1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. たびぃじょさん

  海外エリア: 中近東 > シリア の他のブログはこちら|

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
5月<2011年06月>7月
1 23 4
5 6 78 910 11
12 13 1415 1617 18
19 20 2122 2324 25
26 27 2829 30

記事一覧

1 - 5件目まで(17件中)

NoPhoto
【春旅2011】宗教の国シリア
エリア:
  • 中近東>シリア
テーマ:歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/06/29 23:43
コメント(0)
どうも^^学生団体mof.のあきらです!!




ということで早速、最初にちょっとトルコ紹介^^


自分はトルコの首都・アンカラinでした




深夜にアンカラに到着し、宿を探していたのですが、、、





高い!!!!!!


いや、別にものすごく高いわけではないんですけど、トルコってもっと物価の安い国だと思っていたもので…



夜中にバックパックを背負いながら、町をうろうろ→宿に行っては値段交渉→どこに行っても交渉成立せず→町をうろうろ…



そんな感じで2時間ほど(泣)結局、一度交渉決裂した宿に戻って泊まることに…



あとであった日本人によると、トルコの首都部では普通交渉などしないのだと。日本のホテルで値段交渉しているのと同じような感じだよ^^と言われました(笑)


で、一泊してアンカラ出ました!!正直あまり見所ないです(笑)ただ、妹を二人で歩いていると、屋台のおっちゃんがスープとティーをごちそうしてくれました。


次はカッパドキアへ。ここは有名ですね^^
カッパドキア 気球
カッパドキア


自分は、バイクをレンタルしてカッパドキアを回りました。一人で来ているならば、ツアー・レンタル自転車で回ったほうがお勧めです。自分の場合は二人だったため、バイクにしました。免許証は…、気にしない。日本で運転経験は…秘密です(笑)


国際免許証は日本で取得すること出来るので、バイク乗る可能性がありそうな人はぜひ取っときましょう!!



そんな感じでちょっとトルコ紹介^^



ではシリアへ


シリアは今回の中東の中では一番好きです!!


夜ダマスカスに到着したときは、どのバスで宿のある場所に行けばよいのか分からず,
おじさんにバスを聞いたところ、案内してくれて、しかもバス代まで払ってくれる、、、



宿の場所が分からなかったので、あんちゃんに聞いたところ、携帯を使ってfacebookで調べて宿まで連れてってくれたり、、、


自分が思うに、いままでいった国の中で一番親切な人が多い気がします。。少し聞いた話だと、イスラム教では、他国の人はもてなさなければならない教えがあるそうです。しかし、気性は激しいです(笑)


ダマスカスは、スークと呼ばれるものがあり、ものすごい広い商店街があります。

迷路のようになっていて、慣れないと道に迷ってしまうのですが(笑)ここにはホント色々な物を売っていて、スークにないものはないといわれるほどです。


ここで自分がお勧めしたいのは、アイスクリーム屋!!!!!

ピスタチオのアイスクリームはものすごくおいしいです!!
ピスタチオアイス


価格も50円そこら!!!常に人で賑わっています。
ちなみに、アレッポにも3段重ねでボリューム満点、しかもコーンがめっちゃ美味いアイスクリーム屋があります。
アイス
シリアは、アイスクリーム好きの人が多く、おっちゃんでもおいしそうに歩きながらアイス食ってます。

アイスクリーム大好きな自分はもちろん1日3個以上は食ってました(笑)


モスク
これは有名なウマイヤド・モスクです。
モスクに行くと、泣いている人がたくさんいます。壁に向かって大声で叫びながら泣いてる人もいて最初は驚きました。
モスク

宗教をもたない自分にはあまり理解できませんでしたが、やっぱり宗教の力はすごいなーと、、、
モスク


ダマスカス大学にも行きましたが、ここは少し雰囲気が違いましたね^^


シリアでは、女性は黒スカーフを被っていて、あまり男女の交流がないです。ちなみに最初は、女性が皆黒スカーフを身にまとっているのに驚きます!!

大学内では、もちろんスカーフを被っているんですけど、自由な雰囲気です。ただ、生粋のアジア人である自分が大学構内を歩いているだけで、注目の的でした(笑)
残念ながら写真はなくしてしまったので申し訳ないです。



その後、妹がハムマーンに入りたいというので、1時間ほど自分が待つことに…
入口まで見送りに行ったら、シリア人女性に「NO!!!!!」


いつ終わるか聞きたかったのですが、やはりイスラム教の国、厳しいです…。
ハムマーンとはトルコ風呂です。 自分も入りたかったのですが、お金をケチって入りませんでした。日本円で2000〜3000円ぐらいでした。



結論から言うと、気持ちよかったそうです。


妹は、内容はアカスリとサウナ、風呂に入ったみたいです。時間が決まっていて1時間したら終了です。

シリアは自分が行った中東の中で一番宗教色が強い国でした。
最後に、お土産を買うならシリアがお勧めです!!
物価も安いし、スークなどにたくさんの品物があります^^

ペトラ
【春旅2011】話題の中東へ…
エリア:
  • 中近東>ヨルダン
  • 中近東>シリア
  • 中近東>イスラエル
テーマ:観光地 
投稿日:2011/06/27 21:24
コメント(0)
どうも!学生団体mof.のあきらです!!


