1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. みゅうロンドンさんの旅行ブログ

  海外エリア: ヨーロッパ > イギリス の他のブログはこちら|

みゅうロンドン発信 現地情報

~〜英国の魅力を現地からたっぷりお届けします〜~

プロフィール

ニックネーム:
みゅうロンドン
居住地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社名:
みゅうロンドン(ミキトラベル・ロンドン)
会社英字名:
Miki Travel London
会社所在地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社電話番号:
+44-20-7630-5666
業種:
旅行業
自己紹介:
英国内およびヨーロッパの旅行関連の手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、ホテル、列車チケット、クルーズ、レストラン、シアターチケット、各種入場券、日本語ガイド、日本語アシスタント、通訳、専用車、空港送迎サービスなどを手配しています。楽しい旅のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にご連絡ください。

カレンダー
8月<2015年09月>10月
12345
6789 101112
13141516171819
2021 22 2324 25 26
27282930

記事一覧

1 - 5件目まで(6件中)

NoPhoto
ラグビーW杯 イングランド現地レポート?
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>イギリスその他の都市
テーマ:鑑賞・観戦 
投稿日:2015/09/25 00:00
コメント(0)

しばらく日本チームの試合が空きますので本日はラグビーワールドカップ、公式ホームページでの、第一週の最高のスナップに日本選手の写真がトップで焦点されていましたので紹介いたします!「フォトス・オブ・ザ・ウィーク

最高の笑顔ですね〜。

また、2011年の優勝国ニュージーランドvsナミビアの観戦に行ったスタッフがおりましたので、写真をお届けします。

試合会場となったのは、2012年でロンドンのオリンピックメインスタジアムだったオリンピックスタジアム。(2016よりウェストハム・ユナイテッドFCスタジアム)

 

夕日が沈む中、54000人がスタジアムへ。。。

先ずはAll Blacks(オールブラックス)のウォームアップ。真っ黒のユニフォームはそれだけで威圧感があります。この拘りの黒のユニフォームは、いかにより黒くできるか研究がされているそうです。

いよいよお月さまと共に選手入場のファイアー!

国歌斉唱 

ラインアウトシーン。

試合結果の方は、こちら

今夜は地元イングランドvsウェールズの試合。

街中が盛り上がるの必至です。 

 


NoPhoto
ラグビーW杯 イングランド現地レポート?
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>イギリスその他の都市
テーマ:鑑賞・観戦 
投稿日:2015/09/24 00:00
コメント(0)

くぅ〜!

とまあ、昨日のラグビー観戦をされた皆さん、

本当にハラハラ・ドキドキの末に悔しい思いだった事でしょう。

しかーし!!今朝のロンドンの地下鉄の新聞メトロに最初のページに五郎丸選手のタックルシーンが

 

これは凄い事です。なんと130万部印刷されている新聞で、読み回しを含むと、目を通す人は350万人とも言われている新聞なのですから!

スコットランドは初戦でしたし、日本の初戦の勇姿を見てかなりの意気込みだったので、次10日後(9日後)のサモア戦に気持ちを切り替えて応援して行きましょう!!緊張の次回へのカウントダウンはこちら

次回の日本vsサモア戦は10月3日(土)夜10時30キックオフ!

現地英国時間は同日の14:30 Kickoff!

気合だー!!

因みに、他のページはこんな感じでした。

 


NoPhoto
ラグビーW杯 イングランド現地レポート
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>イギリスその他の都市
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2015/09/22 00:00
コメント(0)

熱い!!ラグビーの本場イングランドよりラグビーワールドカップ情報をお届けします。

さて、明日はいよいよスコットランド戦!!皆さん応援しましょう!

オフィシャルツイッターは  こちら

9月23日(水)日本時間夜の10:30キックオフ!

※現地英国時間は14:30 Kickoff!

この時期にロンドンにいらっしゃる方はオフィシャルなファンゾーンで無料で観戦できますのでお時間のある方は是非足を運んでみては!?オフィシャルサイトのファンゾーン案内のリンクは  こちら

その他、スクリーンのあるパブでも放送していたりしますので是非。

さて、さて、先日のラグビー史に残る、世界中の人々を感動の渦に巻き込んだ試合が行われた日本vs南アフリカの試合の写真をお届けします。開催地は南イングランドの港町ブライトン(Brighton)で行われました。

 

気合だー!ファイアー!!

