1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. マウントフジさん
  4. 書籍・CD・DVDの記事一覧

  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

マウントフジ・アドベンチャーのネパール旅行情報

~ネパール旅行に役立つ情報、治安・現地情勢をお届けします。ネパール旅行の情報収集にどうぞ!~

マウントフジ・アドベンチャー
ネパール旅行、ヒマラヤトレッキングならマウントフジ・アドベンチャーにお任せ下さい!お客様一人ひとりに合わせたプランをご用意します!
プロフィール

ニックネーム:
マウントフジ
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社名:
マウントフジ・アドベンチャー
会社英字名:
Mount Fuji Adventure Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
+977-1-4438118
業種:
旅行業
自己紹介:
ナマステ!
カトマンズのタメル地区にある現地旅行会社「マウントフジ・アドベンチャー」です。


お客様一人ひとりのご希望に沿ったネパール旅行プランをご提案いたします。現地旅行会社ならではの低価格です!

トレッキング、登山、観光ツアー、国内線航空券手配等ネパール旅行に関することならお任せ下さい!経験豊富なスタッフが真心をこめて、皆様のネパール旅行をお手伝いいたします。

詳しくは、弊社ホームページをご覧下さい。

弊社Twitter:https://twitter.com/#NepalMountfuji/

カレンダー
11月<2022年12月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

NoPhoto
TRANSIT 第5号 美しきヒマラヤへの旅
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:書籍・CD・DVD 
投稿日:2012/10/03 17:03
コメント(0)
ネパールに来る前に読んでおくと、ネパール旅行の楽しさが倍増する本をご紹介します。


今回は、『TRANSIT 第5号 美しきヒマラヤへの旅』です。これは、本ではなく雑誌(MOOK?)ですね。TRANSITは、旅をテーマとした雑誌です。「ヒマラヤ」の特集なので、ネパールだけでなくブータン、インドのダージリンやシッキムも掲載されています。


この雑誌は、なんといっても写真がとてもきれいです。エベレストをはじめとしたヒマラヤの山々の写真、ダージリン鉄道やブータンの風景の美しい写真は、何回眺めても飽きません。

また写真だけでなく、登山家の山野井泰史氏やラインホルト・メスナー氏のインタビューや浅野忠信さん、小島聖さんのネパール滞在&トレッキングの様子、「ヒマラヤトレッキングQ&A」的な特集、ネパールの民族や宗教についても書かれているので、見ごたえ&読み応えは十分です。


3年以上前に発売された雑誌なので、普通の書店では売っていない確率が高いです。大型書店や「ビレッジ・バンガード」では売っているかもしれないですね。ちなみにamazonでは中古品のみでした。弊社オフィスには置いておきますので、興味のある方は是非どうぞ!

PR
雨季も終わり、ヒマラヤトレッキングのシーズン開幕です。トレッキングのお見積もりは、弊社までお気軽にどうぞ。
NoPhoto
沢木耕太郎『凍』
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:書籍・CD・DVD 
投稿日:2012/07/23 15:41
コメント(0)
ネパールに来る前に読んでおくと、ネパール旅行の楽しさが倍増する本をご紹介します。


今回は、沢木耕太郎著『凍』です。

これは、登山家の山野井泰史・妙子夫妻がギャチュンカン(7952m)に挑んだノンフィクションです。想像を絶する過酷な登山行が描かれています。ギャチュンカンとは、ネパールとチベットの国境に位置しており、エベレスト(8848m)とチョー・オユー(8201m)の間にある山です。

この本は登山未経験の私でも、その場面の情景を思い浮かべ、手に汗握るくらい素晴らしいノンフィクションです。山野井夫妻の記憶力はもちろん、著者がその記憶を聞き出し文章化するという技量も必要だと思います。


この本は、私がネパールに来るきっかけとなった本です。この本を読んで「ヒマラヤを見たい!!!」と思い、10日間のネパール旅行に行くことにしました。今では、そのネパールに住んでいますが・・・。

ギャチュンカンは、ゴーキョ・ピークから見ることができますよ。マウンテンフライトでも一応見れますが、私の経験では「どれがどれだが・・・」という感じで、結局飛行機の中からギャチュンカンを判別できませんでした。

山野井夫妻はチベット側からギャチュンカンにアタックしていますが、ヒマラヤの素晴らしさはもちろんカトマンズの様子も少し描かれています。

PR
チトワン国立公園でのジャングルサファリツアーも格安で取り扱っております。象の背中に乗って、ジャングルに野生動物を見に行きましょう!
NoPhoto
西原理恵子 『毎日かあさん7 ぐるぐるマニ車編』
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:書籍・CD・DVD 
投稿日:2012/06/20 15:50
コメント(0)
ネパールに来る前に読んでおくと、ネパール旅行の楽しさが倍増する本をご紹介します。

今回は、西原理恵子著『毎日かあさん7 ぐるぐるマニ車編』です。

これは、毎日新聞に連載されているものをまとめた本ですが、この中に著者が家族でネパールを訪れた「神を見に行く」が書き下ろしで収録されています。カトマンズ、世界遺産ボダナート、ナガルコットのこと、光の祭り「ティハール」の様子などが描かれています。


内容は、オブラートに包まずに「そのまま」に近いネパールが描かれていると思いました。ネパール在住者としては、「その通りです・・・」と共感&苦笑いする部分が多かったです。カトマンズは首都なのに道路事情が悪いとか、ナガルコットからはエベレストは超小さくしか見えなくてガッカリ等々。

ナガルコットはヒマラヤ山脈の展望台として有名で、確かにヒマラヤ山脈はきれいに見えます。でも、エベレストは超小さくしか見えません(しかもかなり天気の良い日限定)。私にはどれがエベレストなのか判別できないくらいです。

著者の絵は、カラフルで大胆!そのため、ネパールの様子や雰囲気にピッタリ。ガイドブックを読んだだけではわからないネパールが描かれていますよ。

PR
夏休みのネパール旅行のご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。
NoPhoto
夢枕獏 『神々の山嶺』
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:書籍・CD・DVD 
投稿日:2012/05/21 18:42
コメント(0)
ネパールに来る前に読んでおくと、ネパール旅行の楽しさが倍増する本をご紹介します。

今回は、夢枕獏著『神々の山嶺』です。柴田錬三郎賞を受賞している作品です。

物語はカトマンズの街で、一人のカメラマンがある古いカメラを入手したところから始まります。このカメラがジョージ・マロリーのものかもしれないとカメラマンが気づき、エベレスト南西壁冬季無酸素単独登頂の挑戦へと話は進んでいきます。

登山家タイのヒマラヤ山脈やエベレストへの熱い思いが伝わってきて、登山にあまり興味のない人でも引き込まれると思います。夢枕獏さんというと陰陽師の印象が強いのですが、作家であり登山家でもあります。ネパールにも何度かいらしていて、マナスルベースキャンプやチョー・オユーベースキャンプ(チベット側)にも行ったことがあるそうです。ネパールを知っている登山家であり作家である著者だから、臨場感のある登山シーンと引き込まれるストーリーが同時に楽しめるんだと思います。

小説の中には、カトマンズの街の描写やエベレスト街道の描写も出てくるので、一度ネパール旅行に行ったことのあるかたは、「あの辺りかな?」と想像しながら読めると思います。もちろん、ネパールに行ったことがない方にもおすすめです。きっとネパールやヒマラヤに興味を持ってもらえるのではないかと思います。

PR
ネパールの農村でホームステイしてみませんか?スローライフ&自給自足の生活を体験してみましょう。詳しくは弊社ホームページをご覧ください。

1 - 4件目まで(4件中)