1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. hamakoさん

  国内エリア: 中部・東海 > 長野 の他のブログはこちら|

お寺行こう。

~今日もてくてく。明日はどこへ行こうかな。~

プロフィール
ニックネーム:
hamako
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
40代
自己紹介:
お寺や神社、建築物、爽やかな風を感じるスポットなどをご紹介。

この度、滋賀県観光交流局さんから「歴女ブロガー」に選ばれ、滋賀県を旅してきました!
滋賀県歴女旅行記はこちら↓
http://katematsu.exblog.jp/tags/%E6%BB%8B%E8%B3%80%E6%97%85%E8%A1%8C/

カレンダー
7月<2010年08月>9月
12345 67
8 91011121314
151617 18 192021
22232425262728
29 30 31

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(6件中)

なわて通り
松本城・長野県松本市
エリア:
  • 中部・東海>長野>長野
  • 中部・東海>長野>松本
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2010/08/30 23:56
コメント(0)
■長野県松本市・松本城
長野駅から特急電車で50分程。以外と距離がありますが、長野へ行くならやっぱり見ておきたいものの1つです。
松本駅からお城までは、行きはバスを使うと便利です。

国宝の松本城は、現存する最古の五重の天守を擁し、別名黒いお城と言われるキリっと引き締まったお城です。
戦国時代に建てられているため、鉄砲や矢狭間、石落の仕掛けなど数多くの戦うための工夫が見られます。

お城の中は、着物や鎧姿でよくもこんな急な階段(傾斜角45度)が登れたな、と。こんな高い敷居をどうやって通ったのかな、と不思議になるくらいのnotバリアフリーな造り。スカートでは見学しない方が懸命です。。

松本城
お城の中には小さな窓が多くあり、陰影が美しい。


松本城を見学したら、徒歩で松本駅まで向かいましょう。
お城周辺は城下町風情たっぷりで、通りによって趣の異なるお店を覗きながらブラブラするのがおすすめ。


なわて通り
『なわて通り』は、インパクトある「かえるの銅像」が出迎えてくれます。レトロなお土産店や駄菓子屋、道具屋などが軒を連ねています。
通り沿いに川も流れていて、街中のくせにココだけチョッピリのどか。



蔵造りの通り
なわて通りを通り、さらに駅側へブラブラすると、蔵造りの商家が並ぶ通りがあります。看板がチョットおしゃれで粋な雰囲気のお店があります。


松本城 松本観光情報サイト
長野県松本市丸の内4-1  地図
タグ:
お城 国宝 蔵 

善光寺
厄除け-善光寺・長野県長野市
エリア:
  • 中部・東海>長野>長野
  • 中部・東海>長野>松本
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2010/08/29 16:53
コメント(0)
■長野県・善光寺(ぜんこうじ)
長野駅から徒歩で30分弱程度。
善光寺は、人々を極楽浄土へ導く阿弥陀如来を祀っていることから、“この世で最も極楽に近い場所”とも言われており、『遠くとも一度は詣れ善光寺』『牛にひかれて善光寺詣り』と、昔から多くの人達の信仰を集めているお寺です。

駅前を過ぎると老舗のお店やお土産屋さんが立ち並ぶ参道がすぐなので、そんなに「疲れたー」というような感覚はありません。

ご本尊は絶対秘仏のため拝むことはできませんが、7年に一度御開帳があり、その際、前立て本尊を拝むことができます。
御開帳のときは、その前立て本尊の右手と回向柱とが綱で結ばれ、この柱を触ることで、前立て本尊とご縁が結べ、ご利益・功徳を得られるといわれています。
このご縁を結ぶために、全国から多くの人が訪れます。回向柱に触れるために2時間半待ち状態など・・・ディズニーランド級の人気です。

本堂に入り印象的なのが、本尊を挟むように祀られている大きな地蔵菩薩と弥勒菩薩。
よくあるパターンだと、月光菩薩と日光菩薩が本尊を守るように祀られているので、少し不思議な感じがします。
きちんとガイドを聞けなかったのでわかりませんが、地蔵菩薩が救済をする現世から弥勒菩薩が救済をする未来まで、きちんと私たちを救済するから安心しなさい。と、そんな感じなのでしょうか。

