1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. ツアーガイドSOMAさんの旅行ブログ

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

サムイ島のんびりガイド

~毎日バイクで島をあっちこっち~

サムイ島から毎日更新!コサムイ現地ガイド
現地ホテル・ツアー情報やローカル情報、写真などを毎日更新しています。サムイ島旅行の際はお気軽にご連絡ください。
プロフィール

ニックネーム:
ツアーガイドSOMA
居住地:
アジア>タイ>サムイ島
会社名:
ツアーガイドSOMAサムイカンパニーリミテッド
会社英字名:
Tour Guide SOMA samui Co., Ltd.
会社所在地:
アジア>タイ>サムイ島
会社電話番号:
66-77-245-762
業種:
旅行業
自己紹介:
こんにちは。タイはサムイ島の現地日系旅行会社のツアーガイドSOMAです。
サムイのホテル、ツアー、離島へのボートチケットなどの手配をしています。
ディープな現地情報を踏まえて、ベストなサムイ島滞在をご提案します。
サムイにいらっしゃる際は何なりとご連絡ください!

毎日のサムイ島の写真(flickr)
http://www.flickr.com/photos/kohsamui/
facebook
https://www.facebook.com/somasamui/

カレンダー
5月<2012年06月>7月
12
3456789
1011 1213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

1 - 1件目まで(1件中)

カンダブリリゾート
サムイ島 カンダブリリゾート -チャウエンビーチ北の大型リゾート(今年のお奨め)
エリア:
  • アジア>タイ>サムイ島
テーマ:ビーチ・島 旅行準備 ホテル・宿泊 
投稿日:2012/06/11 09:33
コメント(0)

Koh Samui Kandaburi Resort サムイ島カンダブリリゾート (24)

空港からチャウエンビーチロードの繁華街に向かう途中に道路際にある象の噴水が目立つチャウエンビーチ北の大型リゾートのカンダブリリゾート。プーケットやクラビ、カオラックにもリゾートがあるカタグループのリゾートになります。チャウエンビーチの繁華街からは若干離れますが、その分お部屋はゆったり広い全室52M2以上でスノーケルが楽しめるビーチがホテル目の前というサムイでもとても数が少ない”ホテル前のビーチでスノーケルができるホテル”という条件に当てはまります。リゾートは海側と道路を挟んで山側にあり、両サイドに広めにプールがあり、レストランは4箇所、小さなジムとスパも併設しているサムイでは大型リゾートに入ります。しっかりとした自家発電と給湯設備を完備しており、2011年の大洪水による数日に及ぶ大停電の時には他のリゾートからカンダブリリゾートへお客様を移したリゾートもありました。
オープンして6年ほどたち、今までの価格だと見合うかな?と思うところがあり、あまりお奨めしておりませんでしたが、良いレートが出ているため、1万円前後の中規模中級リゾートを考えていた方には、同じ金額でチョッピリいい気分になれるカンダブリリゾートをお奨めします!

Koh Samui Panorama

☆こんな方にお奨め☆

  • 予算は抑えてもちょっぴり豪華なリゾート
  • ファミリーにもカップルにも一人旅、友人旅行にもOK。団体も対応可能。
  • 子供用プール希望、プールは広いほうが良い
  • 繁華街近くがいいけど、繁華街内よりも少し静かなところが良い
  • 遠浅の海で遊びたい!スノーケルしたい!
  • あんまりスタッフになんやかんやとお世話されずに自由に滞在したい
  • バスタブ希望。バスルームはとても広くて熱いお湯がジャージャー!
  • 朝食はビッフェ希望。それなりに品数がある。

☆この辺は妥協が必要かも☆

  • チェックインは時間がかかることが。
  • スタッフはとても親切すぎる!まではない。
  • お値打ちのヒルサイドルームからビーチまではおおよそ5分。
  • お部屋からシービューの部屋は非常に少ない
  • 大型リゾートゆえにパッケージツアーで利用されており、団体さんやハネムーナーさんのグループが利用していることも。(大体日中は外出していることが多い。)
  • チャウエンビーチ繁華街まで歩くと汗が出るが無料シャトルバス、コンビニ等は徒歩圏内にある。
  • 海の水かさの多いシーズン(11-2月初旬ごろまで)はホテル前の砂浜が干満によりとても狭くなる可能性が高い。 3-10月は問題なし。
  • ヴィラ、バンガローはなく、低層ビルディングタイプのリゾート
  • WIFIは有料。高い。
  • オープン 2006年

