1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. ブルーアイランドさんの旅行ブログ

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

プーケット、ピピ、クラビ、カオラック情報

ブルーアイランド プーケット
プーケット現地旅行会社 ブルーアイランドです!プーケットのホテル、ツアー、アクティビティーのご予約は格安でも、良質な手配がモットーの当社へお問い合わせ下さい。
プロフィール

ニックネーム:
ブルーアイランド
居住地:
アジア>タイ>プーケット
会社名:
ブルーアイランド プーケット
会社英字名:
Blue Island Co.,LTD
会社所在地:
アジア>タイ>プーケット
会社電話番号:
076-255056
業種:
旅行業
自己紹介:
プーケットの現地旅行会社、ブルーアイランドです。
プーケットをはじめ、ピピ島、クラビ、パンガー、カオラックの
情報をお届けします。
ホテル、ツアー、スパエステ、送迎手配なども行っていますので、
こちらにご旅行の際には、是非お手伝いさせてくださいね!

カレンダー
8月<2010年09月    
1 234
567891011
12131415 161718
1920212223 2425
26272829 30

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

NoPhoto
プーケットパラダイスアドベンチャー
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:その他 動物 
投稿日:2010/09/29 16:21
コメント(0)
DSC08092
カタビーチからナイヤーン、ラワイビーチに向かう
山道の途中では、よく象を見かけます。
道路標識にも象注意!的なものがあります。
この辺は、とにかく自然が溢れていて
とても気持ちのいい道となります。

そんな山道の途中で
ATVバギー、象乗り、モンキーショー、スネークショーが
セットになったツアーを体験できる

「プーケットパラダイスアドベンチャー」

こちらの、ATV+サファリツアーを
ご紹介します。

【ATVバギー 30分】
DSC08091

*ATVは、バイクの技術を流用した
小型車体の四輪となります。
アクセルは右手側にあるセルを押すタイプとなります。
ジャリ道、凸凹道など、様々に地形に対応できます。

DSC08089

ATVに乗り込み、エンジンを掛けてスタート
まずは、山道に出て舗装された道を
カタビーチ方面に向けて進んでいきます。
しばらく行くと海側の山の中へと入ります。
道は凸凹とした土の道となり
広めの道から段々と細い道へと。
先にツアースタッフが進み、その後をついていきます。
ATVはバイクの感覚とは全然違うので
ただまっすぐ走るだけなら問題ないのですが
凸凹の道を進んで行く際、細やかな動きが
なかなかうまく行かず、コース取りに苦戦しました。

DSC08082
しばらく行くと木々に囲まれ
日陰となった場所に到着。
ここで、しばしの休憩となります。

DSC08083
ここは、隠れビューポイントになっていて
目の前に海が広がるのはもちろん
カタ、カロンビーチを上から見渡すことができます。

一息つき、来た道を戻ります。

●ご注意
ATVは山の自然を走ります。
途中、細くなった道もあり、過った運転をすると
危険が伴う場合もあります。
操作が難しい箇所等で思い通りに行かない場合は
止まってスタッフを呼んで下さい。
無理な運転はしないようにして下さい。



【スネークショー 30分】
DSC08184
ATV乗り場の隣の敷地には
象乗り、モンキーショー、スネークショーが楽しめる
サファリ施設になっています。

まずはスネークショーから
DSC08103


DSC08100
「おっさん」VS「キングコブラ」
おっさんが4種類のキングコブラと戦います。
蛇の動きはかなり、えぐいですね(笑)

DSC08115
戦いの末には口に入れちゃいました。

DSC08105
戦いの後は、サービスタイムとなります。
お客さんの足に蛇が巻かれています。

DSC08111
巻かれてみました。
巻かれた部分が、どんどん硬くなっていって
半端じゃない締め付けでした。

蛇を首に巻いての写真撮影もあり
蛇の気色悪さを存分に感じる時間となります(笑)


【象乗り 30分】
DSC08125


DSC08130


DSC08142
施設の裏手にある山道を進んでいきます。
景色は、高いところへ行くと施設が下に見え
遠目には、シャロン湾を望むことができます。
象乗り場のクオリティは決して高くありませんが
静かな、場所で象乗りを体験できます。


【モンキーショー 30分】
DSC08162
サワディ・カップ
ということで、2足歩行が上手な
おサル君達が愉快なショーを見せてくれます。

DSC08169
よっ!

DSC08168
フンガー!!

