1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. Neomarsさん

  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

フランス紀行

~フランスの社会・生活・文化に関する情報や日本社会との比較分析、世界各地を旅して発見した面白い情報をお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
Neomars
居住地:
ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
性別:
女性
会社名:
Tabet International en France
会社英字名:
Tabet International en France
会社所在地:
ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
単なるスポット紹介やグルメを堪能することだけに飽き足らない旅慣れた日本人が欲している情報とは何か・・・。それは、「現地とコネクトすること」ことができる情報提供ではないかと思っています。表層に現れる現象の根拠を歴史的、文化的、社会的価値観の観点から探り、ついでに辛口ジョークや捻りの利いたブラックジョークも交えながら、「なるほど・・」と納得しながらクックックゥと笑って楽しんで頂ける情報提供をお約束します!

カレンダー
6月<2012年07月>8月
1234567
891011121314
15161718192021
2223242526 27 28
29 3031

記事一覧

1 - 1件目まで(1件中)

南フランスの午後
南フランスの午後
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2012/07/27 21:11
コメント(0)
昼さがり 午睡にしずむ 静けさに あたり木霊す 蝉しぐれかな

南フランスの午後

南仏の夏の風物詩といえば、蝉しぐれがまず思い浮かびます。

そのためか、南フランスのシンボルは、ラベンダー、ひまわりなどと供に、蝉(フランス語でシーガル)が代表的です。南仏の代表的なデザインにもセミはよく登場します。

豊かな自然に囲まれ、かつ、おおらかなシエスタの風習に支えられ・・・・・南フランスではどこに行ってもセミの鳴き声が聞こえますが、全てが休まる午後の一時は、特にその鳴き声がジーンと辺り一帯に充満します。

銀杏並木を見上げると、木漏れ日の間にセミを見つけることもあります。日本のセミと比較して、こころもち大きいような気もしますが・・・気もせいでしょうか?

南仏では、夏場でも気温が30度前後で推移し、湿気が極めて少ないことから、日陰や室内にいると涼しく、クーラーをつける必要はありません。

そのため、開けた窓からそよ風が入り、それと一緒にセミの鳴き声も聞こえてきます。セミの鳴き声は、日常生活のバックミュージックとしてあるようです。

南フランスの夏の思い出・・・蝉しぐれです。
タグ:
プロヴァンス 南仏 フランス マルセイユ 観光 

PR
フランスに関する面白い情報が満載です!

1 - 1件目まで(1件中)