 

    • 部屋数 全183部屋 ヒルサイド131部屋、ビーチサイド44部屋、ファミリースイート6部屋、ハネムーンスイート2部屋

 

    • 日本語対応なし (NHKワールドは入ります。)

 

    • バリアフリー度 フロントから海側へはまず10数段の階段があります。ヒルサイドのビルディングにはエレベーター完備。ビルディングまでの道は傾斜のある道か階段のある建物を通り抜ける。室内はバスルームと寝室の間に段差なし。

 

    • 室内設備 全室共通 調整可能エアコン、バスタブ、冷蔵庫(中は空)、簡易ポット、コーヒー、紅茶、ティーポット、サテライトTV(NHKワールドあり、アニメチャンネルなし)、電話、バスローブ、スリッパ、セーフティーボックス、WIFI(有料)、ドライヤー、ベープマット、飲料水毎日一人1本、フォーク、ナイフ、皿、ルームサービス

 

    • リゾート設備 ジャグジーつきプール2箇所子供用プール併設、レストラン4箇所、ビーチバー、ロビーバー、スパ、マッサージサラ、ジム、ダイブショップ、テーラー、ツアーデスク、ランドリーサービス、会議室、24時間セキュリティー、パソコン貸出し、シャトルバスサービス、駐車場、WIFI(30分100バーツ〜)

 

    • リゾート徒歩圏内に・・・ファミリーマート徒歩3分、マグノリアスパとカフェが隣。バイク、車レンタル2分、レストラン、マッサージ、薬局、ATM等 両隣のリゾートは、チャバカバナとブリザ。

 

    • ホテルから車で・・・ 空港5分、チャウエン繁華街3分、ロータス/ビッグC 10分、ラマイ25分、ボープット15分、(リゾート前にタクシーが待機していることが多い、ソンテウ通り道)

 

カンダブリリゾート宿泊時の写真

Koh Samui Kandaburi Resort サムイ島カンダブリリゾート (15)

ホテルエントランスです。外観はちょっぴりモダン、中はタイチックなデザインとなっています。
駐車場は、このフロント前と、ヒルサイド側のビルディング横通路に止めてよいことになっています。

Koh Samui Kandaburi Resort サムイ島カンダブリリゾート

エントランスを入ると、真ん中に仏陀が鎮座していて、右側のエアコンルームがレセプションです。
チェックインですというと、宿泊者全員のパスポートを提示するように言われ、レセプション外のいすで待つように言われます。

Koh Samui Kandaburi Resort サムイ島カンダブリリゾート (26)

ロビーラウンジ周辺に座って待ちます。ちょっぴり時間がかかることが多く、ヒルサイドの場合は、ヒルサイドにお客さんを案内している車を待たないといけないこともあります。

Kandaburi Resort welcome drink サムイ島

ローズのウエルカムドリンクとよく冷えたお絞りでしばらく南国の暑さをお楽しみください。
(ノンアルコールです。飲み干した後はお子さんの口の周りのチェック必要、真っ赤なはずですw

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (7)

Koh Samui Kandaburi Resort サムイ島カンダブリリゾート (27)

ロビーラウンジ横にスパ、道路近くに小さなフィットネスルーム、ダビングショップ、テーラーがあります。

レセプションとは公共道路を隔てた山側にあるデラックスヒルサイドへはカートで移動します。(チェックインの時だけ)

Koh Samui Kandaburi Resort サムイ島カンダブリリゾート (23)
道路はこんな感じで、車がビュンビュン走っていることはなく、車が続いたとしても数台。
警備員さんがGOサインを出して渡らせてくれます。

Koh Samui Kandaburi Resort サムイ島カンダブリリゾート (22)

ヒルサイド側です。道路に面したところには、トムヤムタイというランチからディナータイムにおーぷんするトラディショナルタイ料理をエアコンで楽しめるレストランと、カンダリナという地中海料理をメインに、シーフードやパスタなどの洋食が楽しめるレストランがあります。その奥に若干屋根が見えているのが宿泊棟になります。

Koh Samui Kandaburi Resort サムイ島カンダブリリゾート (11)

Koh Samui Kandaburi Resort サムイ島カンダブリリゾート (10)

