1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. たびぃじょさん

  海外エリア: アジア > インド の他のブログはこちら|

現役たびぃじょが語る!おちゃめな旅バナ通信

~かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅女子を目指して日々奮闘中!~

プロフィール

ニックネーム:
たびぃじょ
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
学生団体mof.
会社英字名:
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
たびぃじょ=かわいくて、おしゃれ・おちゃめなひとり旅している女子!

そんなたびぃじょを応援しよう!
というコンセプトのもと、私たち学生団体mof.はフリーペーパーを作ったり、各種イベントを行ったりと活動をしています!

そんな現役たびぃじょが、女子ならでは学生ならではの旅の楽しさをたくさんレポートしていきます!
秘境大好き、世界中の美味しいもの大好き…たくさんのエピソードをどうぞお楽しみに♪

カレンダー
9月<2011年10月    
1
2 345 678
9 101112 131415
16 171819202122
23 242526 272829
30 31

記事一覧

1 - 5件目まで(8件中)

はれー
【夏旅2011】雨季だけど、雨季だから南アジア!
エリア:
  • アジア>インド
  • アジア>ブータン
  • アジア>ネパール
テーマ:観光地 街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2011/10/30 19:28
コメント(0)
こんにちは!
いつもパニックたびぃじょの谷本です^^

今回は春に続き二回目のインド、はじめてのブータン、ネパールを30日間で周ってきました♪
一般的に雨季にこれらの国に行くのはあまりお勧めされないと思いますが、雨季の南アジアは幻想的ですよ〜。


まずは一カ国目インド。
ここには緑の生い茂るエローラ、アジャンターを見たくて訪れたのですが、期待を裏切らない景色でした!


えろーらのたき
まさかの滝!?
まるで妖精の国に来てしまったみたい!
乾季にはきっとこの滝は見られないんだと思うと一層興奮してしまう!



あじゃんたー
エローラの洞窟ががひとつひとつ分かれているのに対し、
アジャンターは全て一つにまとめてしまった感じ。
なのでアジャンターではぜひ丘に登ってください。周辺を一望することができます!



雨季といっても雨は全く降らず、むしろ毎日晴天!
(8月12日〜28日までインドにいました)
私が行った日はちょうどインドの独立記念日だったので、インド人がいっぱい
いました。

あじゃんたーはいんどじんでいっぱい

現地人観光客がたくさんいるということは、観光に適した季節、場所だったのでしょう^^




続いてブータンへ飛行機で移動。
飛行機から見た初めてのブータンは
「龍がすんでいるとしたらきっとこんなところなんだろうなぁ。」
そんな気がしました。
写真で伝えられないのが残念です。


雨季のブータンは山から水蒸気が上がっていてとても神秘的でした!

きりー

わかりづらい写真でごめんなさい><
ブータンでは2000〜3000メートルくらいのところがざらなので
雲の中、雲の上で生活することも!
感動して写真を撮ってしまいました!
が、あまり感動が伝わらないですね;;



ブータンのたきー
ここはタクツァン僧院というがけっぷちに建っているお寺の近く。
滝好きの私はテンションMAX!!!
雨季最高!




今回は駆け足で回る旅だったのでまたまた飛行機を使いました。
次はネパールへ!
そこで出会った絶景♪


ひまらやー

雨季のため地上で山を見るのは難しいですが、雲の上に行ってしまえば季節なんて関係なし♪
ブータン→ネパール間は約二時間ずーっとヒマラヤを臨むことができます。
絶景を見たい方はぜひ右側の席を希望してください^^



インド、ブータンではほとんど雨が降りませんでしたが
ネパールは毎日のようにスコールが来ました。


パタンのダルバール広場。


はれー

昼間はこんなにいい天気なのですが


夕方になると突然涼しくなってきて、雲行きも怪しくなってきます。。。
こんな感じです。

あめふりそう

このあとざざざーっと2時間くらい降ります。
初日はスコールのタイミングが分かっていなかったので、
髪も服も荷物も全てびしょびしょに。
二日目以降は学んで用意できたので、スコールで困ることはあまりありませんでした。
土砂降りの中行き来する現地の人に感激したり
シャワーを浴びている姿に目が釘付けになったりしながらまったりチャー(ミルクティー)を飲むのもいとをかしです。



傘つきリキシャーが見られるのも雨季だからこそです^^
傘がない人にはお客さんが自分の傘をさしてあげていました。
ネパール人のあたたかさに心はぽかぽかだった谷本です^^
りきしゃー




