1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. スイスペリカンさんの旅行ブログ
  4. スイスペリカンさん テーマパークの記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > スイス の他のブログはこちら|

日通ペリカントラベル・ネット・スイス発信現地情報

プロフィール

ニックネーム:
スイスペリカン
居住地:
ヨーロッパ>スイス>ジュネーブ
会社名:
日通ペリカントラベル・ネット・スイス
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>スイス>チューリッヒ
会社電話番号:
+41 22 731 5144
業種:
旅行業
自己紹介:
スイス国内・シャモニーの手配はお任せ下さい!

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

動物園
楽しいよー♪ チューリッヒの動物園 ♪♪ 
エリア:
  • ヨーロッパ>スイス>チューリッヒ
テーマ:観光地 テーマパーク 動物 
投稿日:2012/04/02 17:31
コメント(0)
スイス特派員、この週末は子供連れでチューリッヒの動物園を訪問!!
今年、2012年に南米アマゾンの動物園エリアが新しくでき、とても興味深く仕上がっています。
2020年までに、像のエリアとして、アフリカゾーンも増設予定です!!
ラクダの親子・・・♪

 

ゴリラ 

 

 

 

そのほか、まだまだたーーくさんの動物が勢ぞろいしています!!!

そうそう♪ 今年に入って、ラクダと、サルと、アルパカの赤ちゃんが生まれました。是非、チューリッヒ動物園で

お子様と楽しい週末を過ごしてください。

オープンクローズ

3月から10月まで 9時から18時まで

11月から2月まで 9時から17時まで (クリスマスは16時で終了)

入場料

大人 22フラン

子供 16フラン (16-25歳 )、11フラン (6-16歳)、6歳までは無料


PR
家族で楽しむチューリッヒ♪
カカオ豆
スイスチョコレートの老舗 「メゾン・カイエー」訪問
エリア:
  • ヨーロッパ>スイス
テーマ:買物・土産 テーマパーク 歴史・文化・芸術 
投稿日:2012/03/20 19:54
コメント(0)

「Cailler カイエ」なしで、スイスのチョコレートを語れません!

メゾン・ドカイエ

メゾン・ドカイエ

 

スイスチョコレートの歴史は今からかれこれ200年に遡ります。19世紀、ヨーロッパではチョコレートつくりは職人の手によりカカオの焙煎から煉り粉状に挽くまで、すべてが手作業で行われていました。当時、ヨーロッパではチョコレートは高級品で食べると疲労回復するという驚異的な「薬」として一般市民の口に簡単に入る代物ではありませんでした。その当時、北イタリアでチョコレートに出会い彼の人生を変えるほど心動かされたスイス人がいました。

フランソワ・ルイ・カイエ!!

そうです、彼が、カイエ社の創業者です。イタリアで、製造を学びスイス発のチョコレート工場を作り、チョコレートを一般市民にも手の届く商品にしてくれたありがたい人物です。その後、1929年スイスで育児用食品を開発して始まったネスレ(現在の大食品会社)と合併し、ネスレ・カイエのチョコレートを世界中に知らしめることになりました。

♪♪ ちょっと面白いチョコレートの歴史 ♪♪ チョコレートは、紀元前2000年ころから見受けられます。当時、古代メキシコでは、チョコレートの原料になるカカオ豆は「テオブローマ」(神の食べ物)と呼ばれ、大変貴重なものとされていました。偶然おこった山火事で、カカオ豆の良い香りと味を知るようになったのがきっかけで、不老長寿の薬とされ、メキシコのアステカの皇帝は黄金のカップで一日に50杯も飲んでいたそうです!原料のカカオ豆はアステカ族の通貨としても使われ、カカオ豆4粒でかぼちゃ一個、10粒でウサギ一羽、100粒で奴隷がひとりかえた値段に相当するほどでした。

ヨーロッパ人がチョコレート(カカオ)に出会ったのは、コロンブスがアメリカ大陸を発見した1492年と言われています。その後、全世界に広まるきっかけになったのは、メキシコに遠征したスペインのフェルナンド・コルテス将軍がアステカ帝国を征服した際に、チョコレート(カカオ)の効用に驚き、兵士たちの疲労回復に使ったことです。そして、各国の王室間での贈り物にチョコレートなどが使われ、スペイン、フランス(マリーアントワネットのチョコレート好きは有名♪)、イタリア、そしてスイスへと入ってきたというわけです。

そこから群を抜いて伸びたスイスチョコレート!!その秘密は、原料にこだわり、高品質を目指したことにあるでしょう。ミルクチョコレート用の牛乳はメゾンド・カイエの周辺にある56の酪農農家の1775頭の健全な環境ですくすく育つ乳牛からだけ搾乳したものを使用しています。品質改良・改善を繰り返し、現在の何とも言えない洗練された舌触り、忘れられない甘い香りで人の心まで酔わせてしまうスイスチョコレートにたどり着いたわけです。

カイエの洗練されたデザインパッケージのチョコレート

カイエの洗練されたデザインパッケージのチョコレート

グリエールのお城、チーズ工場を観光された後、ぜひ、「Maison de Cailler / カイエの家」でスイスチョコレートの歴史に触れ、アトリエで作られるチョコレート製造工程などご見学ください。見学には一時間半ほどかかります。(注意:7月、8月の夏休みの時期はアトラクションルームに入るのに90分ほど待ち時間があることもありますのでご了承ください。)

自分でチョコレートを作ってみたい方!!!興味のある方は、プロの職人とともにチョコレートつくりを体験できます。(要予約)

La Maison Cailler, rue Jules Bellet 7, 1636 Broc Telephone : +41(0)269215960

メゾン・カイエ

月曜日から日曜日までオープン(12月25日と1月1日を除く) 

4月1日から10月31日まで:10時から18時まで

11月1日から3月31日まで:10時から17時まで

入場料 :大人10フラン、子供8フラン(16歳まで無料)


PR
グリュイエールとコンピネーションで!
グリュイエールとコンピネーションで!

1 - 2件目まで(2件中)


国一覧
ヨーロッパ
スイス(70)
フランス(5)