来たらちゃんと乗りたい意思を伝えて下さい。じゃないと平気で素通りされます。

料金は前払い制で、ドライバーに直接払います。
セントジュリアンズからヴァレッタまではなんと47セント!!!!!格安です!!!!!
ここでポイントなのが、大きなお金で払わないことです!使っても2ユーロまです。
じゃないとお釣りをごまかされます…いい加減です。
50セント払ってもお釣りをくれないドライバーもたくさんいます。

お金を支払とドライバーが紙のチケットを機械から出してくれるのでそれを受け取ります。
(チケットを記念に持って帰っても数ヵ月後には字が消えてしまうので、ご注意を!)
チケットはバスを降りるまで大切に保管しておいて下さい。時々、若いお兄ちゃんが見回りに来ます。
そこでチケットを見せるとチェックの印にチケットを破いてくれます。
もしチケットなくしたら?他のヨーロッパに比べて罰金などは厳しくなく、
47セントを払えば大丈夫みたいです。とっても良心的ですね!でもなくさないように!

そして、空いている席に座ってみましょう。
セントジュリアンズからは乗る場合は、進行方向左側の席に座ると地中海がきれいに見れますよ!
ヴァレッタまで行く途中にスリーマの町中やフェリー乗り場もとおります。
ヴァレッタが終点なので、特に降りる合図はしなくても大丈夫ですが、
もし、スリーマで降りる場合は、ちゃんとベルを鳴らさないとバスはとまってくれません。

ベルはバスによって様々で、ひもを引っ張ってならすタイプ、
日本のバスみたいにボタンを押すタイプなど色も形も違ったりします。
ベルが不発のもの、ベルの位置がわからないもの、ベルがないバスもあるんです…
そう言う時は、自力で扉付近まで行って、降りる合図をすればとまってくれます。
バスの運転が荒いので、走行中に歩く時は気をつけて下さい。
乗った時にベルの位置は予め確認しておいた方がよさそうですね。

基本的にこれだけですが、降りる場所とタイミングは慣れないと難しいですよね。
ホテル周辺の景色はまず覚えておきましょう!
もし不安なら運転手に予め降りたい場所を説明しておき、前の席に座るのがベストです!
近くに座っている人に聞くのも良いと思います!

居心地は決して良くないですが、レトロなバスの旅も楽しいですよ。


★バスの番号★
セントジュリアンズ、スリーマからヴァレッタ
62,63,64,66,67,68
スリーマ、セントジュリアンズからイムディーナ
65(直通なので料金は1.16ユーロ)
スリーマ、セントジュリアンズからチルケウワ(ゴゾ行きフェリー乗り場)
645
ヴァレッタからブルーグロット、ハジャー・イム、イムナイドラ神殿
38,138
ヴァレッタからハイポジウム、タルシーン神殿
8,11,13,27,29,30など
ヴァレッタからマルサシュロック
27
ヴァレッタからスリーシティーズ(ヴィットリオーザ)
6
ヴァレッタからスリーシティーズ(セングレア)
3


6 - 10件目まで(10件中)


国一覧
ヨーロッパ
マルタ(300)
イタリア(13)
フランス(3)
イギリス(2)
スペイン(1)
ポルトガル(1)