今回は以上です!
雨季の南アジアであなたもハッピーになれますように!
谷本でした^^

次回は南アジアの民億衣装の写真盛りだくさんでお送りします!
ぜひご覧ください♪

NoPhoto
【夏旅2011】美術館・博物館ベスト3
エリア:
  • ヨーロッパ>デンマーク>コペンハーゲン
  • ヨーロッパ>スウェーデン>ストックホルム
  • ヨーロッパ>ドイツ>ベルリン
テーマ:歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/10/26 09:59
コメント(0)
こんにちは、学生団体mof.の大門です。

最終回の今回は、夏旅でわたしが訪れた美術館で
よかったところをランキングで紹介したいと思います。

☆3位
ノーベル博物館(スウェーデン・ストックホルム)
ノーベル

ストックホルムのガムラスタンにある博物館です。
ノーベル賞受賞者に関する展示が面白い!
いつか、子供ができたら連れてきたいなあと思いました。なんとなく。
そしてなにより写真の、ノーベル賞授賞式で出るパフェと同じものが
カフェで食べられる…というところがポイント高いです。
おいしかったです。くいしんぼうです。

個人的には、ストックホルムといえばスカンセンだと思うのですが
今回時間がなくて行けなかったのが心残りですね…。次回行きたいです!

☆2位
ベルリッシュ・ギャラリー(ドイツ・ベルリン)
ベルリン

ベルリンの現代アートの美術館です。
アーティストの保護・育成に熱心なベルリンの「いま」が見られる美術館。
シンプルな中に凝った建物といい、斬新な展示の仕方といい、楽しかったです!
ここだけではなく、ベルリンは本当に美術館・博物館が充実していて
「博物館の島」なる世界遺産の地域まであるほどだから驚いてしまいます。
かつての鉄道駅を改装したハンブルク駅現代美術館や、
展示方法に技あり! のユダヤ人博物館も興味深く見ました。
また、ダリ美術館も衝撃でした。
作品のすべてが赤裸々で壮絶で、朝イチで見に行ったら
午後行く予定だった別の美術館に行く気力がなくなってしまったほどでした。
(これは、美術館というよりはあまりにも作家の力なので
ランキングに入れていません。)

とにかく、美術館・博物館好きにはたまらない都市です、ベルリン。
3日では全く足りなかったので、じっくりリベンジしたいところです。

☆1位
ルイジアナ現代美術館(デンマーク・コペンハーゲン)
ルイジアナ

地理的にコペンハーゲンなのかちょっとわからないのですが(笑)
郊外にあります。
電車でもう少し足を伸ばすと、クロンボー城やフリーデンスボー城など
デンマークの古城を巡ることもできます。

海を望む高台にあり、一日でもじっくり楽しめるよう工夫された美術館。
展示されているのは世界屈指の現代美術のコレクションですが、
現代美術に興味がない方にもおすすめしたい場所です。
ガラスの回廊で仕切られた展示、庭園内に点在するユニークな彫刻など
とてもすてきな空間になっています。建築もえ…!
日本人では草間弥生さん(変換できないため新字体で表記させていただきます)の作品もありました。

ちなみに、コペンハーゲン市内ではダビデ・コレクションがよかったです。
無料なのにあんなに楽しいなんて!


以上が、わたしの今回のベスト3です。
現代美術に偏っていますが、現代美術にはまったく造詣が深くない人間です。
その分野に知識・関心のない人でも、楽しめる展示をしてくれる美術館が理想だなあと勝手に思っています(笑)

そして、学生さんはぜひぜひ国際学生証を作って行きましょう!
特にドイツでは、美術館・博物館の入場料が半額以下になったりします。
美術館博物館以外でも、物価の高い北欧では、あるとかなりお得。
わたしは空港からストックホルム市内までのバス代で、既に元が取れました。
行き先の物価や自分の目的と相談して、使えるものは使うことが大事ですね!


わたしの4回の更新はこれで終わりになります。
ここまで読んでくださった方、いらっしゃいましたら本当にありがとうございました!

