1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. 三進トラベルサービスさん

  海外エリア: アジア > 韓国 の他のブログはこちら|

【韓国専門・三進トラベルサービス】

~自分で創るオリジナルの旅の計画・手配のお手伝いが得意な当社が一歩踏み込んだ韓国情報をお届けします!テーマのはっきりしたツアーで韓国の新たな魅力を発見してみませんか?~

韓国のことなら三進トラベルサービス
韓国専門[三進トラベルサービス]の強みはオーダーメイド旅行!あなただけの韓国旅行を創るお手伝いを誠心誠意させて頂きます(お見積りは無料です)
プロフィール

ニックネーム:
三進トラベルサービス
居住地:
東京都
会社名:
株式会社 三進トラベルサービス
会社英字名:
SANSHIN TRAVEL SERVICE Co., Ltd.
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3243-0450
業種:
旅行業
自己紹介:
韓国専門旅行会社「三進トラベルサービス」では、ソウル、釜山、済州島などを巡るスタンダードなツアーはもちろんのこと、韓国お寺巡りの旅、金剛山トレッキングツアー、韓国世界遺産を巡る旅などの個性的なツアーを多数取り揃えております。

また、韓国ドラマ・韓国映画のロケ地ツアーやK-POPコンサート関連ツアーなど、韓流に関するツアーもございます。そして何より弊社の強みはオーダーメイド旅行。あなただけの韓国旅行を創るお手伝いを誠心誠意させて頂きます。お見積りは無料です! お気軽にお問い合わせください!

【三進トラベルサービス】
◆フリーダイヤル◆
0120-988-134
◆お問い合わせ専用eメールアドレス◆
otoiawase@sanshin-travel.com

カレンダー
9月<2012年10月    
123456
78910111213
14151617181920
212223 24252627
28293031

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

kanjan
ソウルに行ったら行きたいカンジャンケジャンのお店☆
エリア:
  • アジア>韓国>ソウル
テーマ:買物・土産 観光地 グルメ 
投稿日:2012/10/23 12:10
コメント(0)
食欲の秋の到来と共に、韓国に行きたくてたまらない病が出てきました。
みなさんは韓国料理の中で何が一番好きですか?
私はタッハンマリにトッポッキにスンドゥブチゲに・・・1位は決められません。
1位は決められませんが、今一番食べたい韓国料理はカンジャンケジャン(渡り蟹の醤油漬け)です。
カンジャンケジャンといえば新沙(シンサ)にあるプロカンジャンケジャンが有名ですね。日本にも進出しています。
こちらももちろんおいしいのですが、個人的に一番好きなお店は一味カンジャンケジャンというお店です。場所は地下鉄5号線の長漢坪(チャンハンピョン)駅から徒歩で15分位かかるので、
タクシーで行った方が無難かもしれません。店内は入ると靴を脱ぐ場所があり、座敷席のみです。私が行った時はいつでも日本からの観光客はあまり見かけず、地元の人でいっぱいでした。
さて、肝心なカンジャンケジャンの味ですが、
生臭さなどまったく無く、漬けダレの味もちょうどよく、蟹の味もしっかりとあって、
上品で本当においしいです。

kanjan

私もそんなにたくさんのお店に行ったわけではありませんが、
今まで食べたカンジャンケジャンの中では一番おいしいと感じました。

カンジャンケジャンといえば、ご飯泥棒と呼ばれますよね。
ご飯を注文すると蟹の甲羅に残った漬けダレとカニみそにご飯を絡めてパクリ。やめられない、止まらないです。カニみそがどこから出てくるのか、食べても食べても出てくるのが不思議です。本当に食べたくなってきました。

これだけ食べにソウルに弾丸旅行に行く人、この指とまれ!(冗談です笑)
タグ:
ソウル カンジャンケジャン 韓国料理 

宗廟市民公園にて
日本のお年寄りと韓国のお年寄り
エリア:
  • アジア>韓国
テーマ:街中・建物・景色 鉄道・乗り物 散歩・自転車 
投稿日:2012/10/06 12:09
コメント(0)
ソウルの中心部に宗廟(チョンミョ)という所があります。朝鮮王朝の歴代国王の位牌が安置されていて、ユネスコ世界遺産にも登録されている韓国を代表する観光地のひとつです。その入り口の前は公園になっていて、雨が降っていない限り毎日、大勢のお年寄りが集まって来ます。友人とおしゃべりをしたり、碁や将棋を打ったりとゆったりとした時間を過ごしています。概して韓国のお年寄りはオシャレで、かつては伝統衣装・韓服(ハンボク)を着ている人もいましたが、最近は少なくなりました。皆、大きな声で話し、笑い、中にはラジカセを持ってきて、歌ったり踊ったりしているグループもいます。
日本のお年寄りも世界の中でベスト10に入るほどの長寿で、元気な方が多いです。70歳を過ぎても仕事をしている方も大勢いますし、旅行や趣味に没頭したり、ボランティアなど社会的な活動をしている方もいます。
両国ともお年寄りが元気なのは共通ですが、社会における存在感となると違いがあり、押し並べて日本では静かな方が多いのに対して、韓国は悠然とした方が多いです。
韓国は儒教の国です。両親や目上の人を敬い、お年寄りを大切にする教育が小さい頃から徹底的になされ、また先人たるお年寄りから物事を学ぼうとする姿勢があります。かたや、お年寄りは青少年を正しいルールに導くよう絶えず心掛けています。電車やバスに乗っていると若い人が席を譲ったり、話をする時にはお年寄りの前で恭しく両手を前に組んで聞いている光景をよく目にします。社会全体にその精神が覆っていて、この事がお年寄りの悠然とした態度となって表れるのです。
日本のお年寄りは物静かで好奇心旺盛な求道者、韓国のお年寄りは悠然として教育熱心な、両班[かつての貴族階級]。私はこのような違いがあると思います。
またギクシャクとしている昨今の日韓関係ですが、日本の皆様もこのような所を注視して旅行されると、また違った旅の印象を持たれるのではないでしょうか。
<br
宗廟市民公園にて
タグ:
お年寄り 宗廟市民公園 タプコル公園 儒教 

PR
韓国旅行は韓国専門旅行会社・三進トラベルサービスへ

1 - 2件目まで(2件中)


国一覧
アジア
韓国(121)
北朝鮮(2)