また、善光寺参りでちょっとスリルを味わえるのが、『お戒壇めぐり』
これは本尊の下(地下)にある廊下を歩いて、「極楽の錠前」を手さぐりで探し、絶対秘仏の本尊とご縁を結ぶというもの。
地下への階段を下り、真っ暗闇の世界へ!
光が一切入らないため、目が暗闇に慣れることもありません。本当に何も見えない、自分の掌さえも見えない闇の世界です。
出口近くに差し込む光を感じると、嬉しくなり思わず早足に。
光ってありがたいんだなぁ、と普段気付かないことを感じさせてくれます。

善光寺の山門と本堂
国宝の山門に掲げられている「善光寺」の文字には、5匹の鳩が隠れているといわれています。ぜひ見つけてみてください。

善光寺 オフィシャルサイト
長野県長野市元善町491 地図
タグ:
国宝 御開帳 秘仏 参道 

宇佐神宮 橋
パワースポット-宇佐神宮・大分県宇佐市
エリア:
  • 九州>大分>宇佐・中津
テーマ:歴史・文化・芸術 自然・植物 
投稿日:2010/08/18 23:51
コメント(0)
■大分県・宇佐神宮(うさじんぐう)
別府から車で40分程度、大分空港のある国東半島に宇佐神宮はあります。
全国の八幡さまの総本宮で、皇室でも伊勢神宮につぐ御先祖の神社として崇敬されている格式高い神社です。
八幡造りの本殿は国宝。西大門や呉橋は有形文化財。と多数の文化財も有しています。

宇佐神宮は、九州のパワースポットの1つで、広大な敷地の境内を持ち、やわらかい緑や土の香り、神聖な空気に包まれた世界が広がっています。
朱の鳥居や門・本殿は、森林の緑とのコントラストが非常に綺麗!

個人的には、木々の成長の力がみなぎる初夏〜夏の間に訪れるのが、一番パワーが溢れていて、パワーをおすそ分けしてもらえるように感じます。

「EXILE」のUSAさんがヒット祈願でこの宇佐神宮に訪れ、見事に大ヒットしたという情報から、最近は若い女性の参拝客が多いようです。

宇佐神宮の参拝の仕方は出雲大社と同じで、『二礼四拍手一拝』
古来の参拝の仕方が堅く守られています。

鳥居
駐車場を出て大鳥居をくぐり、表参道を歩く。とにかく広大で先が見えず、本殿のある上宮まではゆっくりと歩くと20分くらいはかかる。

祓所
本殿に向かう途中、祓所(はらいじょ)という非常に神秘的な場所を通る。ここなら本当にどんなモノでも祓ってもらえそう。

西大門
立派な西大門が見えてくると、本殿まではあともう少し。西大門は文禄の頃改築されたとのことで、桃山風の華麗な建築。

勅使門
勅使門から本殿をお参り。すぐ近くに大楠があります。この木に両手をあてると、パワーをもらえるとか。


また、宇佐神宮には興味深いミステリーがあります。
比売(ヒメ)大神をご祭神に据えていることから、卑弥呼の墓ではないかと言われ、卑弥呼は太陽の子と言われていることから=天照大神であり、天照大神を祭っている伊勢神宮は、この卑弥呼の怨霊を鎮めるために建立されたのではないか、という説です。
邪馬台国がこの宇佐の地にあったという説から派生しているようですが、とっても面白いですね!