自分は2010夏旅でもこちらの特派員ブログで書いたので、今回は2回目のブログになります^^




今回の春旅では、トルコ→シリア→ヨルダン→イスラエル→エジプトを回りました。でも、一ヶ月ないぐらいだったので、一カ国の滞在期間は短いですけどね><


中東と言うと、「危険そう!!」「テロリストが多そう!!」と思われる方も多いのではないでしょうか??


自分も行くと決めたときには、周りに「やめたほうがいいよ〜」などと言われました^^




いくと決めたときは、実際みんな「やめたほうがいいよ〜」など言いながら、自分の場合何度か旅しているので、そんな心配はされていなかったと思うのですが、




チケットを購入した3日後から、状況が変わり、周りからは「絶対に行かないほうがいい!!」「死んじゃうよ!!」などと言われました…


mof.のメンバーにも、同じような事言われました。まあ、「面白そうじゃん♪」って人もいましたが(笑)




挙句の果てには、両親から「チケットをキャンセルしろ!!海外行くのはいいけど、行き先変更しろ!!」と言われました…




自分がチケットを購入したのは、1月半ばあたりなのですが、皆さんは何が起こったか覚えていますか??




エジプトの革命です!!!!!!!チュニジアにおけるジャスミン革命に触発されたとされる革命です。




実は、父親からはジャスミン革命の時点で「今回の革命は今までと違ってネットから飛び火しているから、中東あたり危ないいんじゃないか」と言われていました、、、


あの状況下だったら、普通にチケットをキャンセルするように言いますよね(笑)






自分は「そっか〜、じゃあキャンセルするわ」と、両親に言いましたが、心の中では「革命の地にいける!!激アツじゃん!!」と思っていました(笑)まあ、両親もそんなことはお見通しで、面白そうだからとかそんな理由で行くな、と言われましたが…










キャンセルする、キャンセルする、いい続けて一ヶ月、、、とうとう出発の日(笑)
ということで、行ってきました!!まあ、両親も自分のこと分かっていたと思うので、どうせキャンセルしないとは思っていたのではないかな^^






そうそう、チケット購入した代理店さんからはこんな誓約書を書かされました。




今回の「 エジプト 」渡航に関し、外務省より海外危険情報・危険度
「渡航の延期をお勧めします。」が通達されていること、及び現地の情勢を十分に認識し
た上で、自己の責任において渡航致します。
尚、現地において事件・事故等に遭遇し、生命・身体・財産等に危害や損害が及ぶことに
なったとしても、貴社には一切の責任を問わないことを誓約致します。


簡単に言えば、代理店側は死んでも責任を取らないということです(笑)


実際ヨルダンとエジプトではデモありました。
デモ




ところで今回、実は一人旅ではないのです!




大切な人も一緒についてきました!!初のふたり旅^^








彼女はこんな旅初めてだったし、話題の中東だったので少し不安がっていました。
















やっぱり、自分が今まで旅をしていたのを見て、バックパッカー的な旅をしてみたい!、と思ったそうです。








まあ、彼女は一言で言ったら家族みたいなもんですかね^^








そう!!家族!!








てか、妹(笑)










ということで、団体のコンセプトである「たびぃじょ」の誕生のお手伝いです^^



では、次回から、今回の旅について書いていきます!!




ただ、大変大変ショックなことに、、、、



SDカードを無くしてしまった…


成田空港に帰ってきたときに気づきました。。。


ということで、写真少なめですが、よろしくお願いします。

あんこーる
【春旅2011】シェムリアップへようこそ
エリア:
  • アジア>カンボジア>シェムリアップ
テーマ:世界遺産 
投稿日:2011/06/26 23:00
コメント(0)
こんにちは
学生団体mof.の遠藤です

最終回の今回は、カンボジアのシェムリアップをご紹介いたします

タイのバンコクから1日かけて向かった先は
何ともさびれた田舎でした

タイよりもラオスよりも発展途上な印象

でもここには世界遺産がある

アンコール・ワット

あんこーる

サンライズはすばらしかった

またアンコール・トムも見ごたえがあります
むしろトムのほうが好きですね

かお


そんなシェムリアップで絶対に行ってほしい場所

1つ目は
キリング・フィールド

きりんぐ

ポルポト政権下の虐殺の跡が今も残されています

もちろんほんもののガイコツです


2つ目は
ベンメリア

べん

なんと、
あのジブリの名作"天空の城ラピュタ"の元になった場所らしい

言われればそんな気がw

まあかくれんぼするには最適です
行くと、現地の子供たちが案内してくれます(_<)

