1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. スイスペリカンさんの旅行ブログ
  4. スイスペリカンさん 観光地の記事一覧

  海外エリア: ヨーロッパ > スイス の他のブログはこちら|

日通ペリカントラベル・ネット・スイス発信現地情報

プロフィール

ニックネーム:
スイスペリカン
居住地:
ヨーロッパ>スイス>ジュネーブ
会社名:
日通ペリカントラベル・ネット・スイス
会社英字名:
会社所在地:
ヨーロッパ>スイス>チューリッヒ
会社電話番号:
+41 22 731 5144
業種:
旅行業
自己紹介:
スイス国内・シャモニーの手配はお任せ下さい!

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(18件中)

ベルンスケート
ベルンの国会議事堂前の広場に 『アイススケートリンク』 !!
エリア:
  • ヨーロッパ>スイス>ベルン
テーマ:観光地 スキー・スノボ 世界遺産 
投稿日:2012/12/07 01:51
コメント(0)

スイスの首都ベルン市の国会議事堂のまえの広場は本当に色々なことに使われます。

デモ集会やお祭り広場、コンサート、11月には 有名なたまねぎ市もここで開かれます。

2007年に ベルン市のアイススケートリンク場が工事中で使えなかったとき有志が政治家や市の担当者に呼びかけ許可をとり
次には大企業に呼びかけて寄付を募りました。
そして、なんと、国会議事堂をバックにすべるアイススケートリンク場がオープンしました♪
大きなスケートリンク!!

大きなスケートリンク!!

有名な ニューヨークのロックフェラーセンターのスケートリンク場より大きく 真冬のベルン人の楽しみの一つです。
31.12.2012-10.02.2013 毎日オープンしています。
(月ー日 11:00-22:00)
自分のスケート靴持っている人は 無料
靴のレンタルショップやキオスク、レストラン等が 設置されています。。。なお靴のレンタル料金は 7.50sfr。安い。。これも 寄付のおかげ。。夜遅くまでやっているのが 冬の厳しいスイスの町の活性化につながっています。
もちろん ベルンの町にやってくる人泊まるツーリストも大歓迎です。
ペリカンチューリッヒ特派員 幸子

PR
ユネスコの街ベルンでクリスマスを!!!
ユネスコの街ベルンでクリスマスを!!!
チーズフォンデゥー
♪ チーズフォンデゥーの季節 ♪ 若者のフォンデューブーム ♪ 
エリア:
  • ヨーロッパ>スイス>チューリッヒ
テーマ:観光地 お祭り・イベント グルメ 
投稿日:2012/11/28 23:02
コメント(0)

スイスのどの町でも、クリスマスのイルミネーションに明かりがともりはじめました・・・・。

 

 

チューリッヒ 素敵なクリスマスイルミネーション♪

チューリッヒ 素敵なクリスマスイルミネーション♪

 

チューリッヒクリスマスマーケットもスタートしました。

にぎやかなチューリッヒの夜・・・・

にぎやかなチューリッヒの夜・・・・

 

 

 

 

 

夜も人どうりの多いチューリッヒの旧市街地、リマト川沿いにはチーズフォンデュを食べさせてくれるレストランが急増中!!

寒い冬の風物詩ということ以上に、なぜか、地元の若者の間でチーズフォンデューブームが起こっているらしいのです!!

 

クリスマスマーケットでは、仮設のチーズフォンデュ小屋が大繁盛です。
寒い冬でも道行く人を見ながらのオープンレストランでチーズフォンでュをたべるというのが最近の若者の感性にぴったりなのか?!?!?!
チーズフォンデューを食べながら語り合うことが新たなチューリッヒの若者達のトレンディーな習慣になってきているのです!!今の季節大賑わいです。
外気は マイナスの世界♪ もちろん上着は来たまま♪ いちお、レストラン側が用意している 羊の毛皮の座布団、ひざ掛け用の毛布などをひざに掛けて・・・♪
しかし、チーズフォンデュが食卓に出てきたら 外気の気温など気になりません。。。フーフーいいながら 白ワインと一緒にとろけたチーズフォンデュを堪能します。
これから長い冬の季節、『チーズフォンデゥー』を食べる機会が増えてきます・・・。
チューリッヒ特派員いわく・・・・『自分の家だと チーズフォンデュの後は2-3日 チーズのにおいが残ってしまうので・・・・・・そんな杞憂もなしです。』 !!

PR
冬のチューリッヒを楽しもう♪
冬のチューリッヒを楽しもう♪
アイガ
グリンデルワルド 『 アイガー登頂記 4 』  --下山編 --
エリア:
  • ヨーロッパ>スイス>グリンデルワルト
テーマ:観光地 ハイキング・登山 自然・植物 
投稿日:2012/09/26 00:49
コメント(2)

登頂!!! 「ヤッホーーー」

これから下山です!!

これから下山です!!

 

 

さて、さて、登ったら、下りなければなりません。 登頂した時点では、まだ半分しか目的を果たせていないのです。

2週間ほど前には、下山中に韓国隊のメンバーが滑落死したニュースを聞いたばかり。 西壁下山は、コンディションが悪く落石が多いため、現在のところ誰もそのアイガーグレッチャー駅まで下るルートを通りませんが、それこそ、新田次郎の小説に出てくる氷壁のストーリーのルートです。

 

メンヒの稜線・・・・・

メンヒの稜線・・・・・

 

しかし。。。。。まさか・・・・この稜線を、しかも、上り返す????