その他にも
・希望した数字をモンキー君が見つけて当てるゲーム
・手錠のように巻かれた縄をモンキー君に解いてもらう

などなど、いろんな芸を見せてくれます。

DSC08178
最後には自転車に乗ります。
かわいいなぁと見ていると
目の前にやってきて、止まります。
籠の中にはタイバーツが入っています。
無言のチップ請求にあいました(笑)


DSC08188
施設の中にはこんなかわいい小象もいます。


ほんの2,3時間で内容の充実した
ツアーを楽しむことができます。
ローカル感たっぷりな施設ですが
料金もリーズナブルですので
特に、カロン、カタエリアに宿泊の方は
近いので、時間を節約して遊べます!



タグ:
プーケット カタ ATV 象乗り 

PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
NoPhoto
パカラン レストラン 〜ル・メリディアン〜
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:グルメ 
投稿日:2010/09/23 13:28
コメント(0)
ビーチリゾート・プーケットでは
たくさんのリゾートナイトを味わえる
素敵なレストランがたくさんあります。

今回紹介するのは
パトンビーチとカロンビーチの間にある
【ル・メリディアンホテル&リゾート】
こちらにあるレストラン

パカラン

DSC09486
リゾート感満点のエントランスを抜け
ホテル中央にあるレストランへ

DSC09450


DSC09465


DSC09448


DSC09465


DSC09453


DSC09466
プールの中央にあり
ヤシの木の間からは、プライベートビーチが望み
とても素敵なロケーションに感動です!

このレストランでは「ビュッフェスタイル」となります。
DSC09484
この日はアラビアンナイトということで
「アラビア料理」

アラビア料理なんてプーケットはもちろん
日本でも食べることなんてないし
しかもビュッフェということで
かなりテンションが上がっちゃいました(笑)

DSC09456


DSC09457


DSC09462


DSC09464


DSC09467


DSC09461
ケパブ、うますぎでした!

DSC09459


DSC09468
料理の名前とかは分からないし
書いてあったけど、覚えられなかったのですが

「アラビア料理」最高です!!

うまい!!

肉を使った料理が多く
味も濃そうなのばっかでしたが
食べてみるとそんなこともなく

まじうまい!!

実はナスをずーっと食べたかったんですが
プーケットのスーパーには売ってないし
日常でもナスを使った料理がなくて。。。
でも、ここで出逢えました(笑)

ケバブ最高!!


アラビア料理、完全にはまりました!




DSC09474
しばらくするとレストラン中央のステージでは
アラビアンナイトショーが始まります。
ダンスのレベルも高く(とかいいながら、基準まったくわかりませんが。笑)
見応えのあるショーでした。

DSC09475
欧米人の小さな女の子も夢中で一緒に踊ってました(笑)

DSC09479
中でも、この5人組のバンドが最高でした。
ギターとジャンべで、かなりメロウな音色で
色んな知っている曲を歌っていたのですが
この日演奏したこの人たちのCDが欲しい!
と思うぐらい、歌がめちゃくちゃうまくかったです。
しかも、我ら日本人がいるということで
サザンの「いとしのエリー」や宇多田光の「First Love」を
完璧に日本語で歌ってくれました!


是非、こちらのレストラン ご利用されてみてはいかがでしょう。
タグ:
プーケット パトン カロン 

PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
NoPhoto
アオナンビーチ
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:観光地 
投稿日:2010/09/15 16:16
コメント(0)
「アオナンビーチ」へ。

前回、ロッククライミングしに
クラビを訪れた時は、ホテル見学だけで
アオナンの街は、車から眺めただけでした。

DSC09723
クラビタウンの交差点では
原始人が信号を持っているという
ユニークなものになっています。
他の交差点では、また違ったモチーフのものもあります。

DSC09725
チャイさんには、ホテルをチェックアウトする
という任務があり、また帰りの運転まで
体力を蓄えてもらおうということで
ソンテウでアオナンに向かいます。

クラビタウンからアオナンまでは
「50バーツ」

走り始めると、ビュンビュンと行きます。
20分程すると、やってきました

『アオナンビーチ』

あっ、ちなみにソンテウは
天井にブザーが付いているので
降りたいところで押すと、停まってくれます。


さて、『アオナンビーチ』
DSC09732


DSC09748


DSC09746


DSC09786


DSC09769
プーケットにはない乗り物
「サムロ」=バイクリヤカータクシー

DSC09779
サムロ、いいですね〜
アオナンエリア内は1人20バーツ
すぐ隣のノッパラッタラビーチへは1人30バーツ
だそうです。

DSC09774
セクシィフラフープ

DSC09778


DSC09772


DSC09785

人が少なく、とってものんびり、まったりでした。
かといって、閑散とした感じではなく
むしろ、サバ〜イ、サバ〜イ全開といった感じです(笑)

ビーチ手前は遊歩道となっていて
ベンチが置かれていたり
ゴザを敷いて海を眺めながら
寝転がっていたり、ランチをしてたり。
昨日の寝不足もあり、30分程
ベンチで爆睡してました(笑)

クラビでは、断崖絶壁の岩山が目立ちます。
このアオナンも然り。
街があるんだけど、奥には山が聳えてる

こういうロケーション、大好きです!
しかも海もあるし!

