1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. みゅうロンドンさんの旅行ブログ

  海外エリア: ヨーロッパ > イギリス の他のブログはこちら|

みゅうロンドン発信 現地情報

~〜英国の魅力を現地からたっぷりお届けします〜~

プロフィール

ニックネーム:
みゅうロンドン
居住地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社名:
みゅうロンドン(ミキトラベル・ロンドン)
会社英字名:
Miki Travel London
会社所在地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社電話番号:
+44-20-7630-5666
業種:
旅行業
自己紹介:
英国内およびヨーロッパの旅行関連の手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、ホテル、列車チケット、クルーズ、レストラン、シアターチケット、各種入場券、日本語ガイド、日本語アシスタント、通訳、専用車、空港送迎サービスなどを手配しています。楽しい旅のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にご連絡ください。

カレンダー
2月<2015年03月>4月
12 34567
8 9 1011121314
15161718 19 2021
2223 2425262728
293031

記事一覧

1 - 5件目まで(8件中)

V&A
ろんどんちかてつ24時! その5 やってるんです、こんなの
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 旅行準備 
投稿日:2015/03/28 00:00
コメント(0)
ロンドンの地下鉄にはられているポスターには、旅行中のフリータイムの過ごし方のヒントがいっぱい!
 
 
ビクトリア&アルバート博物館(通称V&A)
http://www.vam.ac.uk/
 
で開催されている、
ファッションデザイナー’アレキサンダー・マックイーンAlexander McQueen’
「SAVEGE BEUTY」展 
キャサリン妃が結婚式でアレキサンダー・マックイーンのウェディングドレスを着たのはあまりにも有名。その、攻撃的、野性的とも言える個性は多くのファンを魅了しています。
もちろん!、、、なかなか手にするのは難しいお値段ではありますが、「売れ線狙いのお金儲けに興味はない!」 といいきる彼のまさに斬新で個性的な彼の作品は、見ているだけでも楽しい!
ぜひぜひお立ち寄りください。
ちなみにV&Aで有名なのは、モダンデザインの父と呼ばれるウイリアム・モリスデザインのオシャレ〜♥なカフェ。
MUST!です。
 
 
 
 
続いて、ロンドン交通博物館 LONDON TRANSPORT MUSEUM 
http://www.ltmuseum.co.uk/
Paul Catherallという作家が、ロンドンのランドマークの絵を60-70年代風に描いたポスターが目を引きます。他にもちょっとレトロな作風のグッズやら、絵などが、交通博物館に行けば手に入るとのこと。なんだかちょっとかわいい〜。
コベントガーデンCovent Garden に遊びに行くついでに立ち寄ってみては?
 
 
大航海時代を語る時に忘れられないのが、イギリスの海洋技術の熟成度。その次代のモデル船舶が展示されていたり、最新海洋技術のシュミレーションを体験できるのが、東ロンドンカティーサークCutty Sark駅から10分弱、グリニッジ公園に位置する、
国立海洋博物館 NATIONAL MARITIME MUSEUM
http://www.rmg.co.uk/whats-on/events/against-captains-orders
春休みから夏にかけては、子供向けの航海アドベンチャーの企画があるとか。
 
 
 
あなたは涙なしで見られますか!!!
レ・ミゼラブル Les Miserables
一人の人間として、男性として、女性として、昨年最初に公開されたこの映画を見て、なにかしら心に響くものがあった方は多いのではないでしょうか。今の自分とどこかしら重ねてしまう、このロングランの超大作はロンドン中心部、ピカデリーサーカスPiccadilly Circusでご覧いただけます。
有名な楽曲を、ぜひぜひ、生で楽しんでみてください!
 
 
 
ということで、このところ前よりずいぶん親切な情報がいたるところに増えた、ろんどんちかてつ。
車内でも音声の案内が増えました。
親切なアナウンスがあると、「何かあったのでは?!」と心配になりますが、いえいえ、サービス向上に努めているようです!
 