アイガーの頂上から眺めながら、「うそだぁ・・・・・」と思うほど、長いメンヒの稜線!! これは、どう見ても、アイガーの頂上に登るよりも大変そうな予感です。 苦笑

 

懸垂下降

懸垂下降

 

落石に気をつけながら、(落ちてきたら避けられるよう耳はダンボ!また、自分も落とさないように要注意。)10ピッチ以上の懸垂下降を繰り返し、アイガー・メンヒの鞍部分までおります。 氷河の流れ・崩れる様子がよく見えます。

 

 

これが、ヨーロッパ最長のアレッチ氷河です。

これが、ヨーロッパ最長のアレッチ氷河です。

 

振り返ると、今朝出発したミッテルレギー小屋があんなに小さくみえるじゃないですか?!?!笑

 

 

 

(ズーム!)稜線の上に、ちょこんと乗っかっているのが小屋。

 

アイガーの南側からみた稜線、ミッテルレギー小屋

アイガーの南側からみた稜線、ミッテルレギー小屋

 

しかし、のんびりしている場合ではなく、これから、フィックスロープもない不安定な稜線の登りに取り付きます。

途中、雪壁と思いきや、表面だけで、すぐ下は氷! 凍っている斜面は、もしアイゼンでも引っ掛けたら一発で何百メートルも滑落してしまいます。岩場の斜面と違って、簡単に止まらないので、一歩一歩集中します。

メンヒ北東稜線

メンヒ北東稜線

 

不安定なひたすら岩稜帯を登ったり、また下りたりの繰り返し・・・・なんと、長いこと!! 持ってきた水筒の水もほとんど

飲みつくし、頭に浮かぶのはいっぱいのビールだけ・・・♪ 笑 ガンバガンバ!!

 

4099mのメンヒ

4099mのメンヒ

ここまでくれば、もうちょっと!

稜線上から、氷河上に向きを変え、今度は、メンヒヨッホに向けて下ること30分。その後、メンヒヨッホ小屋までの最後の登りをおえたら、見えてくるのは、見覚えのあるユングフラウ!!

 

ここまでくれば、あとは、ユングフラウヨッホまで徒歩30分程度。 無事に下山できました!!ほっ・・・。

ちなみに、登山速度は、個人差があり、ユングフラウの最終登山電車17時半までにたどり着けない人は、途中のメンヒヨッホ小屋にもう一泊となります。

♪♪ アイガー登頂記、めでたくおしまい・・・・・・♪♪

 


PR
今年のクリスマスはスイスのユネスコの街、ベルンで!!
今年のクリスマスはスイスのユネスコの街、ベルンで!!
Crocusの花
ムンドMundのサフラン
エリア:
  • ヨーロッパ>スイス
テーマ:観光地 グルメ 自然・植物 
投稿日:2012/09/21 18:59
コメント(0)

 

 
ムンドの景色

ムンドの景色

行き先:ブリーク駅からバスで15分かかります。

ヴァリス州にある小さなムンド村でCrocus Sativusという花から10月中旬から11月中旬にかけてサフランの収穫をしています。サフランはスイス連邦農業省に原産地統制呼称(AOC)として登録されました。ここが現在スイスでサフランの栽培がしている唯一の場所です。毎年、この季節にリラ色の畑で100人が集まって、この花をつみとり、約3キロのサフランが取れます。180花から1グラムのサフランしかとれません。

花の畑

花の畑

 

 

 

イェガルハイム・レストラン(J?gerheim)でサフランのパン、ご飯、アイスクリームなども食べられるし、お酒も楽しめます。

10月のサフラン博物館の営業時間:(水)10.30 - 12.00 14.00 - 16.30 (土)10.30 - 12.0014.00 - 16.00 (日)10.30 - 12.0014.00 - 16.00

Crocusの花

Crocusの花


PR
秋を楽しもう。
秋を楽しもう。
Visperterminen
フィスパーテルミネンVisperterminen:ヨーロッパの一番高いブドウ畑
エリア:
  • ヨーロッパ>スイス
テーマ:観光地 ハイキング・登山 自然・植物 
投稿日:2012/09/20 00:59
コメント(0)

ブドウ畑

ブドウ畑

 行き方:ヴィスパー駅の南口でバスで約25分。フィスプとツェルマットの間にあるマッター谷に位置しています。

 標高は1150メートルで、ヨーロッパで一番高所にある葡萄畑として有名になりました。辛口のハイダワインの産地です。ハイダワインはアルプスの真珠ワインとも呼ばれています。テラスのような石がきの段々畑が広がっています。なんと500メートルの標高差があります。

 ワインセラーを見学した後、ブドウ畑の散歩もできます。フィスパーテルミネンからは4000メートル美しい山の眺めも楽しめます。

 

 

 

 


PR
秋を楽しもう
秋を楽しもう

1 - 5件目まで(18件中)


国一覧
ヨーロッパ
スイス(70)
フランス(5)