ところで、宇佐神宮は安産のご利益もあり、参道では『宇佐飴』という白い飴が販売されています。この飴を食べるとお乳の出がよくなる縁起があるとのこと。
もうすぐ出産をむかえるお友達や、ベイビーがいるお友達にお土産としてオススメです。


■宇佐神宮
〒872-0102大分県宇佐市大字南宇佐2859  地図
オフィシャルサイト
タグ:
パワースポット 国宝 神宮 八幡さま 

等々力渓谷
交通安全-等々力渓谷(等々力不動尊)・東京都世田谷区
エリア:
  • 関東>東京>世田谷・中野・杉並
テーマ:自然・植物 散歩・自転車 
投稿日:2010/08/17 00:08
コメント(0)
■東京都世田谷区・等々力渓谷(等々力不動尊)
等々力渓谷

東京の世田谷で思いがけず“涼”をとれる場所、等々力渓谷
東京23区唯一の渓谷として、東京都指定名勝となっているそうです。

涼しげな水の音や鳥のさえずりを聞きながら、木々のマイナスイオンが充満した遊歩道をてくてくとお散歩することができます。
古墳や大師堂などがあり、ちょこちょこと寄り道も楽しめます。

渓谷に降りてからしばらく歩くと、等々力不動尊に出ます。
等々力不動尊は桜の名所で、春は多くの人で賑わっています。

春は桜、夏は新緑、秋は紅葉と、四季折々の彩りが楽しめます。


■等々力渓谷と等々力不動尊
東急大井町線等々力駅下車 徒歩5分弱 地図
タグ:
渓谷 不動尊 

銭洗い
良縁成就・金運-江島神社・神奈川県藤沢市
エリア:
  • 関東>神奈川>江の島・藤沢
テーマ:観光地 ビーチ・島 
投稿日:2010/08/08 19:54
コメント(0)
夏なので、海へ行きたい!
江の島ビーチで遊ぶこともできる江島神社へ行きましょう。

■神奈川県藤沢市江の島・江島神社(えのしまじんじゃ)
江島神社はその名の通り、江の島にあります。
江の電、片瀬江ノ島駅からビーチを通り過ぎ弁天橋を渡ったところに見えるのが江の島。
この江の島全体が江島神社の境内といえます。

弁天橋


江島神社の御祭神は三人姉妹の弁財天。他には、八臂弁財天と裸姿で琵琶を弾く妙音弁財天がいます。この妙音弁財天は安芸の宮島、近江の竹生島に並んで『日本三大弁財天』です。
江の島の鳥居をくぐり参道を少し進むと、その三姉妹がいる辺津宮中津宮があります。さらに岩屋洞窟のほうへ行くと、奥津宮があります。

参道


辺津宮の傍には銭洗池があり、小銭を清水で清めることができます。なんといっても日本三大弁財天のいる神社ですから、その御利益に期待しちゃいましょう!!

銭洗池 銭洗い


中津宮あたりでは、確か、ヨットハーバーを眺めることができます。
眼下に広がるヨットハーバーのチョットお洒落な雰囲気と潮風がとっても気持ちいい〜。

ヨットハーバー


奥津宮のすぐそばに、「恋人の丘『龍恋の鐘』」があります。
これは、江の島に伝わる『天女と五頭龍の伝説』にちなんで建てられたもので、恋人と一緒に鐘を鳴らすと絶対に別れない!と言われています。
真相は如何に?!

江ノ島岩屋洞窟は、江戸時代に浮世絵の題材としても描かれた名所。
岩屋へ行く途中には磯場?岩場?があり、チビッ子連れのファミリーが楽しそうに海遊びをしています。
聞くとことによると、小さいエビや蟹がいるそうです。

洞窟まで来ちゃえば涼しいのですが、参道からの道中は経路によっては炎天下にさらされますので、水分補給をしっかりと!
疲れたら無理せずエスカーに乗ったり、海の家風の食事処で休憩したり etc楽しみながら島めぐりをしましょ〜。
岩場


ところで、「江の島」の表記ですが、
藤沢市によって「江の島」で統一しようとされていますが、昔ながらの地名として残す価値がある対象の場合は、昔ながらの「江ノ島」と表記し、江島神社では「江島」と表記されています。



江島神社オフィシャルサイト
漫画仕立ての『天女と五頭龍の伝説』紹介あり。

江の島の観光情報
タグ:
江の島 弁財天 縁結び 金運 

1 - 5件目まで(6件中)