ヒルサイドビルディングは中庭をはさんでコの字型の3階建てビルディングになります。
ビルディングがやや斜めを向いて建てられているというか、ベランダがひとつ前のお部屋よりもやや後方になるようなつくりになっていて、お隣さんやお向かいさんからの視線が気になるということがない作りになっています。多少向かいのベランダが見えたりはしますが、至近距離ではありません。
傾斜のビルディングだったら、もしかして海が見える???と思いましたが、残念ながら見えません。トロピカルな植物が多くて、ガーデンビューですが気持ちが良かったです。

リゾート全体図。

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (6)

ビルディングは5棟ほどあり、同じ横並びでも階段を上がると部屋番号の最初の数字が違ったりと若干こんがらがりますので、しっかり自分の部屋の位置を覚えておく必要があります。(階段手前が3から始まり、階段を登ると5から始まるなど)

☆デラックスヒルサイドルーム 52M2 131部屋☆

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (25)

まず玄関を入ると、クローゼットスペースがあり、向かい側にバストイレとなります。
クローゼットの取っ手の輪が取れていたというのはありますが、気にするほどのことでもないレベル。ランドリーはホテルに依頼するとTシャツ1枚50バーツ〜。
セーフティーボックスは4桁の暗証番号を入れるか、自分のキャッシュカード、クレジットカードなどで鍵をすることも出来ます。室内に貴重品は必ずセーフティーボックスに入れてくださいの注意書きがあります(泥棒が多いわけではない)ので、使用できるかどうかお部屋に通された際に確認しておくといいです。 傘は置いてありませんでした。

部屋に入る前にドアがあり、バスルーム、クローゼットエリアとお部屋と完全に分かれます。
今回は家族5人での宿泊でしたので、エキストラベットを1台入れてもらいました。2台入れることも出来るよとのホテルの回答でした。ほかの部屋をちら見した家族によると、2段ベットが入っていた!という情報です。ホテル規定は1室子供2名ですが、2名以上でも受け付けてくれる可能性大です。(こっそり言うと)

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (9)

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (10)

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (2)

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (3)

ツイン+エキストラのトリプル仕様です。エキストラを入れても十分広く、ダイニングテーブルはご飯を食べるのに活躍し、窓際の横になれるタイプのソファーとテーブルを使っても狭くなく、5人で快適に過ごせました。ベットはベット台がひとつでその上にベットが載せてあるタイプなので、ツインでもベットの隙間をくっつけることが出来るのはご家族連れには便利だと思います。
シングルベットは縦200センチ、横110センチでした。カーテンは遮光タイプ。
ベットは固めで、毛布をシーツでサンドイッチにしたタイプではなく、コットンリネンが気持ちよかったです。エアコンの効きもよしで、温度調整が可能です。

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (15)
出窓をソファーにしてあるスペースで、子供はこの場所がお気に入りでした。

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (14)

お皿とナイフとフォークが用意されたダイビングテーブル。果物を買ったけど、ナイフがないということもなく、自室でくつろいで感が良かったです。

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (30)

ポット、コーヒー、紅茶セットとティーポットまで用意されていて、いたせりつくせり。
ポットはあってもティーポットもあるというはこの価格帯ではなかなかありません。

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (16)

テレビは衛星放送が21チャンネルあり、1チャンネルでサムイのアクティビティや紹介が延々繰り返し流れています。残念なのはキッズチャンネルがないことでしょうか。音楽系もなかったような。
全体の印象としては収納が多い。テレビの下の棚にはベープマットが入っています。ポットの下が冷蔵庫で、中身は空です。

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (12)

枕元に国際電話可能な電話。

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (29)

テレビ横にはスパ、ルームサービス、オプショナルツアー等の案内があり、良くあるホテルの全体図や案内などの細かいことを記載した冊子、便箋封筒等は置いてありません。ルームサービスメニューはビーチ前レストランのランチメニューと同じで40バーツ〜高くなっています。

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (31)

このステッカー欲しいと思ったベランダへのドアに書かれている注意書き。開けっ放しにしておくと蚊が来るぞの注意シール。滞在中は蚊に悩まされることは一切ありませんでした。

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (32)

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (1)

ベランダの広さも十分です。洗濯物が干せるバーが置いてあります。タバコはベランダでお願いしますということでした。今回はプールと同じ階で、プールまで直線というビルディングの1階のお部屋に宿泊しました。そのベランダからの眺めです。隣が見えることはなく、壁が前方に見えていましたが、緑豊かなガーデンのおかげで別に眺めはどうでもいいかなとも思えました。

