1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. みゅうロンドンさんの旅行ブログ

  海外エリア: ヨーロッパ > イギリス の他のブログはこちら|

みゅうロンドン発信 現地情報

~〜英国の魅力を現地からたっぷりお届けします〜~

プロフィール

ニックネーム:
みゅうロンドン
居住地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社名:
みゅうロンドン(ミキトラベル・ロンドン)
会社英字名:
Miki Travel London
会社所在地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社電話番号:
+44-20-7630-5666
業種:
旅行業
自己紹介:
英国内およびヨーロッパの旅行関連の手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、ホテル、列車チケット、クルーズ、レストラン、シアターチケット、各種入場券、日本語ガイド、日本語アシスタント、通訳、専用車、空港送迎サービスなどを手配しています。楽しい旅のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にご連絡ください。

カレンダー
1月<2015年02月>3月
1 23 4567
8 91011121314
1516171819 2021
2223 2425262728

記事一覧

1 - 5件目まで(5件中)

クラフトビール
クラフトビールで味とラベルも楽しむ
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:買物・土産 観光地 グルメ 
投稿日:2015/02/23 00:00
コメント(0)

今や話題沸騰の、クラフトビール。

工場で画一的なスタイルに作られている一般的なビールとは違い、小規模なビール醸造所で職人の手により’手工芸品’(クラフト)として丹精込めて作られる品質重視のびーるがクラフトビールと呼ばれています。

 お味もさることながら、どうしても目につくポップな!ファンキーな!個性的なそのラベルをご紹介。

 

Helles ヘレス

 キリッと辛口、かつ麦芽の香りも楽しめる!という、作り手が「飲みたかったから作った!」と話題のこのクラフトビール、今や投資家も注目するマーケットで有名なカムデン生まれの一本。

マッチョで力強くてロンドンっぽい?一枚。

 

Cornish Knocker コーニッシュノッカー

こちらは苦味のあるイギリス南西部コーンウォール産のエール。お花のようなシトラスのような後味なのだとか。

そしてコーンウォールのおじさん的男性のマンガがかわいい、イングリッシュカントリー風の一枚。

 

Dutchy Original ダッチーオリジナル

言わずと知れた、チャールズ皇太子のダッチーオリジナル社の苦味のあるエール。

 

Broadside ブロードサイド

ビールの老舗、Adnamsが作るフルーツケーキやアーモンドの香りがするクラフトビールの哀愁ただよう一枚。

 

Hobgoblin ホブゴブリン

ルビービールと呼ばれる、チョコレート、トフィーの味わいの有名なホブゴブリン。

 

Brew Dog-Dead Pony Pale Ale デッドポニーペールエール

そしてわれらがお薦め、ブリュードッグのなんともすごい名前(死んだポニー…)のペールエール。

クラフトビール会の異端児ブリュードッグが作る、クールなクラフトビールラベルの一枚です。


Waitrose
おみやげに!部屋食に!
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:買物・土産 観光地 グルメ 
投稿日:2015/02/19 00:00
コメント(0)

みゅうロンドンスタッフおすすめのちょっとハイソ寄りのスーパーとは…

JOHN LEWIS  Oxford Circus

300 Oxford Street
London, W1C 1DX

平日、土曜日の夜は8時、木曜日の夜は9時、日曜日も夜6時まで営業している、

おすすめの大ショッピングストリート オックスフォード・ストリートにあるデパート、、、

の地下にある、、、

WAITROSE

というフードホール!

おみやげショッピングにも、観光で疲れてホテルのお部屋で部屋食、にも最適。

 

まずはチーズ部屋と呼びたくなるチーズコーナー。

イギリス産チェダーチーズを始め、フランスもの、イタリアもの、

また季節限定チーズなどがぎゅうぎゅうに♪ 購入前に試食も可。

今この時期は、まもなく訪れるイースターに向けてイースターエッグチョコも各種勢揃い。

子供さん向けのおみやげによろこばれるかも?(われないように気をつけてください!)

チャールズ皇太子のオリジナルオーガニックブランドで有名なダッチーオリジナルはイギリスの伝統式な製法の作り方で作られたビスケットが有名ですが、なんと、そこで作られたにんじんもあります。

おみやげにはちょっと無理。。。

なぜかある世界の乾物コーナーには、

PANKO!

DASHI!

お母さんへのおみやげに(?)

 

イチオシのデリコーナーには、

パテ、オリーブ、スモークサーモン、サラダ、なんちゃってタパス、、、

そして、こちらではCrispsと呼ばれるポテトチップス。

さすが、ポテトチップス王国の貫禄!といった品揃え!

もちろん、ワイン、ビール、ウィスキー、日本酒なども。

Waitroseはイギリス内スーパーの中でもワインのチョイスと保存状態はピカイチ!

一杯コーナーもありますので、

ぜひお試しを♥

 


NoPhoto
ワン・ダイレクション おみやげ・グッズ編
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:買物・土産 書籍・CD・DVD 
投稿日:2015/02/08 00:00
コメント(0)

日本追加公演も決まり、旬真っ盛りのワン・ダイレクション

彼らがイギリス出身だということは、もう説明なんていらないかもしれません。

 

彼らが育った国イギリスでも、ティーンを中心にワン・ダイレクションは大人気!