 

キックオフ!緊張の瞬間です。

 

スクラムの写真。

そこから。。。かなり試合に集中してプレイ中はカメラを撮り損ないました。ごめんなさい。。(汗)

それだけ本当に息をのむ試合でした!

試合終了後の喜びの一枚!会場では、南アフリカのサポーターからも激励の言葉が。いい試合だったと、決して南アアフリカが悪い試合をしたのでは無く、日本がそれを上回るいい試合をしたと行きかう人に賞賛されました。

翌日の新聞の一面

おまけに。。。ブライトンでのファンゾーンはこんな感じ

砂利の駐車場じゃないですよ〜。ブライトンの石浜です。

明日の試合はイングランドの日中なので、我々を含め、仕事中の人々は観戦できません!日本にいる皆さん、熱い声援を送って下さいね。

 

翌朝の日本選手がトレーニングをしている風景。水温かなり低かったはずです。。。気合だー!

 

(RT)


NoPhoto
JAPANまつり 2015!
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2015/09/22 00:00
コメント(0)

 9月19日、小春日和のロンドン・トラファルガー広場にて、毎年恒例のジャパン祭りが開催されました。

2009年から続く毎年一回ロンドンで行われるイギリスで最大の日本関連のお祭りです。朝10時から夜8時まで、土曜日丸ごとかけて行われるこのお祭りも今年で7回目。

ロンドンのランドマーク、トラファルガー広場という場所もあって、沢山の方々が楽しまれてました。

訪日旅行ブームもあってか、航空会社、観光局や旅行会社各社さんが出されているブースにも人だかりが出来てましたが、なんといっても、焼きそば、たこ焼きといった、日本のお祭りに欠かせない食べ物の屋台の行列振りが凄い!

その他、和牛肉巻き、喜多方らーめん、オーガニック豆腐のお店でお味噌汁、季節外れだけど食べたくなるかき氷、手羽先唐揚げ、焼き餃子、はてはカツ丼、牛丼まで、さまざまな屋台がずらりとラインナップ。

勿論、ロンドン在住の日本人の方々だけでなく、地元ロンドンの皆さんもみなさん、しっかり、ジャパニーズソウルフードに舌鼓を打ってました。

特設ステージでは、少年少女音楽団や、浴衣、着物のパフォーマンスグループ等、如何にもジャパン祭りっぽい、演し物が行われてました。

ジャパン!ジャパン!の、掛け声も高らかに、なかなかの盛り上がりをみせてましたよ。

 

 

 

 

また、今年は薩摩藩英国留学生途欧150周年記念という事もあって、鹿児島関連の催しものも多彩でした。

 

ここ最近雨がちだった秋空のロンドンも今日は素敵で爽やかな青空、天高く馬肥ゆ秋の、言葉がぴったりのお祭りでした。

朝早くから準備に追われていた運営の皆さん、パフォーマンスの皆さん、本当にお疲れ様です。

今年も楽しいジャパン祭りになりました!

 (J.U.)


NoPhoto
歴史が動いた!ラグビーワールドカップ日本代表、感動的な初勝利!!
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>イギリスその他の都市
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2015/09/21 00:00
コメント(0)

「史上最大の番狂わせ!」

「Unbelievable!」

と、イギリス国内、いや、世界中がラグビーワールドカップ日本代表の感動的な初勝利に興奮していることと思います。

いやー、本当に素晴らしい戦いだった〜!

ルールがちんぷんかんぷんでも、十分感動が伝わるあの迫力。

幕下力士が横綱に勝つようなこと?

リトルリーグの小学生打者が、ヤンキース田中マー君からホームランを打つようなこと?

岡ひろみがジョコビッチにストレート勝ちするようなこと?

各新聞紙上、ネット上でも、もはや空前の大騒ぎ。

これは、イギリス人が愛する日曜朝の定番、サンデータイムス。

その一面!

 

下を意訳すると、『にっぽん、サヨナラ勝ち!』といったところでしょうか。

 

まさかそんな一大事が起ころうとしているとも知らず、立ち寄ったややお行儀の良い皆様が集まる、みゅうロンドン近くのパブも、こんな様子。

こんな感じで、外国人のみなさんが、日本チームの大活躍を熱心に見守ってくれていました。

 

次戦は、ほぼ地元と言ってよいスコットランド!

日本代表チームのますますの熱闘を期待してしまいます!!

 


1 - 5件目まで(6件中)