1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. Neomarsさん

  海外エリア: ヨーロッパ > フランス の他のブログはこちら|

フランス紀行

~フランスの社会・生活・文化に関する情報や日本社会との比較分析、世界各地を旅して発見した面白い情報をお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
Neomars
居住地:
ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
性別:
女性
会社名:
Tabet International en France
会社英字名:
Tabet International en France
会社所在地:
ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
単なるスポット紹介やグルメを堪能することだけに飽き足らない旅慣れた日本人が欲している情報とは何か・・・。それは、「現地とコネクトすること」ことができる情報提供ではないかと思っています。表層に現れる現象の根拠を歴史的、文化的、社会的価値観の観点から探り、ついでに辛口ジョークや捻りの利いたブラックジョークも交えながら、「なるほど・・」と納得しながらクックックゥと笑って楽しんで頂ける情報提供をお約束します!

カレンダー
6月<2012年07月>8月
1234567
891011121314
15161718192021
2223242526 27 28
29 3031

記事一覧

1 - 1件目まで(1件中)

浮き立つ街
南仏プロヴァンスの街
エリア:
  • ヨーロッパ>フランス>マルセイユ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 留学・長期滞在 
投稿日:2012/07/29 17:59
コメント(0)
めくるめく 光のベールに つつまれて 白く浮き立つ 南仏のまち

浮き立つ街

午後の日差しが強まるにつれて、街全体が真っ青な空をバックに、ボーっと白く浮き立ちます。

透明な銀色の陽光が周囲一帯を覆い、その光のなかに埋没するようになると、ゆっくりと時間が流れる南仏の午後のはじまりです。そして、セミの鳴き声以外は何も聞こえない静けさがあたりを覆うのです。

まさに、光のベールに包まれる午後の南仏です。

全てがぼんやりと霞んで、昼寝の夢のなかに埋没していきます。

しかし、日が陰って暑さが弱まり、ひんやりするそよ風がふきはじめると、静かな午後が夢の中の出来事だったかのごとく南仏が活気付きます。

夕食が始まるからです。

大体、8-9時頃に始まり、夕涼みも兼ねてベランダで取ることが多くなります。夕食を照らす優しいオレンジの光が溢れ、家族の賑やかなしゃべり声やお皿やフォーク・ナイフなどがぶつかるガチャガチャいう音が辺り一帯にこだまします。

夕食は週末だと11時頃まで続きます。

太陽の光に代わって、人生を楽しむ人々の賑やかなエネルギーが周囲を覆い、南仏の夜は更けていきます。
タグ:
プロヴァンス 南フランス フランス マルセイユ ライフスタイル 

PR
フランスの面白い情報が満載です!

1 - 1件目まで(1件中)