世界中から観光客が集まるロンドンでは、よくワン・ダイレクションのポスターを嬉しそうに抱えている観光客の姿を目にすることも。

至るところに彼らの姿を見ることが出来ます。

 

例えばスーパーマーケットのTESCO

 

 「ワン・ダイレクション オフィシャルアニュアルブック2015」

 もちろん、中身は英語になりますが・・・

この際ワン・ダイレクションと一緒に英語の勉強に一冊!

「ワン・ダイレクション カレンダー2015」

毎月違う写真を眺めるならやっぱりカレンダー!

そしてイギリスで数年前からよく見かけるこのお土産。

ん?ハリーがいない!!!かわりにミスター・ビーンと2014年大活躍した「あな雪」のオラフ。

こちらは目の部分に穴が開いているイギリス式お面。世界各国の有名人のこのようなお面が大人気。

ちなみにこちらはカード屋さんで購入することが出来ます。

 

この様に、1日も彼らを見ない日はないんでは?というくらい、スーパーをはじめ至るところで目にします。

他にもたくさんの、イギリスでしか買うことのできない彼らのグッズをたくさん目にします。

ご自分に、お子様に、1Dファンのお友達に・・・

新しい英国土産にいかがでしょうか?

 


NoPhoto
ハリーポッタースタジオ 速報! 9と3/4番線から乗車する!
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:観光地 その他 
投稿日:2015/02/03 00:00
コメント(0)

この3月、ワーナーブロス ハリーポッタースタジオに9と3/4番線が出現します!

この下の写真はキングス・クロス駅のものですが、ハリーポッタスタジオには、なんと本物の。。。

ホグワース特急 Hogworth Express が!!!!!

ハリポタファンならずともだれでも知っている列車「ホグワース特急」の乗車体験が出来る全く新しい常設アトラクションが3月にお目見えすることとなりました!

『オルトンホール5972」は、実際に映画撮影に使われた蒸気機関車。シリーズ最後に、ハリー、ロン、ハーマイオニーが学校に自分の子供達を見送るシーンなどを含む多くのシーンで登場しています。

 

これが完成予想図。

アカデミー賞受賞の映画本編作成チームにより、忠実に再演されたこのホグワース特急のアトラクションが3月19日木曜日にオープンします。

 

車内に展示された実際使用されたセットを見学できる他、インタラクティブ機能を使って登場人物が使った小道具を当てるクイズなどが楽しめます。

またほんとうに電車に乗っているような感覚を体験できるしかけも?

もちろん専門グッズ店では、記念のおみやげもゲットできますよ。

スタジオ内のレストランも、「まずいイギリス。。。」という風評被害を?を払しょくするようながんばり最近は見せているとか。

試さなければあ!!!

 

以上が、一般に公開されている新しいホグワース特急アトラクションの情報ですが、実は公開していない秘密のお楽しみもあるとのこと。。。

ほぼ完成しているようですが、現地広報いわく「ネタバレは最小で」ということでした。楽しみですね♪

 


スコッチウイスキー 
本場で楽しくスコッチウィスキー その1
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>エジンバラ
テーマ:買物・土産 グルメ 自然・植物 
投稿日:2015/02/01 00:00
コメント(0)

ラテン語で「AQUA VITAE」つまり『命の水』とも称されるウィスキー。

NHK連続テレビ小説でこのところスコッチウィスキーが人気となっているようなので、ご存じの方も多いかと思いますが、ちょっとここで、

 

~1分間スコッチウィスキー講座~

 

スコッチウィスキーは大きく2つに分類されます。

モルトウィスキーMalt Whisky…大麦麦芽《モルト)のみを使い、単式と言われる蒸留器を使ったもの。

(シングルモルトウィスキーは、一つの蒸留所で作られたモルトウィスキー)

グレーンウィスキー Grain Whisky…大麦麦芽と穀物(グレーン)のとうもろこしをつかって、連続式蒸留機を使ったもの。

 

大雑把に言うと、それらを混ぜあわせて作ったものがブレンディッドウィスキーとなります。

それが、どこでも見つけられるコレ。

THE FAMOUS GROUSE

気軽な一本ですね。

 

そして、これらの産地(ハイランドHighland、スペイサイドSpeyside、アイランズIslands、アイラIsley、キャンベルタウンCampbell Town、ローランドLowland)、熟成用に使用する樽、熟成期間、等々で風味と味わいが変わってくるわけです。そして当然お値段も。。。

空港島の免税では、高級スコッチウィスキーも免税価格でお求めいただけますが、このところスーパーで人気があるという幾つかをご紹介。

 

THE SINGLETON MALT SPEY CASCADE

スペイサイド産。シェリーとバーボンを熟成させた樽で熟成させたことによって、欄や黒砂糖等の香りがする。トリュフチョコレートと最高の組み合わせだとか。

 

 

THE GLENROTHENS

同じくスペイサイド産シングルモルトウィスキー。濃い金色に輝く力強いウィスキーで、アメリカ産樽由来のバニラやココナツの風味の他、オレンジの革、スパイスなどの香りも感じられる非常に奥が深い一本。

 

LAPHROAIG

アイラ産。同じくバーボンの樽のみを使って熟成させる。蒸留所が海辺にあり、またアイラの地に堆積したピートから独特の薬品のようなヨードのような香りがするが、この独特の香りのファンが多い。好きか嫌いかハッキリ別れるとか。

 

スコットランドの蒸留所を取り囲む自然、こだわりの職人気質の製造スタッフのみなさんお様子を見ると、なるほど、その溢れでる個性に納得がいきます。

訪れてみませんか、ほんもののスコットランドへ。

 


1 - 5件目まで(5件中)