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (24)
ここの特徴はやらと広いバスルームです。この価格帯でこの広さは激しく贅沢な空間に感じます。はじめはこの無駄な広さは??と思わなくもなかったのですが、家族5人が同時にいてもうざくないという広さです。一度見たら印象に残る広さと、レースのカーテン。

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (23)

写真斜めですが、トイレから見たバスルーム全体。

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (17)

広角でも入りきらないバスルーム! ドレッサーが右側という感じの作りになっていて、寝室には鏡がありません。

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (26)

左の柵とカーテン部分がバスタブです。お部屋側にも柵とカーテンがあり、テレビを見ながら入浴が可能。これだけ広く、換気栓も回っていて室内が湿気るということはなく、タオルの乾きも良かったです。

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (18)

残念なのはバスタブがもう少し大きければ・・・ということ。周りの広さに対して、バスタブ狭いです。しかも、一度このタイルにあがってから、湯船に入るというのが”惜しい”デザイン。
水でうめないと入れないほどの熱いお湯がジャージャー出ます。日本レベルで出ます!!!

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (21)

バスタブから遠い位置にシャワーブースです。こちらも熱いお湯がジャージャーでます。痛いぐらいに強い勢いで出ます(シャワーヘッドの調整可能)しかも排水は抜群。バスタブとシャワーを同時利用しても圧にも暑さにも影響がありません。島において水系統やお湯の熱さに関しては日本人好みの熱さや圧が出るリゾートはそれなりのリゾートになってしまうので、有り難いです。

Koh Samui Kandaburi Resort DLX Hillside サムイ島カンダブリリゾート (19)

バスアメニティはシャンプー、コンディショナー、ボディーローション、バスフォーム、コットン、シャワーキャップ、綿棒とアロマポット(アロマオイルとキャンドルなし)。シャンプー、コンディショナーを試してみましたが、パサパサに。バスフォームは手を洗うにはヌルヌルが強く、普通の固形石鹸があったらなと思いました。

Koh Samui Kandaburi Resort サムイ島カンダブリリゾート by HTC One v (3)
隠しカテゴリーかも。ヒルサイドプール横に3部屋のみの専用プール(浅い)があるお部屋が。
ヒルサイドプールには繋がっていません。

☆ビーチプール/ヒルサイドプール☆

Koh Samui Kandaburi Resort hillside pool サムイ島カンダブリリゾート (12)

Koh Samui Kandaburi Resort hillside pool サムイ島カンダブリリゾート (4)

Koh Samui Kandaburi Resort hillside pool サムイ島カンダブリリゾート (1)

ヒルサイド側の道路に近いほうにあるヒルサイドプールです。朝食レストランがお隣にあります。

Koh Samui Kandaburi Resort hillside pool サムイ島カンダブリリゾート (13)

別に水深70センチの子供用プールが横にあり、子供用と大人用プールの間が通路になっていて、レストラン、レセプション方面に行けます。

Koh Samui Kandaburi Resort hillside pool サムイ島カンダブリリゾート (8)

気持ちが良い非現実チェアーあり。注意:電子機器ですが。

Koh Samui Kandaburi Resort hillside pool サムイ島カンダブリリゾート (3)

2名x3箇所あるジャグジーは寝て入れるタイプ。

Koh Samui Kandaburi Resort hillside pool サムイ島カンダブリリゾート
子供用プールも広いのですが、子供用ではもう物足りない子供はプール端の水が出てくるところを使って打たせ水にしてみたり… 深さは1.5-1.6mありますが、泳ぎ回る子供たちには十分な広さです。大人も泳ぐのにちょうど良い感じ。

Koh Samui Kandaburi Resort hillside pool サムイ島カンダブリリゾート (11)

シーリングファン付の日陰コーナーもあります。ローシーズンだった事と、お天気がピーカンではなかったためかヒルサイドプールは貸切の時も多かったです。ビーチチェアーは部屋のバスルームに用意されているエメラルドグリーンのタオルです。かなり大判タイプで、プールチェアーの長さがしっかりあります。

Koh Samui Kandaburi Resort サムイ島カンダブリリゾート (6)

ビーチプールへはフロント棟から階段を下りて、ビーチに進みます。この間にビーチサイドルームが両側に並びます。リゾート内には蓮池が多く、きれいに咲いていて、その周りにも部屋が通路から目隠しされるような大き目の植物が植えられていて綺麗です。

