1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. OTOAさん
  4. ケニアの記事一覧

  海外エリア: アフリカ > ケニア の他のブログはこちら|

OTOA World information

世界80ヵ国・245都市、811拠点に広がるネットワークを活かし、現地の最新情報をご紹介していきます。
プロフィール

ニックネーム:
OTOA
居住地:
東京都
会社名:
(社)日本海外ツアーオペレーター協会
会社英字名:
OVERSEAS TOUR OPERATORS ASSOCIATION of JAPAN
会社所在地:
東京都
業種:
旅行業
自己紹介:
日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA=OVERSEAS TOUR OPERATORS ASSOCIATION of JAPAN)とは、海外を訪れる日本人旅行者の皆様を現地で実際にお世話したり、海外旅行を企画販売する全国の旅行会社から依頼を受け、その旅行先の手配を専門に行う旅行会社。言うなれば海外旅行の現地手配サービスの専門集団です。
会員会社は134社(2008年4月01日現在)、賛助会員は71社(2008年4月01日現在)。旅行者の皆様にはふだん、海外での空港とホテル間の送迎、ガイド業務、ツアーデスクなどでお目にかかっています。また、皆様が海外で利用されるホテルや食事の手配をはじめ、日本と海外を結ぶさまざまな国際交流も私たちツアーオペレーターの大切な仕事です。
このような多くの会社で構成された社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会は、世界80ヵ国・245都市、811拠点に広がるネットワークを活かし、現地の最新情報を入手して海外を訪れる皆様が安心して旅行を楽しめるよう安全対策に万全を期す一方、常に新しい旅行地の開拓と受入態勢の整備を図りながら、1人でも多くの日本人旅行者が海外でかけがえのない体験をできるようサポートしています。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(11件中)

NoPhoto
ケニア / 在留邦人への強盗事件発生について (在ケニア日本国大使館 発出情報)
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:旅行準備 その他 
投稿日:2014/12/26 20:04
在ケニア日本国大使館より在留邦人に向け、2014年12月17に発生した在留法人への強盗事件に関する概要とその予防策について注意喚起が発出されておりますのでお知らせいたします。
ケニアへのご旅行をご予定の方は、くれぐれもご注意ください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
在留邦人への強盗事件発生について


ナクル市内のガソリンスタンドにおいて、在留邦人が借り上げ車両(ドライバー付)を給油中のところ機関銃を所持した賊に襲われ金品等を奪われる事件が発生しました。
ナイロビ・モンバサに限らずケニア国内では、テロのみならず凶悪犯罪も多数発生しており年末に向けて益々その発生件数が増加する傾向にあります。また、ケニア国内では、80万丁以上とも言われる違法な銃器が氾濫しており、犯行では95%以上銃器が使用されています。

つきましては、年末年始をケニアでお過ごしになられる方におかれましては、ナイロビ・モンバサ以外で過ごされる場合も、何時、被害に遭ってもおかしくない状況で生活をしているとの認識を下に、「知識」と「意識」を持って安全対策を講じて頂ければと思います。以下、事件概要とそれに対する予防策となりますのでご参考にして頂ければ幸甚です。

1. 事件概要
17日午後5時30分頃、ナクル郡ナクル市郊外のB4道路とプリズン道路との交差点付近にあるナショナル・オイル・ペトロール・ステーションにおいて、給油のため立ち寄った在留邦人が、給油の際に車外に出たところ、2人組の男性(内1人は機関銃で武装)に襲われ、金品を奪いボタボタに乗り逃走した。賊は、在留邦人から金品を奪う際に3発の銃弾を威嚇発砲した。

2. 予防策
(1) 一時雇用のドライバーに、自身の行動及び所持品が何であるか悟られないようにする。
(2) 結果的に襲われることとなったとしても、車外には出ず、ロックをして車内で給油が終わるのを待つ。
(3) ケニアにおいては、警戒を怠らない。敏感になる。変化を感じ取る。
(4) 「まさか、自分が被害に遭うなど…」という思い込みは捨てる。
(5) 被害に遭った際は、絶対に抵抗しない(交渉、挙動)。物より命。


平成26年12月22日
在ケニア日本国大使館 領事・警備班

NoPhoto
ケニア ナイロビ / ジョモケニヤッタ国際空港における「イエロー・カード」の提示要求行為を利用した賄賂要求について (在ケニア日本国大使館
エリア:
  • アフリカ>ケニア>ナイロビ
テーマ:鉄道・乗り物 旅行準備 その他 
投稿日:2014/10/17 20:02
在ケニア日本国大使館より在留邦人に向け、ジョモ・ケニヤッタ国際空港における黄熱予防接種証明書(通称イエロー・カード)の提示要求行為を利用した賄賂要求に関する注意喚起が発出されておりますのでお知らせいたします。
ケニアへのご旅行をご予定の方は、くれぐれもご注意ください。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ジョモ・ケニヤッタ国際空港における
黄熱予防接種証明書(通称イエロー・カード)の提示要求行為を利用した賄賂要求について


