1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. ブルーアイランドさんの旅行ブログ

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

プーケット、ピピ、クラビ、カオラック情報

ブルーアイランド プーケット
プーケット現地旅行会社 ブルーアイランドです!プーケットのホテル、ツアー、アクティビティーのご予約は格安でも、良質な手配がモットーの当社へお問い合わせ下さい。
プロフィール

ニックネーム:
ブルーアイランド
居住地:
アジア>タイ>プーケット
会社名:
ブルーアイランド プーケット
会社英字名:
Blue Island Co.,LTD
会社所在地:
アジア>タイ>プーケット
会社電話番号:
076-255056
業種:
旅行業
自己紹介:
プーケットの現地旅行会社、ブルーアイランドです。
プーケットをはじめ、ピピ島、クラビ、パンガー、カオラックの
情報をお届けします。
ホテル、ツアー、スパエステ、送迎手配なども行っていますので、
こちらにご旅行の際には、是非お手伝いさせてくださいね!

カレンダー
11月<2009年12月>1月
12345
67 8910 1112
1314151617 1819
2021 222324 2526
2728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(5件中)

NoPhoto
ピピアイランドデラックスプラス 〜ピピ島〜
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:観光地 ビーチ・島 
投稿日:2009/12/24 18:45
コメント(0)
バンブー島を後にし
次に向かう島は「ピピ島」

ピピ島は2つの島に分かれます。
DSC06032


●ピピ・ドン島
プーケットからの定期船が到着する
トンサイ港や移動手段は歩きとなる街。
ホテル、ゲストハウスなど宿泊施設があり
現在は多くの観光客で大いに賑わっています。

●ピピ・レ島
無人の島で映画「ザ・ビーチ」の
舞台となったことで有名な「マヤベイ」が
ある島となります。
またバイキングケーブ、ピレラグーン、ロサマベイ(シュノーケリングポイント)
など観光スポットがあります。

バンブー島から15分程ボートを走らせ
まず辿り着くのはピピ・ドン島。

DSC05599
トンサイの街は地図で見ると
ちょうど真ん中辺り、瓢箪のような形をしています。
その下側がトンサイ港、上側がローダラムビーチとなります。
ローダラムビーチを遠めに進んでいきます。


DSC05604
そしてモンキービーチへ。
モンキービーチはその名の通り野生のモンキー達が住んでいます。

DSC05610
船からは降りずモンキー達に
餌をあげている人達を見学(笑)

DSC05606
見て下さい、この海!

DSC05622
そして魚達!

DSC05614
ここで30分程のシュノーケリングタイム!
海の中にはたくさんの珊瑚が広がり
魚達が泳いでいます。
海の世界を存分にご堪能下さい!

さて、次に向かう島は
DSC05616
ピピ・レ島。

お楽しみのマヤベイに向かう前に
島を観光します。
DSC05621
バイキングケーブ
かつて、海賊達がここに住んでいたという。
現在はツバメが住みつき、中華料理の高級食材の
ツバメの巣が多くあります。

次に向かうのはピレ・ラグーン。
何度ここに来ても感動してしまう
最高のロケーションが広がります。

DSC05627


DSC05625


DSC05628


DSC05638


DSC05635


DSC05632

湾になったそこは、静寂に包まれ
神秘的な世界となります。
感じてください!

いよいよ、お待ちかね。
断崖絶壁の岩山を横目にボートは進み
岩山の切れ目にさしかかり目に入るのが


DSC05971
「ザ・ビーチ」
映画を見た人はきっと
頭の中で映画のメロディが流れることでしょう。
映画の撮影の際にはヤシの木が植えられたりと
イメージに合わせ脚色したそうです。

こんな場所にこんなビーチが。
自然の創りだすものは言葉にならないくらい
本当に素敵で素晴らしく、偉大です。

DSC05646


DSC05651


DSC05649
ピピ島発のキャンプツアーもあります。

DSC05636


DSC05645


ここでしか味わうことのできない

目の前に広がる素晴らしい景色全てを

ただただ感じて

今という時間をギュッと抱きしめ

太陽の光を浴びながら

地球の営みに感謝

Peace your life.



