1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. みゅうロンドンさんの旅行ブログ

  海外エリア: ヨーロッパ > イギリス の他のブログはこちら|

みゅうロンドン発信 現地情報

~〜英国の魅力を現地からたっぷりお届けします〜~

プロフィール

ニックネーム:
みゅうロンドン
居住地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社名:
みゅうロンドン(ミキトラベル・ロンドン)
会社英字名:
Miki Travel London
会社所在地:
ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
会社電話番号:
+44-20-7630-5666
業種:
旅行業
自己紹介:
英国内およびヨーロッパの旅行関連の手配をしています。オリジナル定期観光バス・みゅうバス、ホテル、列車チケット、クルーズ、レストラン、シアターチケット、各種入場券、日本語ガイド、日本語アシスタント、通訳、専用車、空港送迎サービスなどを手配しています。楽しい旅のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にご連絡ください。

カレンダー
9月<2016年10月    
1
2345678
9101112131415
16 1718 19 202122
232425262728 29
3031

記事一覧

1 - 5件目まで(8件中)

巨大ピザ
ロンドンで知る人ぞ知る隠れた巨大ピザの名店
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
テーマ:観光地 グルメ 
投稿日:2016/10/28 00:00
コメント(0)

今回のグルメはピザ

ロンドンの名物スポットの一つ、タワー・ブリッジ近くのディッキンズ・イン(The Dickens Inn)をご紹介します。

最寄り駅は地下鉄のタワーヒル駅

そこから徒歩で5分〜10分のところにありますが、ちょっと見つけにくいところにありますので、地図リンクを確認して行ってください。

タワー・ブリッジを正面に駅から左手のドックに側に歩いて行くと辿り着くことができます。

夏の終わり頃の写真ですが、この様なハーバーの景色を見ながらお散歩するのも、また一味違ったロンドンの雰囲気を味わえます。

こちらがディッキンズ・インです。

数々の名作を生んだイギリスの作家、チャールズ・ディケンズの親族が1976年にオープンさせ、ディッキンズという名前を付けたのがパブとしての始まりの様です。建物の基盤は18世紀に近くの倉庫だったものを移設されているので、その当時の古い木造の軋む音など、趣があります。

写真のピザは「PARMA ITALIA」という黒オリーブとトマト、プロシュット生ハムとロケットが沢山乗った贅沢なピザ? こちらは4名位で丁度いいサイズの一番大きなビーストサイズ。生地が薄いので案外ペロッと食べれちゃいます♪

ワインはイタリアのガヴィ産を頼んでみました正面にはタワー・ブリッジが見えているバルコニー席に座りました。

お腹もいっぱいになり、外は真っ暗に。

帰り道はタワー・ブリッジを眺めながらテムズ川沿いを歩いてみました。

ロンドンには多くのイタリアンの専門レストランがありますが、少し繁華街から離れてみてはいかがでしょうか?

1階のバーエリアでは18:00迄は豊富なパブメニューを食べる事ができ、上の階の部分には今日ご紹介したピザレストランの他に、グリルのレストランもあり、ディナーを楽しむ事もできます。

 

お店情報

住所:Marble Quay, St Katharine's Way, London, E1W 1UH

電話:0207 488 2208

http://www.dickensinn.co.uk/

 

 


スコガフォス
アイスランドを代表する迫力の大滝 スコガフォスの滝
エリア:
  • ヨーロッパ>アイスランド
テーマ:観光地 自然・植物 
投稿日:2016/10/19 21:29
コメント(0)

今日はアイスランドの観光スポットをご紹介します!

レイキャヴィクから国道1号線を南下して約2時間、アイスランド南海岸きっての人気スポットがスコガフォスの滝です。

ミールダルスヨークトル氷河を背後に控えるだけあって、その水量は半端じゃありません。幅約25メートル、高さ約60メートルの豪快な滝です。

 

 

 

まずバスを降りた時から聞こえる滝の豪音に圧倒されます。人の大きさと比べると滝の大きさがわかりますね。

 

 

 

びしょ濡れになるのはわかっていても滝つぼに近づきたい衝動に駆られます(笑

 

 

虹がかかることが多いそうですが、もちろんこの日も 

 

 

滝の右側には階段があり、登ると滝を上から見れます。

 

 

滝を囲む山々も美しい。

 

 

スコガフォスの滝、迫力満点です!


フライバス2
レイキャヴィク 空港-ホテル送迎フライバスの乗り方〜ホテル出発編
エリア:
  • ヨーロッパ>アイスランド>レイキャビック
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2016/10/18 22:03
コメント(0)

さて、今日は、空港送迎フライバスのホテル出発編です。きっと残り惜しい気持ちを抑えて、皆さん出発時は荷物を詰められるかと思いますが、帰りの送迎の予習もしてくださいね。

 

 

 

それではいきましょう。 

まずは、空港出発日前日に忘れずにやっておくことがあります。

空港出発日前日に必ず滞在ホテルのレセプションで帰りのフライバスのリコンファームを行ってください。

その時にホテルピックアップ時間、バスがホテルの前まで来るか、などホテル側としっかり確認をしましょう。

 

そして空港出発日当日です。

ホテルピックアップ時間より前に余裕を持ってバスをお待ちください。(ホテル送迎バスはいくつかのホテルを周りますので、ピックアップ時間は前後します。)

ホテル入口外で待機をしましょう。ホテル送迎バスが来たら、行程表(ITINERARY)をドライバーに提示し、所定のバスかを確認の上ご乗車ください。(万が一、バスが来ない時はホテルのレセプションからバス会社に連絡してもらいましょう。)

