1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. スイスペリカンさんのブログ
  4. サンモリッツからポストバスで行ける南スイスの村、ソーリオ(SOGLIO)

  海外エリア: ヨーロッパ > スイス の他のブログはこちら|

日通ペリカントラベル・ネット・スイス発信現地情報
プロフィール

ニックネーム:
スイスペリカン
居住地:
ヨーロッパ>スイス>ジュネーブ
会社名:
日通ペリカントラベル・ネット・スイス
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>スイス>チューリッヒ
会社電話番号:
+41 22 731 5144
業種:
旅行業
自己紹介:
スイス国内・シャモニーの手配はお任せ下さい!

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

サンモリッツからポストバスで行ける南スイスの村、ソーリオ(SOGLIO)

2011/08/19 02:51
ソーリオ
エリア:
  • ヨーロッパ > スイス > サンモリッツ
テーマ:
  • 街中・建物・景色
  • / ハイキング・登山

サンモリッツを基点に、電車やポストバスで周辺の観光スポットへ日帰りで足を伸ばすことができるのも、サンモリッツ滞在の大きな楽しみです。

いくつもある観光スポットから、ここではソーリオをご紹介しましょう。

ソーリオへは、サンモリッツからポストバスでマローヤ峠を越えて、プロモントーニョで乗り換えて行きます。 マローヤ峠を越えてブレガリアの谷へ入ると、ちょっと昔の時代にタイムスリップしたような錯覚を覚える、石造りの、静かな村々が見えてきます。

新田次郎氏の作品にも登場し、また、41歳の若さでこの地で生涯を閉じた画家セガンティーニは、遺作となった未完の三部作のひとつ『生 (せい)』で、この村から見える夕映えのアルプスを描いています。

村内をくまなく歩いても30分ほどで廻れてしまいますが、最後は村の上の方が丘になっているので、ぜひ丘の上から村全体を見渡してみてください。 村内の建物は装飾もない質素な造りですが、昔ながらの町並みを眺めながらのお散歩は、最高の気分転換になるでしょう。

そんな小さな村ですが、おいしい食事がいただけるレストランもありますよ。

プロモントーニョでバス乗り換え!

ソーリオの有名な歴史のあるホテル、PALAZZO SALIS

離れたところから見たソーリオの教会

  • この記事が参考になった人(3)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
  • このホテルはどうやって予約入れるのでしょうか?どうしてもわかりません。 Posted by タコ 【2012/04/12 09:39:38】
  • タコさん、
    ホームページからメールを送ればできるはずですが、最近メールの調子が悪いそうで、すぐ返事はきません。
    http://www.palazzosalis.ch/soglio/indexi.html Posted by スイスペリカン 【2012/04/13 17:09:48】
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
ヨーロッパ
スイス(70)
フランス(5)