Blackfriars
ろんどんちかてつ24時! その4 日本的営業?
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:買物・土産 街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2015/03/23 00:00
コメント(0)

地下鉄ブラックフライアーズBlackfriars駅。

サークル、ディストリクト線 Circle,District Line、南北に向かう国鉄、またテムズ川を流れるボートの乗り場でもあります。

夜のブラックフライアーズ駅は、川沿いの景色がステキ♥

 

さて、そんなブラックフライアーズ駅で先日発見した、日本的な物品販売ガジェットがこれ。

そう、お花の自動販売機!

花束バージョンと、鉢植えバージョンがあり。そして、中にはチョコレートがセットになっているものも。

プレゼント用??

 

このスクリーンからほしいお花の番号を選びます。

 

そして、24HOURS VENDING FLOWERS,つまり24時間お花自動販売機と書いてあるところの上にあるカード呼び込み機の中にクレジットカードを入れ精算。完了するとガラス扉が開いて、お花(と、チョコ?)が手に入ります。

日本では、サービスエリアにあるハンバーガーやインスタント麺の自動販売機は当たりまえ!新鮮摘みたていちごの自動販売機なんていうのもありますが、ここイギリスでは珍しいです。24時間営業なので、朝、おうちで出勤前に不機嫌にさせちゃった奥さんへのお詫び、、、を、会社帰りにご主人が買って帰るとか?

 

ついでにご紹介。

この駅を出て右に行くと、1875年からあるこのThe Blackfriarsという細長く狭いパブが見えます。もともと修道院だった建物だとか。中はちょっとした教会っぽい作り。

そもそも、この地のこのパブにドミニカ共和国の修道士が住んでいたことから、Black(黒人)、Friars(修道士)で、地名がBlackfriarsとなったとか。

イギリス名物エールビールが自慢というこのパブ。

仕事帰りに一杯、そして花束とチョコを買って帰るイギリス人紳士に遭遇するかも??

 


Alexander McQueen
女子旅 in ロンドン お買い物事情1 メイフェア〜ボンドストリート地区
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:買物・土産 街中・建物・景色 
投稿日:2015/03/23 00:00
コメント(0)

まずはちょっとムリしてこのエリアから!

ハイソなメイフェア地区から高級ブランドショップが集まるボンドストリート地区。

隅の方にあるのにひときわ目を引くのが、ポールマッカートニーのお嬢様、ファッション界のエリート街道まっしぐらのステラ・マッカートニーのお店、

その名も、

STELLA McCARTNEY

写真はクリスマス時期のものですが、さすが芸術家の娘、かわいくてかっこいい個性的なデザインは他を寄せつけません!着てみたかった!(過去形?)

今年の春からはアディダスと提携して、スポーツファッションも手がけるというニュースが話題になっています。ウィンドーショッピングだけでも価値あり!

 

さて、北上してボンドストリートBond Street駅近くのサウスモルトンストリートSouth Molton Street.

もともとおしゃれで香り豊かなヘア&ボディケア用品を取り扱うMOLTON BROWNの発祥の地として有名なこの通りには、いくつかの興味深いイギリスブランドのお店が あります。

 

女性向けカシミア製品の専門店、

CHRESTOMANCHI & GABRIELA

 

働く女性にお上品なビジネス勝負服、

HOBBS

(このお店はいろいろなところに支店があります!)

 

そしてここ、世界のベストコスメに出会える、

SPACE. NK. APOTHECARY

自分へのごほうびに?

 

お次は、品質に自信!と言い切る、

TED BAKER

もともとメンズのシャツのお店としてスコットランドのグラスゴーでスタート。その後、婦人服やバッグ、生活小物も幅広く人気。

 

ファーストフードの対照として、もともとイタリアで始まったムーブメント、丁寧に、きちんと作った食事で心と体の健康を提唱する「スローフードSlow Food」。

それとと同じコンセプトで、自分にあった洋服を誂える!という目的でステキなおじさまから注目を浴びているのが、

THE SLOWEARSTORE

ご主人様にもごほうびを?

 

そして最後に、日本人のみなさんの間では、シックでかわいらしいブレスレットが人気の、

LINKS

お求めやすいお値段のものから。

大人なデザインの一品が見つかるかも。

 

以上、第一回はちょっとだけ背伸びした?イギリスらしいお店の紹介でした!