 

 

ホテル送迎バスは、いくつかのホテルを周りながらBSIバスターミナルに到着します。BSIバスターミナル到着後、バスを下車しスーツケースをピックアップ、空港送迎バスに乗り換えます。

 

 

 

空港送迎バスに乗り、ケフラヴィーク空港へ。空港到着後、スーツケースを降ろしてチェックインカウンターへ各自でお進みください!お気をつけてご帰国ください。

 

 

(空港送迎バスご利用の際の大切な注意点)

バスの乗車時や降車時は、正しいバス、正しい場所(ホテル)かをご確認ください。行程表を見せたり、ドライバーと英語でコミュニケーションを取りながら、常にご自身で確認を取るようにしてください。ドライバーもホテルスタッフも親切な方が多いので、カタコトの英語でもしっかりと聞いてくれます。


フライバス
レイキャヴィク 空港-ホテル送迎フライバスの乗り方〜空港到着編
エリア:
  • ヨーロッパ>アイスランド>レイキャビック
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2016/10/16 22:30
コメント(0)

アイスランドのケフラヴィーク国際空港に到着して、レイキャヴィク市内のホテルに行く一般的な方法は、空港フライバスを使う方法です。

 

 

 

「フライバスの乗り方は難しいですか?」とよく聞かれますので、今日はフライバスの乗り方をご案内します。市内でのバスの乗り換え等もありますが、大丈夫!これを読んでばっちり予習をすれば、ホテルまでちゃんと到着できますよ。

 

 

 

さあ、ケフラヴィーク空港に到着です。イミグレーションを通ってからスーツケースをピックアップ、そのまま出口に向かって進みましょう。 

アライバルホールに出ると「フライバス」のカウンターもありますので、ここで質問もできますよ。(フライバスの乗車券は事前に購入されておくことをお勧めします。)さあ、空港の外に出ます!

 

 

 

まずは叫びましょう(笑)「着いたーーーーー!」

 

 

 

空港出口を出たら右手に進みましょう。コーチ駐車場には、フライトに合わせてレイキャヴィク市内行きのフライバスが待機しています。フライバスは「レイキャヴィク・エクスカーションズ(REYKJAVIK EXCURSIONS)」社の運行です!

 

乗車時にドライバーに行程表(ITINERARY)を見せホテル名を伝えます。ホテルの位置によって色分けされたチケットを渡される場合があります。

 

 

空港送迎バスは、レイキャヴィク市内にある「BSIバスターミナル」に到着します。BSIバスターミナルに着いたら、空港送迎バスを降り、そこからホテル送迎バス(小型のバス)に乗り換えます。

ちなみに空港からBSIバスターミナルまでの送迎のみを「フライバス」、空港からBSIバスターミナルでバスを乗り換え、各ホテルまでの送迎は「フライバス+(プラス)」とこのサービスでは呼ばれています。

 

 

ホテル送迎バスも通常いくつか並んでいます。空港での乗車時にもらった色のついたチケットを見せたり、ホテル名を確認して、正しいホテル送迎バスに乗ってください。

 

 

各ホテルに到着すると、ドライバーがホテル名を告げますので、ご自分のホテル名を言われたらバスを降ります。(狭い通りは、バスがホテル前まで行けない場合があります。降りる際にドライバーにホテルの場所を確認しましょう。)

 

 

お疲れ様でした!ホテルでゆっくり休んで明日からの観光を楽しんでください。

 

(空港送迎フライバスご利用時の大切な注意点)

バスの乗車時や降車時は、正しいバス、正しい場所(ホテル)かをご確認ください。行程表を見せたり、ドライバーと英語でコミュニケーションを取りながら、常にご自身で確認を取るようにしてください。ドライバーもホテルスタッフも親切な方が多いので、カタコトの英語でもしっかりと聞いてくれます。

 

楽しいアイスランドのご旅行を!


十字架の丘
リトアニアの聖地「十字架の丘」
エリア:
  • ヨーロッパ>リトアニア>リトアニアその他の都市
テーマ:観光地 歴史・文化・芸術 
投稿日:2016/10/16 22:24
コメント(0)

バルト三国のひとつリトアニアのシャウレイの街から車で約10分、シャウレイ郊外にあるリトアニアの聖地がここ「十字架の丘」です。

ここは、ソ連からの度重なる弾圧にも屈せず独立を勝ち取ったリトアニア人の精神の拠り所ともされ、リトアニア人巡礼の地となっています。

 

 

草原に突如現れる無数の十字架はまさに圧巻!今回はシャウレイの十字架の丘をご紹介します。

 

十字架の丘の手前です。突然見えてくる数えきれない十字架にまず目を奪われます。

 

 

日本語のメッセージもありますね。

 

 

物思いに耽るキリスト像、表情もまた様々です。

 

 

19世紀、ロシアに対する蜂起とその失敗が十字架の丘の始まりとされます。反乱兵の家族が遺体の代わりに十字架をこの丘に捧げたと言われます。ソ連統治下では、何度もソ連当局により十字架を除去させられますが、その度に逆に十字架が増えていったとのこと、リトアニア人の屈強な精神を物語ります。

 

 

聖地を訪れたなら、聖地でしかできないことを!

自分の十字架をここに捧げ祈ってみてはどうでしょう。

タグ:
バルト三国 リトアニア 

1 - 5件目まで(8件中)