1. 最近、日本からケニアを来訪する観光客や出張者の方々に対し、ジョモ・ケニヤッタ国際空港(JKIA)の移民局ブース周辺などにおいて、空港職員が黄熱予防接種証明書(通称イエロー・カード)の提示を求め、同カードを所持していない場合に「あなたを入国させることはできない。」等と脅し、現金(30ドルから50ドル)を要求する事案が発生しています。

2. 日本は黄熱汚染国ではないことから、日本から皆様が渡航するに際し、ドバイやドーハ等の中東経由のケニア入国であれば、ケニア入国時にイエロー・カードの提示は要求されません。
黄熱病の予防接種をしていない、またはイエロー・カードを所持していないことに対する入国の見返りに賄賂を要求された場合は、全く支払う必要がないことをお知らせいたします。
万が一、このような要求を受けた場合は徹底的に抗議を行い、それでも要求する場合は、
JKIA内の保健省空港保健事務所職員
(Ministry of Health Service, Port Health Service、
電話:0726-153003、0716-861917)
に通報するようお願いいたします。

なお、日本からエチオピア航空によりエチオピアを経由してケニアに入国する場合は、エチオピアは黄熱汚染国であることから、イエロー・カードの提示が要求されますのでご注意ください。

3. しかしながら、ケニアには黄熱病を媒介する蚊(ネッタイシマカ)がおり、かつ、黄熱に感染する危険のある国とされているので、日本から訪問するに際しても、黄熱ワクチンの予防接種が推奨されます。
また、他の黄熱汚染国から直接または汚染国を経由してケニアに入国する場合は、イエロー・カードの提示が必要とされます。
アフリカ諸国は、黄熱汚染国が多くあり、イエロー・カードの提示をもとめられますので、渡航時はあらかじめ現地医療情報などの情報入手を努めるようお願いいたします。


平成26年10月2日
在ケニア日本国大使館 領事・警備班

NoPhoto
ケニア ナイロビ / ジョモケニヤッタ国際空港にて「エボラ出血熱」対策実施中
エリア:
  • アフリカ>ケニア>ナイロビ
テーマ:鉄道・乗り物 その他 
投稿日:2014/08/13 12:36
ナイロビのジョモケニヤッタ国際空港(JKIA)では、現在、西アフリカからの離発着便に関し、空港職員やクルーなどに注意喚起を促し、他のエリアの離発着便とは違うゲートを使用し、諸外国と同様な熱感知機による検査などが行われております。
なお現時点では、ケニア国内では発病者は報告されておりません。
以上、ご注意ください。

また在ガーナ日本国大使館(リベリア及びシエラレオネ兼務)発出の注意喚起文のうち、エボラ出血熱に関する情報を抜粋してお知らせいたしますので、あわせてご確認ください。

___________________________________
感染症危険情報の発出 (リベリア及びシエラレオネ) ※抜粋
平成26年8月9日

◎ エボラ出血熱とは
* エボラウィルスによる感染症です。
* 潜伏期間は2〜21日程度であり、発症は突発的で進行が早いとされています。
* インフルエンザ同様の症状が進行し、重篤化します。
* 熱、頭痛、腹痛、咽頭痛、筋肉痛、胸部痛、出血(吐血、口腔歯肉、消化管)などの症状が起こります。
* 治療法は対症療法のみであり、感染予防のためのワクチンはありません。
* エボラウィルス感染症の患者・遺体・動物の血液・体液に直接触れると感染します。
* 空気感染はないとされています。

◎ 感染予防について
エボラウィルスの感染力は決して強くありません。熱や乾燥に弱く、未発熱の潜伏期間中は他人に感染しません。
ついては、以下のような適切な対策をとることで、感染の可能性を下げることが可能です。
(1) 頻回の適切な手洗いを励行
(2) 衣類の洗剤や漂白剤による洗濯・乾燥
(3) エボラ(疑いを含む)の患者・遺体・動物の血液・体液に直接触れないこと

◎ エボラ出血熱を疑ったら
患者発生地域への渡航、又はエボラ出血熱に感染した疑いのある患者・遺体・動物の血液・体液等に接触した方で発熱、頭痛、下痢、全身倦怠感等の症状を感じる方はすぐに地域の病院へ相談して下さい。
その後は不要な外出は控える等、病院からの指示に従って下さい。

