1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. プーケットペリカンさんの旅行ブログ

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

日通ペリカントラベル・ネット・プーケットが発信する現地情報

ペリカントラベル・ネット・プーケット
プーケットのホテル予約、ツアー、空港送迎、ガイド、情報満載。現地価格で予約。
プロフィール
ニックネーム:
プーケットペリカン
居住地:
アジア>タイ>プーケット
会社名:
日通ペリカン・トラベル・ネット・プーケット
会社英字名:
会社所在地:
アジア>タイ>プーケット
業種:
旅行業
自己紹介:
シンガポール日本通運株式会社を本部とする現地旅行会社ネットワークです。「旅行者の訪れる土地の事を一番よく知っているのは、その土地で働き、生活する私たちだ」と考え、アジアの各地で活躍する現地旅行会社や現地情報発信会社の参加を得て、2004年にアジア旅行情報発信ネットワーク「日通ペリカントラベルネット」を設立いたしました。



今日、この理念はアジアにとどまることなく、もっと大きな世界へ広がっています。日本の旅行会社には出来ないサービスを世界各地から直接お届けしたいと思っています。

カレンダー
7月<2008年08月    
12
34567 89
10111213 141516
17181920 212223
24252627 282930
31

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

NoPhoto
スコーカルチャラルスパ
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:ホテル・宿泊 
投稿日:2008/08/27 20:36

プーケットタウンにあります、

スコーカルチャラルスパに行ってきました。


セントラルデパートからシャロン方面に向かった通りにあります。

dscf0006.JPG

入り口を入ると、

ホテルのような大きな施設にまず圧倒されます。

dscf0002.JPG

建物の入り口では、

スタッフがドラを鳴らしての歓迎。

dscf0003.JPG

私もゴーンと打たせてもらいました。

dscf0004.JPG

お花の入った小さなお椀(クラトン)を池に浮かべ、

願い事をします。


ここはもちろん「キレイになれますように・・・」と。


奥へ進むと大きな門があり、

小さな金箔を渡され、そこに貼ります。


2メートルくらいの高さに貼られたものもあり、

ジャンプして貼ったんだろうか・・・と不思議に思いました。


それはさておき、独特の儀式で非日常の気分になれます。


広い敷地を活かして、新しく宿泊施設ができました。


今回そのお部屋を見学させてもらいました。


その名もジャントラースパヴィラ。

全28室でまだグランドオープンはしていませんが、

現在も宿泊は可能。

dscf0020.JPG

お部屋にジャグジー、スチームルーム、プライベートトリートメントルームが

付いていて、まさにスパのためのお部屋。


バルコニーからの眺めは緑でいっぱい。

ジャグジーも一面窓に面していて、癒しの空間です。

dscf0010.JPG

ベッドルームはタイスタイルのインテリアと、

天蓋付きのベッドがとても素敵です。

dscf0014.JPG

一つ一つがおうちのような門構えになっていますが、

コネクティングにしてバルコニーから出入りすることもできます。


こちらのお部屋では、トリートメントルームが付いているので、

お部屋にセラピストを呼んでスパを受けられます。


お部屋でスパ三昧なんて夢のようですね・・・。


スコーカルチャラルスパには全50室のトリートメントルームがあり、

2名ようのお部屋にすべてバスタブとシャワーが付いています。

2つのお部屋をコネクティングルームにしてお友達同士でスパを受けることも可能。

dscf0028.JPG

dscf0031.JPG

ネイルサロンやキッズクラブ、スパ製品のショップもあり、

充実の施設です。


スパメニューも豊富で、特に人気のあるのがシルクを使ったパッケージや

デトックスのコース。


プーケットにお越しの際にはぜひ訪れてみてください。


NoPhoto
ヴァソンプーケット
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:ホテル・宿泊 
投稿日:2008/08/20 20:34

