1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. とんぼさん

  海外エリア: アジア > 中国 の他のブログはこちら|

蘇州とんぼ 水辺の街通信

~チャイナ暮らしも10余年。蘇州のおもしろさに惹かれて今は水都暮らし。明清文化の中心、文人の街でもあった蘇州の知られざるこだわり、素顔に触れていきます。~

プロフィール

ニックネーム:
とんぼ
居住地:
アジア>中国>蘇州(ソシュウ)
性別:
女性
会社名:
蘇州友好国際旅行社日本部
会社英字名:
会社所在地:
アジア>中国>蘇州(ソシュウ)
会社電話番号:
86-512-65241600
業種:
旅行業
自己紹介:
明清時代、文化と経済の中心だった蘇州は大人の「デイズニー」。蘇州を掘り下げていけば、チャイナの文人文化のおもしろさが見えるけれど、かけあしの旅行ではなかなかその良さは見えないもの。とんぼがゆるゆるそのおもしろさをご紹介♪

カレンダー
12月<2023年1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

記事一覧

1 - 5件目まで(51件中)

肉食植物
今年最後の福が来た!
エリア:
  • アジア>中国>蘇州(ソシュウ)
テーマ:買物・土産 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2014/01/09 12:32
コメント(0)
今年最後の福が来た!
あこがれの、花作りのおじさんに再会(*^^)v

中国は明日元旦が休日のみ。
しかし新年に向けて花ぐらい買っておこうと思い、花市場へ。

梅か、実のなる小型の盆栽にしようと思い、物色していたのだが、
なんと以前ご紹介した、肉食植物栽培の
凝り凝りおじさんに再会。

最初に購入してから、何度行っても、おじさんが見当たらない。
仕方なく他の店で購入していたのだが、
肉食植物そのものも、鉢もいまひとつ。
悪くはないのだが、凝り凝り度があきらかに違うのだ。

今日も、他の店で小型の盆栽で、
ま、買ってもいいかなと思うものが見つかりほぼ決めていたのだが、
他もとりあえず見てからと思うと、あら〜いらしたのですね。

70歳前後と見える方なので、体調をこわされたのかと思ってお聞きすると
気温が5度以下になると、盆栽も私も外に出ないほうがいいんだとおっしゃる。
んん、つまり、これまで来た時は暑すぎたということかな^^

このおじさんだけ、花市場で異質。
いかにも蘇州人らしい、柔和さと蘊蓄いっぱい文人じゃ!の雰囲気が漂っており
とにかく売ればよしという姿勢ではなく、
自分が手塩にかけた「子供たち」を、好きな人に売ってるんだという感じ。

とにかくこのおじさんのところで売っているミニ肉食植物は
植物そのものがおもしろいし、形もいいし、
鉢もいわゆる文人好みで、鉢だけでも満足してしまう。
なにより花作りのお話がおもしろく、知的好奇心をズキズキ刺激される。

上物ばかりなので、お値段もややお高めなのだが、
他の店の上物と比べて高いわけではなく、良心的とも思える価格だから
安心して購入できる。

ほしいものがいっぱいあって、とっても悩ましいのだが、
今日は、最初に目にとまった
「宝石吊蘭」(写真左)と、「小玫瑰」(写真右)を買い求めた。
鉢はどちらも紫砂でこれまた好み。

これまで買った肉食植物の世話や剪定をあれこれ聞いていると
持ってくればいいよ、
株分けや剪定はただでしてあげるからとおっしゃって下さる^^

「韓国人かい?」
「いえ、日本人です。」
「日本人は礼儀正しくて、話をしてて気持ちがいいね。」
(あっ、いやそうでもない奴も少なからずおりますが、そういう印象をお持ちいただいているのなら、よかった^^;)

うれしいな、うれしいな。
大好きな方なのだ。大フアン!

帰り道、ほしかった仏手も売っていたが、
いやいやこの感激だけにとどめておこう。
2013年最後にいただいた福だ、このままそっと帰ろうっと(*^。^*)
タグ:
蘇州 観光旅行 花 

PR
蘇州に魅せられたとんぼが企画する、現地に一歩踏み込んで旅したい人に贈りたい。蘇州は大人の「デイズニー」。文化歴史好きの方との旅にどうぞ。
肉食植物
今年最後の福が来た!
エリア:
  • アジア>中国>蘇州(ソシュウ)
テーマ:買物・土産 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2014/01/09 12:32
コメント(0)
今年最後の福が来た!
あこがれの、花作りのおじさんに再会(*^^)v