メイス4
【夏旅2011】入り江のリゾート・カシュと青の洞窟
エリア:
  • 中近東>トルコ>カシュ
  • ヨーロッパ>ギリシャ
テーマ:ビーチ・島 クルーズ 
投稿日:2011/10/23 00:37
コメント(0)
こんにちは、学生団体mof.の大門です。

前回は北欧のリゾート地についてだったので、
今回は中東トルコのリゾート地について書きたいと思います^^
訪れたのは地中海に面した入り江の小さな町、カシュ。

目当ては、カシュから船で20分ほどのところにある
ギリシャ領の島メイス島。
ここにある青の洞窟に行きたくて、バスのチケットをとりました。
イスタンブールからは、夜行で15時間ほど。
トルコのバスは快適なのでそこまでつらくなかったです。


ただ、今回のわたしの日程は
トルコ人のラマダン明けの休暇(バイラム)とかぶってしまっていました。
そして、目指すのはリゾート地。

まさかの「宿が(予算に合わないとかじゃなくて)ない」という事態になり、あわてました。
最終的に、家族経営のペンションのテラスに泊めてもらう形で落ち着きましたが、
その後もバスがとれなかったり、いろいろ大変でした…。
イスラムの暦はきちんとチェックするようにしよう、と肝に命じました。
みなさまもお気をつけて!

そんなこんなでたどり着いたカシュ。
泊まることになったテラスからの眺めです。
カシュ昼

夜景もよく見えたのはよかったかな。
カシュ夕

カシュはパラグライダーやマリンスポーツをじっくり楽しめる町のようです。
わたしは体調的に泳げなかったので、海辺で
エフェスビール片手にくつろいでみたり。
海辺
エフェスはわたしの口には合いませんでした…

町のはずれには古代の劇場も残っています。
このてっぺんでなぜか2時間ほど寝てみたり。
古代劇場
普通にごつごつするので寝心地は良くないです。笑

そして、翌朝10時のフェリーでメイス島に向かいました。

かわいい島!
メイス2

降り立ったら、青の洞窟へのボートに乗り換えます。
看板を出しているので、すぐに見つけられると思います。
五人集まったら出発、とのことでしたが、さほど待たずに人数が集まりました。
洞窟にたどり着くまでの海の青さで、すでに満足してしまいそう。

そして、青の洞窟!
洞窟
くらくらするほど青かったです。
船頭のおじさんがなにか解説をしてくれていたと思うのですが、
耳に入りませんでした。
すぐに外に出てしまって、あまり長居できなかったのが残念。

その後は帰りのフェリーの時間まで、メイス島をぐるぐる散策しました。

地中海
なんてぜいたくな海!

メイス4
こういう教会をみると、ギリシャだなあという感じがします。

?
ギリシャといえばにゃんこ。

トルコからこんなに近いのに、間違いなくギリシャなのが不思議でした。

バイラムの時期以外は、本当に静かで落ち着いたリゾートだというカシュ。
欧米からの観光客も多い割に英語が通じなくて驚きましたが、
そういった面も、田舎の情緒が味わいたい方におすすめです。
日帰りでギリシャの香りも楽しむことができてお得ですよ!

ヴィスビー
【夏旅2011】薔薇と廃墟の街ヴィスビー
エリア:
  • ヨーロッパ>スウェーデン>ヴィスビー
テーマ:街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2011/10/16 00:15
コメント(0)
こんにちは、学生団体mof.の大門です。

今回は、スウェーデンのゴットランド島にある
中世の香りの街ヴィスビーをご紹介します。
わたし、ここに行きたくてスウェーデンを訪れたといっても過言ではありません!

ゴットランド島はバルト海に浮かぶ石灰岩の島。
ゴットランド・ディスティネーション社が船を出しています。
わたしはネットでフェリーと、フェリーが出る港町までのミニバスを予約していきました。
ホテルやアクティビティとセットのプランも豊富にあり便利ですよ。

フェリー
フェリーはかなり大型。
これに揺られて3時間ほどで、ゴットランドの港町ヴィスビーに到着です!

港
かわいい港。

ヴィスビーは中世にハンザ同盟の都市として栄えた町で、
当時の建築や遺跡が保存された町並みは世界遺産に登録されています。
「魔女の宅急便」のロケ地として、
ストックホルムとともに公式で発表されてもいます。

ツーリストインフォ
ツーリストインフォメーションもこんなに可愛く、わかりやすい(笑)

そして別名「薔薇と廃墟の街」の通り、
中世の教会の廃墟が町のあちこちに残っています。
まるでRPGの世界です。

廃墟1
廃墟!

廃墟2
廃墟!!

廃墟3
廃墟!!!