Koh Samui Kandaburi Resort サムイ島カンダブリリゾート

Koh Samui Kandaburi Resort beachpool サムイ島カンダブリリゾート (3)

ビーチプールです。30mの長さがあります。こちらのほうが人は多く、水がヒルサイドより温かかったです。

Koh Samui Kandaburi Resort beachpool サムイ島カンダブリリゾート (2)

ジャグジーが何箇所かあり、座って入れるところや寝て入れるところ、ちょうどふくらはぎにあたって、良い感じだったり気持ちが良いプールでした。プールの横にはマッサージサラがあります。タイマッサージ1時間350バーツ、90分500バーツ。

Koh Samui Kandaburi Resort beachpool サムイ島カンダブリリゾート

Koh Samui Kandaburi Resort beachpool サムイ島カンダブリリゾート (1)

プールチェアーはプールの周りにそれなりの数が配置されています。ハイシーズンの場合はビーチプール回りは足りなくなる可能性がありそうな、なさそうな。

Koh Samui Kandaburi Resort beachpool サムイ島カンダブリリゾート (4)

別に子供用プールも完備されています。このプールの横には卓球台が1台あります。

☆レストラン☆

Koh Samui Panorama (1)

ヒルサイドのカンダリナ(休業中のようです)とトムヤムタイレストラン以外にヒルサイドプール横の朝食会場になるパームコート、ビーチプール横のビーチフロントにフランギパニというレストランがあり、ビーチサイドルームの朝食レストランになります。(パームコートに併合の場合あり)

Koh Samui Kandaburi Resort Breakfast サムイ島カンダブリリゾート 朝食 (5)

ヒルサイドのパームコート、朝食会場です。L字型のオープンエアーのレストランで淵には蓮池があります。朝食はビッフェタイプで部屋番号を伝えます。

Koh Samui Kandaburi Resort Breakfast サムイ島カンダブリリゾート 朝食 (2)

朝6時から10時までなので、朝早いタオ島・ナンユアンスノーケルツアーや離島へ行く6時半のお迎えにも食べて行くことが出来ます。

Koh Samui Kandaburi Resort Breakfast サムイ島カンダブリリゾート 朝食 (1)

個人的には十分すぎる種類があったと思います。バゲット系のパンが何種類もありました。

メニュー一例:ミートボールグレイビーソース、洋風な野菜炒め、ポテト、ビーンズ、焼きプチトマト、卵スタンド、チャーハン、パッシーユー(米太麺焼きそば)、おかゆ、ハム、ベーコン、ウインナー、チーズ、パンケーキ、サラダバー、カップケーキ、フルーツジュース(3-4種類)、シリアル、ヨーグルト、フルーツなどがあり、ジャムやドレッシングの種類が数種類づつあります。

Koh Samui Kandaburi Resort Breakfast サムイ島カンダブリリゾート 朝食

あれもこれも取りすぎてしまった結果…

Koh Samui Kandaburi Resort サムイ島カンダブリリゾート (3)

写真はレストラン横からのものです。レストランからも海が見えますが、建物越しとなり、海を見ながらの朝食という感じではないです。ビーチサイドに宿泊の場合はビーチ前レストランが朝食会場となるようです。

Koh Samui Kandaburi Resort beach restaurant サムイ島カンダブリリゾート (1)

Koh Samui Kandaburi Resort beach restaurant サムイ島カンダブリリゾート (2)

こちらはビーチ前、プール横にあるフランギパニレストランです。朝食からディナーまで通してオープンしています。完全にオープンエアーの席と屋根つきの両方があります。ランチタイムは10時半から16時。ランチメニューはルームサービスメニューと同じで品数は少なめです。(ルームサービスは40-50バーツプラス)夜は月曜日にシーフードBBQナイトビッフェの告知が出ていました。大人650バーツ、5-12歳325バーツ。また、シーフードセットメニュー2名で1800バーツというのも出ていました。

Koh Samui Kandaburi Resort beach restaurant サムイ島カンダブリリゾート (4)

Koh Samui Kandaburi Resort beach restaurant サムイ島カンダブリリゾート (3)

ランチでハンバーガーとえびのチャーハンを食べてみました。ハンバーガーは普通にリゾートホテルで食べるレベルで、チャーハンはえびがごろごろ入っていて、美味しかったです。
どちらも2皿づつ+コーラ4本+水で1500バーツです。1品200バーツぐらいからでそれに17.7%の税とサービスチャージが加算されます。