ピピアイランド・デラックスプラス

●ツアースケジュール
8:00-30 ホテルお迎え
9:30   港出発
10:30  バンブー島到着(1時間のリラックスタイム)
11:45  ピピ・ドン島到着(ローダラムビーチ、モンキービーチをボートより観光)
12:15  モンキービーチ沖にてシュノーケリング 約30分
13:00  バイキングケーブ、ピレラグーンをボートより観光
13:30  マヤベイ上陸(1時間のリラックスタイム)
15:15  ヤオ・ヤイ島上陸(少し遅めのランチタイム、リラックスタイム)
16:00  ヤオ・ヤイ島出発 
16:15  カイ島沖にてシュノーケリング 約30分
16:45  カイノック島上陸
17:30-45  プーケット到着 ホテルへ

*ツアーに含まれるもの
ホテルからの送迎、ボート代、英語ガイド、ウェルカムドリン
ク(コーヒー又は水)ライフジャケット、シュノーケリングマス
ク、フィン、ビーチマットランチ、船内でのソフトドリンク、
フルーツ、軽食、マヤベイ入場料、保険


タグ:
ピピ マヤベイ シュノーケリング 

PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
NoPhoto
ピピアイランドデラックスプラス 〜ヤオヤイ・カイ島〜
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:観光地 ビーチ・島 
投稿日:2009/12/21 18:59
コメント(0)
ピピ島「マヤベイ」後にし
次に向かうのは「ヤオヤイ島」。
ヤオヤイ島はちょうどプーケットとピピの
中間あたりにある島。

DSC05655


DSC05656
マヤベイよりボートで20分程。
同じ島でもまた全然違う
田舎を感じさせるのどかな雰囲気が漂います。

DSC05680
時刻は15時頃。
少し遅めのお待ちかねのランチタイム!
アイランドホッパーが所有するレストランにて

DSC05666
料理はシーフードのBBQ、野菜炒め、ココナッツカレー
チキン、天ぷら、パスタ、ご飯、サラダやフルーツもあります。
またコーヒー、紅茶の用意もありますので自由に。
好きなだけお皿にとって召し上がってください。

食事の後はリラックスタイム。
静かでとてもゆったりとした
ヤオヤイの島タイムを
それぞれお過ごし下さい。

DSC05576


DSC05659


DSC05675


DSC05672


DSC05682


16時頃になり、次に向かう島は
「カイ島」。
ヤオヤイ島より15分程、プーケットからも20分程。
カイ島には3つの島があります。
カイノック、カイナイ、カイヌイ。
どの島も無人島となります。
小さな岩が固まったような島に
建物がある島があります。

DSC05686
建っているのは
船でしか辿り着けない海のレストラン。
ドラクエ!?ワンピース!?
冒険心をくすぐります!!
この島はカイヌイ島。

その島のすぐ近くに見える島
DSC05688
カイノック島。

DSC05691
島と島の中間辺りにボートをとめ
最後のシュノーケリングタイム!
ここの海の底にはたくさんの珊瑚が広がり
その中にはご存じナンバー1の知名度を誇る
「ニモ」もいました。
小さくかわいいニモではなく
ちょっと大きめのニモが3匹程、岩陰で泳いでいました(笑)

シュノーケリングタイムが終わると
カイノック島へ上陸。
DSC05713


DSC05698


DSC05697


DSC05699


DSC05709
昼間には多くの人で賑わうこの島。
レストラン、軽食、ドリンク、お土産やなども並び
浅瀬でもシュノーケリングを楽しめるので
お子様連れにもお勧めの島。