ここや、もう一つ"コー・ケー"という遺跡があるのですがそこはトゥクトゥクかミニバンでないと行けません

そこで役立つのが日本人宿
シェムリアップでの代表的なゲストハウスは"タケオゲストハウス"
ミニバンでツアーをやってくれます


また、シェムリアップでは学校を訪れるのも楽しいです
やっぱり子供はかわいい

ほんとうにたくさんの学校や孤児院があります

しぇむり

ここはたまたま自転車でふらふらしていたら呼び止められて入った小学校
田舎のほうの子供たちを連れてきているらしい

一緒にバスケをしたり英語を勉強したり
彼らの吸収力には驚かされます

教育の機会がないだけなのだなと

そんなことも肌で実感した学校訪問でした


では最後に
タイにあった"ダイソー"で締めたいと思います

だいそー

またいつか会いましょう
ありがとうございました

しろ
【春旅2011】再びタイへ!!
エリア:
  • アジア>タイ
テーマ:グルメ 
投稿日:2011/06/24 23:25
コメント(0)
こんにちは

学生団体mof.の遠藤です

今回はタイのお話


ここらへんでタイの交通事情についても触れたいと思います
まずタイは周囲の東南アジア諸国に比べても交通は発達しています

特にバンコクでは

バス(タダのものから、40バーツ(120円)くらいのものまで)
タクシー
トゥクトゥク
モーターサイ(バイクに2人乗り)
果てはボートまでもあります

いろんな乗り物に乗るのも楽しみの一つ

観光用としておすすめはトゥクトゥクです

本家本元 タイのトゥクトゥク!!

観光客と見ると高い金額をふっかけてくるので、結構交渉しなきゃいけないけれど
やっぱりこのうるささや明るさが好き(_<)

あっ、日本の暴走族なみにうるさいですw


私はお金がなかったのでバンコクでは基本無料バスか、
7バーツ(20円くらい)のバスに乗るようにしていました

そしてそのほかの場所ではいつも自転車
一日借りて100円くらいです

タイではバンコクのほか、北部のチェンマイ・チェンライに行きました
特にチェンマイのサンデーマーケットはおすすめ

深夜までお祭り騒ぎが繰り広げられてます\(^o^)/

おばさま

露店のマダムと


夜は涼しくて快適なタイ北部ですが
昼間はやっぱり暑い

あつ

2月後半にもかかわらす、なんと35℃の気温!!

でもそんななかでも自転車こぎましたよ

しろ

チェンライに行ったらぜひ行ってほしいお寺
あっ、いちおう寺ですw

タイではお寺は基本金ピカなのですごく新鮮
きれいですよね


そんなこんなで、初めてタイに降り立ったときよりも余裕をもって旅できたと感じました

では最後はカンボジア編です

たくはつ
【春旅2011】バンコクでびびり、ラオスへ
エリア:
  • アジア>ラオス
テーマ:観光地 
投稿日:2011/06/22 20:55
コメント(0)
こんにちは

学生団体mof.の遠藤です

第二回はラオスについて


初日にバンコクに着いて、1週間くらいタイを観光しようと思っていたのですが
あまりの人の多さ、そしてしょっちゅう声をかけてくるおじさんたちにびびって
どんどん田舎へ行ってしまいましたw

着いたその日にバンコクからアユタヤへ

写真のデータが消えてしまい、ないのですが

アユタヤはバンコクから列車で1時間半ぐらい
世界遺産のある小さな町です
まあ正直、バンコクから日帰りでいいと思います(^O^)/

でも人が少ないのでぼーっとできていいですよ



そんなこんなでタイから夜行列車にのってタイの東北部"ノーンカーイ"へ

あっ、お金がないので3等席でした
床に寝ている人がいるくらいのレベルです
つまり汚い・暑い

でもそんなことは全く気にせず
国境を越えてラオスに入りました

ラオスは期待していたとおり
おだやかのんびり\(^o^)/


ゆったりと時間が流れるラオス


首都ビエンチャンで3日ぐらいのんびりしたあとは

ラオスの古都、ルアンパバーンへ
日本でいうと京都みたいな位置づけです


そこでぜひ行ってもらいたいのが"タート・クアンシー"

くあんし

バイクかトゥクトゥクで行けます
おすすめはバイクですけどね

ただしガソリンはペットボトルに入ってるのでお気をつけて(笑)

がそりん


夜はナイトマーケットへ

だいたい300円から400円くらいで服が買えるのでお土産にも自分用にもおすすめ

はたらけ

働け!!って感じですよね
南の人はなんとなくだらだらしている気がしますw

そして日本と違って値切るのは当たり前
だんだん値段交渉するのがたのしくなってきますよ


ではではこのへんで

次は再びタイへ

成長した自分を感じましたw

1 - 5件目まで(17件中)