1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. 旅は現地を知るところでさんのブログ
  4. 新鮮な食材が勢ぞろい!市民の台所を支えるマーケット

  海外エリア: オセアニア > オーストラリア の他のブログはこちら|

日通ペリカントラベルシドニー店

~旅は現地の熟知に任せるのが重要~

オーストラリア現地手配専門
日通ペリカントラベルネットに加入している・現地手配のスペシャリストです。個人旅行かや社員・修学・卒業旅行など現地はお任せください。
プロフィール

ニックネーム:
旅は現地を知るところで
居住地:
オセアニア>オーストラリア>シドニー
会社名:
日通ペリカントラベルネット シドニー店の運営会社アズウェイ・オーストラリア
会社英字名:
ASWAY AUSTRALIA PTY LTD
会社所在地:
オセアニア>オーストラリア>シドニー
会社電話番号:
+61-1300-761-880
業種:
旅行業
自己紹介:
シンガポール日本通運株式会社を本部とする現地旅行会社ネットワークです。

「旅行者の訪れる土地の事を一番よく知っているのは、その土地で働き、生活する私たちだ」と考え、アジアの各地で活躍する現地旅行会社や現地情報発信会社の参加を得て、2004年にアジア旅行情報発信ネットワーク「日通ペリカントラベルネット」を設立いたしました。

今日、この理念はアジアにとどまることなく、もっと大きな世界へ広がっています。
日本の旅行会社には出来ないサービスを世界各地から直接お届けしたいと思っています。

より多くの皆様に日通ペリカントラベルネットをご利用いただき、快適で安心な旅行をお楽しみいただけるよう日々精進してまいりますので、格別のお引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

新鮮な食材が勢ぞろい!市民の台所を支えるマーケット

2014/03/17 09:51
MAIN
エリア:
  • オセアニア > オーストラリア > シドニー
テーマ:
  • グルメ

日本のイメージからすると、築地市場?

オーストラリア人はオージービーフばかり食べているわけではありません。
マーケットに足を運べば、新鮮なシーフードやオーガニック野菜が所狭しと並んで
います。シドニーにあるフィッシュマーケットは取り扱う魚の種類では築地市場に
次いで世界第2位。オイスターやエビ、カニのほか、刺身バーもあり、注文すると
その場でスライスしてくれます。また、メルボルンでは、130年以上の歴史を誇る
「クイーン・ビクトリア・マーケット」があります。時間のフーディーズ・ドリーム
・ツアーに参加すれば、マーケットの歴史と試食が楽しめます。
そのほか、アデレードの「セントラル・マーケット」や西オーストラリアの
「フリーマントル・マーケット」など各地で新鮮な食材が売られています。
フリータイムに足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

ちなみにオーストラリアは人口の約30%が40ヶ国以上の国々からの移民や就労者
からなる多国籍の国。各国の食文化とオーストラリアの新鮮な食材やワインなどが
融合して「モダンオーストラリア料理」という世界屈指の食文化が生まれました。
モダンオーストラリア料理は、その新鮮さに創造性と融合性が溶け込んだ新しい
料理といえるでしょう。

シドニーのマーケットでは築地の場外みたいに手軽に食べられるレストランがたくさんあります。
ビールなどもBYOで購入、ペリカンやカモメを見ながら連日 満員
お寿司屋さんもありますよ

▽ メルボルンのマーケットめぐりとおすすめスポット(旅の情報サイト「リスヴェル」)
http://krs.bz/aussie/c?c=3375&m=16567&v=e23a1946

▽ シドニー・フィッシュマーケット(英語)
http://krs.bz/aussie/c?c=3376&m=16567&v=d7d7af15

  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
旅は現地を知る信頼の手配会社
旅は現地を知る信頼の手配会社
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。