中国は明日元旦が休日のみ。
しかし新年に向けて花ぐらい買っておこうと思い、花市場へ。

梅か、実のなる小型の盆栽にしようと思い、物色していたのだが、
なんと以前ご紹介した、肉食植物栽培の
凝り凝りおじさんに再会。

最初に購入してから、何度行っても、おじさんが見当たらない。
仕方なく他の店で購入していたのだが、
肉食植物そのものも、鉢もいまひとつ。
悪くはないのだが、凝り凝り度があきらかに違うのだ。

今日も、他の店で小型の盆栽で、
ま、買ってもいいかなと思うものが見つかりほぼ決めていたのだが、
他もとりあえず見てからと思うと、あら〜いらしたのですね。

70歳前後と見える方なので、体調をこわされたのかと思ってお聞きすると
気温が5度以下になると、盆栽も私も外に出ないほうがいいんだとおっしゃる。
んん、つまり、これまで来た時は暑すぎたということかな^^

このおじさんだけ、花市場で異質。
いかにも蘇州人らしい、柔和さと蘊蓄いっぱい文人じゃ!の雰囲気が漂っており
とにかく売ればよしという姿勢ではなく、
自分が手塩にかけた「子供たち」を、好きな人に売ってるんだという感じ。

とにかくこのおじさんのところで売っているミニ肉食植物は
植物そのものがおもしろいし、形もいいし、
鉢もいわゆる文人好みで、鉢だけでも満足してしまう。
なにより花作りのお話がおもしろく、知的好奇心をズキズキ刺激される。

上物ばかりなので、お値段もややお高めなのだが、
他の店の上物と比べて高いわけではなく、良心的とも思える価格だから
安心して購入できる。

ほしいものがいっぱいあって、とっても悩ましいのだが、
今日は、最初に目にとまった
「宝石吊蘭」(写真左)と、「小玫瑰」(写真右)を買い求めた。
鉢はどちらも紫砂でこれまた好み。

これまで買った肉食植物の世話や剪定をあれこれ聞いていると
持ってくればいいよ、
株分けや剪定はただでしてあげるからとおっしゃって下さる^^

「韓国人かい?」
「いえ、日本人です。」
「日本人は礼儀正しくて、話をしてて気持ちがいいね。」
(あっ、いやそうでもない奴も少なからずおりますが、そういう印象をお持ちいただいているのなら、よかった^^;)

うれしいな、うれしいな。
大好きな方なのだ。大フアン!

帰り道、ほしかった仏手も売っていたが、
いやいやこの感激だけにとどめておこう。
2013年最後にいただいた福だ、このままそっと帰ろうっと(*^。^*)
タグ:
蘇州 観光旅行 花 

PR
蘇州に魅せられたとんぼが企画する、現地に一歩踏み込んで旅したい人に贈りたい。蘇州は大人の「デイズニー」。文化歴史好きの方との旅にどうぞ。
蘇州に魅せられたとんぼが企画する、現地に一歩踏み込んで旅したい人に贈りたい。蘇州は大人の「デイズニー」。文化歴史好きの方との旅にどうぞ。
上海いちじく
いちじく、目のはしで見っけた!
エリア:
  • アジア>中国>上海(シャンハイ)
テーマ:買物・土産 街中・建物・景色 グルメ 
投稿日:2013/11/22 14:40
コメント(0)
上海のど真ん中、烏魯木斉路。
待てよ、あれはー。急ぎ通り過ぎたものの、バックバック。。。
やっぱり、イチジクだ。しかもきれいじゃ〜

中国で意外にお目にかからないのが、イチジク。
西域に行けば小粒の乾燥イチジクが特産でうまいが、
この辺りじゃ、太湖の島とたまに上海で見ただけ。

おばさんにどこから来たのと尋ねると、
上海市北の宝山からって。それはちょいと遠い。ご苦労様。
「最近イチジクってあまり見かけないねっ。」
「うん、少なくなったね。これは今年最後。朝採って来たばかりで木で熟しているから甘いよ。」

本を散々買い込んで、背中のリュックが重くて疲れていたのもすっかり忘れ、
ガンと買い込んでしもうた。
傷めないように蘇州まで持って帰らなきゃ…とほほ。。。

でも甲斐あり。甘かった〜よお。
タグ:
上海 くだもの 

PR
蘇州に魅せられたとんぼが企画する、現地に一歩踏み込んで旅したい人に贈りたい。蘇州は大人の「デイズニー」。文化歴史好きの方との旅にどうぞ。
蘇州に魅せられたとんぼが企画する、現地に一歩踏み込んで旅したい人に贈りたい。蘇州は大人の「デイズニー」。文化歴史好きの方との旅にどうぞ。
闘蟋蟀
蘇州流『秋興』って
エリア:
  • アジア>中国>蘇州(ソシュウ)
テーマ:街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 動物 
投稿日:2013/11/15 11:59
コメント(0)
なやむ…
この時期、蘇州では虫遊びが季節の風流ごと。
先週の日曜、仕事が終わってから花鳥市場に立ち寄ったが
虫遊びグッズ、いっぱい。。