笑いが止まりませんね。(…)
廃墟萌えのわたしは、壁に触ってみたり中でのんびり空を見たりして
にやにやしながら半日過ごしました。

また、ヴィスビーは石造りの城壁に囲まれた町なのですが
城壁の外には美しい海が広がっています。
海

城壁から振り返って見るヴィスビーも素晴らしい!
みどり
ここはおとぎの国? と、冗談ではなく思ってしまいます。

薔薇2
薔薇3
薔薇1
ヴィスビーでは薔薇もほんとうに多く見ました。
季節的に、あまり見られないかな?と思っていたのでうれしかったです。

一泊二日の滞在、当初の予定ではヴィスビー観光は半日のつもりで
二日目はレンタサイクルで島の北部に足を延ばし、
ラウク(奇岩群)を見に行こうと思っていました。
が、ヴィスビーは歩いて回れる小さな町にも関わらず
わたしには楽しすぎて、二日いてもまだ足りないくらいでした。
ひとつ路地を入るごとにひとつ以上の素敵があるので、回りきれないのです!

ポスト
見つけた素敵のひとつ、おしゃれなポスト。

女の子
おしゃまな女の子。天使か何かだと思うんですよね。

ひとも穏やかで、満ち足りて過ごせる憩いの島ゴットランド。
夏の3週間、様々な都市を訪れましたが、
「どこが一番よかった?」と聞かれたら、
わたしは迷わずここと答えます。ほんとうに素敵なところです。
ぜひ、来年のリゾートの候補に加えてみてはいかがでしょうか?

NoPhoto
【夏旅2011】北欧&中東3週間ひとり旅
エリア:
  • 中近東>トルコ
  • ヨーロッパ>スウェーデン
テーマ:観光地 
投稿日:2011/10/12 10:34
コメント(0)
こんにちは、学生団体mof.の大門です!

この夏の3週間ひとり旅について書かせていただきます。
よろしくお願いします^^

今回の旅の行き先は、
「去年行ったフィンランドがよかったから、また北欧に行きたいな」
「でも、トルコに行ってモスクを見たいとも思ってたんだよね」
「…よし、両方行っちゃおう!」
ということで、前半は北ヨーロッパを回り、
後半トルコに飛ぶ、行きたいとこどりの旅に決定。
ひとり旅だからできることですね(笑)

詳しくは、以下のような流れになりました。

日本から飛行機でスウェーデン・ストックホルムへびゅーん。

北欧のヴェネツイア、ストックホルムで2日間
市庁舎
魔女の宅急便の街そのもので感動しました!

ストックホルムからバスとフェリーで4〜5時間、
北欧屈指のリゾート地ゴットランド島で2日間
ヴィスビー
観光の目玉は中世の旧市街と廃墟がのこる町ヴィスビィ。
この旅でいちばん素敵だったところです。

国境の町マルメを通り、
マルメ
今は博物館になっているマルメ城。

デンマーク・コペンハーゲンで3日間。
チボリ
ユースで知り合ったおねえさんと、夜のチボリ公園に行きました。
夜の遊園地ってどうしてこんなにわくわくするんでしょう!

…とはいえ、わたしは郊外の世界遺産クロンボー城やルイジアナ美術館、
アンデルセンの街オーデンセなどが目当てだったので、
コペンハーゲンはあまり観光していません(笑)

そして、夜行バスでドイツへ。
壁の街ベルリンで3日間
ベルリン1
ベルリンの壁の一部をあえて残しているイーストサイド・ギャラリー。
その一方で、ベルリンはすごくおしゃれさんな街でもあって
雑貨も服もかわいいものだらけ! お買い物が楽しかったです。


そしてベルリンから飛行機に乗り、
トルコのイスタンブールへ!
イスタンブール上空

そのまますぐに夜行バスに乗り、
南の小さなリゾート地カシュへ向かいました。
カシュ
カシュで2日間。
すぐ近くのギリシャ領の島メイスにも渡り、
青の洞窟を見てきました。

そしてエフェス遺跡に近い町、セルチュクに2日間。
セルチュク

イスタンブールに戻り、4日間
イスタンブール
夜のブルーモスクはアラビアンナイトのような風情。

そしてイスタンブールから日本に帰国しました。

個人的な感想としては、人も景色も
いちばん良かったのはスウェーデン!!
いちばん濃かったのはトルコ(笑)
です。

どの国でも、すてきな景色や新しい人たちとの出会いがあって
とても充実した3週間でした。
いやなこと、落ち込むこともありましたが、
振りかえると、とても恵まれた旅だったなあと思います。

後3回ほど更新させていただきます。
よろしくお願いします◎

1 - 5件目まで(8件中)