サンセットタイムには人も少なく
島が島らしさを取り戻し
夕日に照らされはじめます。

5島を周るアイランドホッピングツアーも
いよいよ終了となります。
ボートに乗り込み、出発地プーケットへ

DSC05712
ボートは沈んでいく夕陽を
追いかけるようにプーケットへ。

DSC05716
到着する頃。
旅の終わりを告げるかのように
沈みゆく太陽の光を浴びたプーケットが迎えてくれます。

ポートアイランドホッパーに到着し
送迎車にのりそれぞれのホテルへ向かう時
ツアースタッフ全員が手を振って見送ってくれました。

プーケットから出発し、アンダマン海を駆け巡り
きれいな海との触れ合い。
それぞれの時間、空気を持った島々。
その中に佇む、素敵なロケーション、自然との触れ合い。
タイ人を始め、さまざまな国の人達との触れ合い。

素敵なひとときを。

Peace On Earth




ピピアイランド・デラックスプラス

●ツアースケジュール
8:00-30 ホテルお迎え
9:30   港出発
10:30  バンブー島到着(1時間のリラックスタイム)
11:45  ピピ・ドン島到着(ローダラムビーチ、モンキービーチをボートより観光)
12:15  モンキービーチ沖にてシュノーケリング 約30分
13:00  バイキングケーブ、ピレラグーンをボートより観光
13:30  マヤベイ上陸(1時間のリラックスタイム)
15:15  ヤオ・ヤイ島上陸(少し遅めのランチタイム、リラックスタイム)
16:00  ヤオ・ヤイ島出発 
16:15  カイ島沖にてシュノーケリング 約30分
16:45  カイノック島上陸
17:30-45  プーケット到着 ホテルへ

*ツアーに含まれるもの
ホテルからの送迎、ボート代、英語ガイド、ウェルカムドリン
ク(コーヒー又は水)ライフジャケット、シュノーケリングマス
ク、フィン、ビーチマットランチ、船内でのソフトドリンク、
フルーツ、軽食、マヤベイ入場料、保険



PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
NoPhoto
ピピアイランドデラックスプラス 〜バンブー島〜
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:観光地 ビーチ・島 
投稿日:2009/12/17 15:41
コメント(0)
12月1日。
1年の締めくくりの月がやってきました。
日本はいよいよ冬が到来し
寒さを増してきてるのでしょうか。
クリスマス、大晦日に向けて
街も色づき、心がキュッとなる
人恋しい季節をお楽しみの皆様!
プーケットはハイシーズンが到来し
暑さを増しております!!
今回はハイシーズンにふさわしい
5つの島を回るアイランドホッピングツアー
「ピピアイランド・デラックスプラス」を
ご紹介します!

DSC05553
プーケットタウン。
プーケットで最もローカルを感じれる場所。
その中でもシ-ジプシーが暮らす島「コシレイ」の港から出発します。
「ポートアイランドホッパー」
デラックスなツアーを催行するツアー会社「アイランドホッパー」の
港より出発します。

DSC05547
このデラックスツアーは先にも言いましたが
・バンブー島
・ピピ・ドン島
・ピピ・レ島
・ヤオヤイ島
・カイ島
という5つの島を駆け巡ります!

DSC05555


DSC05551
ポートアイランドホッパーに到着し
コーヒーのサービスなどでしばし、朝のブレークタイム
シュノーケリングの際に使うフィンを借りたり
今回ツアーを案内してくれるガイドの挨拶、説明があります。

DSC05558
その後バスに乗り込み、5分程の港という名のビーチより
スピードボートに乗り込み出発となります。

まず最初に目指す島は「バンブー島」
プーケットよりボートで約1時間。
ピピ島発のツアーでは
ロングテールボートに乗って
この島へ行くツアーもあります。

本当に静かで、
あるのは緑と白い砂浜、そしてきれ〜な海!

DSC05564
見て下さい、この透明度!!
エメラルドグリーンに輝いた
素敵な海が広がります。

DSC05578
このツアーではビーチで使える
ゴザの貸出しがあります。
荷物を置き、浅瀬に広がるサンゴ礁
その回りで気持ちよさそうに泳ぐ、たくさんの魚達
1時間のリラックスタイムとなりますので
どうぞ最高のシュノーケリング、島タイムをお楽しみください!