NoPhoto
ケニア / 夏休みシーズンを迎えた観光地における凶悪犯罪の発生等に対する注意喚起 (在ケニア日本国大使館 発出情報)
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:その他 
投稿日:2014/07/18 19:08
在ケニア日本国大使館より「夏休みシーズンを迎えた観光地における凶悪犯罪の発生等に対する注意喚起」が発出されておりますのでお知らせいたします。
夏休みの時期、ケニアへのご旅行をご予定の方は、くれぐれもご注意ください。
------------------------------------------------------------------------

夏休みシーズンを迎えた観光地における凶悪犯罪の発生等に対する注意喚起


★ モンバサ市におけるロシア人観光客女性に対する強盗殺人事件
1. 7月6日、モンバサ市内の観光地オールド・タウンにおいて、ロシア人観光客女性がけん銃を所持した3人組の強盗団に射殺される路上強盗事件が発生しました。
報道によれば、殺害された女性は、友人2名と現地ガイド1名と「フォート・ジーザス」を観光した後、隣接するオールド・タウン内を散策し、事件は、オールド・タウン内のキツイ道路(Kitui Road)のThe Shia Ithnashr モスクの横で発生しました。
また、目撃者によれば、強盗団に対し、友人らはカメラやハンド・バックなどを差し出したにもかかわらず、殺害された女性は、所持品を差し出すのを拒んだところ、頭部を打ち抜かれた模様です。

2. 情報によれば、発生場所は、通常のガイドが観光客を伴って散策する地域とは大きく離れ、観光客が足を踏み入れることのない奥地の暗がりで発生した模様です。また、このガイドは、フォート・ジーザス及びオールド・タウンの公式ガイド等ではなく、当日の朝のロシア人観光客女性らの宿泊ホテルからガイドしていたことが判明しています。

3. 上記から推察しますと、本件ガイドは通常の観光客がフォート・ジーザス及びオールド・タウン地域で依頼する現地ガイドではなく、ビーチ等いずこかの場所でロシア人女性らに強盗の目的をもって接近し、犯行場所へ誘い込んだ強盗団の共犯者と思料されます。
在留邦人の皆様におかれましては、防犯意識を高めていただき、犯罪者と結託したガイドの存在と接近、万が一被害に遭った際は、「決して抵抗しない」よう注意喚起をお願いします。

★ ジョモ・ケニヤッタ国際空港における象牙製アクセサリーなど禁制品所持に伴う逮捕事案
1. ケニアに在留する外国人がアフリカ諸国を観光中、現地でお土産として動物の骨等から出来たネックレス等のアクセサリーを購入し、ケニアに再入国した際、ジョモ・ケニヤッタ国際空港において、同アクセサリーが単なる牛等の骨でなく、象牙等の禁制品であることが判明し、逮捕される事案が散発しています。

2. いずれも「象牙であるとは知らなかった」では済まされていない状況であり、例外なく逮捕・引き続く裁判ケースとなっています。裁判では、「禁制品であることを知らなかったこと」を証明するのに非常に長い期間がかかります。また、外国人であることから逃亡のおそれありとされ、例え保釈されても、裁判の終了まで旅券は没収されることになります。

3. 在留邦人の皆様におかれましては、アフリカ諸国の旅先のお土産として、特に動物の骨から作られたアクセサリー等を購入する際は、十分に注意して購入するようお願いします。

★ ジョモ・ケニヤッタ国際空港における盗難事件
1. ジョモ・ケニヤッタ国際空港においては、昨年、邦人が被害者となる盗難事件が複数件発生しています。
国際線ターミナルのカフェレストランで食事中、カートにトランクを積み、その上にパソコンの入ったバックを乗せテーブルの脇に置いていたところ、ウェイトレスが話しかけている隙にそのバックを盗まれた事案。
また、出国審査を終えて搭乗ゲートのベンチに座り、荷物の詰め替えを行うため、空いていた隣の席に現金・旅券等の入った袋を置いたところ、盗まれた事案が発生しました。

2. 在留邦人の皆様におかれましては、ジョモ・ケニヤッタ国際空港内にかかわらず、レストランやカフェなどにおいても、荷物から目を離さない、レストラン等利用時はバック等は常に視界に入れ、手元や膝の上など体に密着させておく、足元や隣の席に置いたり椅子にかけておくことなどを避ける等の注意喚起をお願いします。


