1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. ブルーアイランドさんの旅行ブログ

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

プーケット、ピピ、クラビ、カオラック情報

ブルーアイランド プーケット
プーケット現地旅行会社 ブルーアイランドです!プーケットのホテル、ツアー、アクティビティーのご予約は格安でも、良質な手配がモットーの当社へお問い合わせ下さい。
プロフィール

ニックネーム:
ブルーアイランド
居住地:
アジア>タイ>プーケット
会社名:
ブルーアイランド プーケット
会社英字名:
Blue Island Co.,LTD
会社所在地:
アジア>タイ>プーケット
会社電話番号:
076-255056
業種:
旅行業
自己紹介:
プーケットの現地旅行会社、ブルーアイランドです。
プーケットをはじめ、ピピ島、クラビ、パンガー、カオラックの
情報をお届けします。
ホテル、ツアー、スパエステ、送迎手配なども行っていますので、
こちらにご旅行の際には、是非お手伝いさせてくださいね!

カレンダー
5月<2009年06月    
1 23456
789101112 13
141516 17 1819 20
2122 232425 2627
282930

記事一覧

1 - 5件目まで(8件中)

NoPhoto
カロンビューポイント
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:観光地 街中・建物・景色 ビーチ・島 
投稿日:2009/06/30 16:28
コメント(0)
DSC03412
カタビューポイント
現在は名前が変わって、カロンビューポイント
なんとなく位置的にも「カタ」の方がしっくりときますが
ここはカタビーチからラワイ、プロンテップ岬に向かう
途中の山道にあります。

ここから見えるメインビューは3つの湾
DSC03407
上からカロンビーチ、カタビーチ、カタノイビーチ
ここからの景色を演出します。

DSC03409
円のようになった道を入口の反対側に行くと

DSC03410
小さな展望台もあります。

DSC03415
プーケットの景色の前で一息


DSC03416
太陽、空、雲、海、島、ビーチ、緑、電灯、人
見えるもの全てが一体化していました。


カロンビューポイントの景色を前に
思い思いの一時を過ごしてみては。


タグ:
ビューポイント カロン カタ 

PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
NoPhoto
ビッグブッダ
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:観光地 街中・建物・景色 
投稿日:2009/06/25 17:09
コメント(0)
DSC03282
プーケットのシャロン、カタ、カロンエリアから
ふと、海の反対側に見える山々を望んでみると
1つの山のてっぺんに、他の山々にはない何かが確認できます。

ビッグブッタです。
海から見えるビッグブッタは後ろを向いてます。

彼に辿り着くにはシャロンエリアから山へと登っていきます。
まだ舗装しきれていない山をぐんぐん登って行くと
山の頂上、そこにはタイ人の祈りの場所があります。
DSC03292
ビックブッタの隣には
美しく輝いた像が神々しく。

その隣に佇んでいるのが
DSC03286
ビッグブッタ!

彼の視線の先に見える景色は
DSC03284
シャロン湾

そして
DSC03295
プーケットタウン!

そこには素晴らしい景色達が広がっていました。

そんなビッグブッダに素晴らしい景色を
見てもらえるよう、この山頂に息を吹き込んでいる人達がいました。

DSC03288


DSC03296
今なおも、ビッグブッタを
完成させるため、タイ人たちが汗を流しています。

タイ人の祈りの思いがこの山頂に詰まっている気がしました。

素晴らしい景色を望む
そしてタイ人の信仰への思いがこの場所に
ビッグブッタを創っているんだと思います。

是非、この思いを感じに
この場所に訪れてみてください。
タグ:
プーケット ビッグブッタ シャロン 

PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
NoPhoto
カタビーチ 〜ローシーズン〜
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:ビーチ・島 マリンスポーツ 
投稿日:2009/06/22 14:30
コメント(0)
カタビーチエリア。
北にはカロンビーチ、パトンビーチ
南にはビューポイントプロンテップ岬。

ビーチのロケーションがとてもよく
弓形になったホワイトサンドの白浜に
青く澄んだきれいな海が広がります。
アクティビティが充実し、ローカルな香りの漂うのが
カタビーチ。

DSC03260
ローシーズン5月から10月にかけては
プーケットで最も有名なサーフポイントとして知られ
ローシーズンの今、ビーチでは多くのサーフボードの貸し出しなどあり
ファランからタイ人、また日本人の姿も見かけます。

DSC03264


DSC03265


DSC03278
初心者からでも気軽に楽しめます。
混雑もなく、小さなタイ人の子供なども浅瀬の波を使ってサーフィンしたり
みんな思い思いに海に入りそれぞれの波乗りを楽しんでいます。
やっぱり地元タイ人のサーファー達はうまいですね!!

DSC03270
彼は海に入ったと思ったら
スイスイ沖に出て行きました。

DSC03269
疲れたらビーチで一休み
ビーチの端っこには、レストランや
いい感じにこじんまりとしたレゲエバーもあります。
DSC03263
夜には目の前のビーチで波の音と
ミュージックと夜風に吹かれながらドリンクでも!

DSC03268
いい感じ!!って言葉がはまるビーチ
カタビーチ。

波乗りしたり、泳いだり
ランニングしたり、サッカーボールで遊んだり、寝たり
とにかく自由に。

遊ぶには最高のロケーション、カタビーチへ!!