女子旅 in ロンドン、お買い物事情編、まだまだ続きます♥

 


ホグワーツ・エクスプレス
速報! ハリーポッターのスタジオにホグワーツ・エクスプレス登場
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:観光地 テーマパーク 
投稿日:2015/03/19 00:00
コメント(0)

ワーナーブラザースのハリーポッター・スタジオに、ついにプラットフォーム9と3/4番線が完成、「ホグワーツ・エクスプレス」の登場です。

 

 

ここ最近ずっとこの話題で持ち切りだったロンドン、ホグワーツ魔法学校に向かうあの列車を見に行ってきましたー 

 

こちらです↓↓

 

 

プラットフォームにはやっぱりお約束?!のすり抜け壁も…

 

 

実は列車の中も入れます(映画のシーンで使われた小道具も置いてあります)

 

 

 この列車は1937年からイギリスで実際に使われていた本物「GWR4900 Class5972」

鉄道ファンも必見?! 迫力ありますよ。

 

 

「あ〜このまま乗って出発したい〜」

 

 

ホグワーツ・エクスプレスは、ハリポタシリーズ第1作目の最初のカットとシリーズ最終回の最後のカットでも登場します。1作目ではハグリッドに見送られながら列車に乗る少年のハリー、最後のカットでは、大人になったハリーが、自分の子供をプラットフォームから見送るシーンとなります。

ほんとにこの作品って超大作ですね〜(しみじみ)

 

 

春休みに訪れる方は必見ですよ。

アフタヌーンティ
女子旅 in ロンドン アフタヌーンティー?
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:観光地 街中・建物・景色 グルメ 
投稿日:2015/03/18 00:00
コメント(0)

イギリスに来たらやっておくべきこと、それは、、、

アフタヌーンティー♥

まずは上の写真。

ロンドン名物二階建てバスに乗りながらいただく、アフタヌーンティのご紹介から。

その名も、

 

このレトロの型の二階建てバスは、現代的で機能的な二階建てバスにその役目を追われ昨今ではなかなか街中で見なくなりましたが、そんな懐かしいレトロなロンドンバスに揺られながらアフタヌーンティ!

ロンドン中心部の景色を車中から眺めながら、お決まりのサンドイッチ、スコーン、そしてケーキを楽しんでいただけます。

揺れてこぼれてやけどしちゃうのでは?!

いえ、ご心配なく。お茶はこぼれないように、安全な容器に入れられて提供されます。

 

 

さて、お次はバッキンガム宮殿近くの格式あるホテル、ルーベンスRubensで落ち着いた雰囲気でお楽しみいただける優雅な、

イギリスのお屋敷風ホテルで伝統的なアフタヌーンティを。

ティーカップなどの陶器もイギリスに来たんだな〜をいう気分を盛り立ててくれますね。

 

そしてここ、ダイアナ妃のお住まいであったケンジントン宮殿に広がるお庭、ケンジントンガーデン内で楽しむ、

ダイアナ妃記念噴水が子どもたちに人気のこの公園。敷地内にあるケンジントン宮殿は、現在、ウイリアム王子とキャサリン妃、ジョージ王子のお住いでもあります。お二人の第二子のお誕生ももうすぐ!

そんなケンジントン・ガーデンズ散策後に、いかにも宮殿風!といったのこの上品な建物でのアフタヌーンティはいかがでしょう。

 

 

次なるは、エレガントモダンホテル、キングスウェイホテルKING'S WAY HOTELでいただく、

 

コベントガーデンでショッピング、大英博物館見学後、または、レスタースクエアでミュージカル鑑賞の前のひとときを、ちょっとお洒落なホテルで特別な時間を。

 

そして最後に、

こじんまりしたかわいらしいフランス風カフェで、色とりどりのサンドウィッチとかわいらしいプチケーキとともに、シャンパンをいただきましょう!

至福のひととき♥ 生きててよかった〜♥♥

 

アフタヌーンティなくして、イギリス旅行を語るなかれ!とも言われています。

観光で疲れたカラダにますますおいしさが身にしみるこのアフタヌーンティたち。

お友達と、ご家族と、はたまた女性お一人でも、いえいえ、男性お一人でも!

毎日がんばっている’わたし’にごほうびを

 


1 - 5件目まで(8件中)