が、上物は蘇州のことであるからして、高級木の紅木なんかで作ってあり
虫籠が、200~300元、いいのは1000元以上する。
わあ〜虫をいれずとも飾っとくだけでもいいなあ…
いかんいかん。この道には手をのばしゃちゃいかんと
振り切って帰ってきたものの、いまだうずうず気になっている。

蘇州人は花を植え、鳥を育てるのが、他地方の人たちにもまして好むが、
それ以外に気合いが入っているお遊びが
先だってこちらのFBでもご紹介した、「闘蟋蟀(コオロギ)」。

古人はこれを優雅に「秋興」と呼んでもいた。
文人墨客の詩のお題目かと思いきや、
なんと「体育会系・コオロギボクシング」。

鳴き声のいいコオロギは、文系か芸術系の資質かと思いきや
闘争心強く、戦いの美学に酔うのがあやつの本質だったのだ。

「闘蟋蟀」には、小道具がいっぱいあって、
ボクシングリングの場である盆の他に、
コオロギをつついたり、
お手軽にちょっと入れたりする瓶や小箱がある。

「闘蟋蟀」にはいまのところ興味がないし、
虫籠にコオロギを入れて鳴き声を聞くより
遠くから聞こえてくる音色を楽しむほうが好きだけれど、
あの、道具もん、ちょっとほしいなあ。。。
タグ:
蘇州 文化 趣味 昆虫 遊戯 

PR
蘇州に魅せられたとんぼが企画する、現地に一歩踏み込んで旅したい人に贈りたい。蘇州は大人の「デイズニー」。文化歴史好きの方との旅にどうぞ。
蘇州に魅せられたとんぼが企画する、現地に一歩踏み込んで旅したい人に贈りたい。蘇州は大人の「デイズニー」。文化歴史好きの方との旅にどうぞ。
シャオビン
がまんならず…、シ・ア・ワ・セ、焼餅(シャオビン)♪
エリア:
  • アジア>中国>蘇州(ソシュウ)
テーマ:観光地 グルメ 
投稿日:2013/11/07 15:14
コメント(0)
あ〜あ〜、くっちゃった。
やっぱり、うまいっ!

毎朝、朝練してから、作りたての豆浆を買いに行くのが日課だが、
その店に行くまでに、朝はズラリとチャイナファーストフードの露店が並ぶ。

手掴餅、油餅、ゴマ団子、シュウマイ、包子などなど。
朝からこんなに脂っぽいもの食べちゃいかんと思うような、
コレステロールならびに血糖値が上がりそうな禁断のフードばかり。

が、これを買わずに前を通り過ぎるだけ!
これはかなりのがまん強さが必要…
過度のストレスはだめだということにし、週1回はOKに^^;

大抵は週末にいただくのだけど、
今日はたまたま出勤前に、また魅惑のフード街を通ってしまい、
並ぶ人もなかったので、ふらふらとシャオビン屋の前に…。

このおやじさん、露店の中でもっともプロの手つきなんだよね。
ちょっと前かがみの姿勢から繰り出される
コテさばきが実に無駄な動きがなく、速くかつ美しい。

代金もご自身ではお金には触らず、
お客様に勝手に箱から清算させるという、
衛生面を考慮したおはからい。

からさもお好みにしてもらえ
卵の個数も調整可。

中に挟み込んだ、あげもの。
またこれがなかなかうまい。
他の店で同様の餅(ビン)を買うと油っぽく、
後で胃がむかつくのだけれど、ここのは全然問題なし!

いつも前を通るから、
待ち人がいない時は、
気のよさそうな、にこにこ視線が投げかけられるが、
ひとことも声をかけない、いさぎよさ!
ここがまたお気にいりなんである。

おじさん、ありがと、おいしかったよ。
また来るからね(^o^)丿
タグ:
中国 蘇州 グルメ 

PR
蘇州の魅力は明清時代経済・文化の中心だった秘められたこだわり。蘇州は大人のデイズニー。蘇州を極めていくとチャイナの奥深さが見えてくる。蘇州&チャイナの文化歴史、暮らしの豊かさを丁寧にご紹介。
蘇州の魅力は明清時代経済・文化の中心だった秘められたこだわり。蘇州は大人のデイズニー。蘇州を極めていくとチャイナの奥深さが見えてくる。蘇州&チャイナの文化歴史、暮らしの豊かさを丁寧にご紹介。

1 - 5件目まで(51件中)


国一覧
アジア
中国(51)