海は、プーケットに比べると
あまり綺麗ではなく
また、ビーチチェアーもなく
プーケットのリゾート感とは違いますが
いい感じです。

ハイシーズンのクラビ・アオナンも見てみたいですね!

プーケットとはまた違う
ゆったり、まったりのビーチでした。


タグ:
クラビ アオナン 

PR
クラビのホテル、ツアー、送迎手配は、現地旅行会社「ブルーアイランド」にお任せください!
クラビのホテル、ツアー、送迎手配は、現地旅行会社「ブルーアイランド」にお任せください!
NoPhoto
バーン・リム・パ 〜ピアノバー&レストラン〜 タイ料理@パトン
エリア:
  • アジア>タイ>プーケット
テーマ:グルメ 
投稿日:2010/09/01 15:23
コメント(0)
8月もあと少しで終わりですね。
日本にいる時は夏が待ち遠しくて、
夏の終わりにちょっと切なくなってみたり
そして、今度は冬、年末の到来を待ちわびるように
秋ムードで温泉に行ったりと。
季節に感じさせられることが、すごくあります。

プーケットは1年中、夏。
開きっぱなしです(笑)
といっても、住んでると
夏ってゆー感覚がないような。
春、秋、冬があってこそ「夏」。

タイ人に、日本に行ってみたい?と聞くと
だいだいの確率で「行きたくない、寒いから!」
「ティ-ニ-・ディ-・クワ- マイ・ナ-オ」
(寒くないから、ここの方がいい!)
なんて言ってます。
「サバ〜イ、サバ〜イ」がいいようです(笑)
肩の力が抜けてるから、観光客が遊びに来ても
過ごしやすいはずです。


そんなプーケットですが、
いつもは1食30バーツ、35バーツの
屋台飯が中心で、普段は行くことのない
どの雑誌にも載っていて
雰囲気のいい、お勧めのタイ料理レストランは
バーン・リム・パ

という、こちらのレストランに
行く機会があったのでご紹介します。

DSC09595
バーン・リム・パ
プーケットはパトンビーチにあります。
パトンから北のカリムに向かう途中にあります。

近くには日本人ゲストへのサービスが充実している
ダイアモンドクリフリゾート&スパ
http://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2005/54514251.html
こちらのホテルがあります。

よく、「バーン・リム・パ」と口にしますが
ここで、食事をするのは初めてです。
思いの他、素敵な雰囲気で
ちょっと、感動してしまいました。
ピアノの音といい、雰囲気といい
プーケットに来る前に、せっせと働いていた
東京湾のクルージングレストランを思い出しました。
あの頃はお客さんの椅子をひいていましたが
今回は椅子をひいてもらいました(笑)

DSC09574


DSC09573


DSC09572


DSC09568


DSC09577


DSC09582
当社でもサービスで
レストラン予約もしてるので
こちらのレストランに行かれる方が
多く、いらっしゃいますが
行かれた方はきっと、素敵なディナータイムを
過ごされたんだろうなぁと思いました。

窓はなく、オープンになっていて
波、風の音が聞こえ
夜にはパトンのネオンが光ります。
サンセットタイムは、海と太陽を眺めながらの
とても気持ちいい時間だと思います。

料理は1品350バーツ程で
魚料理など650バーツ程
他にも「時価」と書かれたものもありました。
メニューは日本語のものもあり
スタッフも気さくに日本語で挨拶をしてくれます。

今回食べた中で
DSC09588
奥の生春巻き
これが絶品でした。
まじでうまかったです!
北京ダックを食べてるような
そんな食感と味でした。

DSC09593
ガイ・ホー・バイトゥーイ=鶏肉のバンダンの葉包み
これもうまかったです。


ロウソクの灯りの中、ピアノの音色を聞きながら
海沿いでの素敵なディナータイムでした。

タグ:
プーケット パトン バーンリムパ 

PR
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。
プーケット旅行の際は、ぜひご相談を! 現地旅行会社 ブルーアイランドには日本人スタッフが常駐しております。

1 - 4件目まで(4件中)