ラワイビーチにあります、エヴァソンプーケットに行ってきました。


大通りにエヴァソンの看板を見つけ、

角を曲がると、緑に囲まれた小道をさらに奥へと進んで行きます。


通りからエントランスまでは、かなり奥まで進むので、それだけで

隠れ家への期待が膨らみます。

dscf0035.JPG

レセプションへ向かうベージュ色のトンネルは、

日常から非日常のリゾートへの気分を高めてくれます。


今回見せていただいたのは、スタジオと、デラックスのお部屋。


まずは、デラックスから。

レセプションから近い位置にあるメインビルディングは、全てデラックスのお部屋となります。

廊下を進むと目を引くのが全てのお部屋に常備されているオレンジ色の傘と、

壁に付いたエヴァソンの仮面シンボルマーク。こちらはプレートを横にずらして表情を変えておく事で、

Do not disturbのプレートの役目をするものです。

また、お部屋番号も普通は扉についてるかと思いますが、

扉の前の床に付いています。その一つ一つの演出にこだわりが感じられます。


デラックスのお部屋に入ると、

天蓋付きのベッドが中心に配置され、窓際のカラフルなソファがロマンチックな雰囲気です。

dscf0003.JPG

dscf0004.JPG

エヴァソンでは、環境保護に力を入れていて、

極力”再生”できるものを使用しているとの事。


アメニティに関してもビニールやプラスチックでなく、紙や木が使われています。

お部屋全体に統一感があり、落ち着いた雰囲気なのはそれも関係しているかと思います。


バスルームとお部屋は一体になっていて、開放的な雰囲気。

開閉式の扉がありますので、お部屋と区切る事もできます。


ベージュ色の大きめのバスタブはゆったりとバスタイムを楽しめそうです。

可動式のシャワーが付いていて、使い勝手も良さそう。


独立のシャワーブースも隣にあり、こちらのシャワーは固定式です。

dscf0012.JPG

また、デラックスのバスルームの特徴として、シンクが二つあること。

女性同士のご旅行の場合、

朝の準備で鏡の順番待ちになったりしませんか?


こちらでしたら同時進行できるのでとっても便利です。

カップルに、女性同士のご旅行にぴったりのお部屋だと思います。


次はスタジオのお部屋へ。

メインビルディングから少し通路を進み、

階段を昇り降りして向かいます。


歩いていると、敷地の広さが感じられます。

敷地内はカートが10分程度で巡回していて、そちらで移動する事もできます。


スタジオのお部屋はスタンダードタイプとなり、部屋数も一番多くなっています。

デラックスより部屋のサイズは一回り小さくなりますが、

バルコニーのサイズがデラックスと同じ大きさに造られていて、

バスルームとの壁も開閉できるので、狭さは感じません。


スタジオも天蓋付きのベッドが中心に配置され、

女性にはたまらないインテリアだと思います。


また、ソファベッドがデラックスより大きいものが置いてあるので、

お子様連れのお客様なら、エキストラベッドを追加せずにデイベッドとして利用できます。

dscf0020.JPG

こちらのバスルームもバスタブ付き。バスタブのデザインがデラックスと異なり、

シンプルな白のものになります。バスタブに付いたシャワーは可動式で、

こちらには独立のシャワースペースはありません。


全てのお部屋のクローゼットにはセーフティボックスがあり、

ビーチバッグ、バスローブ、折りたたみ式の干し台もあります。


また、ビーチバッグもカゴタイプになっていておしゃれです。


ステュディオとデラックスのアメニティはシャンプー、コンディショナー、ソープ、ローション、シャワーキャップ、綿棒、コットン、

歯ブラシ、ソーイングセットと充実しています。シェーバー、お香などをフロントにリクエストすることもできます。


インターネットはパスワード購入式となります。

ロビーエリアではワイヤレスインターネットがご利用いただけますが、

全てのお部屋にADSLのラインがありますので、ラップトップをお持ち込みであれば、

お部屋でインターネットもできます。


今回見られなかったのですが、

ジュニアスイートはデラックスとバスルームは同じつくりとのことです。

お部屋の広さが変わることと、

ジュニアスイート以上のお部屋はアメニティが異なり、

アフターサンジェル、虫除け、アロエジェルなどが追加されます。


また、ジュニアスイート以上のお部屋をご利用のお客様には、

バトラーサービス、インターネット、ドリンクなどが無料の専用ラウンジサービスが

あるとのことです。


JUST KIDS!というキッズルームがファミリープールの隣にあり、

キッズルームからは窓越しにプールの滝が見えるようになっています。


4歳-7歳対象、8歳-12歳対象の

日替わりのアクティビティが1時間~2時間ごとに組まれていて、

基本的には無料ですが、プログラムによっては追加料金が必要となります。

(バティック染め、クッキング、キャンドル作り等材料費が必要なもの)