Koh Samui Kandaburi Resort -beach サムイ島カンダブリリゾート (2)

ビーチぎりぎりのところにも席があります。またレストランの反対側にはビーチバーがあります。
道路を渡ったヒルサイドのトムヤムタイレストランでは2名で1200バーツのタイ料理コースディナーがあります。

☆ビーチ☆

Koh Samui Chaweng Beach North end サムイ島チャウエンビーチ北端 (3)

リゾート前のビーチは、チャウエンビーチ内でもっとも遠浅になる部分になり、水かさが低く日中干潮を迎える夏のシーズンはこのように広い砂浜が出来ます。逆に水かさが多くなり、チャウエン側に風が吹きつけ波の立つ11-2月ごろは砂浜部分がずいぶん狭くなり、水が近くまで来ます。そのようなシーズンでも前方斜め前で途切れるリーフのおかげで波が立ちにくく泳いで遊べます。

Koh Samui Chaweng Beach North end サムイ島チャウエンビーチ北端 (7)

沖合いまでは200mほど歩いていけるほどの遠浅で、ところどころ砂浜が出現し、海の何層もの色と白い砂浜はぜひとも写真に1枚収めておきたい美しさがあります。吸い込まれるように人が沖合いの浅瀬に歩いていきますよ。海は見ているだけという方も、水着にならずにしばらく歩いて沖合いまで行くことができます。

Koh Samui Chaweng Beach North end サムイ島チャウエンビーチ北端 (6)

雲が多くてあんまり日差しが安定していないときでもこの程度はあります。

Koh Samui Chaweng Beach North サムイ島チャウエンビーチ北 (7)

koh Samui Chaweng Beach north コサムイ チャウエンビーチ北1

Koh Samui Chaweng Beach North コサムイ チャウエンビーチ 北1

koh Samui Chaweng Beach North サムイ島 チャウエンビーチ北4

少し沖合いから見ると、こんな感じに。

Koh Samui Chaweng beach North サムイ島チャウエンビーチ北6

Koh Samui Chaweng Beach North コサムイ チャウエンビーチ 北12

沖合いはリーフと砂地があり、スノーケルが楽しめます。
ただし、珊瑚が多いというよりは岩礁が多く、スズメダイと無数の小魚は常連、ハゼ、型のいいキスの群れ、アイゴ、ハナアイゴ、ブダイ、ハタ(沖合いでヤイトハタらしい動きあり)、エビスダイ、箱ふぐ、コショウダイ、チョウチョウウオの稚魚、ヤッコなどなど結構いろいろな種類の魚みれるじゃないかという感じです。もぐってみると透明度がいまいちということは否めないのですが、子供が背の立つところでパンを上げるとスズメダイが集まってきたり、ビーチ左側に見えるマトラン島に沿うリーフ沿い沖合いで中型の群れが見れたりもします。ナンユアンやタオの魚の多さとは比べないでください。

透明度や色合いがあまりよくありませんが、スノーケル時の写真です。

☆ホテル周辺☆
Koh Samui Kandaburi Resort サムイ島カンダブリリゾート (5)

ホテル前は左右ともに軽く坂になっています。写真はチャウエン繁華街方向です。
ホテルのすぐお隣は死海トリートメントやヨガもやっているマグノリアスパとカフェです。
サウナはありませんが、気持ちがいいです。この坂を上って下る途中に安いマイフレンドマッサージ(徒歩約5分弱)があります。
繁華街反対側には、バイクや車レンタル、タイ料理レストラン、コンビニなどがあります。
繁華街に行くにはホテルのシャトルバスに乗るか、ホテル前を通る乗り合いタクシーのソンテウ、ホテル前で待機していることが多いタクシーが便利です。
歩いて行くには、ビーチ側を通ったほうが平坦で楽です。(ビーチ側から歩いて繁華街の始まるところまでは10分ぐらいです。)

以上、今年の特にお奨めリゾート情報でした。
タグ:
カンダブリリゾート チャウエンビーチのホテル スノーケルができるホテル 大型リゾート 部屋の広いリゾート 

PR
カンダブリリゾートの詳細、ご予約承ります。毎日のお天気や地元レストラン情報なども発信中。お気軽にお問い合わせください。
カンダブリリゾートの詳細、ご予約承ります。毎日のお天気や地元レストラン情報なども発信中。お気軽にお問い合わせください。

1 - 1件目まで(1件中)


国一覧
アジア
タイ(122)
マレーシア(1)