平成26年7月14日
在ケニア日本国大使館 領事・警備班

NoPhoto
ケニア / イスラム過激派によるテロ攻撃に対する注意喚起について (在ケニア日本国大使館 発出情報)
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:その他 
投稿日:2014/04/18 14:27
現地時間2014年4月17日、在ケニア日本国大使館より「イスラム過激派によるテロ攻撃に対する注意喚起」が発出されておりますのでお知らせいたします。
在留邦人のみならず同地をご旅行予定の方は、くれぐれもご注意ください。

=====================================================================
イスラム過激派によるテロ攻撃に対する注意喚起について

1. 明日4月19日から4連休のイースター休暇が始まります。キリスト教徒の祭典である同期間中は、ケニア各地においてキリスト教徒らの宗教行事が行われるとともに、休暇シーズンとして、欧米等国外を含め多くの観光客がケニア各地を訪れることが予想されます。

2. 在留邦人の皆様におかれましては、イースター期間中はテロの脅威が一層高まることに十分留意し、特にキリスト教会を避け、ナイロビ、モンバサ等のコースト地域において、ホテル、ショッピング・モール等外国人が多く利用する施設を利用する際は、十分警戒し、次の対策をとるようお願いします。

【ホテル】
* ロビーなどでの待ち合わせやロビー付近のカフェ等の利用を控え、カフェ・レストランはロビーから離れたホテル内部の場所を利用する。

【ショッピング・センター】
* 昼時など混雑する時間帯を避ける。
* 滞在時間を短くする。
* 正面ゲートでの待ち合わせや付近のカフェ等の利用を避ける。

【共通】
* 周囲の状況に注意を払い、覆面やターバン姿などの不審者や、放置された荷物や紙袋など不審な状況を察知したら速やかにその場を離れる。
* 爆発音を聞いたら、直ちにその場に伏せる、机など頑丈な場所に潜り込む。
* 発生現場に行かない、発生現場から離れる(トラップ爆弾・2次攻撃のおそれ)。


平成26年4月17日
在ケニア日本国大使館 領事・警備班

1 - 5件目まで(11件中)


国一覧
アジア
ベトナム(406)
台湾(347)
カンボジア(209)
タイ(122)
ミャンマー(97)
ラオス(83)
インドネシア(78)
中国(77)
マレーシア(74)
シンガポール(71)
香港(39)
マカオ(31)
インド(26)
ウズベキスタン(17)
スリランカ(7)
韓国(4)
ブルネイ(4)
ネパール(3)
フィリピン(3)
モンゴル(2)
ブータン(1)
中近東
トルコ(91)
アラブ首長国連邦(30)
イスラエル(12)
ヨルダン(8)
イラン(8)
バーレーン(2)
パレスチナ自治区(1)
キプロス(1)
イラク(1)
サウジアラビア(1)
シリア(1)
ヨーロッパ
イタリア(923)
スペイン(553)
ドイツ(515)
フランス(426)
オーストリア(300)
イギリス(242)
ロシア(170)
ベルギー(140)
クロアチア(106)
チェコ(100)
スイス(100)
バチカン市国(95)
ハンガリー(84)
ノルウェー(81)
スウェーデン(72)
オランダ(58)
ポルトガル(51)
モナコ(43)
ギリシャ(43)
ポーランド(40)
フィンランド(40)
デンマーク(22)
アイスランド(21)
アイルランド(20)
ルーマニア(10)
スロバキア(10)
ラトビア(9)
エストニア(6)
ブルガリア(6)
ウクライナ(6)
マルタ(6)
リトアニア(3)
スロヴェニア(2)
カザフスタン(2)
アンドラ公国(2)
ベラルーシ(2)
ルクセンブルク(1)
サンマリノ共和国(1)
アゼルバイジャン(1)
アルメニア(1)
アフリカ
エジプト(72)
モロッコ(34)
ケニア(11)
チュニジア(11)
タンザニア(4)
リビア(3)
ハワイ
オアフ島(432)
ハワイ島(114)
マウイ島(55)
カウアイ島(21)
ミクロネシア
グアム(46)
サイパン(20)
パラオ共和国(13)
ロタ(3)
テニアン島(2)
オセアニア
オーストラリア(354)
ニュージーランド(241)
サモア独立国(2)
パプアニューギニア(1)
南太平洋
フィジー(116)
タヒチ(89)
ニューカレドニア(9)
バヌアツ(1)
カリブ海
キューバ(19)
中南米
メキシコ(115)
ペルー(33)
アルゼンチン(23)
ブラジル(18)
パラグアイ(13)
グアテマラ(12)
チリ(7)
ホンジュラス(4)
ウルグアイ(3)
エルサルバドル(2)
コロンビア(2)
ボリビア(1)
北米
アメリカ西部(203)
アメリカ東部(58)
カナダ(24)
インド洋
モルディブ(2)
関東
東京(3)
近畿
大阪(1)