DSC05573


DSC05572


DSC05574


DSC05567


DSC05583


DSC05594


DSC05588


DSC05597


自然に身を任せ
自然に溶け
日々の喧噪を忘れ
海の世界へ
綺麗な海と自然に囲まれ
ただただそこに佇む島
その中でただただ佇んで。

バンブータイム、ご堪能あれ

次回はピピ編をお贈りします!

ピピアイランド・デラックスプラス

●ツアースケジュール
8:00-30 ホテルお迎え
9:30   港出発
10:30  バンブー島到着(1時間のリラックスタイム)
11:45  ピピ・ドン島到着(ローダラムビーチ、モンキービーチをボートより観光)
12:15  モンキービーチ沖にてシュノーケリング 約30分
13:00  バイキングケーブ、ピレラグーンをボートより観光
13:30  マヤベイ上陸(1時間のリラックスタイム)
15:15  ヤオ・ヤイ島上陸(少し遅めのランチタイム、リラックスタイム)
16:00  ヤオ・ヤイ島出発 
16:15  カイ島沖にてシュノーケリング 約30分
16:45  カイノック島上陸
17:30-45  プーケット到着 ホテルへ

*ツアーに含まれるもの
ホテルからの送迎、ボート代、英語ガイド、ウェルカムドリン
ク(コーヒー又は水)ライフジャケット、シュノーケリングマス
ク、フィン、ビーチマットランチ、船内でのソフトドリンク、
フルーツ、軽食、マヤベイ入場料、保険

タグ:
プーケット ピピ島 バンブー島 

PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
NoPhoto
ロック☆シティ 〜パトン@バングラー〜
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:街中・建物・景色 鑑賞・観戦 
投稿日:2009/12/10 13:08
コメント(0)
DSC05138
パトンの繁華街
バングラー通りのビーチ側とは逆の200ピー通りの入口に
目立つようにある「Rock☆City」

DSC05152
中へ入るとでっかいゴリラ!
そしてその前にはステージがあり
フロアにはテーブル、イスが並びます。
カジュアルなライブハウスになっています。

DSC05154
バーカウンターは入口にあり
ここで直接ドリンクを頼んでもよし

DSC05145
席に案内されてから
スタッフに頼むもよし

酒はもちろん、食事もできます。
また喫煙もできます。

ロック☆シティということでここでかかる音は
もちろん、ロック!!
タイ人のロッカーがフロアを盛り上げます。
ハードなロックからメロウなロックまで。
ロックの何たるかはよく分からないですが
ロックのハードなリズムがテンションを上げます!!
歌もなかなかうまく
ギターソロがあったり、ステージパフォーマンスも
結構かっこよく、ファランがノリノリでした!

曲が流れている間はロックな状態なので
会話を楽しみたい人にはかなりの騒音です(笑)

DSC05147
ロックが好きな人には
音を楽しみながら酒が飲める
テンションのあがる空間ですので
是非、遊びに行って下さい!!
また特別ロック好きでもなくても
バングラーの入口にあるので
一杯、「ROCK」を聞きながらクィっと!
テンションを上げてからバングラーナイトへ繰り出すのも
おもしろいです!

バングラーでロックなナイトを!!


☆ドリンク料金は
 ソフトドリンク・・・100バーツから
 ビール・・・150バーツから
 カクテル・・・200バーツから


Rock☆City
Bangla Road Patong Beach Phuket

タグ:
パトン バングラー プーケット 

PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
NoPhoto
パンガー湾シーカヌー 1day tour
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:ビーチ・島 マリンスポーツ クルーズ 
投稿日:2009/12/07 18:53
コメント(0)
DSC03653
プーケットの北東にある港「アオ・ポー」
ここから出発するツアーはパンアー湾ツアーとなります。
パンガー湾ツアーにもいくつか種類があり
それぞれ違った内容となります。
前回紹介した「サンセットクルーズ&シーカヌーツアー」は
昼出発で帰りは夜のツアーとなります。
http://blog.livedoor.jp/nakaji_island/archives/cat_42045.html?p=2

今回紹介するのは朝から夕方までのツアー
「パンガー湾シーカヌー 1day tour」です。

DSC03551


DSC03558
船に乗り込み、パンガー湾へ!!