サーフボードレンタル

ビーチのいろんなところでレンタルがありますが
大体の相場は

1時間 150バーツ

2時間 250バーツ

3時間 400バーツ

半日 550バーツ

1日 650バーツ 

ぐらいでした。

カタビーチへ!!
タグ:
プーケット ビーチ サーフィン 海 

PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
クラビ
クラビの魅力
エリア:
  • アジア>タイ>クラビ
テーマ:観光地 ビーチ・島 ホテル・宿泊 
投稿日:2009/06/19 11:39
コメント(0)
クラビは、タイ南部のリゾート地のひとつ、
小高い山々に囲まれたビーチリゾートであることから
「秘境」といったムードが漂う、実に神秘的な場所だと
思います。私はプーケットで暮らしていますが、
同じタイ南部のリゾート地・・・という名前で括ることが
難しいと思うほど、二つの土地は、まったく違った雰囲気です。

私がクラビを最初に訪れたのは、今から約16年も前のことですが、
そのときは、クラビで一番の繁華街である、アオナンビーチに
宿泊し、ホテルの前の海にとめてあった、ロングテールボートを
チャーターして、アイランドホッピングに出かけました。
そこにあるのは、自然と素朴さ、海も印象的ですが、
その額縁のようにそびえる山の美しさに、とても感動しました。

クラビは山の多い場所なので、ライレイと呼ばれるビーチ
(ここは陸路は通じていないため、ボートで行くビーチになります。)
には、ロッククライミングなどのアクティビティーがあり、
白人観光客が楽しんでいる姿を目にしました。
ライレイは、クラビの中でも特別「秘境」を感じさせる
場所で、見るものが全てエキゾチックに移りました。

宿泊は、レストランやマッサージのお店、コンビニなどが並ぶ
アオナンが良いと思いますが、アイランドホッピングなどで
ぜひ一度は、ライレイの摩訶不思議なムードを味わってみて
欲しいと思います。

クラビは、小さい場所ですが、素敵なホテルもたくさんあります!
クロンムアンには、シェラトン、ソフィテル、アマリグループの
ホテルがあります。ホテルライフを充実させたければ、クロンムアン
に宿泊も良いと思います。

アオナンビーチについては、ビーチに面したビーチ通りから、
お隣のノッパラットタラビーチまで、繁華街や、ホテルが
ずーっと続きます。また、ビーチから陸地のほうにはいった道まで
ずっと繁華街が延びてきていますので、繁華街の範囲が以前よりも
大きくなったようです。そういえば、プーケットのパトンビーチも
最初はビーチ沿いの通りだけが、にぎやかだったのが、段々その
一本奥、二本奥の通りまで、にぎやかになっていったので、
アオナンも少しずつ、繁華街が広がっているのだと思います。

アオナン

ビーチに限って言えば、クラビのビーチは、垢抜けていない
ビーチで、砂浜もあまりキレイではありません。
ビーチでぼんやりがお好みの方は、カオラックのほうが
お勧めできると思います。

またクラビタウンには、以前は小さなデパートや朝市ぐらいしか
ありませんでしたが、最近になって、大型スーパーのBIG Cや
ロータスができたり、アウトレットもオープン。
ちょっとしたお買い物が楽しめる場所も増えました。
またクラビタウンには、地元ならではのおいしいレストランや
マーケット、ナイト系のお店などもありますので、
一度は足を伸ばしてみても良いかもしれません。

クラビデパート

クラビの特色は、山に囲まれた立地が生み出す、秘境ムード、
そこそこ繁華街があり、アイランドホッピング、温泉ツアー、
サファリ、ピピ島一日ツアー、ゴルフ、カヌーなどのアクティビティ
が楽しめる点です。また観光名所では、国立公園や、
昔トラがいたという洞窟寺院「タイガーケイブ寺院」、
貝の化石でできた海岸「スサンホイ」と、興味深い場所も多く
あります。タイガーケイブ寺院には、1236段の階段がある
展望台がありますので、体力に自信のある方は、頂上を
目指してみてください。クラビの町が一望できる絶景が
拝めます。こちら、タイガーケーブ寺院の頂上からの
景色です↓

タイガーケーブ寺院

貝の化石、スサンホイ↓

スサンホイ

クラビのホテル、クラビのレストランなど、クラビ情報は
こちらのブログを是非ご参考に!
http://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2009
タグ:
クラビ リゾート 

PR
クラビのホテル、ツアー、送迎手配は、現地旅行会社「ブルーアイランド」にお任せください!
クラビのホテル、ツアー、送迎手配は、現地旅行会社「ブルーアイランド」にお任せください!
ピピ
ピピ島の入口 トンサイ港
エリア:
  • アジア>タイ>ピピ島
テーマ:観光地 街中・建物・景色 ビーチ・島 
投稿日:2009/06/17 15:16
コメント(0)
DSC00188
ピピ島。
この島の名前はヤングな頃に見た映画(まだまだヤングですが!)
「THE BEACH」で知り、
その映画のストーリや景色を見て、大いに憧れを抱きました。
ピピ島の入口、トンサイ港は素敵な港でした。
DSC00641


DSC00189
山と海に囲まれ、太陽に照らされます。

DSC00515
たくさんのロングテールボートとやしの木が港を盛り上げます。

DSC00190



DSC00517
沖まで伸びた船が到着する
コンクリートと木の手すりでできたきれいな桟橋は
PhiPhi life の始まりの気持ちを盛り上げます。

この桟橋を渡り、トンサイの街へ!!





船の送迎

当社ではプーケットからピピ島までの
船の送迎も手配しています。
お気軽にお問い合わせください!

PR
ピピ島への送迎、ピピ島ホテル、ゲストハウス予約はブルーアイランドへ!
ピピ島への送迎、ピピ島ホテル、ゲストハウス予約はブルーアイランドへ!

1 - 5件目まで(8件中)