なお、4歳未満のお子様は保護者の同伴が必要となります。

または、ベビーシッターをつければ利用可能ですが、24時間前までの予約が必要です。


折り紙やゲーム、スイミング、タイ語レッスンまで、様々なアクティビティが組まれているので、

お子様を飽きさせることなく、楽しんでいただけるかと思います。

dscf0034.JPG

プールは全部で3つあり、

一番大きいファミリープールには奥にスライダーもあるので、

お子様と一緒に楽しめそうです。


エヴァソンのプライベートアイランドであるボン島は、

ホテルからのボートで15分程の位置にあります。

スイミングやシュノーケリング、ウィンドサーフィン、カヌーなどの

アクティビティが充実しています。


ビーチよりには、シックスセンススパ(営業時間9:00-20:00)があります。

海を見ながらのこだわりのスパで癒されてみてはいかがでしょうか。


ホテル内にはクリニックがあり、

プーケットインターナショナル病院の

ナースが常駐しています(10:00-18:00)。

それ以外の時間は、ドクターを呼んだり、

スタッフの付き添いで病院に行く事も可能です。

体調を崩しやすい日本人のお客様へのケアも充実していて、安心です。


敷地が広く、施設も多いので、ホテル内でゆっくりされるお客様が多いとの事。

女性同士の癒し旅、ご家族旅行にもお勧めです。

ぜひ、お泊りになってみてください。


BIG Cのフードコート
BIG Cのフードコート
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:買物・土産 グルメ 
投稿日:2008/08/13 20:33
BIG Cのフードコート

BIG Cスーパーの地下にありますフードコート。
タイ料理やウェスタンフードなど、いろんな種類のご飯が
30バーツから食べられます。ドリンクも10バーツくらいからあります。
最初にカウンターでお金をプリペイドカードに変えるシステムで、
100バーツもあれば十分です。余ったら同じカウンターに行けば返金してくれます。
プリペイドカードを持って各ブースで支払います。

写真はカーオカームー。
30バーツでした。
直訳すると豚の足ご飯なのですが、
豚の角煮をイメージしてもらえればいいと思います。
とろとろに煮込まれたお肉と煮汁がご飯にマッチして、
「アロイ!(おいしい)」です。
お好みで辛いタレをかけても美味しいですが、
そのままの味でも十分です。
このカーオカームーは町のご飯屋さんで出しているところが
あまりないので、フードコートに行くとついつい頼んでしまいます。
フードコートは屋台ではちょっと・・・という方も
気軽に庶民的なタイ料理を楽しめると思うので、
ぜひ一度お試しください☆



BIG Cのフードコート

BIG Cのフードコート

チーズピザ
チーズピザ
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:グルメ 
投稿日:2008/08/07 20:31
いつもタイ料理ばかり食べているので、
ちょっといつもとちがうものを、と思い、
なんとなく入ったお店でチーズピザを頼んでみました。
そこのお店は半分はクイッティアオ(麺)、半分はピザ屋のような感じ。
久々のピザを楽しみにしながら待っていると、
ナイフやフォークは運ばれてきても、
なかなかピザが出てきません。
「手の込んだ手作りピザなのかなー?」
と期待しながら約30分。
出てきたピザは、生地にチーズをかけて焼いただけの、
正真正銘のチーズピザ。
具なしです!

えー!と思いながらも、30分も待ったお腹はペコペコで、
あっという間に食べてしまいました。
以前も友達がトマトサンドイッチとオニオンスープを頼んだら、
トマトを挟んだだけのパンとお湯に玉ねぎが浮いただけのスープが出てきたことが。
言葉に忠実すぎるから・・・と突っ込みたくなりますね。
プーケットにももちろん美味しいイタリアンや洋食もあるんですが、
タイ料理と西洋料理を両方出してる店はたまーにこういうことがあります。
今度は失敗談でなく、なにか美味しい情報をアップしたいと思います☆



チーズピザ

1 - 4件目まで(4件中)