DSC03557
船の中でこのツアー内容や
向かう場所の説明を英語ガイドでしてくれます。
英語が得意ではない人も地図を使って説明してくれるので
分かると思います。

DSC03592


DSC03565
パンガー湾は湾になっているので
透明度はありませんが
エメラルドグリーンの海となります。
そしてバックの山々も緑盛り盛りで!

最初に到着する島は「パナック島」
6つの洞窟のある島となります。

DSC03569
早速、船からカヌーが飛び出し

DSC03571
少年が漕ぐカヌーに乗り込み
(カヌーは通常3人乗りで1人はツアースタッフのパドラーとなります。)

DSC03573
洞窟へ!!
中は真っ暗ですので
懐中電灯の明かりを灯します。

ふと、ツーンとする臭いにおいが鼻をかすめ
キュキュっという鳴き声がするので
天井を照らして見ると
DSC02532
コウモリの群れが!

DSC03576
洞窟を抜けると静かなラグーンへ

DSC03578
野生のサル達

DSC03584
マングローブ

DSC03583
大きく深呼吸をしたくなる
静かで、どーんと構えたラグーンが広がります。

DSC03596
さて、バンコクから遊びに来ていた
賑やかに女の子達と共に
次の場所を目指します!

次に向かう場所を
DSC03600
ジェームスボンド島。

この島は「007 黄金の銃を持つ男」の
映画の舞台になったこともあり有名です。
またこのジェームスボンド島には
釘が刺さったような形をした岩があります。
海水が年月をかけて岩を削って削って
このような不思議な形となったそうです。
パンガー湾にはこのような地球の営みにより
出来上がった不思議な岩がたくさんあるので
タイ政府はパンガー湾を国立公園に指定しています。

DSC03602
ロングテールボートに乗り換えて
ジェームスボンド島に上陸します。

DSC03606
人は暮らしていませんが
観光地になるだけあって、もちろんお土産屋もありますが
とても雰囲気のある島となります。

DSC03604
スパッと切れたような岩山

DSC03629
そして、奥に見えてきたのが
この島1番の見所とも言うべき

DSC03623
ジェームスボンド岩

DSC03626
岩の前は小さなビーチ

DSC03632
ジェームボンド島を後にし
船に戻り
お楽しみのランチタイム!!
カオパッ、天ぷら、チキン、フライドポテト
鶏肉とカシューナッツの炒め物、トムヤムスープ、白いご飯
種類も豊富においしい食事でした。
希望の人はビールも買えます!

ランチタイムの後に向かうのは
DSC03646
「ホン島」
島の外側と内側を回ります。

DSC03636
ここでも洞窟に入ります。
この時は海の水が一杯だったので洞窟の途中で引き返しましたが
実はこの洞窟の先にはマングローブケーブがあり
洞窟の先にはマングローブがたくさん住む
ラグーンが広がっています。
時間帯で水の量が違うのでこちらのツアーの際は行けません。
前に紹介した「サンセットクルーズ&シーカヌーツアー」の際は
この洞窟も通り抜けます。

DSC03643


島を回り、船へ戻ると
お楽しみのフリータイムとなります!!
船で休むもよし!船から海にダイブするもよし!
カヌーを漕ぐもよし!泳ぐもよし!

DSC03647
船の近くに小さなビーチがありました。
気づけば、みんなカヌーに乗って
そこを目指していました!!
静かで、雄大で、贅沢なカヌータイムです!

DSC03648
パンガー湾の大自然の中で
冒険心むき出しで
思いっきり遊んでください!!



PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。

1 - 5件目まで(5件中)